※ 【30代転職】 成功の5カ条

30代前半の転職、成功の秘訣5カ条
30代後半の転職、成功の秘訣5カ条
30代女性の転職、成功の秘訣はここから
30代の異業種・未経験への転職、成功の秘訣はここから

この記事の目次

30代転職 いまだ買い手市場の現実

30代の転職市場はアベノミクスで活況?!

メディアでは30代転職は活況と言われますが、実際のところどうなのでしょうか?

アベノミクス効果により有効求人倍率が24年1か月ぶりの高水準(2016年1月)となり、失業率は3.2%台と低水準で推移しています。

とはいっても本当に実際の景気が良くなったかと言われると、実体経済は必ずしも良くなっていないようです。製造業をはじめとした、日本を代表する家電メーカー系が業績悪化(外資の傘下、事業売却など)に苦しんでいる姿からもそれは明らかです。

正社員の募集について見てみると、ハローワークの正社員有効求人倍率は0.81倍と、上昇してきてはいるものの1倍を大きく下回っており決して高水準とはいえません。

実は、有効求人倍率を押し上げているのはパート・アルバイトといった非正規雇用求人なのです。つまり、正社員の雇用は未だ買い手市場にあります。高年収、高待遇が期待できる人気企業ともなれば尚更です。有効求人倍率の数字だけを見て判断することには甚だ疑問が残ります。

景気が良いから簡単に転職して年収アップ出来ると思うのは大きな間違いです。

 

調子に乗ると転職失敗の可能性アップ

30代の転職活動には転職エージェントが最適景気が良くなってきたからと、調子に乗ってはいけません!

あなたがヘッドハンティングされるくらいの人材であれば別ですが、そうでないなら三十代の転職活動を成功させるためには自分を過信しすぎず、謙虚な気持ちで、粘り強く活動することが大変重要となります。

さもないと、企業から相手にされず、年収アップどころか年収大幅ダウン、それどころか正社員として就職できずに契約社員、嘱託、派遣社員でしか仕事が決まらないという可能性すらあります。有効求人倍率が高水準になってきたからと転職活動の実情を知らずにいるとバカを見ることになります。転職失敗の体験談が2chやブログではよくありますよね。

ちょっと不安に思うかも知れません。実は30代の転職では、年収が下がる人がいる一方、年収が上がる人もたくさんいます。年収が上がりやすい人の特徴というものもありますので、転職後の収入が気になる方は確認しておくとよいでしょう。

■ 30代年収、転職後は上がる?下がる?→

 

30代の転職理由ランキング

30代で転職を考える場合、どんな理由が多いのでしょうか?転職理由は転職活動中の面接でも必ず聞かれる質問ですし、応募書類に記載する場合も多いです。また、男性・女性でもかなり違ってきますので、まずは30代社会人がどんな理由で転職を考えるのか確認しておきましょう。

30代の転職理由ランキング
1位 会社の将来性が心配(11.1%)
2位 他にやりたい仕事がある(11.0%)
3位 給料に不満がある(8.1%)
4位 専門知識、技術力を習得したい(5.5%)
5位 残業が多い・休日が少ない(5.2%)
6位 幅広い経験・知識を積みたい(4.2%)
7位 Uターン転職・Iターン転職したい(3.5%)
8位 自分の市場価値を上げたい(3.1%)
9位 雇用形態を変えたい(3.0%)
10位 業界の先行きが不安(2.9%)

参考:「DODA 転職理由ランキング<年代別>2015年10月~2016年3月」

30代の転職理由ナンバー1は「会社の将来性が心配」でした。いくら自分が頑張っても、他の社員のやる気が無かったり、経営者・上司が無能だったりしたらダメだ。そんな声が聞こえてきそうです。

10位の「業界の先行きが不安」も似たような悩みと言えますね。特に製造業関連の業界(メーカー、専門商社等)は今後ますます厳しい状況に置かれそうです。

いずれにせよ、30代は結婚で家庭を持つ人が増えてくる年代ですから、安定した業界・企業に身を置きたいと考えるのもうなずけます。

2位の「他にやりたい仕事がある」は20代でも40代でも上位に来ている転職理由です。こちらは前向きな理由ではありますが、「やりたい仕事」が未経験の場合、20代ならまだしも30代ではかなり苦戦を強いられることを覚悟した方が良いでしょう。

3位以下は給料や年収、残業、休日への不満といったネガティブなものから、専門知識を付けたい、市場価値を上げたいといったポジティブなものが混在しています。

ちなみに女性に限定した場合は待遇改善に関する理由が多めになっています。

どのような理由であるにせよ、専門知識・スキル、圧倒的な実績などがない限りは30代の転職は楽ではない事だけは理解しておきましょう。転職を決意する前に「転職するかどうか」を冷静に考え直してみるのもアリです。

30代の転職活動にはそれぞれの段階ごとにポイントがあります。

 

30代転職、成功のポイントはエージェントとサイトの使い分けにあり?

30代の転職では転職エージェントや転職サイトの活用が欠かせません。転職サイトは求人がたくさん掲載されていますが、出来る事なら転職エージェントを使いましょう。

というのも転職サイトの場合には掲載料の安さからブラック企業の求人が掲載されている場合も多いですし、すべての活動を自分でやらなければならないので忙しい社会人には不向きです。また、せっかく転職した企業がブラックだったら目も当てられません。

転職エージェントであれば面談で希望を伝えておくだけで希望に合った企業を紹介してもらえますし、面接日程の調整や、年収交渉までやってもらえるので、楽なだけでなく良い条件で転職出来ます。

転職エージェントは入社した方の年収の30%程度が報酬となる場合が多いので、転職サイトに比べてお金がかかります。また、高い年収で転職してもらえば報酬も増えるので、年収交渉も熱心にやってくれます。

大量採用&使い捨てのブラック企業にとっては、仕組み上も転職エージェントを利用するのが難しいのです。

転職サイトは転職エージェントの補助的に使うか、面接の練習のための応募に使うか、住んでいる地域に転職エージェントが無い場合に使うのがおすすめです。

30代前半、おすすめの転職エージェント
30代後半、おすすめの転職エージェント

利用する転職支援サービスが決まったら、応募企業を探しましょう。

転職サイトであれば業種や職種、社名、などのキーワードで探すこともできますし、年間休日や年収を軸に探すことも出来ます。ただし、条件が良すぎる企業の中にはブラック企業も多いので注意しましょう。

転職エージェントの場合には、担当コンサルタントに希望を伝えておけば、希望に合った求人を紹介してくれますので、その中から応募してみたい企業を選びましょう。応募しない求人にはしっかりと理由を付けて連絡してあげると、次回からはよりあなたの希望に合った求人を紹介してくれるようになりますし、真剣さが伝わります。

応募企業が決まったら応募書類の作成です。応募書類には履歴書、職務経歴書、エントリーシート、自己PR書、志望動機書、など様々な種類がありますが、どの会社でも提出を求められるのは「履歴書」と「職務経歴書」です。書類選考を行う企業が多いので、ここでつまずくと面接にすらいけません。適当に作成せず、しっかりと準備しましょう。

転職サイトを活用して転職活動している場合は、応募書類も自分で用意することになります。市販の本や転職支援サイトなどで書き方を調べながら作成していきます。

転職コンサルタントの中谷充宏先生による「中高年の転職必勝法~応募書類編~」もご覧いただき、人事受けの良い書類作成を目指してください。どうしても自分では作成できない場合、転職のプロに有料で依頼することも可能です。

