30代は転職サイトを使っちゃダメなの!?

30代転職にはサポートが手厚い転職エージェントがおすすめ

「30代は転職サイトでよりも転職エージェント!」

30代が転職を考える場合、転職サイトだけで転職活動を行うのは非常に危険です。特に初めての転職や、久しぶりの転職の場合には甘く見ないようにしましょう。

未経験や無資格でも転職できる20代と違い、30代では実績、人間力、専門知識が重視されます。これらが備わっていないのに、分不相応の企業に応募しても秒殺されます。

30代の転職には転職サイトではなくて、転職エージェントを使おうまた、備わっていたとしても、それを企業にうまく伝えられなければ意味がありません。転職エージェントはあなたの細かい情報まで事前に企業に伝えてくれるので、正当な評価を受けられます。

一方転職サイトでは、企業探しから内定後の交渉まですべて自分で行う必要があるので手間や時間もかかりますし、企業の内情などは分からないのでミスマッチも起きやすいです。

転職サイトだけで活動した場合と、転職エージェントを使った場合の違いを詳しく見てみましょう。

30代は転職サイトよりも転職エージェント!

全てのサポートが無料で利用できる
希望条件、スキル、実績にマッチした求人(非公開求人あり)を探してくれる
応募書類の添削指導を受けられる、代わりに作ってくれる場合も有
面接指導を無料で受けられ、面接官が重視するポイントも教えてくれる
希望を伝えれば、面接日程の調整もしてくれる
年収交渉や条件面、入社日の交渉もしてくれる
内定辞退や承諾といった連絡などもしてくれる
担当者と面談が必要(休日・夜間・電話面談OK)

 

無料で利用できる
面談は不要なので、完全に自分のペースで転職活動ができる
求人探しは自分で行う必要があり、手間がかかりミスマッチも起きやすい
応募書類添削や面接指導は業者を探して有料で依頼する必要あり
面接の日程調整は自分で行う必要がある
内定後の年収交渉や条件面の交渉は自分で行う必要がある
内定辞退など面倒な連絡も自分で行う必要がある

 

【結論!】

転職エージェントなら手間をかけずに希望条件で転職できる!
※担当者がハズレだった時の保険のために2社以上の登録がおすすめ

 
30代 転職エージェント

運営会社 サービス詳細 公式サイト
マイナビエージェント
マイナビならではの太いパイプ
年間200万人以上が利用するマイナビエージェント。企業人事との太いパイプがあり優良企業の求人数が豊富。また、営業職・IT・WEBエンジニアの求人が得意。
type転職エージェント
エージェントの手厚い対応
年収アップの成功率に定評があるtype転職エージェント。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の求人に限られますが、それゆえ首都圏求人に強く、求人数も豊富です。特に30代までのの求人に力を入れています。
JAC Recruitment
年収UP・管理部門・管理職・外資ならJAC
高年収、人事、総務、経理、財務、管理職、外資転職ならJAC!年収1000万~を狙える求人も豊富。8ヵ国に拠点があり海外転職も万全のサポート。コンサルタントの質も高く、まずは自分の市場価値を聞いてみるのも○。年収500万以上の30代に必須のエージェント!
アデコ
世界60ヶ国で展開
アデコの特長といえば世界各国で展開しているからできる情報量です。国内でも160拠点を持ち、全国をカバー。求人数も業界トップクラスで、幅広い求人を取り扱っています。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!
リクナビネクスト
30代転職サイトはこれ1つでOK
リクルートが運営する国内最大級の転職サイト。レジュメを登録すれば、企業からアナタに直接オファーが届く。20代の若手はもちろんのこと、35歳以上の転職にも強い。

※転職サイトは「リクナビネクスト」1つだけでOKです。転職者の80%以上が使っているとも言われる同サービスならば、十分な求人数もあり、サイト内の転職お役立ち情報も充実しているので登録だけでもしておきましょう。ただし、必ず転職エージェントも利用しましょう。

 

