既卒OKな就活!重い腰をあげハロワで求人検索!

既卒向け求人を探す就活テク

既卒が新卒よりも有利になれる!? 最近のハロワ求人の実態

ハローワークってどんな場所?近年、就職活動の売り手市場が盛り上がっています。それはまるでバブル期のような盛り上がりだそう。とても景気のいい話なのですが、いかんせん対象となるのはまだまだ新卒の求職者に限られるようです。

正社員として就職できないまま学校を卒業した既卒者や、自らニート・フリーターの道を選んだものの後悔している若者は数多く、ビッグウェーブに乗れず就活に失敗してしまう新卒生も少なくありません。アベノミクスで潤ったのは大手企業だけとも言われ、今後もこの苦しい状況は続くことでしょう。

そんな中、既卒者の就活手段として「ハローワーク求人」が注目を浴びています。

通称「ハロワ」の名で知られるハローワークですが、自ら出向いて仕事を探したり、担当者と意思の疎通が図れなかったりと少々煩わしいイメージがありますよね。

しかし、ハローワークに求人を出している企業は即戦力を求める傾向にあり、昨今は未経験の新卒よりも中途採用などの経験者を優先的に採用しているというのです。
 

目指せ即戦力!経験値次第でリードできる既卒者の就活

アルバイトを増やして人件費を削減している企業が多い中、企業が正社員を募集するメリットは「長期にわたりじっくり人材を育成できること」。さらに、経験者を採用することで「即戦力を確保できる」というメリットがあります。

業界によってその目的は異なりますが、経験値がものを言う飲食業やホテル関係のサービス業は常に即戦力を欲しています。特別な知識を要するITなどのエンジニア系もまた然り。

つまり、新卒があまり魅力的に映らない企業の求人ならば、既卒でも同じ土俵で内定をとれるチャンスがあるのです。これは、正社員としての職歴はないけれどセールスポイントがある人にとっては朗報でしょう。

「今までのアルバイト経験を生かせる」「高卒だけど旅行好きだから英語力はある」など、ライバルとの差別化を図れるポイントがあれば断然有利ですね。
 

とにかく行動!ハローワークに行って求人を見てみよう!

ハロワは全国にありますが…ハローワークについてもう少し掘り下げてみたいと思います。

ハローワークとは「職業安定所」のことなのですが、漢字にすると一気に堅苦しいものに思えてきますね。人によっては「リストラされたおじさんが通うところでしょ?」なんて思っていたりもします。しかし実際の年齢層は幅広く、常に多くの人が出入りしている活気ある場所なのです。

そんなハローワークは全国にありますが、どこでも利用できるわけではありません。近所にあっても市や区をまたぐことで自分の居住区が管轄外となれば、そのハローワークに登録することはできません。きちんと調べずに足を運んでも追い返されてしまうので、ネットや電話で確認しておきましょう。

また、各種窓口の利用時間は基本的に平日8:30~17:15となっています。平日だけってちょっと不親切……と思ったのはわたしだけでしょうか。とはいえ背に腹は代えられないので、どうにかして時間を作りましょう!
 

利用は簡単!既卒はハロワと就職支援サイトを上手に併用

ハローワークに到着したら、受付で申込み用紙を受け取りましょう。この用紙は「求職申込書」といい、氏名や住所のほかに希望の雇用形態や月収、学歴や資格、業務経歴などを記入する必要があります。この書類を提出すると「ハローワークカード」が発行されます。

「ハローワークカード」とは、いわばハロワ会員証のようなもの。就活相談や求人情報を提供してもらう際に使用するので、ハローワークに行くときは忘れないようにしましょう。

印鑑などの持ち物は特に不要ですが、自分で書いた履歴書を持参すればスムーズに求職申込書に記入できます。

カード発行後はパソコンもしくは受付の番号札を貰います。自分の順番が来たらパソコンで求人情報を探すだけですが、企業選びに迷ったらカウンセリングを受けるのがおすすめです。あなたに向いている仕事や企業の裏側について、マンツーマンで詳しく教えてくれますよ。

いかがでしたか?ハローワークって想像よりも気軽に行けそうですよね。意外と掘り出し物の求人も多いのがハローワーク求人の特徴。

就職サイトや転職エージェントなどのサービスと併用しつつ、効率よく就職活動を行っていきましょう!

 

既卒就職 鉄板ガイド

既卒就職 鉄板ガイド
既卒就活の企業選びのポイント
NEW就活で既卒から正社員に!
就職できない既卒者の救済プラン
既卒からホワイト正社員への道のり
既卒採用!妥協しない就職の抜け道
既卒者を輝かせるポジティブ戦術
既卒で目指す!公務員の実態とは

このページの先頭へ