既卒者の就職は背伸び禁止!狙い目は有名すぎない優良企業

既卒就活の企業選びのポイント

原因は企業選びにあった!既卒者が就職できない理由

現在就職活動中のあなたは、「新卒」「第二新卒」「既卒」のどれに当てはまりますか?

仕事を探している人は状況も年代もさまざまですが、中でも「20代既卒で就活中」という方は焦りや不安が人一倍かと思います。

というのも、留年や留学など特別な理由はないけれど職歴がない既卒者の就活は、新卒・転職希望者の就活よりも難しいと言われているから。一般的に卒業後2年以内は新卒扱いとする企業もありますが、それを過ぎてからは応募できる求人の幅が一気に狭まってしまうのです。

就活において既卒者が不利となる理由は、「企業側は新卒枠をチェックするのに手一杯」や「卒業後のブランクが信用できない」などいくつかありますが、企業選びに原因があるケースもあります。そんなわけで今回は、不利といわれる既卒が就職に成功する方法について考えていきたいと思います。

 

優良企業を狙い撃ち! 大手にこだわらない企業選び

隠れた優良企業を狙おう!どれほど就活で苦しんでいても、大企業や上場企業への正社員就職を諦めきれずにいる方もいらっしゃることでしょう。

人生を左右する選択ですから、高い年収や好待遇を夢見たいですよね。しかし、そこにこだわるあまり、ずるずると就活が長引いてしまうこともあるのです。

「こだわる」という言葉には「妥協しない」という意味のほかに、「気持ちがとらわれる」という意味があります。心がとらわれて自由な発想ができなくなるから、就職活動の迷路にはまってしまうのです。はっきり言ってそれでは一生フリーターかニート、良くて派遣・契約社員止まりでしょう。

同期に遅れをとってしまった既卒者が狙うべき企業は……ずばり、競争率が高い大手ではなく優良企業

「有名企業は優良企業」というイメージから離れて、背伸びしすぎない企業選びを始めてみませんか?

 

企業選びは株選び? 将来有望な老舗企業や成長企業を見極めよう

有名すぎず弱小すぎない優良企業なんてあるのか……と疑問に思うところですが、もちろん存在します。

たとえば、テレビCMを流していない企業。世間にあまり知られていない企業ほど競争率は低く、新卒が群がるわけでもないので既卒にも十分チャンスがあるのです。

少人数しか採用しない中小企業は採用枠が少ないですが、そのぶんやる気や人柄を丁寧にチェックしてくれます。

企業側としても、優秀すぎる人材を採用したのに実はこっちは滑り止めで内定辞退。後々もっと良い企業に行かれてしまった……というのが続くと困りますからね。

知名度はいまいちだけど業界内では絶大な信頼を誇っている老舗企業なども狙い目です。ある限られた分野で高いシェアを占めていたり、特殊技術で特許を取得した企業などは業績も安定していますから、ある日突然リストラされる可能性も低いはず。もちろん、その中でも業績を伸ばしている成長企業を狙ってみるのも手です。なんだか株の話に似ていますね。

とはいえ「就職できないなら株で一儲けしよう」という安易な考えよりも、よっぽど現実的で堅実と言えるでしょう。

 

とにかく情報収集! 既卒向け就職サイトや説明会を賢く利用

既卒者向けの就職サイトがオススメ!既卒者でも手が届く優良企業を探すには、リクナビ・マイナビなどの有名就職サイトよりも、既卒向けの就職サイトを利用するのがおすすめです。

求人情報には「未経験OK・既卒OK」などわかりやすく表記されていたり、無料カウンセリングでアドバイスが貰える就活サービスもあります。

また、多種多様な説明会に参加してみると色々な発見がありますよ! 既卒者向けの合同説明会などには、知名度はそんなにないけれど優良な中小企業が多数参加していたりします。実際に職種や運営方針などについて説明を受けることで、未知の仕事に興味が持てる可能性もあります。

規模の大きい説明会は数百社以上の企業が参加するので情報量も膨大。いい出会いがあれば良いのですが、まずは100社以下のあまり大きくないイベントに足を運んでみましょう。訪れる人も多すぎず、落ち着いてブースを回れますよ。

最後に、既卒者の就活において最も大事なこと。それは「自信を失わないこと」です。既卒だから……という後ろめたさや負け犬オーラは面接であっさり見抜かれてしまいます。不採用でも気持ちを引きずらずに堂々と活動していけば、おのずと内定ゲットへとつながるのです。

 

既卒就職 鉄板ガイド

既卒就職 鉄板ガイド
NEW就活で既卒から正社員に!
就職できない既卒者の救済プラン
既卒からホワイト正社員への道のり
既卒向け求人を探す就活テク
既卒採用!妥協しない就職の抜け道
既卒者を輝かせるポジティブ戦術
既卒で目指す!公務員の実態とは

このページの先頭へ