30代の転職サイトは使い方を間違えるとひどい目に・・・


30代転職において、転職サイトを使ってはいけないわけではありませんが、使い方を間違えてはいけません。

30代では転職エージェントをメインに使い、「転職サイトは補助的に使う」のが正解。

改正雇用対策法により、企業は平成19年10月1日から原則、労働者の募集・採用時に年齢制限を設けることができなくなりました。しかしこれは建前。

本音の部分では採用対象年齢は決まっています。

例えば採用企業には、「39歳以上は問答無用で不採用」や「正社員は30代前半まで」など、求職者には見えない年齢フィルターがあるのです。

転職サイトの求人概要では年齢制限ができないので、何歳でも応募することだけは可能です。しかし、採用されるかどうかは別の話になります。30代が応募していい求人とダメな求人を判断しないと、痛い目にあいます。

特に事務職(経理、総務、営業事務など)、IT系(WEBデザイナー、グラフィックデザイナー、ゲーム業界、ネットワークエンジニア、プログラマー、SEなど)などに異業種、異業界、手に職なしでキャリアチェンジを希望する場合は困難を極めます。また、民間から公務員への転職は大企業勤務のサラリーマンや銀行員でも失敗が多いです。

【参考】30代の転職、未経験・異業界・異業種は不利?

では、転職サイトから30代が応募しても大丈夫な求人を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?実は企業の募集要項をよく見ることで、30代でも可能性があるかどうかのヒントを見つけることができるのです。

 

30代NGかOKを募集要項で判断する方法

NGキーワード

  • 社会人経験1年以上
  • 第二新卒歓迎
  • 平均年齢28歳
  • ポテンシャル採用
  • 経験不問、職歴なしでもOK
  • 未経験歓迎
  • 20代中心の職場です
  • 若手が活躍している会社です!
  • 給与例に20代の例しか掲載されていない
  • 若手社員の顔写真が掲載されている

 
上記のNGキーワードが転職サイトの募集要項にあったら、30代には注意が必要です!
 
経験不問、未経験歓迎は20代まで例えば、「第二新卒歓迎」は30代にはマッチしません。第二新卒とは、一般的に新卒から入社して3年以内に退職した人を示します。年齢でいうと22歳~25歳、26歳くらいまでとなります。

また、わざわざ「平均年齢28歳」と書くのは、暗に28歳に近い人を求めているということです。

20代中心の職場です」は20代の人に来てほしい、という意味です。30代が応募しても、まず間違いなく面接まで行けません。

ポテンシャル採用」は文字通り、今までの経験よりも潜在能力を買うという意味。30代前半からは経験値・即戦力が求められるので暗に「20代までの人材を希望している」という意味になります。

他にも「経験不問」・「未経験歓迎」も伸びしろが大きいという意味でも、若い人のほうが有利になります。

【30代転職サイト】 企業の建前⇔本音 変換表

  • 第二新卒歓迎・・・25歳くらいまでの人材を希望
  • 平均年齢28歳・・・28歳前後までの方を希望
  • ポテンシャル採用・・・伸びしろのある若い方を希望
  • 経験不問・・・経験は不問だが、年齢は若い方が良い
  • 未経験歓迎・・・同上
  • 20代中心の職場です・・・20代の方に来てほしい
  • 若手が活躍している会社です・・・若手に来てほしい
  • 給与例に20代の例しか掲載されていない・・・20代の方に来てほしい
  • 若手社員の顔写真が掲載されている・・・写真くらいの年代の方を希望
  • 【番外編】20代~30代の女性が活躍・・・20代~30代の女性に来てほしい(男性NG)

 
書類選考で20回以上落ちている場合、そもそも応募企業が採用したいターゲット(属性)にあなたがマッチしていない可能性が高いです。

限られた期間の中で合理的に転職活動の進め方をするためにも、30代という年代ならではの転職サイトの賢い使い方を学びましょう。

 

30代を採用したい!そんな企業が多い転職サイトはどこ?

30代前半の転職であれば求人は比較的多いものの、30代後半の転職となってくるとグッと少なくなります。これは大手の転職サイトを見れば明らかです。

例えば、20代希望の企業に30代半ばの人が応募したとしても、面接を受けるだけでも厳しいのです。仮に資格を多く持っていたとしてもです。

転職2回目や初めてならまだしも、3回目・4回目・5回目と何社も転職していれば、無職のまま再就職先できない可能性もあり、苦労するのは火を見るより明らかです。

30代の転職成功の秘訣は、マッチした求人の多いフィールド(求人媒体)で行うことです。

それは転職サイトではなく、転職エージェントです。このサービスを利用すれば、転職はもちろんのこと、年収アップ、希望勤務地などの要望も交渉してくれます。

転職の専門家であるコンサルタントに相談に乗ってもらえ、希望条件に合った企業を紹介してくれるので、より効率的に転職活動が出来ます。

もちろん年齢だけでなく、お給料、職種などの条件も聞いてくれます。転職サイトよりも圧倒的に使い勝手がよく、転職成功率をアップ出来ます。

 

