ギークリー(Geekly)


ギークリー まとめ class=

【告白】IT転職物語~僕がホワイト企業へ転職出来たワケ~

  • 総合評価:3.2(評価数:15件)

サイト名 サービス詳細 公式サイト
ワークポート
IT転職のスペシャリスト
IT転職ならワークポートがオススメ。IT関係の求人を多数扱っているため豊富な求人数です。登録後に使える転職活動をサポートするオリジナルツールが使いやすい。転職成功体験談多数アリ
レバテックキャリア
Webエンジニア専門
レバテックキャリアはエンジニア専門の転職エージェント。エンジニア向けの求人情報が豊富です。登録後に、担当者から必ず連絡があります。面談場所は渋谷になります。
マイナビエージェント IT
IT専門の求人サイト
転職大手のパイプを生かし大手企業・人気ベンチャー企業など、豊富な求人を扱う。東京・埼玉・神奈川・千葉と関東の求人に力を入れており、特に20代~30代の転職に強い。
ジョブフリーランス
フリーランスエンジニア・プログラマ向け
豊富な業務委託案件の中から、高額案件や勤務地などの希望条件をはじめ、1人ひとりのキャリアアップ・スキルアップ・ライフスタイルに沿ったお仕事を厳選して紹介します。

ギークリー おすすめ理由はこの3つ!

おすすめ理由はこの3つ!

IT・Web・ソーシャルゲーム業界に特化

ギークリー(Geekly)は、IT・Web・ソーシャルゲーム業界に特化している転職支援エージェントです。未経験からのIT業界への転職から、キャリアアップを目指すIT業界経験者の転職まで、今まで培ってきた経験やノウハウを活かし多くの利用者を転職成功へと導いています。
IT・Web・ソーシャルゲーム業界の主要企業との太いリレーションを築いているGeeklyだからこそ取り扱うことのできる独占求人や、2,000件以上の非公開求人はGeeklyの魅力とも言えるでしょう。

優秀なコンサルタント

ギークリーには、IT業界で3年以上のキャリア・コンサルティングの実績を持った業界トップレベルのコンサルタントが多く在籍しています。あなたの希望条件に合った求人情報の紹介に加え、経験やスキルにマッチした求人情報の提案やアドバイスなど転職指導も充実しています。
リクルートキャリア社主催の転職エージェントランキングでは、「紹介求人案件満足度部門」と「カウンセリング・対応満足度部門」で第1位を獲得。ギークリーのコンサルタントの質の高さが評価されています。

きれいなオフィスで徹底ヒアリング

転職支援サービスの申し込み後は、Geeklyのオフィスで担当コンサルタントとの面談があります。面談では転職に関する具体的な内容のヒアリングが行われます。この面談こそが転職成功への第一歩。転職への不安や期待が入り混じった面談ですが、Geeklyの面談は質が高いと利用者からの評判が上々です。
面談ルームである各部屋ごとに異なるコンセプトがあり、ソファーの部屋、ビビッドな色使いの元気が出る部屋、ピクニックに出かけたくなるようなワクワクする部屋など居心地の良い空間づくりがなされています。


【告白】IT転職物語~僕がホワイト企業へ転職出来たワケ~

職種・こだわり条件ランキング

ギークリーが強いのは?

職種
■第1位 システムエンジニア
■第2位 webディレクタ・webデザイナー・webマスター
■第3位 営業関連
■第4位 管理・経営企画・新規事業
■第5位 ゲーム
■第6位 プロジェクトマネージャー・システムコンサルタント
■第7位 ネットワーク・サーバー
■第8位 社内SE・テクニカルサポート・その他
■第9位 ネットマーケティング
■第10位 管理・経営企画・新規事業
※Geeklyより参照→

年収
■第1位 ~500万円以下
■第2位 501万円以上~
■第3位 601万円以上~
■第4位 701万円以上~
■第5位 その他
※Geeklyより参照→

【Geekly 求人について】
Geeklyの求人傾向として、ゲーム関連、プログラマー/エンジニア、インターネット・モバイル・スマホ、ITコンサル/プロジェクトマネージャーがほぼ同じくらいの割合で募集があります。ただ、Geeklyは首都圏エリアの求人のみに対応しているので、首都圏エリアでIT業界の転職を考えている人におすすめです。

 
【告白】IT転職物語~僕がホワイト企業へ転職出来たワケ~

ギークリー 上手に使うコツ


ギークリーは
満足度ナンバーワン!

■レジュメサンプル
10年間にも及ぶコンサルティングのノウハウが詰まったGeeklyのレジュメサンプルを無料でダウンロードすることが出来ます。
職種別にレジュメサンプルが用意されているので、利用者一人一人の助けになってくれるはずです。
■年収から探す
転職でキャリアアップを目指す人にとって「年収」を一つの目安として考えている人も多いのではないでしょうか。
Geeklyでは求人検索の際、年収から求人情報を探すことが出来ます。それぞれの求人情報には「予定最高年収○○万円」というような記載がされているので、年収重視の人には便利な機能と言えます。

【Geekly 上手に使うコツ】
IT・Web・ソーシャルゲーム業界に特化しているGeeklyだからこそ、業界未経験からの転職を目指す人の強い味方となってくれます。優秀なコンサルタントの転職指導の下、各企業の詳細な情報や転職活動における実践的なアドバイスを受け、不安を感じることなく自信を持って転職に望めることでしょう。
業界経験者にはキャリアアップへの道筋の提案も行っているので、自分一人では気付けなかった転職への道が開けるかもしれません。ギークリーのコンサルタントのサポートを積極的に受けてみてはいかがでしょうか。

