アデコ VS パソナキャリア

結局どっち?!転職エージェント対決、アデコVSパソナキャリア

~結局どっちがいいの?~

アデコパソナも派遣としてのイメージが強い2社ですが、『転職エージェントのアデコ』『パソナキャリア』として転職エージェントのサービスも提供しています。

派遣も転職支援も同じ人材サービスであることには違いありませんので、求職者に対するサポート体制は両社とも整っています!

大手派遣会社対決!どっちがあなたに合っている?
>>エージェント対決スタート!

企業概要

今回対決するエージェントの紹介

女性イラスト

■アデコ
国内160拠点、世界5,500拠点を構える総合人材サービス企業大手のadecco(アデコ)。1957年にスイスにて誕生し、1985年に日本法人を設立。『アデコの派遣』『アデコの紹介予定派遣』『アデコの転職支援』新卒向けの『アデコの就職支援』など、様々な働き方に合わせた人材サービスを展開しています。

■パソナキャリア
総合人材サービス大手である株式会社パソナの社内カンパニーのひとつ、パソナキャリアカンパニーが運営する転職エージェントサービスが『パソナキャリア』です。人と企業とのベストマッチングを目指し、2007年にサービスを開始して以来これまでに25万人以上の転職サポートを手掛けています。

求人数が多いのはアデコ!

求人数

公開求人数
約15,000件
(非公開求人80%)>

バーサス

公開求人数
1,000件ずつ
(非公開求人80%)

公開求人が約15,000件のアデコ。非公開求人の80%を含めた全体の求人数を考えるとアデコの勝利!パソナキャリアは求人検索をかけると1,000件ずつの公開となっています。非公開求人数は約2万件。全体で26,000件以上の求人があります。

対応エリアの広さはどっち?

対応エリア

全国・海外

バーサス

全国・海外

求人の対応しているエリアは両社ともに全国・海外となりました。両社ともに派遣事業で培ったネットワークを活かし、幅広いエリアで多くの企業の求人を紹介しています。

拠点数が多いのはアデコ!

拠点数

国内15ヵ所

バーサス

4ヵ所

日本全国に拠点を構えるアデコは転職エージェントサービスだけでも15ヵ所の拠点を持ちます。一方、パソナキャリアの拠点は東京に2ヵ所・名古屋・大阪の4ヵ所となっています。

歴史の長さはパソナ!

歴史

1985年設立

バーサス

1976年設立

両社の歴史を比較してみると、アデコの日本法人は1985年設立。パソナは1976年設立です。約10年の差をつけパソナキャリアの勝利!歴史の長さは違っても総合人材サービス企業として業界を牽引してきた2社です。

海外求人数は僅差でパソナ!

海外求人数

公開求人数
170

バーサス

公開求人数
180

公開されている海外求人数を比較してみたところ、時期により求人件数の変動はありますが、2016年5月現在では僅差でパソナキャリアの勝利!両社ともに多くの海外求人を扱っています。

面談日時の融通が利くアデコ!

非公開求人

平日の夜・時間外
土日もOK

バーサス

平日の夜・土曜OK

時間外や土日も相談をすれば面談に応じてくれるアデコに軍配が上がりました!しかし、パソナキャリアも平日は21時まで面談に対応してくれるので在職中でも面談の時間を確保しやすいと思います。

取引実績が多いのはアデコ!

取引実績社数

国内約7,600社
海外約100,000社

バーサス

16,000社以上

取引実績社数を比較してみると、アデコは国内・海外を合わせ約107,600社!多くの海外企業との取引実績が勝負を分けました。パソナキャリアの16,000社以上の取引実績が少ないわけではありません。

仕事に精通しているのはパソナ!

キャリア
アドバイザー

3分野

バーサス

10分野

得意な分野(職種)ごとに担当のキャリアアドバイザーが分かれていることが多いのですが、アデコは大きく分けて3分野、パソナキャリアは細かく10分野に分かれています。より専門性の高いアドバイスに期待!

アデコVSパソナ 総評

アデコの転職支援を語るには世界60を超える国と地域に広がるネットワークを外すわけにはいきません。アジアや欧米を中心に海外転職や外資系企業への転職を目指す人は注目のポイントです。また日本国内にも約160ヵ所にもなる多くの拠点があることから、首都圏の求人以外にも関西・東海や地方都市などにもバランスよく求人を扱っているのでU・Iターンの転職にも強みを持っています!

女性の就職支援に力を入れているパソナキャリアの約4割は女性の登録者であり、パソナキャリアで転職を成功させた人の67.1%は年収UPしています!また、パソナキャリアには登録をするだけで仕事を紹介してもらえる『スカウトサービス』があります。自分で仕事を探す時間がない人や自分の可能性を広げるチャンスにもなるサービスです。

男性イラスト

■結論■
拠点数の多さ◎!U・IターンOK!アデコ
年収UP・スカウトサービスパソナキャリア

↓ 転職エージェント 総当たり戦はこちら ↓

このページの先頭へ