紹介予定派遣の実態は・・!?

「紹介予定派遣」て聞いたことあるけど、実際どういう制度なのかよく分からない、詳しく知りたいという方も多いのではないでしょうか?

「紹介予定派遣」とは、派遣であって派遣とは違う、派遣の一つの働き方のこと。
最終的に正社員になれる派遣て聞くけど本当?求人てどれくらいあるものなの?採用率は?どうすれば「紹介予定派遣」に登録できる?年齢はいくつくらいまでOK?疑問は突きないと思います。

そんな「紹介予定派遣」、メリットだけじゃなくデメリットにも視点を向けつつ、一体どんな働き方なのかその実態を見ていきましょう。

紹介予定派遣制度とは

紹介予定派遣ってなに?

「紹介予定派遣」とは、派遣ではあるけれど一般の派遣の働き方とは違っています。簡単に言うなら、将来正社員を目指せる派遣と言えるでしょうか。
派遣は一般的に期限ありきで企業に派遣され、その採用期間が終われば次の派遣先が決まるまで職を失うことになります。けれど「紹介予定派遣」は最長で6ヶ月の派遣期間を終えたあとで、本人と派遣先企業、双方の合意があった場合に派遣先企業から直接雇用される制度です。

現在、派遣会社ではこの制度を採用しているところも多く、将来的に正社員になりたいという人に注目されています。登録の方法は、会員登録の後に派遣会社の担当スタッフと面談を行って仕事の紹介を受けたり、自分で求人に応募したりと、派遣会社によって違います。取り扱う求人も勿論会社によって違いますので、まずは自分に合った会社を多く紹介している派遣会社を見極めることが重要。

年齢については求人によって20代メインに募集していたり、経験者を求めていれば30代・40代と幅広く募集している求人もありますので、まずは探してみましょう。

紹介予定派遣のメリット

実際に「紹介予定派遣」に魅力を感じている人は、こんな所に注目しています。

正社員になる前に職場の雰囲気を見ることができる

「紹介予定派遣」は、直接雇用の前に最長で6ヶ月の派遣期間があります。その間に実際に派遣先で仕事をしての採用となるため、仕事の内容や職場の雰囲気に納得した上で入社でき、失敗が少なく離職率も低い傾向にあるようです。

派遣期間には派遣会社のスタッフに相談ができる

最初から直接雇用で正社員になった場合、職場について相談したい場合、滅多な相手に相談することはなかなかできません。友人や家族などに相談しても内情を知らなければ親身なアドバイスを得られずただのグチになってしまったり…けれど「紹介予定派遣」の場合、派遣期間は派遣会社の所属になるので、内情をある程度知っているけれど外部の立場である派遣会社の担当者に相談することができるのも魅力の一つです。

未経験の職種でも挑戦しやすい

直接採用ともなれば、新卒でない限りはやはり経験者が重宝されるもの。けれど派遣期間が試用期間でもあり、そこで仕事を覚えることができるため、経験がなくても挑戦しやすいメリットがあります。

合わなければ断ることもできる

通常の正社員入社では一度採用されてしまえば、そう簡単には退職することはできなくなります。仕事内容や職場環境の実情に入社後に気づいて「こんなはずじゃなかった…」なんて思うことも、派遣期間の間に見定めることができます。派遣期間は企業だけじゃなく本人にとっても試用期間。当然合わないと感じれば断ってもいいのです。

紹介予定派遣のデメリット

けれど、メリットだけとはいかないのも現実。こんなデメリットがあることも認識しておく必要があります。

直接雇用になるまではあくまで派遣

将来的に派遣先企業の直接雇用を狙えるメリットはありますが、直接雇用が決まるまでは派遣スタッフだということを忘れてはいけません。企業の業態というのは変化することがあり、そんな時の派遣スタッフというのはとても立場的に危ういものです。実際「社員にする」と内々に確約をもらっていたはずなのに、業態変化の時期に派遣切りが行われ結局本採用に至らなかったという声もあります。

派遣期間はあくまで「試用期間」

メリットでもあるこの試用期間が、同時にデメリットでもあるという現実があります。最初から正社員雇用された場合、企業としては社員に不満があっても簡単に首を切るわけにはいきません。けれど、「紹介予定派遣」の試用期間はあくまで派遣。直接雇用して会社にメリットがないと判断されれば、逆に企業に断られてしまうことも。

そもそも派遣採用基準が厳しい一面も

そもそも、派遣期間終了後に直接雇用を想定しているために、企業側も派遣採用の時点で採用のハードルを上げているという事実もあるようです。「紹介予定派遣」は、企業側が直接雇用契約を結んだ時点で、企業は派遣会社に紹介料を支払うことになります。そんな内情もあり、派遣採用の時点で採用基準のハードルが上がっているという現実もあるよう。
通常の派遣スタッフの求人よりも、求人数が少ないのは当然ですが、その分競争率も上がります。更に正社員として採用される成約率は3割とかなり低いよう。メリット・デメリットを把握し、「紹介予定派遣」が自分に本当に合っているか、見定める必要はあると思います。

紹介予定派遣は正社員になれる?

「最終的に正社員になれる制度」と思われていることも多いようなのですが、実は正確には違うというのが注意が必要な点です。

「紹介予定派遣」は直接雇用の可能性がある制度ではありますが、必ずしも「正社員」になれる制度ではありません。直接雇用とは、派遣先企業が直接自社スタッフとして雇用することですが、正社員に限らず、アルバイトやパート、契約社員だって直接雇用に当てはまるからです。

派遣期間の後、社員として直接雇用しますと謳っていても、それが正社員ではなく、契約社員である場合もあります。派遣期間後の雇用形態は、案件に応募する前にしっかりと確認しておきましょう。

紹介予定派遣の面接ってどんな感じ?


「紹介予定派遣」では、通常の派遣とは違い企業との面接が企業側として可能となります。ですので、大抵の場合は面接が行われ、派遣採用の合否が最初に下されることになります。

直接雇用になるまでは派遣スタッフとして企業に派遣されるため、まずは派遣会社との契約が交わされることになります。面接の形式としては、派遣会社の担当スタッフと、派遣先の人事担当者との三者面談となるのが基本。先に派遣スタッフから企業側に本人の履歴書や職務経歴書などの書類が公開されている場合が多いため、それらの書類を書くのも基本の準備と思って間違いありません。

三者面談になりますので、事前にどんなことをアピールするか、派遣会社のスタッフと入念に打ち合わせしておくのが面接をうまくこなすためのコツです。相手企業の事を知っているスタッフがついていてくれるので、その強みをしっかり活かすのが成功のポイント!

紹介予定派遣 まとめ

以上、良い面と悪い面、両面で「紹介予定派遣」について書いてきましたが、いかがでしょうか?
どんなことでも、良い面と悪い面があるのは当然のこと。両方をしっかりと把握することで自分に合った働き方を見つけることができるはずです。「紹介予定派遣」は自分が会社の内情を確認した上で、自分の頑張りもしっかりと確認してもらえるチャンスがあります。要するに自分次第で正社員を狙える働き方だということ!
正社員になりたいと就職活動をしている方、こんな選択肢があることも視野に入れてみては?