高卒転職 成功者の転職方法【打倒大卒】

大卒者に負けない!転職の方向性

高卒でも平均以上の年収は可能?

大学に入ることが当たり前の現代。ただでさえブラック企業は多いのに、高卒OKの求人はブラックの溜まり場ばかり・・・。

そんな高卒でも平均以上の年収をもらうことはできるのでしょうか?高卒をバカにする人たちを見返すことはできるのでしょうか。

世の中には大卒じゃなくてもそれなりのお給料をもらってる人はたくさんいます。どうやって乗り越えてきたのか、一緒に見ていきましょう。

IT・WEB系は学歴関係なく高年収

学歴での差別は、特に一般的な職種だと多いです。営業や事務系、管理職求人など、ある程度の年収になると大卒という線引きがされます。

学歴が関係ない職種といえば専門職や専門業界。特に今注目されているのがIT・WEB業界です。IT・WEB業界は、他の業界に比べ年収も高く、若手が多い業界のため、20~30代の高卒なら特に入りやすい業界でもあります。

ワークポートは、IT・WEB業界に強く、未経験OKの人を1000件以上扱っています。

ITと言えばエンジニアのイメージがあるかもしれませんが、営業や事務系職種でもIT業界なら入りやすいので、高い年収を目指す高卒者には特におすすめ。

面接対策、採用担当者の性格分析、書類の添削もしてくれる、丁寧な転職エージェントです。

IT系はブラックが多いと思うかもしれませんが、事前に研修制度の有無を確認できるので安心です。ワークポートのように、転職エージェントを使う=人にお金をかける=社員を大切にすると考えられるので、転職サイトよりもホワイト企業に就ける確率はかなり高くなります。

▶▶ ワークポート

常に時代の最先端をゆくIT・WEB業界は、職種にかかわらず業界全体の平均給料が高め。それは高卒でIT・WEB関係の仕事に就く場合でも変わりません。

高卒・未経験でチャレンジできる職種

  • プログラマー
  • テスター
  • システムエンジニア
  • WEBプランナー
  • WEBデザイナー

「高卒OK」「未経験OK」のIT・WEB系求人は、このようにたくさんの職種があります。「高卒だと技術職や事務職しか採用されないんじゃないの?」と思っている方、そんなことはないので安心してくださいね。

ホワイト企業に高卒で入るならコレ

学歴で差別をする企業は正直言ってかなり多いです。応募条件すら満たさない、応募したところで書類選考が通らない。だから転職サイトを使っても、基本的には負けると考えて下さい。

ジェイックは、理不尽な理由で挫折しまった高卒・既卒・フリーターに特化した転職支援サービスです。
就職率は80%、入社後の定着率は90%を超えます。

外食業界、先物取引、投資用不動産、アミューズメントなどの、いわゆる過酷なイメージがつく業界の求人は排除、数十項目以上のチェックリストをクリアしたホワイト企業のみ、ジェイックから紹介されます。

紹介先企業は、”学歴やスキルは関係なく、素直で一生懸命頑張ってくれる人を採用したい。”という思いからジェイックを利用しています。そのため、書類選考なしで20社以上の面接が可能なのです。

▶▶ ジェイック

広告費一定でたくさんの人を集められる転職サイトは、ブラック企業の巣窟。ブラック企業じゃなかったとして、戦うのは大卒やスキルの高い人達です。その中から自分に合う求人を探して、何度も選考をかいくぐるのは至難の業です。

自分の本質だけを見てくれる企業と直接やり取りした方が、お互いにとってメリットがありますよね。

面接が苦手なら転職サービスを利用する

やはり転職サイトを使うこと自体、高卒にはデメリットが多いです。転職エージェントを使って、企業に推薦してもらうことで内定率をグット上げます。

また、紹介料で成り立つ転職エージェントは、企業側にとって転職サイトよりもお金がかかるので、ブラック企業や経営が危うい企業は手を出さないというメリットもあります。

派遣で有名なアデコ。人材紹介業のコネを使って、強力にマッチングしてくれます。

アデコは各都道府県の自治体と協力して、高卒者の就職サポートを積極的に行っています。厚生労働省の「若者キャリア応援制度」や「キャリア・リターン応援制度」、東京しごと財団による「若者正社員チャレンジ事業」などの就活プログラムを活用すれば、今まで以上に好条件の仕事が見つかりますよ。

ふつうの転職には少し弱い、第二新卒、派遣から正社員などにも強く、高卒の転職にも期待できます。全国対応しているので行きやすいという点もいいですね。

▶▶ アデコの人材紹介

高卒なら思い切って技術職に転職

「高卒でもいっぱい稼ぎたい!」という方におすすめの仕事は「システムエンジニア」です。

システムエンジニア(SE)とは、情報システムの設計や開発を行う人のこと。

主な仕事内容は「クライアントとの打ち合わせ」「システムの設計」「仕様書の作成」「動作テスト」などがあり、自らプログラミングすることもあります。そのため、会社によってはプログラマーと混同されることも。

