再就職しないの? 第二新卒者を奮い立たせるリアル就活術

再就職に悩む第二新卒者の今後

正社員として就職する?ふらふらする? 第2新卒者の今後

フリーターのままでいいや…新卒で入った会社を去って第2新卒となった方の中には、再就職をするべきか悩んでいる方もいることでしょう。定年までがんばる価値のある仕事とは思えずに前職を辞めた方は、今後の職種選びに迷って、いっそフリーターでもいいとすら思っているのではないでしょうか。

企業に属して働くのが性に合わなかった場合は、起業するか芸術家になるか旅人にでもなるか……残念ながらどれも現実的ではありません。何か特技や趣味があって、それで食べていけそうならば問題はないのですが、誰もがそんな風に生きることは出来ません。

正社員ではなくフリーターや派遣社員・契約社員になると、目に見えて差が出てくるのは給与と待遇です。若手正社員の年収は約300万円、フリーターは150~200万円ほどでしょうか。正社員にはボーナスや昇給・有給制度があるため、フリーターとの生涯年収の差は少なくとも3億円に及びます。

どんなに企業に尽くしても、いとも簡単に切られてしまうのがフリーターや契約社員。正社員と同じように働いても良い待遇や保障は得られません。
 

正社員にならない手はない! 「軸」をぶらさない就活を始めよう

正社員にならないデメリットを考えると、まだ若くて企業からの需要もあるうちに正社員を目指して就活をするべきですよね。

第2新卒者が就職・転職活動をするときに注意したいことは、どの枠の求人に応募していくかを決めて、自分の軸がぶれないようにすることです。というのも、求人の項目に「第二新卒枠」はなく、「新卒枠」か「中途採用枠」の2つに大きく分けられています。

新卒枠に応募するとフレッシュで希望に満ち溢れた新卒者たちと同じフィールドで戦うことになります。精神的にはきついこともありますが、第2新卒だからこそ基本的なビジネスマナーなどが身についており、その点で少しリードすることが可能です。

中途採用枠は即戦力となる人材を求めており、スキルのある転職者たちがライバルとなります。どちらの方法で就活を進めていくか計画を立てておかないと、履歴書や面接の内容がぶれぶれになってしまう恐れがあるのです。
 

一長一短の新卒枠と中途採用枠。第2新卒に有利なのは……

新卒と中途採用どっちが有利?学校卒業後3年以内の第2新卒者は、基本的に中途採用者と区別されます。未経験者であることが前提で新卒採用と何ら変わりません。とはいえ、企業側には初期教育費がかからない第2新卒を採用する旨みがある上に、新卒者よりも仕事に対する意識が高い人材を確保できるのです。

一方、中途採用枠は経験者を優遇する傾向にあり、前職と同じ職種を狙うならば経験をアピールすることができます。どちらが有利かというのはとても難しい問題です。新卒枠で入社すれば新卒同様に扱われ、自分のペースで仕事を覚えていけます。しかし、そのために短期間でキャリアアップする可能性は低く、同年代とのポジションの差に悩むことがあるかもしれません。

つまり、まったく未知の職種にチャレンジするならば新卒枠。今までの経験を生かせる職に就きたいならば中途採用枠で入社して、早い段階から昇給・昇格を勝ち取るのがベストと言えます。

また、就活を始める時期でも自分がどの枠になるかが左右されます。1~3月に増える求人は圧倒的に新卒対象が多くなるわけです。
 

勝因はタイミングと計画性。第2新卒向けサービスは必見です!

このように、第2新卒者の就活はタイミングや計画性がキーポイントとなってきます。今の立場を最大限に利用するために、第2新卒向けの制度やイベントも見逃せません。

インターンシップに参加する第2新卒者は増えており、インターン期間中の働きぶりや人間性を評価してもらえれば、そのまま正社員として採用してもらえます。社内の雰囲気や実際の仕事内容もリアルに分かるため、企業とのミスマッチを防ぐ手段にもなりますね。

また、第2新卒にスポットを当てた企業説明会も貴重な情報源です。企業の方から直接お話しをきけるだけでなく、その場で面接日が決まったり、事前に採用担当者の方にアピールできたりとチャンスがいっぱいです。

そういった情報や求人案件は個人ではなかなか見つけ辛いですが、就職支援サービスを活用すればあっさり解決します。大手就職サイトや転職エージェントなどでは第2新卒者に向けた特集ページがあるので、さっそくチェックしてみてはいかがでしょうか?

第二新卒転職 鉄板ガイド

第2新卒転職 鉄板ガイド
悩める第二新卒に最適な就活テク
大手・外資系に入るための就活テク
第二新卒で採用されるための就活
第二新卒はポジティブな自己PRを!
「第二新卒」の意味や定義とは?

このページの先頭へ