40歳からの転職希望者が、転職成功する方法《女性もOK》

「40代の転職が難しい」というのは調べるまでもなく、誰でも抱いているイメージではないかと思います。

転職業界では長く『35歳転職限界説』という言葉が唱えられているほど、40代の転職は現実的でないと言われます。

それでも40代で転職できている人はもちろんいるし、自分だってそれなりにキャリアを積んできた。人にできて自分にできないわけがない、と考える人は楽観視がすぎると言わざるを得ません。

40代で転職を成功させているような人とは、高キャリアで友人や同業他社などのコネによるスカウトで転職していることが多いのです。もしあなたにコネがないとすれば、転職は難しい。できたとしても失業期間が長くなる、年収ダウンの可能性が高いことを自覚しておきましょう。

それでも転職がしたい。どうにかしたいと考える人に読んで欲しい40代の転職状況を説明します。
 

頼るべきコネがない人は転職ができない?

40代ともなれば社会人経験やキャリアを多く積み、対応力を身に着け、社会人としての自信やプライドを身につける頃です。

若い頃であれば社会人としての心得すら分からずに右往左往していたことでも、逆に社内で若い世代に頼られることも増え、今ならどこに行っても通用するだろうと自信を身につける世代でもあります。

けれど、それは限られた社内や業界だから通じる話かもしれないと考えたことはあるでしょうか?

余裕も出てきて、そうなると果たして自分はこの先ずっとこのままでいいのだろうか?と考え始め、この期を逃せば後はないと転職を考える人も多くいます。ですが、そのスキルやキャリアは本当に全ての企業に共通で重宝されるものでしょうか?

本当に必要とされるスキルを持っているのであれば、例えば会社を興した友人、取引先や同業他社などの目に止まり、声がかかってもおかしくありません。

それがないのであれば、他の競争相手に対して飛び抜けたスキルがあなたに無いのかもしれないと一考すべきかもしれません。

けれどもちろん、そんな状況に恵まれた人などは一握りの人材だけで、どんなに能力があっても会社の規模、状態によってコネ、人脈を広げるのが難しい人もたくさんいます。それでもコネが無ければ40代になってしまってからでは転職ができないのでしょうか?

結論から言えば決して不可能というわけではありません。実際に40代で転職活動を行い、転職を果たす人は多く居ます。ですが、20代・30代でも難しい転職活動。若手が欲しい企業にとって、40代単独で転職活動を行うのはかなり難しいです。

そんな時に使いたいのが、転職サイトではなく、転職エージェント。要は人材紹介会社です。

企業から手数料を取り成り立つ転職エージェントは、コネの代替えとなりえます。直接コネを持たなくても、結局はコネを持っているところをつながればいいと考えてください。

だからといって人や知り合いに『紹介してください』と頼むのは気が引けますが、求職者と企業をつなげることは転職エージェントにとってメリット(利益)となるので、こちらも遠慮することはありません。

転職エージェントからすれば、相手はいくつだろうと転職してもらうことが利益になるので、企業へ推薦、内定をもらえるように面接対策、過去の内定者の情報共有などサポートしてくれます。

そして転職エージェントが扱うのは基本的に非公開求人。登録者のみしか閲覧することのできない求人となります。

ここも大きなポイントで、転職エージェントは倍率が低いのです。無差別に若い人、自分よりキャリアがある見えない相手と戦いふるいをかけられる転職サイトと違い、転職エージェントは非公開求人、さらに推薦制なので内定率が段違いとなります。

また、非公開求人は倍率が低くなるというメリットだけではなく、公開することで応募が殺到するような大手・優良企業の求人が多いという傾向もあります。

コネもないのに無駄に応募して落ちて自信をなくして・・・を繰り返すより、企業と直接パイプを持ち、後押ししてくれる転職エージェントを使ったほうが効率的だと思いませんか。

40代が使うべき転職エージェント

転職エージェント(人材紹介会社)といっても、20代特化、30代歓迎などエージェントにより得意分野があります。見当違いのところに登録しても、紹介されずに落ち込むだけなので40代に特化した転職エージェントを選びましょう。