転職エージェントを利用して転職活動している場合、応募書類の添削指導もサービスに含まれますので、無料で質の高い応募書類を作成することが出来ます。担当コンサルタントのアドバイス通りに作成すれば問題ありません。

応募書類による書類選考をパスしたら、最後に待ち受けるのは面接です。この面接が最も大事なのですが、意外にも準備せずに望んで撃沈する30代が多いのです。

転職サイトを使って活動している場合は、応募書類同様に本やネットの情報を元に対策するしかありません。友達や家族などにお願いして面接の練習をさせてもらうのも良いですね。

転職エージェントを使っている場合は面接対策もサービスに含まれていますので、アドバイスを受けながら良いパフォーマンスが出せるようになるまで指導してもらいましょう。掲載で報酬発生となる転職サイトと違い、転職エージェントは転職成功させて報酬発生なのでかなりみっちりサポートしてくれます。

 

30代転職、年齢はハンデ?有利・不利どっち?

30代になると求人が一気に減るので転職するのは不利。

こんな話をネット上ではよく見かけますが、本当に不利なのでしょうか?30歳代という年齢はそんなにハンデになるような年代なのでしょうか?

正解は「30代は年齢が有利にも不利にもなりうる」です。

というのも、「何のスキルも専門知識もない32歳」と、「常に高いレベルに必死に食らいつき成長してきた31歳」では、同じような年齢でも人材の市場価値に雲泥の差があるからです。

何のスキルもない32歳は市場価値も低く、転職しようとしても苦労するのは目に見えています。こういう人は転職エージェントを活用しなければまず転職出来ません。
※29歳までならばJAICやハタラクティブという20代専門のサービスがあります。

一方、「高いレベルに必死に食らいついて成長してきた31歳」は企業から評価される可能性が高く、社会経験もそれなりに長いので、30代という年齢がプラスに働く場合が多いです。若くして経営者になる人もいるでしょう。

しかし、注意が必要です。こういう優秀な人たちは「それなりの転職先に決めてしまう」というもったいない転職をする場合が多いのです。この人たちはどこの会社の面接に行っても評価が良いため、内定はバンバン出ます。そして、その中から安易に転職先を選んでしまうのです。

しかし、転職サイトに掲載されている企業はブラック企業もありますし、待遇面がイマイチな所も多いのです。また、掲載内容と違うことも多々あります。その点、転職エージェントを活用すればあなたの人材価値に見合った求人を紹介してもらえますので、転職活動を有利に進めることが出来ます。

 

30代転職のリスクとは?年収ダウン、年収アップ?

30代の転職におけるリスクはいくつかありますが、最も重要なのは「年収アップ出来るのか?年収ダウンしたらどうしよう?」ということではないでしょうか?

なんだかんだ言って、年収アップのために転職する人は多いです。しかし、30代の転職者で年収アップに成功しているのは、実は30代前半で46.6%(年収ダウンは37.6%)、30代後半では28.8%(年収ダウンは54.2%)となっています。

30代後半ともなると、年収アップした人の2倍も年収ダウンした人がいるのです。もし年収アップを目的とした転職を考えているのなら、今の会社を辞めてしまう前に自分の市場価値をチェックしておくのがおすすめです。退職してからではリスクが大きすぎます。

家族との関係も転職のリスクとして考えられます。年収が大幅に下がって生活に支障をきたしてしまうようでは、家族関係の悪化もあり得ます。最悪の場合、離婚という可能性すらあります。

ただし、30代後半でも転職自体には賛成してくれる家族が70%以上となっており、年収ダウンさえしなければ転職そのものには賛同を得てもらいやすいというのが実態です。年収アップに強い転職エージェントもありますので、自分が年収アップできそうか相談してみるのも良いでしょう。

※数値データはリクナビネクスト調べ

 

30代転職の弱み・強み(メリット・デメリット)と転職活動への活かし方

30代で転職を考える際、強み弱みはなんでしょうか?人材を採用したい企業側から見ると、メリットデメリットと言い換えることも出来ますね。

これらをしっかりと認識したうえで、転職活動に活かすことが出来れば活動を有利に進めることが出来ます。

30代転職者の強みとしては、第一に即戦力性が上げられます。

大学新卒から働いている場合、8~10年以上の実務経験を持つ30代転職者は企業からも即戦力として期待されます。また、管理職経験(マネジメント経験)があればなおさら強いです。短期間で管理職になれる可能性もあります。

転職活動においては、あなたの即戦力性をいかに相手に伝え、納得してもらうかがカギとなります。そのためには、面接の場でこれまでの実務経験や業界・商品知識が転職先でも活かせること、即戦力として十分に活躍できることをエピソードを交えて語れるようにしておきましょう。

逆に、30代転職者の弱みとしては、20代と競争になった場合、年齢的に不利になってしまうということです。同じ仕事をやってもらうなら、成長余地の多い20代が選ばれやすいということです。年齢が高いことにはデメリットもあるのです。

年齢は変えようのない弱みになってしまいますので、それ以外の部分でアピールするしかありません。具体的には実務経験、管理職経験、圧倒的実績、広い・太い人脈、高度な専門知識や技術等になります。

20代のライバルを採用するよりも、30代のあなたを採用した方がメリットがある!そう思ってもらうことが必要です。

転職サイトは1つの求人に対して何十人、何百人と応募が殺到するケースも良くあります。転職エージェントを使えば、転職サイトのようにライバルが多くないのでおすすめです。転職エージェントでは企業の希望に合った人材に絞り込んで紹介するためです。

 

30代転職、応募企業や業種・職種はどう選ぶ?

30代の転職で応募企業や業種、職種はどのように決めたらよいのでしょうか?

前職と同じ業種を選ぶことが年収を下げずに転職するコツとなります。

ただし、何らかの理由でどうしても異業種に転職したい場合もあるかもしれません。そういう場合には、なるべく近い業種を選ぶことで経験を活かしやすくなります。

全く違う業種に転職したい場合は、職種だけでも同じ職種で転職することで大幅な年収ダウンは避けられます。意外と職種が同じで全く違う業界に転職する人は多いのです。

特別な理由がない限りは前職と同じ職種を選ぶようにしましょう。同じ職種であれば業種や業界が違っても、即戦力として活躍できる可能性は高く、転職市場における人材価値もそれほど下がることはありません。

未経験の職種へのチャレンジは極力避けたい所です。どうしても挑戦したい場合は、これまで積み上げてきたものを全て投げ捨て、プライドも捨てて高卒・大卒新入社員と同じ気持ちでのぞむ覚悟が必要です。

もちろん年収も初任給と同程度まで下がることも覚悟しましょう。30代で年収300万円以下になっても構わない、そういう覚悟があって挑戦したいならば未経験職種への転職も可能性はあります。ただし、どんなに年収を下げても現実的には、30代未経験の人材は中々内定がもらえません。

転職サイトと転職エージェント、どちらを使うかで違ってきます。

転職サイトを使っている場合は、中小企業~大企業まであらゆる規模の企業に応募できます。ただし、その企業の求人の裏にある意図までは知りえないので、応募社数の割に内定は取りにくい傾向にあります。例えば、裏で年齢の上限が28歳までと決まっているような場合、いくら30代が応募しても無駄です。応募書類は即ゴミ箱行きとなります。

このような無駄な活動を減らすには転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントであれば面談であなたの希望を伝えることが出来ます。年収、職種、業種、企業規模、役職、休日数、詳細に希望を伝えるだけで、あとはあなたに合った求人がメールや電話、サイト上で送られてきます。

ただし、条件が細かすぎたり、年齢が高すぎたりすると紹介される求人数も減ってしまう傾向にあるので、そういう場合には転職サイトも併用することをお勧めします。

 

30代転職は絶対に失敗できない!3つの理由とは?