転職タイプ別!30代におすすめの転職エージェント

1.優良企業や大手企業への転職を希望する場合

→大手優良企業との太いパイプを持つマイナビエージェントがおすすめ

2.とにかく年収アップしたい場合

→年収アップに強いtype転職エージェントがおすすめ

※typeでは管理職、IT系、30代までの営業職・管理部門の方向けの求人に特に力を入れています

3.ハイクラスな転職をしたい場合

→管理職や管理部門(総務、人事、経理等)、IT、専門職、外資、年収アップ希望の場合、JACリクルートメントは登録必須となります。自分の市場価値や求人の有無が分かるので、まずは相談してみると良いでしょう。

4.多くの求人情報から自分に合った求人を見つけたい場合

→とにかく多くの求人情報が欲しいなら、求人数が圧倒的に多いリクルートエージェントに登録してみると良いでしょう。

5.サポートが丁寧な転職エージェントを使いたい場合

→初めて転職する場合など、新設丁寧なサポートを受けながら転職活動をしたい場合はアデコがおすすめです。あなたのことを本気で考え、人生に寄り添ったサポートをしてくれます。

その他、必要に応じて、職種や地域に特化したサービスを利用するのもありです。転職サイトも併せて使うなら、リクナビネクストだけあれば十分です。

■ 30代が転職エージェントを活用するメリット

30代 転職エージェント

運営会社 サービス詳細 公式サイト
マイナビエージェント
マイナビならではの太いパイプ
年間200万人以上が利用するマイナビエージェント。企業人事との太いパイプがあり優良企業の求人数が豊富。また、営業職・IT・WEBエンジニアの求人が得意。
type転職エージェント
エージェントの手厚い対応
年収アップの成功率に定評があるtype転職エージェント。首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の求人に限られますが、それゆえ首都圏求人に強く、求人数も豊富です。特に30代までのの求人に力を入れています。
JAC Recruitment
年収UP・管理部門・管理職・外資ならJAC
高年収、人事、総務、経理、財務、管理職、外資転職ならJAC!年収1000万~を狙える求人も豊富。8ヵ国に拠点があり海外転職も万全のサポート。コンサルタントの質も高く、まずは自分の市場価値を聞いてみるのも○。年収500万以上の30代に必須のエージェント!
アデコ
世界60ヶ国で展開
アデコの特長といえば世界各国で展開しているからできる情報量です。国内でも160拠点を持ち、全国をカバー。求人数も業界トップクラスで、幅広い求人を取り扱っています。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!
リクナビネクスト
30代転職サイトはこれ1つでOK
リクルートが運営する国内最大級の転職サイト。レジュメを登録すれば、企業からアナタに直接オファーが届く。20代の若手はもちろんのこと、35歳以上の転職にも強い。

 

転職サイト、ハローワーク、新聞広告、30代向けオススメの求人媒体は?

30代 転職サイト ハローワーク? 求人サイト?

30代の転職には転職サイト、転職エージェント、ハローワーク、新聞、フリーペーパー・・・

多くの求人媒体がありますが、効率よく成功するにはどの媒体が良いのでしょうか?

まずは、一般的な転職の流れを見ていきましょう。

あなたが今から転職活動始めようと思った場合、まずはじめに、どこから情報収集を行いますか?

雇用保険(失業手当)を申請するためにハローワークに訪れますよね?そこで求人カードをもらって、求人票とにらめっこをします。

しかし、自宅からは近いけれど社会保険制度が整っていなかったり給与が安かったりなど、なかなか思うような求人がないということが良くあります。

高収入や好待遇の企業に転職したいのであれば、ハローワークを利用するのは間違っているかもしれません。

新聞折込やネットを使った転職サイトなど求人情報媒体は色々ありますが、それぞれの媒体ごとに特長があります。

まず自分ならどの求人情報媒体を主に利用すればよいのかを認識しながら、複数媒体を並行して活用することが短期決戦で転職を成功させる近道です。

 

30代には転職サイトや転職エージェントがオススメ!求人媒体を採点!

