新卒と一緒じゃ意味がない! 第二新卒者が攻略すべき転職サイト

第二新卒向けの転職サイトを攻略

就活がイヤになりそう……飽和状態!第2新卒者の次の一手とは

どの求人も同じに見える…!?第2新卒者の方は、従来の就職活動では正社員として就職するのは難しいということに薄々お気付きかと思います。企業を探す時はどうしても自分の好みだけで決めてしまいがちですし、次第にどんな求人情報も似たようなものに見えてきて、とうとう行き詰ってしまうのです。

新しい職種にチャレンジしてみようにも、仕事内容が理解できていなければ志望動機が曖昧になってしまいます。興味があるからと言って、未経験者はまったく選考対象外である企業に応募して、そわそわと返事を待っている時間ほど無駄なものもありません。

基本的には新卒の時と同じようにやっているのに全然手ごたえがない……と意気消沈して、このままでは就職すること自体が嫌になってしまうかも。そんなことになる前に、「第二新卒」が利用するべき転職サイトをチェック!

これから紹介するサイトでは、普通の求人サイトには載っていないコアな情報やサービスを得ることができるんです!
 

転職者必見! リクナビNEXTのプライベートオファーがすごい

まずは、転職者の約8割が利用しているという「リクナビNEXT」について。

大手の上場企業から急成長中の人気企業まで、幅広いジャンルの企業が求人を出しているこのサイト。スキルや経験よりも熱意とやる気が一部の企業に高く買われている、第2新卒者の転職サポートにも力を入れているのです。

「第二新卒」特集も多く、一般サイトには非公開の求人情報を得られたり、求人項目と求職者の条件が合えば企業から直接オファーが来たりすることもあります。特に、面接での最終選考を前提とした「プライベートオファー」、つまりスカウトが来れば採用のチャンス大!

キャリアコンサルタントを通したプライベートオファーの場合、さらに採用される確率が高まるので、転職支援支援サービスと併せて利用していくと良いでしょう。

また、リクナビNEXT主催の合同説明会も必見! 大手転職サイトが主催する企業説明会だけあって、人気企業が多く参加していたり、有名人の講演会が行われたりします。来場するだけで特典が貰えることもあるので、開催情報はこまめにチェックしておくことをおすすめします。
 

丁寧な対応が好印象 転職支援支援サービス「DODA」の実態

続いては、先ほどおすすめした転職支援支援サービスについて掘り下げていきたいと思います。

「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」などが有名ですが、キャリアコンサルタントの対応がとても丁寧だと評判なのが「DODA」(デューダ)です。

複数人ではなく一人のコンサルタントが担当となり、直接アドバイスをしてくれるのでスムーズに意思の疎通を図れます。具体的なサポートとしては、非公開求人の紹介にはじまり、何かと不安の多い面接の対策、入社後のキャリアプランの提示など。

もちろん、サイトに掲載するレジュメの添削も依頼できます。転職のプロによる厳しいチェックが入ることで、あなたの長所を生かすような素晴らしいレジュメに仕上げられるはず。自分のキャリアに自信がある場合でも、客観的な意見を聞くことで新たな発見や修正するべき点を見つけられることでしょう。

プライベートオファー同様、レジュメの内容を見て直接コンタクトをとってくる企業がいるので、レジュメの作成は一切手を抜けないポイントです。
 

第2新卒者はとにかく「バイタリティ」と「将来性」をアピール

「バイタリティ」と「将来性」をアピールしよう就活において、学生の時は学校側にサポートしてもらえたことを、卒業後は自分ひとりの力でやっていかなければならないと気負う必要はないのです。新卒の時に利用した求人サイトだけでは話にならないということが判明した今、その発展系といえる転職サイトや転職エージェントの利用はマスト。

何をおいても、第2新卒者に要求されるのは経験よりも仕事に対する「バイタリティ」と「将来性」です。そこを上手くアピールしていくためにもプロのアドバイスは欠かせません。

今回は「リクナビNEXT」と「DODA」について詳しく解説してみましたが、いかがでしたか? 「もっと他のサイトのことも知りたい!」と感じた方は、迷いかけていた就職魂に火が付いた証拠!

限られた業種を重点的に紹介しているサイト・転職テクニックを豊富に発信しているサイト・アドバイザーの親身なサポートをウリにしているサイトなど、多種多様な魅力を紹介しているので、引き続き当サイトをお楽しみください。

第二新卒転職 鉄板ガイド

第2新卒転職 鉄板ガイド
一部企業に人気!第二新卒の転職
知らないと損する企業との出会い方
第二新卒の自分を企業にアピール
第二新卒のための転職エージェント
第二新卒者が公務員になる方法

このページの先頭へ