30代の転職は絶対に失敗できません。理由は3つあります。

1.年齢的に挽回が難しい
2.長期戦になりやすい
3.負のスパイラルに陥りやすい

30代はまだまだ若いと思ってはいけません。転職市場においては30代はかなり高齢です。それ故に転職失敗は致命的です。

例えば33歳で転職したものの転職先がブラック企業で3か月で退職したとしましょう。短期間で離職という経歴にキズのある人間、まして33歳ともなれば次の転職ではより苦戦することになります。

まず間違いなく、前職・前々職以上や同等の待遇では転職出来ません。未経験の仕事にチャレンジして数年かけて前の年収を超える、という年齢でもありませんね。これが39歳など、30代後半になったらもっと悲惨です。

つまり、30代で転職する場合、転職先に骨を埋めるくらいの覚悟が持てる会社から内定をもらう必要があるのです。転職エージェントの力を借りるべきなのは言うまでもありません。

30代の転職は長期戦を覚悟すべきです。特に36歳、37歳、38歳、39歳という30代後半の場合、100社以上受けても内定0という可能性も普通にあります。

1年、2年と長期の転職活動は精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも辛いものです。

内定がもらえたからと安易に決めてしまうと、ブラック企業だった。そんなケースもあります。そうなったら最悪です。前項で説明したように、30代転職失敗からの挽回は難しいのです・・・。

転職失敗、長期化、挽回不能、、、これを繰り返すと取り返しがつかなくなってきます。正社員はおろか派遣、パートでも仕事が見つからない状況まで堕ちていきます。

失敗を避けるためにも転職エージェント等を活用することがおすすめです。

 

30代未経験でも転職できる職種、企業はどこ?

30代で未経験の仕事に挑戦するのはかなり危険で、難しいことです。しかしリストラや地域性(求人が少ない等)の事情によりやむを得ない場合もあります。そういう場合には、30代未経験でも内定を獲得しやすい業種や職種の求人を探すことがポイントになります。

30代未経験でも内定をもらいやすい仕事にはどのようなモノがあるのでしょうか?

介護職は人手不足が顕著な業界であり、今後ますます人材が必要とされる業界です。しかし、年収が低い、3K等のマイナスイメージが大きすぎて、求人に対して応募が少ない状況です。

国も現在対策に乗り出し、徐々にお給料アップなどを実現しています。今後、これまでイメージされていた介護業界のネガティブイメージから変わってくることは間違いありません。

実は介護職はホワイトな部分やメリットが多く、介護職転職者の中にも意外に感じている方が多いのです。例えば・・・

・残業は殆どない(50%が残業なし、90%が月10時間未満)
・転勤がないので人生設計を立てやすい
・需要が伸びる仕事なので、失業リスクが極めて低い
・働きながら国家資格を取得できる
・30代の管理職も多く、年収600万円~も可能
・求人に対して応募が少ないので、受ければ内定が出る状況

ただし、今後は待遇も改善されていきますので、競争率は高くなっていくものと考えられます。少しでも興味があるならば、今のうちに介護専門の転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

 

30代、転職成功に何よりも必要なものは?

忙しい30代の鉄板転職活動とは?

30代は会社でも頼りにされる中心的存在。
管理職に登用され始める年代でもあり、仕事内容はハードになる一方。

それでも、年収、キャリアアップなど様々な理由から転職を考えなおす人が多いのも事実。1年後2年後と転職活動を先延ばしすると条件が悪くなる一方です。
では忙しい30代社会人が転職を成功させるために必要なモノとは一体何なのでしょうか?

30代の転職活動には転職エージェントが最適まず絶対にオススメできないのがハローワークに通ったり、求人フリーペーパー、新聞の求人広告等の求人媒体での転職活動です。

これらは良い求人もあるのですが、とにかくアナログで活動の効率が悪すぎます。悪質な企業の場合、求人票にある条件が働いてみると守られていないというトラブルが報告されている事例もあります。

忙しい30代にはお勧めできません。もっと効率よく満足のいく転職を目指しましょう。

かと言って、
「○○株式会社に△△というポジションで年収は500万円アップの2000万円なのですが、どうですか?」

ヘッドハンターからこんな風に紹介されたら楽ですが、それだけの実力のある人は中々いません。

30代が条件アップと効率的な転職活動を実現する現実的な方法はズバリ「転職エージェントの活用」です。

2016年1月実施のアンケートによれば転職エージェントを活用した人のほとんどが「希望の職に就けた」、「年収アップ出来た」、「短期間で転職出来た」と結果に満足しているという結果が出ています。

転職エージェントのメリット
・短期間で希望の職に転職できる
・面接日時の調整や、条件アップの交渉もやってくれる
・自分に合った求人を探して紹介してくれる
・自分に向いている仕事が見つけられる

 
転職エージェントサービスは全国に8万社あるとも言われ、いわゆる名の知れた人材会社だけでも数十社はあります。これら全部を比較検討出来ればよいのですが、現実的ではありません。

ある程度数の絞られた比較表やランキング表でじっくり検討するのが賢いやり方ですが、

  • なるべく早く良い条件で転職したい
  • でも15社も比較検討する時間はない!
  • かと言って転職に失敗するのは絶対に嫌だ

そういう場合は、転職エージェントはアデコリクルートエージェント、転職サイトはリクナビNEXTにネット登録しておけば十分な活動ができますので問題ありません。
転職エージェントは、足繁くハローワークに通うより安易で(ネット登録するだけ)効率よく転職活動ができます。上手にエージェントを活用し、新たな一歩を踏み出しましょう。

 
※転職エージェントは複数登録が基本なので、余裕があればtype転職エージェントマイナビAGENTも登録しておきましょう。忙しくて余裕が無ければ無理に登録しなくても大丈夫です。

30代向けの転職エージェント一覧

30代 転職エージェント

運営会社 サービス詳細 公式サイト
マイナビエージェント
マイナビならではの太いパイプ
年間200万人以上が利用するマイナビエージェント。企業人事との太いパイプがあり優良企業の求人数が豊富。また、営業職・IT・WEBエンジニアの求人が得意。
type転職エージェント
エージェントの手厚い対応
年収アップの成功率に定評があるtype転職エージェント。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の求人に限られますが、それゆえ首都圏求人に強く、求人数も豊富です。特に30代までのの求人に力を入れています。
JAC Recruitment
年収UP・管理部門・管理職・外資ならJAC
高年収、人事、総務、経理、財務、管理職、外資転職ならJAC!年収1000万~を狙える求人も豊富。8ヵ国に拠点があり海外転職も万全のサポート。コンサルタントの質も高く、まずは自分の市場価値を聞いてみるのも○。年収500万以上の30代に必須のエージェント!
アデコ
世界60ヶ国で展開
アデコの特長といえば世界各国で展開しているからできる情報量です。国内でも160拠点を持ち、全国をカバー。求人数も業界トップクラスで、幅広い求人を取り扱っています。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!
リクナビネクスト
30代転職サイトはこれ1つでOK
リクルートが運営する国内最大級の転職サイト。レジュメを登録すれば、企業からアナタに直接オファーが届く。20代の若手はもちろんのこと、35歳以上の転職にも強い。