30代 転職サイト 30代に合った求人媒体を採点
30代 転職サイト まる転職サイト・・・90点
幅広い業種・職種の求人情報が掲載されている。
在職中でもネットで閲覧・応募が可能。
比較的新しい情報が掲載されている。
30代 転職サイト 疑問ハローワーク・・・50点
地方では有効。ただし仕事内容や会社の情報が少ない。
職員が仲介役になってくれる。
30代 転職サイト バツ人材バンク・・・10点
主に40代向けの管理職や技術職の求人が多い。
圧倒的に求人数も少なく拠点数も少ない。
30代 転職サイト バツ折込チラシ・求人雑誌・・・30点
地元に密着した求人が多い。
パートやガテン系の求人が多い。ホワイトカラーの求人は少ない。
詳細情報が少ない。
30代 転職サイト バツ新聞・・・30点
大手企業や外資系企業の求人が多い。
人気企業の場合、応募者が殺到し競争率が高くなる。
日経新聞日曜版はこの年代の求人が豊富。
30代 転職サイト まる転職エージェント・・・100点
企業からの求人依頼を受けスキルや経験を満たす人材を紹介する。
実務経験と経験がマッチすれば積極的に動いてくれる。キャリアがある人には有利。
非公開求人がある。コンサルタントによる求職支援があり、尚且つ費用がかからない。
30代 転職サイト まる転職フェア・・・70点
多くの企業の説明をきくことができ、面接につながる。
会社からのスカウトも受けられる場合あり。
30代 転職サイト まる企業ホームページ・・・70点
希望する企業が明確であればHPから直接応募するのがベスト。

 

目的別に探す!求人媒体まとめ

~年収アップを目指すなら~(転職エージェント 編)

人材を採用したい会社から要望を聞き、それに見合う人材を紹介する会社です。採用が決まれば、紹介料という形で企業から報酬をもらうので、求職者は利用料が無料です。人材紹介会社としては少しでも優れた人材を紹介したいので、スキルのある人や経験値がある人向けです。

~大手企業の求人探しなら~(新聞 編)

大手企業を狙うなら日経新聞の日曜版。しかし、優良企業が大掛かりな募集をしているときに限ります。特にリーマンショック後は急速に求人広告が減ってしまいました。大手企業であれば優秀な人材はヘッドハントされるかも知れません。

~地域密着で探すなら~(ハローワーク 編)

ハローワークや折込チラシは主に地元の求人が多くあります。ただし、ハローワークは求人を出すのが無料なので、企業の質はあまりよろしいとは言えません。折込チラシはパートヤアルバイトなど非正規雇用の求人が多いので、30代には向かないでしょう。

~効率的に就活するなら~(転職サイト 編)

お勤めをしながら転職活動をするなら転職サイトがおすすめです。年齢や業種などを絞り込んで検索できるので、スマホで転職活動も可能です。空いた時間求人を探したり、企業からの連絡をチェックできます。

 

30代、成功の決め手の求人媒体は転職サイト or 転職エージェント!

30代 転職サイト まずは求人情報をチェック何かと忙しい30代に一番向いている求人媒体は「転職エージェント」、次に働きながらネットで転職活動が始められる求人情報型の「転職サイト」です。

転職活動期間に余裕があるなら、まずは転職サイトに登録することから始めると良いでしょう。
手軽に情報収集することが出来るうえに、企業側からの直接オファーが届くサービスもあります。

また、キャリアを積んでいる中高年の人や専門職の方は、交渉事のプロ「転職エージェント」にサポートしてもらった方が自分で企業と交渉するよりも格段にキャリアアップや年収アップの可能性が高いです。

それに転職エージェントには「非公開求人」など表に出てこない良質な求人が多数存在します。30代で良い条件の企業へ転職したいのであれば、転職サイトや転職エージェントに登録しておかないと損をします。

30代転職、成功の5ヵ条
 

30代転職サイト 関連コラム

著者が教える、中高年の転職必勝法

 

30代転職サイト 鉄板ガイド

30代転職 鉄板ガイド




30代転職エージェント

このページの先頭へ