ハイクラス向けの転職エージェントで、年収600万円超えの求人ばかりを取り扱っています。公開求人を見てみると、中には年収1500万円といった求人も多くあります。

ヘッドハンティングというシステムを採用しており、登録しているヘッドハンターは2000人ほどと、他のヘッドハンティングシステムを採用するエージェントとは桁違いの多さです。

基本的には無料のサービスですが、有料会員になることでより細かなサービスを受けることができます。転職で年収を落としたくない人、またはキャリアアップを狙う人はぜひ登録してほしいエージェントです。

ビズリーチ

定番のリクルートエージェント。全国から海外まで、職種・年齢ともに幅広い求人を扱います。

若手中心の他社エージェントとは違い、40代での転職実績も多いので安心。

紹介実績はNO.1で、32万人がリクルートエージェントで転職をしています。歴史から培ったノウハウが生かされた、独自の企業レポートや、簡単に職務経歴書を作成できるツールは大変便利です。

企業からの知名度も高く、求人数は業界トップなので一つは登録しておきたいところ。

リクルートエージェント

DODAの魅力は、全求人案件数10万件以上という求人数の圧倒的な多さにあります。

他にも同等の案件数を取り扱う大手の転職エージェントはいくつかありますが、20代や30代向けの求人が殆どを占め、40代というだけで締め出しをくらうといった口コミがあるのに対し、IDODAは40代でも登録でき、実際に紹介を受けることができたという声が多く上がっています。

こちらは登録すると企業側からオファーが受けられるスカウトシステムがあるのが魅力です。

IT系やエンジニア系を特に得意としており、また外資系などの求人も取り扱っています。上記の年収600万円以上のハイクラス向け限定の転職エージェントはハードルが高すぎると言う人は、DODAへの登録をおすすめします。

DODA

こちらもやはりハイクラス向けの転職エージェントで、利用者の約70%以上が35歳以上の年齢層となっています。

日系だけでなく、外資系の企業も多く取り扱っていて、エグゼグティブ層やスペシャリストとして転職したいと考えている人に向いています。

こちらはヘッドハンティングのシステムはありませんが、コンサルタントの質が高く、口コミではとても評判のいい転職エージェントです。

JACリクルートメント

こちらもハイクラス向けの転職エージェントで、運営は幅広い人材紹介サービスで人気のリクルートキャリアが行っています。

ビズリーチ同様にヘッドハンティングシステムを採用しており、ヘッドハンターの登録数は800人ほど。ビズリーチよりもヘッドハンターの人数は落ちますが、サービスが完全無料で受けられるのが魅力。

求人はやはり年収600万円以上、数千万円といった求人も多く見られ、キャリアに自信のある人向けの転職エージェントです。

キャリアカーバー

 

40代の転職、成功のコツとは

20代や30代の若い世代に対して、こちらは経験と知識があるから、競争してもきっと勝てるはず!と考えるのは実は間違いです。
なぜなら、20代や30代の若い世代に対して、40代以降の世代に企業側が求めているものに違いがあるから。

20代や30代は、ようやく社会に出て経験が浅いのは当然のこと。ですので、企業側は経験や知識に関して実はそれほど期待をしていません。逆にこれから自社の方針や業務に関する教育を行い成長してもらう伸びしろに期待をしています。

けれど、40代ともなると「仕事ができて当たり前」という認識に変わります。逆に他社のやり方などを知っている上に、これまでの経験がある分、柔軟性に欠けると思われがちな世代であり、体力も当然若い世代に比べて劣ってしまいます。

20代や30代を求めている求人は、体力や教育を受け入れる素直さ、柔軟性を求められている場合が多いので、そんな求人に応募しても競争に勝つのは難しいのです。

では40代という世代を求める求人というのはどういうものなのでしょうか。

30代以下の若い世代に無いものとはなんだろうかと考えれば、やはりそれは知識と経験ということになります。要するに即戦力

ただ即戦力とはいっても、一般の社員であれば30代くらいであればそれなりの経験を積んでいる世代ですし、体力やバイタリティも十分。40代はやはり競争で負けてしまいます。

そこで40代が狙うべき求人は何かと言えば、『管理職』となるわけです。30代ではまだまだリーダーシップを取るには経験や器量が足りないと思われる場合も多く、更にまだ上の世代も多く居て人の上に立つには不安と思われがちです。

