【無謀?】50代の再就職は可能?厳しい?

仕事への着目点を変える

50代の再就職はやっぱり厳しい?

やっぱり厳しい!?50代再就職50台の再就職は男性・女性問わずそれまでの再就職とは求人数が全く違います。一部の専門職やエグゼクティブ求人を除くと、転職サイトや求人サイトを見ても40代までは求人数が豊富ですが50代になると求人数は急降下。

同じ業界で再就職する場合、ブランクが長いとかなり不利になってきます。まずはこのシビアな現実をしっかり受け止めて、それでも転職するのか?現職に留まるのか?を自問しましょう。

また、50代での再就職は収入が少なくなる可能性もあるので、今までの家計をダウンサイジングし収入減に備えることも必要になってきます。50代の多くは家族を持っていると思いますが、家族の理解・協力も中高年の再就職成功のカギを握るポイントになってきます。

「最近の求人票は年齢制限していないところがほとんどだし、年齢は関係ないのでは?」と思う方も多いと思います。確かに派遣会社等が人材を企業に派遣する場合でも、年齢を企業側の提示することはほとんど無くなっています。

ですが、実際は企業がヒトを採用する場合、「資格」や「経験」と同列で「年齢」が一つの判断基準になることは間違いありません。「年齢制限は求人票には書けないだけで、しっかり制限されている」と考えたほうが無難です。

求人票の中には、未経験の50代を好待遇で募集しているところもありますが、入社してみると最初の就業条件と違うことをやらされたりいわゆる「ブラック企業」だったという事も在ります。転職エージェントなどを通さず自分で応募する場合は特に気を付けるようにしましょう。

再就職理由はネガティブ!?

勤務先の倒産やリストラによる早期退職や失業・親の介護・高騰する子供の教育費・・・50代の再就職理由は実に切実なものがあります。

最近は「下流老人」「老後破産」への備えのために50代にして初めてのWワークという人も増えていると言います。

また、平均寿命が年々伸び定年後の「老後」が20年以上も続くことを考えると生活のために働くというのはもちろんですが、60代近くなると健康や老化防止のために働くという側面も出てきます。

また、家族の介護を抱えつつパートやアルバイトを続けるという主婦が多いのもこの世代の特徴の一つです。ネガティブな理由で再就職したとしても、その仕事がその後の精神的な支えになりえることも考慮に入れつつ再就職の仕事を考えるようにしましょう。

50代で再就職できる仕事とは?

50代が求められる職場って?50代で再就職しやすい仕事といえば「介護職」。ケアマネージャー・介護ヘルパーなどの資格職はもちろん、資格を必要としない補助業務も安定して求人があります。

通所型・住居型・訪問型と、施設のタイプも様々なので働き方が選べるというメリットがあります。資格取得のバックアップがあったり就職祝い金が出る施設もあります。警備員やファストフードも50代以上の中高年世代が多く活躍している職場です。

マンションや住み込みの寮の管理人なども50代の求人が多く狙い目と言えます。タクシー。運転手、民間学童保育の保育員やスーパーのレジ係なども、比較的高い世代の活躍の場として安定した求人があります。

これまで専業主婦だった人に人気があるのは、公共施設や病院の清掃業務といった「一回の勤務時間が短めで主婦の経験が生かせる仕事」です。

これらの仕事は50代後半から60代のシニア層からも人気があり、特に都市部でニーズが高まっています。

50代の再就職、40代との違いとは?

40代と50代の再就職の違いは、雇用形態に大きく表れています。正社員の求人数がぐっと少なくなるのが50代・再就職の現状と考えてください。

ですが、デパートの繁忙期の臨時パートやファミリーレストランの厨房など一部の職場ではシニア世代の経験者を優遇するところも多く、正社員の数が少なくなる一方で職種の種類は多いという側面もあります。

また、50代主婦が若い世代にも人気の事務職を希望しても面接までこぎつけるのも大変ですが、ハウスクリーニングスタッフやクリーニング店の受付などでは逆にこの世代の就業率が高いというデータも有ります。

これまでの経験をどうやって武器にできるか?!という所が50代再就職の成功の秘訣と言えます。

50代の再就職のポイント

何歳まで働くかを視野に入れる50代の再就職活動について一番に考えたいのは「自分が何歳まで働けるのか?」という事です。

先がまだまだある40代に比べ「定年」「年金」という言葉が現実感を帯びてくる50代の再就職活動は、自分が何歳まで働きたいのかということとその職場で何歳まで働けるのかという事を考えて職場を選ばないと、数年してまた就職活動という事になりかねないからです。

自分の健康状態や年金支給開始年齢など、ライフプランを意識しながら仕事を探すようにしましょう。転職サイトや求人サイトで思うような求人が見つからない場合は、地元のフリーペーパーや新聞の折り込み求人広告もお勧めです。

これらの求人情報はエリアを限って求人記事を掲載するので、住んでいる所の近くで仕事を探したい場合にはピッタリです。通勤時間がかかる職場で希望の収入を得るよりも、時給は低くても近場の職場のほうが長期間働きやすいことも事実。細く長く働くことが50代以降の仕事場の条件の一つです。

また、50代になると職歴が多くなり履歴書の経歴を端折ってしまうという方もいるようですが、どんな経歴が面接員の興味を引くかわかりません。応募企業に関係ないと感じる経歴や資格も省略せずに記入しましょう。

まとめ

50代の再就職は正社員としての求人数が少なくなる一方、地域や生活に根付いたパート・派遣など非正規での求人の種類が豊富です。50代再就職先で多いのが警備員やタクシー運転手などですが、働き方が選べる介護職も安定した求人があります。

収入に着目しがちな転職ですが、50代転職で考えなくいてはいけないのが「定年」のこと。何歳まで自分が働くのかというライフプランを考えることも仕事探しには欠かせません。

50代転職 関連コラム

著者が教える、中高年の転職必勝法

50代転職 鉄板ガイド

50代転職 鉄板ガイド
50代転職で内定を勝ち取る!
働き方にこだわる?経験を活かす?
一番コワいのは情報の取りこぼし
転職サイトやエージェントに登録

このページの先頭へ