 

30代前半(~35歳) 転職成功の5カ条

30代前半転職 成功の5ヵ条

30歳から30代半ばくらいまでは求人情報が比較的たくさんありますが、35歳を境に30代後半は求人募集件数が激減してしまいます。歳を重ねるほど条件が悪くなり転職活動期間が長くかかる傾向にあり、希望の仕事内容に合う転職先も見つかりにくくなります。

30歳~35歳くらいまでがギリギリ「転職適齢期」、36歳~39歳の人材は市場価値が低い場合は「転職氷河期」と言っても過言ではありません。

※もちろん、企業が必要とする充分なスキルがあれば年齢に関係なく転職出来ます。

同じ三十代でも前半、後半では状況がまったく異なるため、転職成功への作戦も違ってきます。

それぞれの年齢において求められるスキル、能力、実務経験などのポイントをしっかり押さえて目的を持って、限られた期間で短期集中で効率的に内定を取れるようにしましょう。それぞれの年代ごとに5つのポイントを抑えておきましょう。

■ 30代後半(35歳~) 転職成功の5カ条 →

①企業が求める人物像は?

30代前半の転職何より求められるのは即戦力性

この年代は既に10年選手かそれに近いキャリアを持っているわけですから、何もできない新卒者と一緒のスキル・気持ちでは絶対にダメです。

転職しても即戦力になれなさそうであれば、そもそも転職しない方が良いかもしれません。大幅な待遇ダウンでもOKであれば別ですが・・・
 

30代前半の転職者に求められるモノ

プレイヤーとしての即戦力性(専門知識・実績・スキル)が最も求められる。徐々にマネジメント能力が求められる年代でもあるので、管理職経験があれば尚良い。

未経験職種に挑戦できる最後の年代だが、ポテンシャルとやる気だけでもなんとかなる20代とは違い、かなり厳しい道のりになることを認識しておく必要がある。また、年収の大幅ダウンも覚悟しておくべき。


 

②キャリアアップ、年収アップを狙おう!

しっかりした実務経験とスキルがあれば、この年代の転職はそれほど難しくありません。転職によってキャリアアップすることも十分可能ですので、積極的に狙っていきましょう。

もちろん転職先企業や転職方法を間違えなければ年収アップも可能です。キャリアアップや年収アップを確実に狙うなら、転職のプロである転職エージェントの力を借りましょう。

1人で活動していると、企業の生の情報がほとんど入ってこないですし、内定取り消しが怖くて待遇の交渉もしづらいものです。また、面接日程の調整までしてくれるサービスは他にありません。仲間がいない分どうしてもネガディブになってしまいがちです。


 

③未経験・異業種への転職はラストチャンス

未経験職種や異業種への転職は20代までと言われていますが、30代前半でも可能性はあります。ただしかなり大変です。

内定をもらうまでのいばらの道と、大幅な年収ダウン、経験0の新人としての再スタートでもOKであれば挑戦してみる価値はあります。行動を起こすならこの年代まででしょう。

こだわりがないのであれば、同業種・同職種、または異業種・同職種への転職が成功への近道です。


 

④マネジメント経験があれば強い

30代ともなると徐々に管理職に登用され始める時期。30代の人材を中途採用するにあたり、マネジメント経験があることは企業にとっても魅力的ですし、将来の幹部候補としてみてもらいやすいです。

管理職を任されたということは、その企業で評価されていたことの何よりの証ですので、年収アップ交渉などもし易いでしょう。

ただし、マネジメント経験があるからと言って、必ずしも転職先の企業でも管理職での入社になるとは限りません。しかし、しっかりと成果を出せば比較的早期に管理職に登用される可能性は高いと言えます。


 

⑤必勝サポーター!30代前半におすすめ転職エージェント・サイト

30代前半転職の強い味方となってくれる転職エージェントをご紹介します。転職エージェント登録のポイントは2つ

転職で重視するものに合わせて、自分に合った会社を選ぶこと。それから、リスク分散のために2社以上登録することです。エージェントや担当者によってはハズレの場合もありうるからです。

※転職成功者の平均登録数は2.19社となっています。
(クラウドワークスリサーチによるアンケート調査結果による)
 

年収アップしたいならtypeとJACリクルートメント

35歳までの首都圏転職に特化し、年収アップ率驚異の71%を誇る type転職エージェントがおススメです。

また年収500万円以上などハイクラス人材の転職に強いJACリクルートメントも高年収を狙える案件を数多く抱えています。幹部候補など年収800万円以上の求人も多数。
 

とにかく条件にこだわりたいなら、なるべく多くの求人を見よう

条件に拘る場合はなるべく多くの母数の求人から探さないと、そもそも希望に合う求人すら見つかりません。

転職エージェントの2大巨塔とも言われるリクルートエージェントマイナビAGENTに登録しておきましょう。この2社だけで10万件を超える求人数を抱えています。求人数が多いので地方へのUターン、Iターン転職もカバーしています。

また、転職サイトになりますが、リクナビネクストにも登録しておくと、複数の提携エージェントからの求人紹介が受けられます。
リクナビNEXTでは、登録するとあなたに興味を持った企業からスカウトメールが届きます。掲載企業数が多いほどチャンスは広がります。
 

丁寧なサポートを受けてじっくりと転職活動したいなら

1人のキャリアコンサルタント(CA)が企業と転職希望者の両方を担当しているアデコは、担当者が企業の採用担当者から聞いてきた情報を提供してくれるので、生の情報に触れることが出来ます。

また、1人のキャリアコンサルタントが担当する転職希望者の人数が他社に比べて少ないので、1人に割ける時間が多く、じっくりと丁寧なサポートを受けることが出来ます。
コンサルタントは電気・電子・機械系や管理系など職種別でチームを組んでいるので、専門職種への転職に適したエージェントです。

30代前半 転職エージェント

運営会社 サービス詳細 公式サイト
マイナビエージェント
マイナビならではの太いパイプ
年間200万人以上が利用する最大手の転職エージェント。企業人事との太いパイプがあり優良企業の求人数が豊富。20代~30代の転職サポートに強く、あらゆる業種・職種の求人が集まっています。特に、営業職・IT・WEBエンジニアの求人が得意。
type転職エージェント
エージェントの手厚い対応
年収アップの成功率に定評があるtype転職エージェント。求人数も豊富です。特に25歳~30代の求人に力を入れています。
アデコ
国内160拠点!丁寧なサポート
アデコの特長といえば国内160拠点を持ち、全国をカバーしていること。そして丁寧で親切な転職サポートです。求人数も業界トップクラスで、幅広い求人を取り扱っています。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!
リクナビネクスト
30代転職サイトはこれ1つでOK
リクルートが運営する国内最大級の転職サイト。レジュメを登録すれば、企業からアナタに直接オファーが届く。20代の若手はもちろんのこと、30代以上の転職にも強い。

 

30代後半(35歳~) 転職成功の5カ条

30代後半転職 成功の5ヵ条

①企業が求める人物像は?