◇◆ギークリー 評判・口コミ◆◇

ホワイト企業が多い
対応が親切
求人数が多い
首都圏に強い


男性(34才)

前の職場は就活していて最初に受かった会社でした。当初は営業職としての採用でしたが、人手不足のシステム部配属となりました。専門商社の社内SEです。仕事内容は社内システムの導入、構築、運用、保守、サーバーの管理に始まり、社員のPCの管理、準備、エクセルの使い方の指導まで多岐に及びました。
毎日22時くらいまで仕事でしたが、何年か経ったら19時くらいには帰れるようになりました。残業代の申請は月10時間程度までくらいまでしか認めてもらえず、会社が休みの時にシステムの移行などがあったため、休日出勤は結構多く振替休日も取れないことが多かったです。人間関係は悪くなかったが、上司がうつ病で退職するなど、部内は常に何かしらの問題を抱えていました。

社内の人たちから頼りにされるのは嬉しかったし、能力的にも自分にあっていたと思います。IT会社ではないので、人事含め社内SEの重要性や大変さが分かっていない人が多く、楽な仕事と思われたり、待遇面でも他の職種の方が良かったり、という点は不満で退職を決意しました。

今ギークリーに相談してますが、一般的なSEよりも自分のスキル不足に悩まされているところです。どんな仕事にしようか検討中です。


男性(27才)

元々IT系の人材派遣会社のアドバイザーとして働いていました。人の人生を左右してしまうのが苦痛になってきてしまい、現場側にまわろうと思ってSEに転職を決意し、退職しました。高校大学となんとなく興味はあったので、C++くらいの知識はありました。マイナビで見つけてすぐ転職が決まりましたが、仕事を任されることもなくただ放置され、ただいるのも苦痛だったのでやっと仕事をもらったはいいものの全くわからず・・・。他の人のミスを押し付けられ3ヶ月で辞めてしまいました。ブラック企業にはもう入りたくなくて、たどり着いたのがギークリーでした。色々教えてもらって、SEとIT系のアドバイザー2社内定をもらいました。結果的にまたアドバイザーに戻ったのですが、これでよかったと思います。失敗も大切ですが、転職サイトは安く使えるからブラックITが集まりやすいということがよくわかりました。ギークリーはたまたま見つけたんですが、救われました。


女性(26才)

経験はありませんが、システムエンジニアにずっと憧れていて将来は独立したいと考えていました。システムエンジニア=WEB系と思っていましたが、ギークリーでインフラ系のエンジニアをすすめられました。私はIT業界の知識は少なく、迷ってしまったのでまだ転職は決めかねています。(元々販売の仕事をしています)ITに転職する気満々で行ってgeeklyのコンサルタントさんには期待させてしまったかもしれませんが、終始親切に対応してくれました。IT系の知識もまた増えたし、また機会があったら面談に行きたいと思います。


男性(31才)

IT、WEB,ゲーム業界に転職したくて、今まで転職サイトしか使ったことがありませんでしたが、転職エージェントという存在を知って利用してみようと思いました。リクルートエージェントに相談しましたが、本格的な仕事ばかりで私が取り組めそうな仕事は見つからずどうしようかと思っていました。そんな時に友人にすすめられたのがギークリーです。IT専門のエージェントだったので、案内された求人も多く、他のエージェントのように希望職種以外を紹介されることもありませんでした。まだ、転職は決めかねていますが、引き続き相談していきたいと思います。


男性(48才)

実践はありませんが、趣味でWEBサイトを作っていました。WEBデザイナーになりたかったけど、「この歳だとWEB系は難しい」とギークリーに言われました。残念です。


女性(38才)

デザイナー経験をもっと活かしたくて、転職を考えていました。転職エージェントは一度も利用したことがなかったのですが、自分の仕事の知識は本当に狭いな、と感じさせられました。WEBデザイナーを希望していましたが、今はデザイナープロスアルファが求められるということも知り、もうちょっと下準備が必要だなと思いました。やっぱり転職のプロなので、IT業界事情にも詳しくてとても勉強になりました。人によってはアドバイスが厳しいと感じるかもしれませんね、


女性(26才)

事務職をやりたいけどどこも内定がもらえなくて、IT業界は穴場だと聞いてギークリーに相談しました。事務職で相談したけど、WEBデザイナーやWEBディレクターのアシスタントを紹介されて、それもいいなぁと迷っています。残業やブラックが心配ですが、IT系は求人が多いみたいで、希望が持てました。もう少し考えてからまた相談する予定です。


男性(24才)

プログラムを作るのが好きで、学校で国家資格を取得しました。それを活かした仕事がしたくてITに強いギークリーを利用しました。
プログラムが好きとはいえ、未経験だったので、研修制度がある職場を選びました。取引先のスーパーの売上や在庫管理の画面を作成する仕事をしています。ですが、途中から開発系の部署から管理系の部署に異動になってしまい、未経験の言語に戸惑っています。部署移動などの記載は求人にはなかったので、会社都合とはいえ、少し残念です。


geekly.com  まとめ


転職エージェントまとめ一覧
type転職エージェント
マイナビエージェント
リクルートエージェント
アデコ
DUDA
ハタラクティブ
アイデムスマートエージェント
パソナキャリア
エンエージェント
JACリクルートメント
キャリアカーバー
ランスタッド 転職支援
ビスリーチ
ファッショーネ
就職agentneo
ジェイック
レバテックキャリア
ワークポート
マイナビエージェント it style=
いい就職.com
第二新卒ナビ
UZUZキャリアセンター
geekly

↓ 転職エージェント15社徹底比較はこちら ↓

このページの先頭へ