その点、40代は順調に出世を重ねれば一般的には管理職の経験があってもおかしくない世代です。実際に40代以上の求人を見てみると圧倒的に管理職の求人が多くあり、狙い目は間違いなく管理職であるといえます。

ハイクラス向けの転職エージェントで、年収500万円超えの求人を中心に取り扱います。

ヘッドハンティングというシステムを採用しており、登録しているヘッドハンターは2000人ほどと、他のヘッドハンティングシステムを採用するエージェントとは桁違いの多さです。

管理職、管理職候補の求人を多く扱い、マネジメント経験をレジュメ登録しておくだけでヘッドハンターからのスカウトが大幅にアップします。

職務経歴を入れるときに意外と抜けがちなマネジメント人数(規模)。管理職経験・マネジメント経験がある人は必ず人数までレジュメに登録しておきましょう。

ビズリーチ

 

40代の今、転職を考えた理由と意味をしっかり考えてみる

40代での転職は、はっきり言ってかなり難しい世代に入ってしまったことはしっかりと認識していなければなりません。そう容易ではないからこそ、転職をしようと決めたのなら、自分の状況や希望する方向性をしっかりと認識し、自分に合った方法を模索する必要があります。

仕事にももう慣れて、今までがむしゃらに働いてきたけれど、ふと今の自分の状況を見る余裕が出てきた時に、このままでいいのだろうかと不安に思う人は多いようです。
このまま生涯この仕事を続けていていいのだろうか?自分はまだまだやれるのでは?昔夢見て諦めた道に挑戦する最後のチャンスかもしれない……。

キャリアアップを望むのであれば、40代はまさにハイクラス向けの求人に挑めるいい時期でもあるかもしれません。

けれど、これから新しいことを始めたいと思っているなら要注意です。若い世代とは違い、40代は企業側から伸びしろを求められることはそうは無いことを理解すべきです。
運良く採用してくれる企業が出てきたとしても、現職でそれなりに昇進・昇給を重ねてきたものがリセットされるわけですから、年収は確実に下がることを覚悟すべきです。

体力や気力が若い頃に比べれば分かりやすく落ちてしまうのが40代。これ以上この仕事を続けていると確実に体に無理が来る……そんな不安に駆られて転職を考える人も多くいます。

特に飲食系や接客、土木系などの職人、外回りメインの営業などに多いようです。
一般社員は特にやはり体を使う業務につくことが多いかと思われますので、経験を活かした本社勤務の管理職といった求人が狙い目となります。

例えば、これまでの会社への貢献を正しく評価してもらえていない。勤続に対して昇給や昇進の状況に納得できないから、正しく自分の能力を評価してくれる所に転職をしたい。この業界に将来性を感じない。などと考える場合、転職したからといって、今の状況よりもいい所に出会える可能性というものははっきり言って高くはありません。

自分はもっと評価されるべき、という考えは企業の採用側にはあまり考慮されることはなく、実際に気が逸って退職してしまった人が、転職活動が長引いた上でやむなく入った会社で前職よりも年収が下がってしまうという話はとにかく多いのです。

それこそハイクラス、エグゼクティブ層に挑戦できる特化したスキルがあればまた違ってきますが、一般的なスキルでは転職で昇給が見込める可能性は極めて低いと考えてください。
 

意外と難しい同業種への転職。業界で選ぶのもあり

これまでの経験があるから、それを活かしてまったく同じ職種の別会社に転職をしたいと考える人はもちろん多いのですが、実はこれが意外と難しい……。
なぜなら、企業側に「なぜ転職をしたのか」について警戒心を抱かれてしまう事があるからです。

40代で安定した給与や地位を投げ打って転職したのには「何か問題を起こして辞めたのでは?」「企業側にすぐに不満を持つタイプなら扱いづらい」といった点について勘ぐられてしまうのです。

もしも前職で問題を起こして辞めたのであれば、それを自社で抱え込むのは当然嫌がりますし、また同業他社であれば何らかの繋がりがある可能性もあります。更に待遇面に不満があったというのなら、その改善を求められるかもしれず、当然企業は面倒を避けようとします。

同業種への転職にもしも難航したなら、職種へのこだわりを一度リセットして、現在のスキルを別の方向から活かせないか検討してみてください。例えば同業界の異職種、他業界への転職など、柔軟に広い視野で模索してみましょう。

◆◇ 40代こそ活躍できる業界3選 ◇◆

40代が必要とされる業界とは?

