30代派遣社員から正社員になるための4つのポイント

30代の派遣社員を取り巻く、正社員への転職事情

■ 30代から正社員! 紹介予定派遣ランキング →
 
 
「30代半ばだし、不安定な派遣社員は卒業して、そろそろ正社員になりたいな…」

 
ここ数年、こんな希望を持つ30代派遣社員が増えてきました。

しかし、実際に30代の派遣社員が正社員になりたいと思っても、簡単になれるものではないという現実があります。

それどころか、派遣の仕事でさえも30代半ば~30代後半になってくると、20代のころに比べてグッと少なくなってきます。

IT系で高度な技術を持っていれば別ですが・・・。

人材派遣会社の営業マンとしても、他社との競合になってしまった場合には、企業側の喜ぶ若い人材を優先的に紹介したいという心理が働きます。

また、ベンチャー企業や実力主義の企業などでは、20代・30代の管理職も多く、年上の派遣社員というのは指示しづらかったり、気を使ってしまったりと、なにかと敬遠されがちです。

体力勝負の職種や立ち仕事の場合は、普段から体を鍛えていなければ体力的にきつくなり、若者に比べて不利になります。

また、20代と30代の人材がいるならば、多少スキルが劣っていても20代が選ばれてしまうことが多いです。

法律で派遣社員の年齢は制限できない事になってはいますが、それは表面上の話。実際の採用現場ではさまざまな事情がるのです。

30代前半からは徐々に仕事の紹介が減りはじめ、契約が切れた時のブランクが長くなる傾向にあります。

それでもまだ、30代であれば仕事はあるものです。

それが40代ともなるともっと悲惨です。
よほどの専門知識や処理能力、それも企業が欲しがるスキルがなければ絶望的とも言われます。

 
転職35歳限界説 があるように、派遣にも派遣35歳定年説というものがあるほどで、これはあながち嘘ではないのです。

40才以上の派遣社員が多いのはメーカーなど製造業の工場勤務の仕事が多く、これらの仕事に就いていた40代以上の派遣社員は、2008年のリーマンショック時の派遣切りで悲惨な状況が報道されていました。

 
「もう派遣は嫌ですよ・・・。」

か弱い声を絞り出す40代男性の切ない顔。
テレビで見たあの顔が今でも忘れられない人も多いのではないでしょうか?

ここまで30代派遣社員を取り巻く状況を説明してきましたが、派遣で60歳まで働き続けるのはまさに苦難の道です!それこそ、正社員になるよりも難しいことです。

つまり、派遣のまま40代になってしまう前に、どこかで正社員を目指して行動する必要があります。ここでは派遣→正社員を目指すにあたって、大事なことをお伝えしていきます。

正社員になるコツ《マンガでわかる》 →

 

正社員になりたい!30代派遣社員が真っ先にやるべき4つのこととは?

派遣から正社員になるためのポイントは4つあります。

天職セイコ
30代派遣社員が正社員になるためのポイント

1.紹介予定派遣の求人を探す。
2.正社員になることを最優先に考える。
3.自分のスキルや強み・特徴を洗い出し、整理する。
4.情報に対するアンテナを高く広くする。

(日本人材派遣協会の調査より)

 

1.紹介予定派遣の求人を探す。

最も大事なのが紹介予定派遣のお仕事を探すこと。

30代から正社員を目指せる一番現実的な方法が「紹介予定派遣」なのです。

紹介予定派遣とは、一定期間派遣社員として勤務したのちに、企業と本人の双方が合意すれば正社員や契約社員になれるというものです。

お互いに雰囲気が分かってから入社を決めることが出来るので、入社後の離職率も低めになっています。

まずはお世話になっている派遣会社に、「紹介予定派遣」の求人案件を持っていないか聞いてみましょう。

持っていればその案件を紹介して貰えばいいですし、持っていなかったり、紹介して貰えなかったりした場合には他の派遣会社を使うのも手です。

その際、必ず「紹介予定派遣求人」をたくさん持っている派遣会社を選んでください!

 
※ 注意点があります!