30代後半はマネジメント層になる人もかなり増え、いよいよ会社の中核を担っていく段階の人材です。

この年代での転職は大きく二つに分かれてきます。1つ目は今の会社で活躍・昇進昇格していてさらに上を目指して転職するパターン。そしてもう1つは今の会社でも微妙なポジション、出世競争からは外れてしまって転職するパターン。

前者は他社でも十分に活躍できる見込みがありますし、キャリアアップ、年収アップも可能で、満足のいく転職活動が出来る可能性が高いです。

一方後者は「本当に素晴らしい実力はあるものの、ワンマン経営者に嫌われてしまったことで出世の道が断たれてしまった」というような場合を除いては、高望みのし過ぎは禁物です。
募集要項には年齢制限は明記されてはいないけれど、転職活動をしていくなかで35歳を過ぎると厳しさを感じることも多々出てきます。
ただし、転職のプロのサポートを得てじっくりと活動することが出来れば、年収アップも可能です。

30代後半の転職者に求められるモノ

幹部候補・次期リーダー候補
マネージャーとしての経験・スキル、場合によっては課長職位程度の実力や人脈が求められる。

これらがないなら、転職自体を考え直すことも1つの選択肢。無理に転職しても逆に年収が下がったり、待遇が悪くなったりと、満足のいく転職が出来る可能性は高くない。転職を希望するなら転職エージェントの力を借りることが必須。


 

②身の丈に合ったキャリアアップ、年収アップを

ポテンシャルだけで採用されることも多い20代の転職と違って、30代は企業からの見られ方が変わってきます。30代後半ともなれば尚更です。

30代後半で面接でアピールできるような実績もない人が、実力に見合わない年収アップや待遇を望んでも相手にされません。転職することが悪いというのではなく、身の丈に合った現実的な条件で探しましょうということです。

高望みさえしなければ30代であれば転職出来ないということはありません。まずは自分の適正な年収を知ってから転職活動を始めれば、恥ずかしい思いをしないで済みます。

■ 自分の適正年収を調べる →

 

③未経験・異業種転職は避ける

この年代で未経験の職種での転職や、全くの異業種への転職はかなり危険です。まず、間違いなく転職活動が長期化します。そして、仮に転職できたとしても大幅な年収ダウンになります。

・年収が半分になろうと、3分の1になろうと構わない!
・学生時代よりも生活水準が下がっても構わない!
・転職活動に1年かかっても2年かかっても構わない!
・正社員でなくても構わない!
・活躍できなくて短期間で解雇されても構わない!
・それでもどうしてもやりたい仕事なんだ!

ここまでの情熱があって、リスクを顧みずにチャレンジできる方以外は避けた方が無難です。

※IT、WEB、ソーシャルゲーム業界であれば、30代・40代未経験でも転職を目指せるGeeklyワークポートというサービスがあるにはあります。

この年代の転職にはやはり「同業種・同職種」への転職がおすすめです。異業種だったとしても職種が同じであれば活躍できる可能性は大いにありますので、「異業種・同職種」の転職もOKです。

 

④マネジメント経験がないと厳しい

業界や会社規模にもよりますが、30代は管理職登用が増えてくる年代です。管理職に登用されている人であれば、会社から実力を認められているということですので、高望みしすぎなければ転職はうまく行く可能性が高いです。

管理職経験がなくても、実力を備えた専門職(スペシャリスト)であれば全く問題ありません。特にIT業界では技術者は完全に実力主義ですから(特にゲームプログラマー)、30代後半でも実力次第で満足のいく転職が出来ます。

専門職に強い転職エージェント、IT系に特化したエージェントもありますので活用しましょう。

管理職経験がなく、専門性にも自信がないものの、何らかの理由で転職する場合はどうしたら良いのでしょうか?その場合は月並みですが、自分を過信しすぎずに転職エージェントに相談して、譲れる部分・譲れない部分を明確にして身の丈に合った活動を心がけることが良い結果に繋がります。

また、待遇に不満がないなら、無理に転職してリスクを抱えるよりも今の会社で頑張るというのも1つの選択肢です。


 

⑤30代後半が使うべき転職エージェント

年収アップしたいならこの2社!

30代後半の転職で年収アップを希望する場合や年収800万円以上を狙う場合、管理職・専門職・外資系に強いJACリクルートメントは必須となります。

また、1都3県在住の方のみにはなりますが、利用者の71%が年収アップに成功しているtype転職エージェントも欠かせません。

 

専門職、管理職以外の転職は総合系のエージェントを活用

特定の職種に特化していない「総合系の転職エージェント」はたくさんありますが、30代後半の転職希望者が活用したいのはアデコリクルートエージェントマイナビエージェントとなります。

また、不利な属性になりつつある年代でもあるので、転職サイトも活用したい所。転職エージェントの料金は払えないけど、転職サイトなら掲載できるという企業は転職サイトに集まっています。また、転職サイトだけでも十分に応募が見込めるような大手企業、有名企業も多いです。

特に、創業100年を超えるような老舗企業、ある特定の分野では世界的なシェアを持つ企業、特殊法人・学校法人といったいわゆる隠れホワイト企業などは転職サイトにたくさんあります

「そんなこと言っても、エージェントも使いつつ転職サイトも使うのは大変!」

そういう場合は転職エージェントだけで大丈夫です。ただし、リスク分散のためにも必ず2社以上は登録しておきましょう。

サイトも活用するなら、おすすめはリクナビネクストです。あらゆる年代、属性の方が利用でき、求人数もズバ抜けています。転職者の90%はリクナビネクストを利用しているとも言われています。

30代後半 
 転職エージェント

運営会社 サービス詳細 公式サイト
JAC Recruitment
高年収、管理職、外資ならJAC
高年収、管理職、外資、海外転職ならJAC!年収800万~の求人も豊富。8ヵ国に拠点がありグローバル転職も万全。コンサルタントの質も高く、まずは自分の市場価値を聞いてみるのも○。年収500万以上の30代に必須!
マイナビエージェント
マイナビならではの太いパイプ
年間200万人以上が利用する最大手の転職エージェント。企業人事との太いパイプがあり優良企業の求人数が豊富。20代~30代の転職サポートに強く、あらゆる業種・職種の求人が集まっています。特に、営業職・IT・WEBエンジニアの求人が得意。
アデコ
国内160拠点!丁寧なサポート
アデコの特長といえば国内160拠点を持ち、全国をカバーしていること。そして丁寧で親切な転職サポートです。求人数も業界トップクラスで、幅広い求人を取り扱っています。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!
リクナビネクスト
30代転職サイトはこれ1つでOK
リクルートが運営する国内最大級の転職サイト。レジュメを登録すれば、企業からアナタに直接オファーが届く。若手はもちろんのこと、30代後半や40代以上の転職にも強い。

 

IT専門職ならばエージェントもIT特化型を

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界のエンジニア、クリエイターならば、転職エージェントもIT系に特化したサービスを利用することで満足度の高い転職を実現できる可能性が高くなります。

Geekly(ギークリー)は経験豊富な実績を持つコンサルタントが多数在籍しているので、キャリアアップを目指すなら欠かせない転職エージェントとなります。

レバテックキャリアは独自のヒアリングによるスキル査定に定評があり、転職アドバイザーがスキルのすり合わせをしっかりすることで年収アップを可能にしています。

IT系に強いエージェントとして老舗企業となるワークポートはきめ細かな対応に定評がありますが、それもさることながら求人の質が良いと話題になっています。IT業界専門の人材紹介会社のため、誰もが知っている大手企業、優良企業の求人をたくさん抱えているのです。


 

ハイキャリア、出産後・再就職、女性の転職は幅広い

30代後半女性の転職 転職必勝法

女性転職、あなたはどのタイプ?