IT・WEB業界の新しい技術や専門スキルを学べるので、経験を積めば積むほどエンジニアとしての価値がアップします。

高卒・未経験からスタートし、即戦力のエンジニアとして大企業へ転職したケースもあるので、最近では人気の職業です。

ゼロの未経験OKのスタッフサービスエンジニアリング

スタッフサービスエンジニアリングでは、社内OJTにより、未経験からでもスキルアップできる体制を取っています。

残業代・資格取得支援制度・資格手当も充実。突然エンジニアではなく、初歩的な仕事から順を追っていくので経験がなくても安心です。

最大の魅力ポイントは、企業の最先端&極秘プロジェクトや大手メーカーへの派遣実績が多数あること。

「高卒」という学歴をハンデやコンプレックスで終わらせず、着実にキャリアアップしていくなら「スタッフサービス・エンジニアリング」のような業界専門サービスの力を借りるのがベストなのです。

▶▶ スタッフサービスエンジニアリング

高卒でも給料が良い仕事はやっぱり営業

高卒でも努力や工夫、やる気次第でバリバリ稼げる仕事といえば「営業職」も外せません。

営業の仕事において欠かせないのは「コミュニケーション力」。これは学力だけではどうにもならず、たとえ一流大学を卒業した人でも初めから身についているものではないでしょう。

自社商品に関する知識とコミュニケーション力、トークスキルなどを磨いていけば売り上げが数字となって現れ、上司や会社からの評価につながります。自分自身の成績が直接会社の利益となるので、やりがいを感じるシーンもたくさんあります。

もちろん、口下手な方でも誠意をもって仕事に取り組めば、お客様や取引先との信頼関係を築くことができます。さあ、高卒や大卒に関係なく、個々の能力を思う存分アピールできる営業の世界で成功しましょう!

首都圏に強いtypeの人材紹介。『女性の転職@type』など転職サイトのコネを使って、中小企業などの求人を多く扱います。

typeのすごいところは、年収アップ。異業界への転職や、未経験職種への転職だと年収は落ちるものですが、typeの転職エージェントでは、異業界でも年収UP実績アリ。というのでビックリ。

また、未経験者の就職サポートに長けているのも「type転職エージェント」の魅力。営業職といっても様々な業界があるので、前職のスキルを生かせる職場を紹介してもらうこともできます。

高卒者が営業の仕事をするにあたりオススメの業界は、教育商材を販売する「教育業界」をはじめ、「OA機器業界」「リフォーム業界」「保険業界」など。

求人数が多く、語学力などの特別なスキルが不要な業界が狙い目です。さっそくtype転職エージェントでチェックしてみましょう。

都内の転職に強く、IT・営業職に強みを持っています。

▶▶ type転職エージェント詳細

高卒の年収 vs 大卒の年収

高卒と大卒では年収に差があるのが一般的です。学歴によって初任給が異なる上に、昇給スピードまで変わってくることもあります。

「大卒の後輩に給料をきいたら自分より多かった……」という残酷なエピソードも珍しくありません。

実際に生涯で稼ぐ金額、つまり「生涯年収」は高卒で約2億3000万円。大卒で約3億2000万円という調査データが出ています。ほぼ1億円の差があると思うと、絶望的な気持ちになってしまうのも無理はないでしょう。

しかし、諦めるのはまだ早い! 実は高卒でも給料が良く、条件次第では大卒に負けずとも劣らない年収を稼げる仕事があるのです。

高卒の転職活動の現実

高卒 転職活動あるある

  • 応募条件が短大・専門卒以上
  • 初任給がダントツで低い
  • まともな仕事は大体が大卒
  • 書類選考すら通らない
  • 大学に行きたくなってくる
  • 低収入&自信喪失で嫌になる
  • 転職すること自体断念する
  •  

自分が興味を持った求人は大卒だったりしませんか?私も高卒ですが、華やかな仕事・それなりの年収の仕事は、まず大卒が応募条件です。大卒じゃないにしても、短大・専門卒などの記載で、”高卒以上”なんて求人は絶対数が少ないですよね。

例えば”高卒以上”だとしても、大卒はもちろん可能なわけで・・・。書類選考で全く同じスペックの高卒と大卒が並んだらどちらを通しますか?大卒ですよね。

既にあなたも分かってると思いますが、大卒だから仕事ができるわけじゃないし、自分より学歴があっても、社会人経験が長くても、それが仕事とイコールなわけではありません。

一生懸命仕事をしてるのに、あいつより絶対頑張ってるのに!と思っても、自分より給料が良いのは納得できません。うらめしく思いますよね。それで学歴が欲しくなって、大学に通おうかな・・と思っても、実際にはお金もないしそんな時間も根性もない。

就活してもロクなところに引っかからない、それなら今のままでいよう・・・と諦めてしまっていませんか。実際私はそうでした。

高卒でも取りやすい有利な資格って?