逆に、自分を業界に合わせた転職を検討してみるのも1つの手です。希望する業界が40代の新人を必要としないというのであれば、40代を必要とする業界に転職すると、逆に待遇も良く受け入れられることだってあります。

例えば、40代が必要とされる業界とは下記のようなものがあります。

現在IT系では人手不足が起こっているようで、40代でも積極的に採用する風潮があるようです。人手不足の原因が待遇や勤務時間、休日に影響する点でもあるようなので、そのへんには注意が必要ではあります、

まったくの未経験者で40代から始めるというのは現実的ではないので、経験がある人で転職を考えている人にはいいと思います。

全国対応!IT転職ならワークポート

特に営業職は常に人手不足と言われている業界になります。営業する商品が決して安価なものではありませんし、安易に「買ってみようかな」となるものでもないため、営業としてのスキルが問われる仕事です。

長く営業をしてきた経験のある人が飛び込むにはいい業界といえます。少々特殊なため、大変とは言われますが、適性さえあれば比較的に給与が高めに設定されている業界であるために、転職で昇給も狙える業界です。

建築、不動産系の営業求人満載!リクナビネクスト

やはりこちらも常に人手不足と言われる業界です。長く介護系などは女性の業界と思われているところもありましたが、力仕事も多いため、女性だけでなく男性も重宝され始めています。

介護福祉士などの資格を持っていれば、管理職への応募も可能ですし、その分給与も高めに設定されているところが多くあります。

未経験・資格なしOK!スタッフサービスメディカル
 

いま転職をすべきなのか、まずは一度冷静に考えてみよう

ここまで、40代の転職について考慮すべき点などを書いてみましが、そもそもまずは「その転職は本当に必要なのか」を一度冷静になって考えてみてください。

どうしても40代になってからの転職は選択肢がかなり狭められます。ハイクラス・エグゼクティブ層への転職ができる人というのは、本当に余程のスキルとバイタリティを持っている人と言わざるを得ず、基本的にはこれまで培った経験やスキルは転職で一度リセットされると考えてください。

そうなれば当然年収も下がりますし、自分よりも年下の上司に使われることだってあり得ないことではありません。

その転職は本当に必要なのか。待遇などについては今の職場で改善できればそれに越したことはありません。40代だからこそ、しっかりと地に足をつけた転職活動を。
 

40代向けの転職サイト・転職エージェント一覧

サイト名 サービス詳細 公式サイト
ビズリーチ
国内最大級の会員制転職サイト
会員数100万人の会員制転職サイトのビズリーチ。優秀なヘッドハンターがあなたの職務経歴書を見てスカウトしてくれます。現在の年収が500万以上の人はビズリーチが最適。会員登録後は職務経歴書を充実させてより多くのスカウトを受けよう!
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!40代の転職成功事例が多いリクルートエージェントは鉄板!
DODA
求人の80~90%が非公開求人。倍率の低い非公開求人と、スカウト機能を併用して自分だけの独占求人を見つけられます。スカウト利用者1人あたりのスカウトメールの受信数の平均はひと月に25通!今の職場を辞める前にスカウト機能で自分の市場価値を図るのに利用するのも手。
リクナビネクスト
40代転職サイトはこれ1つでOK
リクルートが運営する国内最大級の転職サイト。レジュメを登録すれば、企業からアナタに直接オファーが届く。20代・30代の若手はもちろんのこと、40代以上の転職にも強い。
JAC Recruitment
管理職や外資系に強い!高年収求人多数
外資系ならJACにお任せ。国内はもちろん海外8ヵ国にも拠点があり、海外転職も万全の体制でバックアップが可能です。コンサルタントの質も高いので、まずは自分の市場価値を聞いてみるのも○。専門職・高年収に圧倒的に強く年収600万以上の40代には必須!


  

このページの先頭へ