30代女性は転職エージェントを上手く活用

30代になると、女性の転職は男性の転職よりも厳しくなる傾向にあります。というのも、年齢的に「結婚して辞めてしまうのではないか?」と思われてしまうことが多いからです。

しかし、そんな男尊女卑企業にムカついている暇はありません!不利なのならば、男性以上の活動量とエネルギーで見返してやりましょう!

30代女性の転職活動を成功に導くには、やはり転職エージェントの活用が欠かせません。男性よりも活動量を増やすには、求人数が多く女性の転職にも強い、複数の転職エージェントに登録することが重要です。

転職成功者の7割以上が2社以上の転職エージェントに登録しています(平均2.19社)ので、最低でも3社は登録しておきたい所。
気になる転職先の雰囲気や人間関係や詳細な仕事内容などもエージェントを通じてなら事前にチェックできます。

【参考】女性の転職エージェント活用法

 


30代女性におすすめ!30代女性向けの転職エージェント一覧

運営会社 サービス詳細 公式サイト
マイナビエージェント
女性転職の強い味方、マイナビ
年間200万人以上が利用する大手。女性が働きやすい・理解のある企業との太いパイプがあり、優良企業の求人が豊富。女性のライフプランに合った最善の選択をアドバイスしてくれます。女性向け特集ページやコラムも。
type転職エージェント
エージェントの手厚い対応、首都圏特化
年収アップに定評があるエージェント。女性の転職に強く、20~30代に力を入れています。求人は、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に限られ、サービス職・事務系求人を多く扱います。
アデコ
国内160拠点!丁寧なサポート
アデコの特長といえば国内160拠点を持ち、全国をカバーしていること。そして丁寧で親切な転職サポートです。求人数も業界トップクラスで、幅広い求人を取り扱っています。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!あらゆる業界・職種に強いので女性転職の頼れる味方。
JAC Recruitment
女性のキャリアアップに強い
首都圏・関西に強みを持つJACリクルートメントは、企業の本社・中枢支店と太いパイプを持ち、キャリア志向の求人を豊富に扱います。年収600万以上、好条件の求人が多く、女性ならではの管理職求人なども豊富に取り揃えます。更に上を目指す女性におすすめ。
パソナキャリア
女性・事務職に強い
業界実績トップを誇るパソナキャリア。経理・財務・人事・総務などの管理部門専門の部署があり、女性の転職にも力を入れています。コンサルタントの質が高く、その人に寄りそったキャリアプランの提案が魅力です。中小企業に特に強い。
クリーデンス
ファッション・アパレル業界転職の雄
大手・デザイナーズ・外資系企業からの求人のご紹介やキャリアアップのご相談・面接対策まで、ファッション・人材業界出身のスタッフが無料であなたの転職支援を行います。


 

年収アップ、キャリアアップを狙う女性の転職

年収アップやキャリアアップを狙った転職、また外資系や海外転職を希望するならば、ハイキャリア向けの転職サービスの利用が必要です。

普通の総合型転職サイト、転職エージェントを利用しても年収アップの可能性はありますが、年収アップに強いサービスを利用した方が成功率が上がります。

 


30代女性におすすめ!30代女性向けの転職エージェント一覧

運営会社 サービス詳細 公式サイト
JAC Recruitment
年収UP・管理部門・管理職・外資ならJAC
高年収、人事、総務、経理、財務、管理職、外資転職ならJAC!年収800万~を狙える求人も豊富。8ヵ国に拠点があり海外転職も万全のサポート。コンサルタントの質も高く、まずは自分の市場価値を聞いてみるのも○。上を目指す30代に必須のエージェント!
type転職エージェント
エージェントの手厚い対応
年収アップの成功率に定評があるtype転職エージェント。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の求人に限られますが、それゆえに首都圏の求人に強く求人数も豊富です。特に25歳~30代の求人に力を入れています。


 

出産、再就職を控える女性の転職

出産後の再就職は一般的には難しいと言われ、前職と同等の条件での転職はかなり厳しいのが現実です。日本の終身雇用制度では、一度レールから外れてしまうと、復帰するのは難しいのです。
女性にとって、出産がハンディキャップになってしまうのが実態です。

しかし、「ある条件」を満たした女性は、出産後と言えどもワークライフバランスを実現し、何の問題もなく再就職できているのも事実なのです。出産後の再就職に成功できる女性の条件とは一体何なのでしょうか?

【最新】出産後の再就職に成功する女性、4つの特徴 →

 
再就職できたとしても、育児との両立はとても大変なものです。預かり先の確保(保育園、幼稚園)も、都市部ではますます難しくなりつつあります。

また、そもそも育休や産休という制度が整っていない会社が多いのも現実。法的に問題があるとはいえ、実際には多くの女性が妊娠・出産を機に仕事を辞めざるを得ない状況なのです。

そんな中、少しでも女性にとって働きやすい環境の整った会社を探して転職活動することは賢い選択と言えます。

【参考記事】
<30代女性の転職事情>子供ありは再就職に有利?!
社内託児所付き求人を見つける方法とは?!
妊娠・産休・育児制度あり転職でずっと働き続けるには?

30代女性は結婚、妊娠、出産、育児等の理由で退職・再就職をすることが多い年代です。たとえ現在独身でも、近々結婚の予定があったり、子持ちだったりすると転職が不利になってしまうことも多いのが現実です。

男女雇用機会均等法が整備されて久しいですが、残念ながら日本の転職市場の現場はまだまだ遅れていると言わざるを得ない状況なのです・・・。

しかし、状況を嘆いても仕方がありません。その状況の中でいかに転職を成功させるかを考えましょう!当サイトも頑張るあなたを応援します。

「子供の預け先」について聞かれた場合の模範解答や、知ってる人だけが利用できる国の制度など、女性の再就職成功には男性とは違ったノウハウがたくさんあります。事前にコツを把握して、少しでも有利に進められるようにしましょう。

【最新】出産後の再就職に成功する女性、4つの特徴 →

女性の転職エージェント活用法《マンガでわかる!》 →

 

30代の転職、まずは自分の市場価値を知る!

管理職は評価されないことも多い!

