第二新卒枠がややこしい……「第二新卒」の意味と価値は何?

「第二新卒」の意味や定義とは?

あなたは当てはまりますか? 明確にはない「第二新卒」の定義

第二新卒の意味とは?就職活動中によく目にする「第二新卒」というワード。こちらの意味をきちんと理解している方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?

実際、第二新卒の定義というのは決まっていません。ざっくり言うならば、「新卒として就職した経験があるけれど短期間で離職した人材」といったところ。

一般的には学校卒業から3年未満の転職希望者を指し、求人の募集要項には「第二新卒歓迎」など新卒・既卒と区別して扱われています。第二新卒者は新卒者と異なり、最低限のビジネスマナーや教養が身についていることが多く、教育費用が抑えられるということで積極的に採用する企業が増えてきました。

年齢的にも若く、伸びしろにも期待できますね。退職した理由をしっかり説明して前向きに捉えてもらえれば、新卒よりもずっと魅力的な人材に見えることでしょう。

「第二新卒に当てはまる!」という方は、今後の転職活動のコツを具体的に知りたいはず。第二新卒として就活する上で、何を心がけて行動すればいいのかご一緒に考えていきましょう。
 

2chに見る「第二新卒」という括りを意識した就活

今や誰もがやることだと思いますが、私も「第二新卒 転職」といった具合にネットで検索してみました。すると、第二新卒者に向けた支援ブログや転職サイトなど、便利そうなコンテンツの中で異様な存在感を放っていたのは2ちゃんねる(2ch)の存在。

2chにある体験談は「第二新卒なのに内定決まらないオワタ」とか何かとネガティブなものが多く、あまり目にしたくないものですが、やはり書き込みにはリアリティがありました。情報交換板もあり、どなたも「第二新卒」という括りを意識して就活を行っているようです。

それはもちろん、退職後に何年も就職先が決まらず既卒扱いになってしまうのも、ダラダラとフリーターや派遣を続けていくのもごめんだ! という悲痛で切実な思いから。

いわゆる「第二新卒枠」に的を絞って、スマートかつ効率的に内定を獲りたいのです。
 

中途採用?新卒採用? 「第二新卒枠」に振り回される求職者

「第二新卒枠」で混乱企業求人において、明確な第二新卒枠というものはありません。

一部の企業が第二新卒者を採用する理由には、「新卒者と大差ない若い人材であるから」「職業経験があり即戦力になるから」「ビジネスマナーが身についていて教育時間を省けるから」といったものが挙げられます。

その目的はさまざまで、中途採用者として採用する企業と新卒者として採用する企業は、ちょうど半数ずつで分かれているというデータがあります。そしてなんと、中途採用枠はあっても「経験者であること」を条件とする企業は8割を超えています。

その一方で、新卒採用枠は「未経験可」としている企業は約5割。前者はまったく未知の職種に挑もうとしている方にとっては厳しい数字です。かといって新卒枠がおすすめかというと、競争率やメンタル面で不安が生まれます。

中途採用枠か新卒採用枠かで試験の時期や募集条件が異なってきますから、もちろん念入りな下調べや計画性も必要となります。狙っている企業がどういった枠で第二新卒者を採用するつもりなのか、事前に問い合わせた方がいいかもしれません。
 

一人でがんばらないで! 行き詰ったら転職のプロに頼りましょう

なんだか思っていたよりも難しそうな第二新卒者の就活……行き詰ってしまった時はプロの力を借りるのが一番です。

幸運にも、転職支援サービスには第二新卒者に特化したサービスがいくつかあります。カウンセリングを通して求職者の長所を把握し、向いている職種や企業を紹介してくれます。さらに、書類や面接で第二新卒者の魅力を最大限に引き出すお手伝いもしてくれますよ。

第二新卒での転職は人生の再スタート!
以前と同じ職種に応募するにも、まったく未開拓の地に飛び込もうにも、第二新卒者に対してネガティブな印象を持っていない企業を探していきましょう。そうすれば、面接でも臆することなく自分をアピールすることができます。

どこでもいいから就職したい、という投げやりな考えは禁物。今はきっと、自分の人生観や仕事観を見つめ直す大切な時期なのだと思います。

一人きりでがんばらなくてもいいのです。転職のプロと相談しつつ、大手ではないとしても自分にとって価値のある会社、自分にとって財産となるような仕事を見つけましょう。

第二新卒転職 鉄板ガイド

第2新卒転職 鉄板ガイド
悩める第二新卒に最適な就活テク
大手・外資系に入るための就活テク
第二新卒で採用されるための就活
再就職に悩む第二新卒者の今後
第二新卒はポジティブな自己PRを!

このページの先頭へ