就活を全面サポート! 第二新卒者が今選ぶべき転職エージェント

第二新卒のための転職エージェント

大手や優良企業に入社したい! 第二新卒、再出発のきっかけとは

めでたく新卒で正社員になったのに退職することになった方。既卒でも新卒でもない、いわゆる「第二新卒」の場合はどんな方法で再出発すると良いかご存知ですか?

大手企業やホワイト企業に入社するためには、新卒であることが最大の強みであるように思えます。新卒でも就職に失敗してしまう人はいますが、実際に既卒者の就職活動の方が圧倒的に困難を極めることは事実です。

東京・大阪に始まる全国のハロワ(ハローワーク)や合同企業説明会など、世の中には多様な就職支援の場がありますが、わたしが第二新卒の方に知っていただきたいのは「転職エージェント」の存在です。

「転職エージェント」とは、民間企業が運営している無料の人材紹介サービスのこと。登録するとキャリアコンサルタントに色々な相談ができ、自分の希望に合った職種や働き方を提案してもらえるのです。
 

第二新卒者におすすめ! 転職エージェントの選び方

転職エージェントの選び方をご紹介転職エージェントの選び方としては、「サービス利用者数と就職成功率」や研修・カウンセリングなど「サポート体制の充実度」、「求人数・紹介している企業の多さ」……そして、なんといっても「第二新卒者が利用しやすいサービス」というポイントを重視していきましょう。

転職エージェントといってもたくさんあって迷ってしまいますよね。いくつかのサービスに登録して「これだ!」と思えるものを見つけるのも一つの手ですが、個人的に推している転職エージェントをいくつかご紹介したいと思います。

鉄板を挙げるならば、「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」

求人サイトでおなじみ、「リクルート」「マイナビ」のサービスの一環ですね。名前が有名なだけでなく実績もサポート体制もばっちりです。どちらも第二新卒者の転職支援に力を入れているそうで、この2つは外せないところでしょう。
 

第二新卒に特化した転職エージェントで一味違う就活をしよう

有名サイトは安心度が高いですが、その名の通り第二新卒の転職支援に特化した「第二新卒ナビ」もおすすめです。

コンサルタントによる熱心なサポートが評判で、履歴書ノウハウを学んだあとの書類選考通過率はなんと約90%を誇ります。第二新卒ナビは、じっくりと細部にまでこだわって就活を進めたい方に最適なサービスと言えるでしょう。

フリーター・既卒者の就職成功率が高い「JAIC」は、第二新卒者を対象に含んだ求人に強いサービス。就職に成功した人の割合は80%以上だそうで数字の面でも信頼できます。優良企業を厳選して紹介してくれるので、「未経験でもやっていける仕事なのか」「ブラック企業ではないか」といった不安も解消できます。

成功例の数だけでなく、惜しくも内定に至らなかった時のフォローがあるかも重要ですよね。

「第二新卒AGENTneo」は不採用となってしまった理由を教えてくれて、次に生かせるアフターケアが魅力。内定後の研修もあるので、社会人としてのブランクが心配な方も安心です。
 

「デキる元社会人」をアピール! 面接訓練で怖いものなし

万全の状態で採用試験に挑戦!いかがでしたか? 気になる転職エージェントは見つかったでしょうか。

私は、転職エージェントで何よりありがたいサービスは面接訓練だと思います。「第二新卒」とは一般的に、正社員として就職した経験があり、なおかつ学校卒業から3年以内である若者を指します。

社会人だった期間は1~3年程度なので、中途採用の転職希望者ほどのスキルは求められませんが、社会人としてのモラルやマナーはすでに身につけていることを前提に企業は求人を出しています。

つまり、そういった部分が未熟だと面接で一発で落とされてしまうわけです。退職してからの就職活動が上手くいっていない人は、そういったところに問題があるのかもしれません。

転職エージェントでは面接での振る舞い方はもちろん、予想される・または予期しない質問の対策についてもしっかり指導してくれます。どんな状況になっても慌てることのないように、就活のプロによる指導を受けつつ万全の状態で採用試験に挑みましょう。

第二新卒転職 鉄板ガイド

第2新卒転職 鉄板ガイド
一部企業に人気!第二新卒の転職
知らないと損する企業との出会い方
第二新卒の自分を企業にアピール
第二新卒向けの転職サイトを攻略
第二新卒者が公務員になる方法

このページの先頭へ