今の職場で係長や部長などの役職についていたとしても、必ずしも今の肩書きが転職市場において評価されるとは限りません。

つまり、今の年収が700万だとしても、そのスキルが再就職先でそのまま通用する訳ではないのです。もちろん昇給も転職先次第です。

「課長で年棒700万円」の人材の場合、転職市場における市場価値は「主任で年収400万~500万位」と考えられる場合も普通にあります。

給与水準の高い大企業や証券会社、いわゆる一流企業と呼ばれる職場に勤務しているサラリーマンの方は、自分を過信しすぎないように注意が必要です。事前に自分の適正な報酬額(市場価値)をチェックしておけば安心ですね。
【参考】30代の平均年収

求人情報を見れば、自分のスキルやリーダーとしての経験がどの程度の年収で評価されるのか、なんとなくの相場感はつかめます。しかし、業種や職種、役職まで同じ求人というのはなかなかあるものではありません。

あるかどうかも分からない現在と同条件の求人情報を探すことに時間をかけるのはオススメできません。まずは、ツールやテストで自分のキャリアを客観的に分析することが大切なのではないでしょうか。

■ 無料で自分の市場価値を知る方法!→

 

自己分析シートを面接に活かそう!

30代の転職を成功させるために必要なのが、客観的な自己分析です。とはいっても自分と向き合うことは容易ではありませんよね。

しかし自己分析を行うことにより質問に対する答えにブレがなくなり、結果として面接に強くなり、内定がもらいやすくなるのも事実です。そのためにもオリジナルの自己分析チェックシートを作ってみましょう。


まず自分の強み・弱み、性格を紙に書きだしてみましょう。将来は何をしたいのか、給料・賞与はどのくらい欲しいかなどを具体化すれば目指す業界などの方向性も見えてきます。

自己分析をしっかりすることによって、迷いが減り、入社後も向いていない仕事に就く等のミスマッチも防ぎ、希望する職種で足りないスキルや成長させたい部分も把握できるので、資格やスクーリングで補うこともできます。

あなたの強みや性格など、自分ではよく分からない場合は外部機関の診断テストを利用するのもおすすめです。有料が多いですが、中には無料の診断テストもあるようです。

 

転職エージェントに分析をしてもらう

プロの目で自分の価値を分析してもらいたいのであれば、 転職エージェントの門を叩くのもいいでしょう。

転職エージェントはあなたのキャリアや強みを客観的に分析し、あなたの強みや希望条件(職種、給与、ボーナス、手取月収、勤務地等)に合った企業を紹介する転職メディアです。尚且つ履歴書などの提出書類のチェックもしてくれるので、書類選考通過率がグっと高くなります。当然待遇面で満足できる確率も高いと言えるかも。

第三者から見た自分の市場価値を把握するのはとても大切なこと。転職活動で生まれた悩みや不安があれば、転職エージェントに相談してみることをおすすめします。



30代の転職、異業界・異業種・異職種は不利?

30代での転職活動って不利なの?

約8割が30代の転職活動において自分の年齢が不利だと考え、実際に不利だと感じた人は約5割。

不利だと感じなかった人は年齢相応のスキルや経験をアピールできていると回答。

具体的には自分の得意分野があったり、前職の経験から即戦力になれるような能力の高い人が好条件の職に就ける傾向にあります。

30代になると、出身企業や学歴より実績が重視されます。少しでも良い条件の会社を見つけたいのであれば、今の会社で経歴書に書けるくらいの実績を作っておきましょう。

【参考】未経験・異業種転職ってやっぱり厳しいの?
 

30代の転職で大幅年収ダウンも!?

異業種でも同職種であれば自身のキャリアは活かせますが、異職種への転職は困難を極めます。

未経験での違う職種での採用は20代後半がギリギリ。30代からはこれまでの実績が問われますし、30代後半からはプラスでマネジメント能力も求められます。

この年代で職種・業界未経験者が応募できる求人は極端に少なく、仮に応募できて採用されたとしても処遇や給与の大幅ダウンは必至です。

まして異業種であれば、若い人材が優先的に採用されます。30代の転職を成功させるためには、今まで培ったキャリアやスキルが生かせる同業種同職種を選択することがカギになります。

参照ページ http://nensyu-labo.com/nendai_30.htm

【参考】年代別!異業種・未経験転職の4パターン

 

30代で異業種・未経験転職を考える際の2つのポイント

とは言っても、どうしてもやりたい仕事があって諦められないという場合もあるでしょう。30代で異業種・未経験の仕事への転職を考える場合、最低限おさえておくべきポイントが2つあります。

1つ目は「30代、未経験でも応募可能な求人を探すこと」です。
2つ目は「なるべく多くの求人に応募すること」です。

 

30代、未経験でも応募可能な求人を探す

当たり前のことですが、30代未経験可の求人となるとその数は限られます。限られた求人を効率よく見つけるには転職サイトと転職エージェントを活用しましょう。

このとき、求人数の多い媒体を選ぶことがポイントになります。

求人数の多い転職エージェントにはリクルートエージェントマイナビエージェントアデコなどがあります。

転職サイトの場合はリクナビネクストが圧倒的に求人数が多いのでこれ1つに登録しておけば問題ありません。

IT・WEB系の場合は上記に加え、IT・WEB特化型のエージェントを活用しましょう。未経験可の求人を扱っているのはワークポートGeeklyです。

【参考】IT未経験でも確実に転職する方法とは?
 

なるべく多くの求人に応募する

転職サイトではとにかく30代で未経験可の求人を探して応募しましょう。

転職エージェントは登録後にキャリアコンサルタント(CA)との面談がありますので、面談で自分の希望をしっかり伝えましょう。場合によっては「あなたの紹介できる求人はありません」と言われてしまうかもしれませんが、これは不利な条件での転職ではよくあること。気にしてはいけません。次のエージェントをあたりましょう。

時間を無駄にしないため、より多くの求人を見つけるチャンスを得るためにも転職エージェントは最低でも2社は登録しておきたい所。

運営会社 サービス詳細 公式サイト
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!
マイナビエージェント
マイナビならではの太いパイプ
年間200万人以上が利用するマイナビエージェント。企業人事との太いパイプがあり優良企業の求人数が豊富。また、営業職・IT・WEBエンジニアの求人が得意。
アデコ
世界60ヶ国で展開
アデコの特長といえば世界各国で展開しているからできる情報量です。国内でも160拠点を持ち、全国をカバー。求人数も業界トップクラスで、幅広い求人を取り扱っています。
リクナビNEXT
30代転職サイトはこれ1つでOK
リクルートが運営する国内最大級の転職サイト。レジュメを登録すれば、企業からアナタに直接オファーが届く。20代の若手はもちろんのこと、35歳以上の転職にも強い。

 


サイト名 サービス詳細 公式サイト
ワークポート
IT業界のスペシャリスト
IT業界の転職ならワークポートがオススメ。IT関係の求人のみ扱っているため、IT系専門ならではの豊富な求人数です。登録後に使える転職活動をサポートするオリジナルツールが使いやすい。
type転職エージェント
エージェントの手厚い対応
年収アップの成功率に定評があるtype転職エージェント。求人数も豊富で、特にIT系に関しては強いと評判です。特に25歳~30代の求人に力を入れています。

 

35歳転職限界説を打破する3つの方法

35歳で転職に成功するには・・?

入社10年を超え、いざ転職を考えたはじめた時に気になるのが「35才転職限界説」という言葉。未だにまことしやかにささやかれていますが、本当に35才という年齢はそんなに転職に不利なのでしょうか?

