高卒より大卒が就職に有利ってホント?

就職に有利なのは高卒より大卒?

高卒よりも大卒の方が有利?!

どうせ自分は高卒だから…一般的に、転職をするなら「高卒よりも大卒の方が有利」と言われますが、果たしてそれは本当なのでしょうか?

就職においては大卒の方が職種の選択肢が多く、大企業にチャレンジしても採用されやすい傾向にあるのは周知の事実。

しかし、転職となると「高卒は不利」と一概には言えないようです。

「自分は高卒だから……」というコンプレックスから、正社員就職や転職を諦めかけている方は少なくありません。

今回は、そういった方が就活に希望を持てるようなお話ができたらと思います。

まずは、生涯賃金や出世速度、仕事内容など高卒と大卒の違いを具体的に見ていきましょう。
 

高卒と大卒、生涯賃金の違い

一昔前は中卒で就職することはめずらしくありませんでした。

しかし今や学歴主義となった社会。高校進学までは当たり前です。

「大学までは行かせてやりたい」と願う親が増えた背景に、やはり高卒と大卒の年収差というものがあります。

サラリーマン・OLの生涯賃金

大卒の生涯賃金
男性:2億8,000万円
女性:2億4,000万円

高卒の生涯賃金
男性:2億4,000万円
女性:1億8,000万円

これらは、転職などをせずに定年まで同一企業に勤めたケースの平均金額となっています。特に女性は学歴による大きな差が見られますね。

残業や副業を行う人や、転職でキャリアアップする人もいるので、もちろん収入の個人差はあります。

大卒が一人勝ちというわけじゃない!

数千万円もの生涯賃金の差にショックを受けてしまった方、絶望するのはまだ早いですよ。

この国では、勤続年数による昇給が一般的。スキルや資格に応じた手当を支給する企業も多く見られます。

つまり、大卒でも転職を繰り返していては生涯で得られるはずだった収入に満たないことがあり、反対に大卒よりも稼げる高卒者が出てきます。

また、中小企業や公務員の大卒者よりも、大企業に入った高卒者の方が平均年収が上という説もあるのです。
 

高卒と大卒、出世速度の違い

課長になれるのは50代!?昔は、ほとんどの企業が年功序列システムで成り立っていました。学歴が異なっても同期入社組は同じように昇進し、ある程度の出世が出来たのです。

ところが、大学出身者が高卒者を上回った1998年頃を境に、状況は一変してしまいました。

どんなに仕事が出来ると自負していても、上司に評価されていると思っても、新人の大卒者にあっという間に追い抜かれてしまう……今はそんな時代です。

とある大手企業の例

高卒者は45歳くらいで係長レベルになれれば大出世ですが、大卒者は30歳半ばから40歳までの間に係長以上の役職についています。

大卒でも課長クラスになれるのは45~50歳。学歴重視の企業にいると高卒で部長は夢のまた夢……というのが現実です。

高卒の場合、50歳を過ぎて課長になれれば御の字だと言えるでしょう。

ただし、最近は企業によって昇格基準が全く異なります。出世スピードがスキルに比例する職場ならば、高卒でも高給を狙うことができます。

少しでも早く入社することで昇給スピードも変わるので、じっとしてはいられませんね!
 

高卒と大卒、仕事内容の違い

企業が人材に求めていることは、高卒・大卒でそれぞれ違います。

大学を出た者には高い学力や発言力などが期待されますが、高卒者に求められるのは協調性や柔軟性です。

大卒者(特に高学歴)の中には変なプライドを持っていて、企業にとって扱いづらい人がよくいます。

その反面、高卒者は素直に「人に教わること」が出来るため、若手をじっくり育てたい職種・企業に向いているのです。

高卒者が多い職種

「大企業は高卒を雇わない」といったイメージがありますが、大手メーカーの製造現場や技術職に就いているのは高卒者が多数。

建設会社の現場社員や一流企業の工場勤務など、体を動かして働くブルーカラーのお仕事は高卒可の求人が充実しています。

ネット社会となった今では学歴にとらわれない仕事選びができます。IT・WEB業界の間口は広く、未経験の高卒者も歓迎されています。

女性に多いのはやはり事務職です。資格を取って経理事務や医療事務職を目指す方もいます。

営業職や飲食業、レジャー・アミューズメント施設など、学歴よりもコミュニケーション力が必要な仕事でも、男女の高卒者が活躍しています。

大卒者が多い職種

専門的な業界を除くと、大卒者の多くはホワイトカラーの仕事を選んでいます。ホワイトカラーの方が賃金が高い印象があり、肉体労働でもないからです。

ホワイトカラーとは「白い襟」のこと。ブルーカラーの作業服ではなく、白いワイシャツを着て働く人のこと指します。

大卒との違い

同じ企業に大卒者と高卒者が入った場合、早い段階で仕事内容に差が出ることがあります。

「自分より後輩の大卒に大きなプロジェクトが任さるようになった」というエピソードもあるため、苦い思いをすることもあるかもしれません。

そのためにも、学歴がハンデにならない企業選びが重要となります。
 

高卒と大卒、その他の違い

高卒は結婚も一苦労…?高卒では受験できない資格があったり、大卒の方が目指せる職種の幅が広かったり、様々なシーンでその違いを実感することがあるはず。

恋愛において「相手の学歴を気にする」という人もいます。お互いの知識量に差があると会話にズレが生じたり、価値観の相違にも関わってくるからです。

特に女性は出世などの将来性を考えて、高学歴・高収入の結婚相手を求めます。婚活の場では女性も高学歴の方がモテるのだそう。

その他にも、学歴が就職以外の面でも影響してくることは確かでしょう。

とはいえ、そうした格差を感じるたびに、いちいち落ち込んではいられませんよね。大卒との違いをなくすためにも、働く会社と業界選びは慎重に行う必要があります。

スキルアップや年収アップが叶えば大卒へのコンプレックスは減り、その後の自信へと繋がるのですが……ひとりきりで転職活動をしてもそう上手くはいきません。

そこで、転職エージェントなど就活のプロの力を借りるのです!

共にキャリアプランを練ったり、好条件の求人を紹介してくれたり、面接指導などを行ったりと、転職のすべての場面であなたの手助けをしてくれますよ。
 

まとめ

「転職は高卒よりも大卒の方が有利」と言われていますが……それはケース・バイ・ケース。

製造業・技術職・営業職など若さや体力、飲み込みの早さが評価される職種はたくさんあります。

若いうちは未経験の業界に飛び込むのもOK。「学歴なんて関係なかった!」と思えるくらい、自分に合う仕事が見つかるかもしれません。

生涯賃金や出世速度といった大卒との違いは確かにありますが、そうした一般論や未来は自分の手でいくらでも変えることができます。

そのためにも、就活のプロの力を借りることが大切。転職エージェントなどを利用することで転職が何倍もスムーズになります。

さあ、「自分は高卒だから……」というコンプレックスや不安を捨てて、次のステージへ向かいましましょう!

高卒就職 鉄板ガイド

高卒就職 鉄板ガイド
おすすめはココ!高卒の就職
高卒で公務員は勝ち組です!
大卒者に負けない!転職の方向性
厳選!高卒者向けの就職サイト

このページの先頭へ