30代派遣社員から正社員になるための4つのポイント

30代、派遣社員から正社員への転職は可能!?

□将来について考え始める30代
派遣社員で働いている人にも、事情は様々あることと思います。
他にやりたい事があって、そちらに時間を使いたかったから。一つの職場で人間関係などの柵に縛られたくなかった。正社員として負わざるを得ない責任が煩わしい。就活でうまく行かずに仕方なく…。

働き方は人それぞれ。派遣として働くことに満足し、誇りを持って働いているのなら問題もありません。けれど、30代になってくると、本当にこのままでいいのだろうかと不安になってくる人も少なからずいるのではないでしょうか。

職場は定まらず、派遣期間が終わった後は次の仕事がある保証もない。仕事が無ければ収入はなくなるし、本当にこのまま40代、50代、と派遣で働き続けられるでしょうか?

20代では正社員より良かった待遇も、30代以降は…

20代の頃は、特別な資格やスキルを持っていなかった人でも、仕事の紹介はたくさんあった。未経験だって余程の専門スキルが必要な職種じゃない限りは飛び込めた。

派遣では交通費は自費の所が多くボーナスは出ないけれど、各種保険や健康診断などの福利厚生は受けられて、時給な分、手取り計算すると同世代の正社員よりもよっぽど貰えている。時間にも融通が利くし、やっぱり派遣!
そう思っていた人も多かったでしょう。けれど、20代後半から少しずつ様相が変わってきたことに気づき始めた人はいませんか?

派遣は、専門職ならばスキルとして年を重ねてもなんだかんだ仕事があったりもしますが、これが一般事務などの未経験者OK!の案件だったりすると、経験やスキルにこだわらない所が多いのです。むしろ、20代の若い世代を使いたいという傾向が実は強いのです。

20代の頃に仕事の紹介数が多いと感じていた人は、この恩恵を受けていたといえます。
これが30代前半から後半、更に年を取るにつれてどんどん顕著になっていくため、派遣では一般事務などの仕事はどんどん減っていく可能性があります。

しかも同世代の正社員は、派遣と違って勤続年数などで職場での立場が上がっていけば、昇格・昇給していきます。気づけば立場がひっくり返っていたなんて経験はありませんか?

30代で派遣経験のみ…転職は厳しいのが現実

派遣の仕事が減り、収入にも納得がいかないなんてことになったら、時間以外に派遣に拘る理由が無くなる人もいるでしょう。けれど、30代になるまで派遣経験しかなかったり、正社員経験がないわけじゃないけれど、派遣の期間の方が長かったり…そんな人にとって、30代での転職は、はっきりいって難しいと言わざるを得ません。

転職もやはり若い方が有利というのは常識。特に、スキルや経験がなければ尚更です。
「色々な職場で色々な経験をしたいから」という理由で派遣という働きからを選ぶ人もいるでしょうが、正社員志望で就活を始めた時、それが面接官に『経験』として評価されないという現実に直面した人も決して少なくないでしょう。

派遣は、正社員の職歴として面接官に評価されにくいというのは、認識しておいたほうがいいかもしれません。

それでもなりたい正社員!そのためにはどうしたらいい?

かといって、それじゃあ諦めなければいけないのかといえば、もちろんそんなことはありません。30代からの転職がまったくの不可能かというと、当然そんなことはありませんし、無事に転職を成功させて、理想の正社員生活をしている人もたくさんいます。

それではどんな就職活動をすれば成功しやすいのでしょうか?今まで派遣でしか働いたことがないから、転職活動はどうしたらいいのか分からないという人も多いと思いますので、一緒にどんな方法があるか見てみましょう。

自力で転職活動は茨の道…

まず、転職活動をするには仕事探しから始めなければいけません。仕事を探す方法もたくさんあります。
ハローワーク、転職サイト、転職情報誌、折り込み広告や、店頭などにも正社員募集ポスターなどが貼ってあったりしますよね。

ハローワークは最初の企業との橋渡しを受付担当者が行ってくれますが、他は基本的には自発的に企業と連絡を取り、自己アピールをして、採用の合否まで自分の能力を頼りに活動を行うことになります。

大抵の就活者がこれらの手段を取って活動を行うことになるとは思いますが、派遣しか職歴がない人にとって、この活動はかなり難しい活動になることが予想されます。

新卒の就活生でも、数十社も受けて落ち続けたという話に事欠かない就活です。中途採用の正社員からの転職も経験やスキルを見られるのですから、派遣社員の転職が難しいのは用意に察せられます。

ハローワークや転職サイトでの転職、実情は?

ハローワークは受付で企業側とファーストコンタクトをとってもらいます。転職サイトでも、募集記事にまずはサイト上でエントリーを行い、まずは書類選考を行うという手順を取る企業が多いです。
そして、まずここが派遣の転職活動の厳しい第一関門になってしまうのです。

書類だけではあなたの人柄などは、なかなか分かるものではありません。そして選考書類で何を見られるのかといえば、その人の職能…学歴や職歴、資格などの能力面です。
その場合、やはり他の正社員からの転職者に比べて不利なのはどうしても職歴です。

派遣で例えばアピールできる経験があったとしても、なぜ正社員にならなかったのか?正社員にならずに今まで何をしていたのか?採用担当者に書類だけで伝えるのは難しいため、結局第一関門である書類審査すら通らないという、最初の難関に直面してしまうことになります。

そんな時は転職エージェントを活用してほしい

そんな時、もしもファーストコンタクトで自分のアピールポイントを自分の代わりに伝えてくれる存在がいるとしたらどうでしょう?
それが『転職エージェント』という存在です。

転職エージェントは、まず個別担当者がつき、カウンセリングであなたの考えるキャリアプランや、適正、今までの経験など聞き取りを行います。その上で、あなたにあった企業を紹介してくれるシステムです。
もちろん気に入らなければ断ることもできますし、断ったからといってそこで終了ということもありません。

そして気に入った企業があれば、企業側の採用担当者にあなたの能力、人柄などを含めた紹介を行い、面接にも立ち会いサポートをしてくれます。
更に履歴書や職務経歴書の効果的な書き方や、面接対策など、徹底したサポートを行ってくれます。

『type転職エージェント』はユーザー満足度87%の実績!

天職セイコ『リクナビNEXTエージェントランキング』総合満足度第2位の転職エージェント、『type転職エージェント』は、ユーザー満足度が87%と高い満足度を得ていて、登録者のみ紹介を受けることができる非公開求人は全求人の中でも80%を占めています。
この非公開求人は、誰でも一度は耳にしたこともある大企業も多く、一例としてホームページでも紹介されています。
→ type転職エージェントに登録

そろそろ派遣を続けていくのも不安を感じるようになった。正社員を目指したいけれど、転職活動がうまくいかない。どうなふうに転職活動したらいいのか分からない。

そんな方は、転職エージェントを活用するのも一つの手として考えてみるのはいかがでしょうか。

 

30代転職 関連コラム

著者が教える、中高年の転職必勝法

 

30代転職 鉄板ガイド

30代転職 鉄板ガイド




30代転職エージェント

このページの先頭へ