それは、紹介予定派遣は全体の求人数自体が非常に少なく、かなり競争率が高いということです。正社員になれる可能性が高いので当然と言えば当然ですね。

なので、派遣会社に問い合わせたとしても、そもそも「紹介予定派遣」の求人を持っていない、もしくは紹介して貰えない可能性はけっこう高いです。

派遣サービスも専門職に特化したものや、30代OK、未経験OKのものまでいろいろあります。紹介予定派遣に強いサービスもありますので、比較したうえで、最もあなたに合うサービスを選びましょう。

■ 紹介予定派遣 比較表 →

■ 紹介予定派遣で正社員になるコツ →
 

2.正社員になることを最優先に考える。

30代で派遣社員から正社員を目指して転職することは、並大抵の努力ではかないません(何度も言いますが…)。

お給料、ボーナス有無、職種、勤務場所、福利厚生・・・
転職をするうえで、待遇面が気になるのは当然のことですが、ここは待遇面を考えるのはやめましょう

厳しいことを言うようですが、待遇面よりも正社員になることを第一優先に考えてください。

派遣社員の転職活動、それも30代で正社員としての職歴なしともなれば
「ボーナスとか、福利厚生とか、正社員のメリットを享受したいだけでしょ?」
という目で面接官から見られます。

たしかに本音はそうかもしれませんが、それを面接官に悟られた瞬間、不採用が決定的になります。

派遣ではできない責任の大きな仕事がやりたい、私にはそれを出来る能力がある!それが正社員を希望する理由である。などと、しっかり準備した理由を伝えるべきです。
(※この志望動機は一例ですので、全員に当てはまるとは限りません。)

まずはとにかく正社員として企業に入社すること!正社員としての職歴さえできれば、待遇の改善を求めて他の企業へ転職することも可能になります。

初めから待遇面を求めるのは甘いどころか大甘と言わざるを得ません。

【参考】大手に強い紹介予定派遣会社とは?

30代転職 成功の5カ条とは?
 

3.自分のスキルや強み・特徴を洗い出し、整理する。

「あなたはどれくらい自分のことを知っていますか?」
派遣に限らず、転職には面接がつきものです。

一度、これまでの職務経歴やプライベートでの出来事を思い出して、あなたがどういう人間なのかを整理してみましょう。

あなたという人間が理解できれば、必然的に企業にアピールできる部分も明確になります。
また、向いている仕事も分かるでしょう。

ただし、向いている仕事が分かっても、その職種だけに拘りすぎることは今の段階ではお勧めしません。

正社員になるまでは、どんな求人でも応募するくらいの気持ちが必要です。

どういう仕事の経験があって、どういう会社が向いていそう、ということが分かったとしても、企業に売り込める強みが分からない場合もあるかもしれません。

自分で考える以外で、自分の強みを知る方法でとしては大きく2つあります。

■ 自分の強みを知る2つの方法 →

 

4.情報に対するアンテナを広くする。

正社員→正社員の転職であれば、転職サイト転職エージェントの利用がおススメですが、派遣→正社員の転職はあらゆる媒体から情報を得ましょう。

ハローワーク、新聞広告、求人フリーペーパー、雑誌、親戚や友人・知人のツテ、考えられる限りあらゆる媒体を使って情報収集してください。

求人を出していない企業でも、入りたい、貢献できそうな企業であればメールや電話で連絡を取ってみましょう。

若年層の正社員就職を支援しているハタラクティブは、20代がメインとなっていますが30代でも登録可能です。少しでも可能性を増やすためにも登録して相談に乗ってもらうのも良いでしょう。

※対応地域は東京、神奈川、埼玉、千葉となっています。地方からの上京就職希望の場合は対応可能。

私派遣だから・・・という甘えは今日で終わり!
正社員になるための転職活動はもう始まっています!

30代転職 成功の5カ条とは?

 

30代派遣社員から正社員 まとめ

何度も言いますが、30代派遣から正社員への転職のハードルは高いです。しかし、ある意味30代が最後のチャンスでもあります。

4つのポイントをしっかり確認して転職活動に取り掛かりましょう。

紹介予定派遣から正社員をめざす →

紹介予定派遣で正社員になるコツ →

 

30代転職 関連コラム

著者が教える、中高年の転職必勝法

 

30代転職 鉄板ガイド

30代転職 鉄板ガイド




30代転職エージェント

このページの先頭へ