資格を取れば多少有利になるのは間違いないですが、それよりも実践スキルの方が実際は重要視されます。資格を取る時間とお金をかけるよりも、”未経験から挑戦できる専門職”に転職する方が手っ取り早く年収を上げ転職に成功するのは間違いありません。

ワークポートは、IT・WEB業界に強く、未経験OKの人を1000件以上扱っています。

ITと言えばエンジニアのイメージがあるかもしれませんが、営業や事務系職種でもIT業界なら入りやすいので、高い年収を目指す高卒者には特におすすめ。

面接対策、採用担当者の性格分析、書類の添削もしてくれる、丁寧な転職エージェントです。

IT系はブラックが多いと思うかもしれませんが、事前に研修制度の有無を確認できるので安心です。ワークポートのように、転職エージェントを使う=人にお金をかける=社員を大切にすると考えられるので、転職サイトよりもホワイト企業に就ける確率はかなり高くなります。

▶▶ ワークポート

まず持っていて損はない資格は、「普通自動車免許」です。

車関係の企業だけでなく、営業職や派遣介護スタッフ、ホテル・アミューズメント施設などの求人に「要免許」と書かれていることがあります。

短期間で容易に取得でき、身分証明書としても役立つ万能ライセンスだと言えるでしょう。

比較的難易度が低く、高卒者に人気の資格は「日商簿記」

簿記2級以上でないとあまり意味がありませんが、「お金の流れが分かる」という面で意外な企業の目に留まることがあります。

高齢化社会の影響で常に人手不足の医療・介護業界。「誰かの役に立ちたい」「人とふれあうのが好き」という方には「介護福祉士」や「看護師」の資格がおすすめです。

無資格でも医療・介護の現場で働くことは出来ますが、やはり出来ることは限られます。なるべく好条件で就職をするためにも資格があると安心です。

事務系の作業を希望する方は「医療事務」の資格を狙いましょう。女性の場合、結婚や出産で退職しても再就職がしやすい職種です。

「調理師免許」も国家資格であり、飲食業界への転職では有利となります。TOEICも人気ですが、就活でアピールできるのはスコア650点以上とされています。

・法律専門職のスタートライン「行政書士」
・作業現場で活躍できる「特殊自動車免許」
・独立開業も可能な「宅地建物取引士」
・ゆくゆくは司書も目指せる「図書館司書補」
 

打倒大卒!高卒でも転職で勝てる

大卒にはぜったい負けたくない!世間や大企業など、一般的に高卒は大卒に比べて不利に見られがちです。

しかし、自分に合った職業を見つけ、実力を発揮できれば大卒よりもはるかに良い待遇で働くことが可能なのです。

高卒者は、学歴を重視しない企業を狙う就活が最も有効的です。大卒しか取らない大手のことは気にせず、学歴を問わず誰もが輝けるホワイト企業を見つけましょう。

無事に正社員採用が決まってからも大卒との差に悩んだり、悔しい思いをすることがきっとあるはず……そんな時、嫉妬心で身動きできずにいると、さらに引き離されてしまいます。

あなたを成長させるのは嫉妬心や劣等感ではなく、「大卒に負けたくない!」という闘争心です。

そのことを念頭に置いて、転職からの再スタートを切りましょう。私からも、がんばる高卒者の方にエールを送ります。

「大卒者に負けるな!」
 

高卒社会人が転職に成功するためのポイント、参考になりましたか?

今の仕事に対するモチベーションが下がっていたり、「もっと違う人生を歩みたい」と考えた時こそが転職のタイミングです。

高卒者の場合、利用する媒体選びが特に重要。

20代向けの転職サイトや転職エージェントに登録して、プロのアドバイスを得ながら効率的に就活を進めましょう。

企業選びのコツは、学歴を重視しない企業や業界・職種を狙うこと。

資格を取得することで就職が有利になる仕事もあるので、積極的にチャレンジしてみるのもいいですね。

「大卒に負けたくない!」という闘争心を忘れずに、学歴のハンデを覆すような華々しい再スタートを切りましょう!

高卒就職 鉄板ガイド

高卒就職 鉄板ガイド
おすすめはココ!高卒の就職
高卒で公務員は勝ち組です!
就職に有利なのは高卒より大卒?
厳選!高卒者向けの就職サイト

このページの先頭へ