夢見る第二新卒者へ贈る!大手外資系企業に入る就活テク

大手・外資系に入るための就活テク

第二新卒でどこまで行ける? 外資系企業を目指す攻めの就活

現在転職活動中の第二新卒の方、またはこれから転職に向けて動き出そうとしている方は、どんな企業への就職を希望していますか?

大手でバリバリ働く商社マン、英語がペラペラの外資系、誰もが知っている上場企業……競争率や募集条件はとても厳しいけれど、給与や待遇のいい大手企業や優良企業、とにかく肩書きがかっこいい職種にやっぱり憧れてしまいますよね。

新卒者と争うことになると不利な点が多い第二新卒者が憧れの企業を目指すには、一体どんな努力や工夫が必要となるのでしょうか。

たとえば、英語が得意だったり経理の経験がある方は、スキルを生かせる職種に就きたいと思うはず。しかし、大企業は学力をアピールするだけでは採用されず、内定を獲得するまでの道のりには多大な苦労が待っていそう……。

そこで、今回は外資系企業への転職を望んでいる方に向けた就活テクニックをご紹介したいと思います。
 

経験者は大手を狙う! 未経験でも就職・キャリアアップは可能

目指す企業は大手?中小?これまで勤めていた会社で実務経験を積んだ第二新卒の方は、迷わず大手の外資系企業を狙っていきましょう。というのも、大企業や急成長した企業は常に多くの人材を必要としているため、全体的に求人数が多くチャンスを掴みやすいのです。

第二新卒者だからこそ、すでに身についているビジネスマナーや経験値をアピールしていけば、人事の目にとまり採用してもらえるかもしれません。会社についての情報を手に入れやすいのも高ポイント。

興味を持った企業の職場環境は日本に近いのか、新しい社風が自慢の海外スタイルなのかを判断できれば、自分の希望に合った環境で仕事ができます。また、日本の資本が入っている合併外資系ならば、日本人が働きやすい環境が整っているため入社後に後悔することが少ないでしょう。

秀でた語学力がなく全くの未経験という方も諦めないでください!

どうしても外資系に勤めたいと願う情熱があるならば、未経験者を歓迎している中小企業にチャレンジしてみましょう。そこで経験を積んでからキャリアアップを目指す、というルートです。
 

第二新卒者の求人が急増!? 金融業界の魅力と落とし穴

外資系であっても日本市場に特化した部署があり、英語力が不要となる企業があります。

それは、リストラや倒産などが相次ぐ中、安定した経営が魅力の金融業界。景気が上向きになったことで、第二新卒者の求人が増えているそうです。なんでも、営業職の経験があるだけで金融業界への就職が有利になるのだとか。

営業経験以外に英語力を求められるケースがありますが、選考の段階ではなく将来的に見て「語学力は向上させた方がいい」としている企業も多くあります。すでにTOEICなどの資格を持っている人は断然有利になってきますね。

しかし、「なぜ金融業に就きたいのか」という主張ができないことには、営業経験があろうと英語が話せようと面接で落とされてしまうでしょう。憧れる気持ちだけでなく、「なぜ外資系に転職したいのか」を自分の言葉で伝える必要があります。
 

外資系企業に強い転職エージェントを通して非公開求人をゲット

外資系の非公開求人をゲット!?強い意志を持って転職を目指すならば、早い段階での情報収集と就活訓練が不可欠。そこで、外資系企業に強い転職エージェントを利用することをおすすめします。

本社からのトップダウン制や事業再編が目立つ外資系企業は、変則的に求人情報が掲載されることが多く、なおかつそのほとんどが非公開求人となっています。そういった隠れた有益情報をスピーディーに仕入れるには、企業とのつながりが深い就職支援サービスの力を借りる必要があります。

さらに、求人がない時期でも外資系企業に推薦してもらえたり、担当コンサルタントから企業側へ採用を提案してもらえることもあります。個別カウンセリング形式なので、転職ノウハウのレクチャーはもちろん、国別の企業の仕組みや業界・職種ごとの特徴なども知ることができます。

希望する職種への理解を深めて、面接などで困ることのないように念入りな準備をしていきましょう。

第二新卒転職 鉄板ガイド

第2新卒転職 鉄板ガイド
悩める第二新卒に最適な就活テク
第二新卒で採用されるための就活
再就職に悩む第二新卒者の今後
第二新卒はポジティブな自己PRを!
「第二新卒」の意味や定義とは?

このページの先頭へ