確かに、「35歳男性・35歳女性」という年代は若手とも中堅ともいえ、キャリアに差が出始める年代であり、個々の経験やスキルの有無が転職成功の大きな分かれ目となります。

企業の側も即戦力を求めるケースが多く、採用の際にはそれらがより慎重にチェックされることになるでしょう。

そして、求人数そのものが35才を境に激減することも厳然たる事実。求職者の側も、20代の頃のようにやりがいのみを追求しているわけではなく、ある程度の報酬やキャリアアップも望んでいるので、なかなか希望どおりの転職が難しくなってくるのが現状です。

そんな「35才限界説」を打破するにはどうすればいいのでしょうか?
以下に3つの方法を挙げます。

35才限界説を打破する3つの方法

① 条件を無視してまずは応募してみる

一見無謀なようですが、年齢が不利だと感じたら、サイトに求人を出している企業に直接応募してアピールするという方法もあります。サイト登録の際の情報だけでなく、自分の細かい職歴や強みが伝わり、またそれを知ってほしいという熱意も伝わるでしょう。

ただし、その企業が求めるスキルと自分のアピールポイントがある程度一致していないと空回りに終わることもあるので注意が必要。

実は転職失敗者の多くは強みを把握していないことで面接が突破できない事が原因で失敗しているのです。

② 転職サイトを活用する

経歴を登録しておけば、あなたに興味を持った企業からスカウトメールが来るというのが転職サイトの最大のサービス。中には30代以上の求人の豊富さをうたっているサイトもあり、何社でも登録できるのでまずは登録してみましょう。その際、サイト内の体験談などで30代以上の転職に実績があるかどうかもチェックしておきましょう。

③ 転職エージェントを活用する

35才以上でも確かな経験を積んできた人、資格を活かしてキャリアアップしたい人は、転職エージェントを活用してより条件のよい転職を目指しましょう。自分では言い出しにくい給与面での条件交渉もエージェントが代行してくれるので安心。エージェントの側も企業とあなたの双方の条件を知ったうえで求人を紹介してくれるので、その分内定を取れる率も高くなります。電気電子機械系やメーカー系、IT通信系、コンサル系、サービス系、マスコミ系、金融・保険系、建築系、流通・小売系、総合商社素材、不動産・建築系、医薬品他・・・各エージェントは得意な業界があるので、上手に利用してみてください!
30代 転職エージェント

運営会社 サービス詳細 公式サイト
マイナビエージェント
マイナビならではの太いパイプ
年間200万人以上が利用するマイナビエージェント。企業人事との太いパイプがあり優良企業の求人数が豊富。また、営業職・IT・WEBエンジニアの求人が得意。
type転職エージェント
エージェントの手厚い対応
年収アップの成功率に定評があるtype転職エージェント。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の求人に限られますが、それゆえ首都圏求人に強く、求人数も豊富です。特に30代までのの求人に力を入れています。
JAC Recruitment
年収UP・管理部門・管理職・外資ならJAC
高年収、人事、総務、経理、財務、管理職、外資転職ならJAC!年収1000万~を狙える求人も豊富。8ヵ国に拠点があり海外転職も万全のサポート。コンサルタントの質も高く、まずは自分の市場価値を聞いてみるのも○。年収500万以上の30代に必須のエージェント!
アデコ
世界60ヶ国で展開
アデコの特長といえば世界各国で展開しているからできる情報量です。国内でも160拠点を持ち、全国をカバー。求人数も業界トップクラスで、幅広い求人を取り扱っています。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!
リクナビネクスト
30代転職サイトはこれ1つでOK
リクルートが運営する国内最大級の転職サイト。レジュメを登録すれば、企業からアナタに直接オファーが届く。20代の若手はもちろんのこと、35歳以上の転職にも強い。

 

35歳転職限界説 まとめ

新卒者が売り手市場になりつつある今、転職希望者も「35才転職限界説」にとらわれない幅広い職業選択が可能なのです。

もちろん常に高い意識を持って自分を磨く努力は必要。30代のうちならまだそれが可能です。実は気力も経験も充実し、社会人として非常にバランスが取れているのが30代。あきらめず自信を持って挑戦してもらいたいと思います。

「もう遅いのでは?」とあきらめないこと。
転職すると決心したのなら、覚悟を決め、攻めの姿勢で転職に挑戦してほしいと思います。

転職するかどうか、決心がつかないならば、まずは自分の現在の年収が適正なのかチェックしてから判断するのも1つの手です。

■ 自分の適正年収を無料で調べる方法→

 

30代からの転職でキャリアUP??

転職によるキャリアアップは限られた一部の人!?

30代の転職理由では、会社の将来性、給与・待遇の改善をあげる人が多くいます。

しかし、転職によるキャリアアップや待遇改善を期待できるのはごく限られた一部の人。自分のスキルや実績に自信がある人でも、客観的に見たら評価に値しない場合があります。

そんな場合、いったん職を離れるとなかなか次が決まらず、ブランクだけが長くなってしまうことも…。

「それでもやっぱりキャリアアップを目指したい!」
そんな時はどうすればいいのでしょうか?

 

キャリアUPを狙うなら転職エージェントへ!

転職エージェントとは企業と求職者をつなぐ転職のプロ。企業の希望する条件に合った転職希望者を企業へ紹介し、転職の仲介をするのが主な仕事です。実際には、あなたを担当するキャリアコンサルタントという転職のプロがサポートしてくれます。

あなたのキャリアや強みをプロの視点で分析し、希望に合った企業を紹介してくれるだけでなく、面倒な転職スケジュールの管理や、自分から言い出しにくい年収などの条件交渉まで無料で代行してくれるため、転職希望者にとっては何とも心強い存在です。

一方、企業側にとっても、条件を満たさない人を面接する時間と労力を省けるなど、転職エージェントを利用するメリットは大いにあるのです。

転職希望者と企業、双方の希望や条件を把握してマッチングしてくれる転職エージェントのサービスは、今や転職活動においてなくてはならないものといえるでしょう。

30代 転職エージェント

運営会社 サービス詳細 公式サイト
マイナビエージェント
マイナビならではの太いパイプ
年間200万人以上が利用するマイナビエージェント。企業人事との太いパイプがあり優良企業の求人数が豊富。また、営業職・IT・WEBエンジニアの求人が得意。
type転職エージェント
エージェントの手厚い対応
年収アップの成功率に定評があるtype転職エージェント。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の求人に限られますが、それゆえ首都圏求人に強く、求人数も豊富です。特に30代までのの求人に力を入れています。
JAC Recruitment
年収UP・管理部門・管理職・外資ならJAC
高年収、人事、総務、経理、財務、管理職、外資転職ならJAC!年収1000万~を狙える求人も豊富。8ヵ国に拠点があり海外転職も万全のサポート。コンサルタントの質も高く、まずは自分の市場価値を聞いてみるのも○。年収500万以上の30代に必須のエージェント!
アデコ
世界60ヶ国で展開
アデコの特長といえば世界各国で展開しているからできる情報量です。国内でも160拠点を持ち、全国をカバー。求人数も業界トップクラスで、幅広い求人を取り扱っています。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!
リクナビネクスト
30代転職サイトはこれ1つでOK
リクルートが運営する国内最大級の転職サイト。レジュメを登録すれば、企業からアナタに直接オファーが届く。20代の若手はもちろんのこと、35歳以上の転職にも強い。

 

30代転職 関連コラム

著者が教える、中高年の転職必勝法

 

30代転職 鉄板ガイド

30代転職 鉄板ガイド




30代転職エージェント

このページの先頭へ