大卒でも保育士になれる?
 保育士になるためには、保育の専門学校や短大を卒業しなければならないと思っていませんか?他にも保育士になる方法はあります。

国家試験を受ける(就業年限2年以上の専門、短大、大学を卒業・または在学中の人、中卒・高卒でも定められた年数、児童養護施設において児童保護に従事した経験がある人など、受験資格に制限あり)、保育士資格を取得できる通信制大学を卒業する保育の4年制大学を卒業する方法です。今回は大卒で保育士になる人についてみてみましょう。

大卒保育士の給料は?採用されやすい?

 基本的には、大卒の方が、専門・短大卒より給料が高くなります。初任給で、大卒の方が月給1万円高いぐらいが相場です。年収にしてみると、12万円+賞与の差額が、専門・短大卒より高くなります。賞与は基本給を元に算出することが基本なので、差額がでることがほとんどです。もちろん、園によって違いますが。これを高いとみるか低いとみるかは人によるかもしれません。

大卒保育士の給料は?採用されやすい? しかし、残念ながら、大学で保育士を取得しても、必ずしも専門卒や短大卒よりも給料が高いとは限りません。専門、短大、大卒を区別せず、同じ給与にすることを条件に採用しているところもあるのです。

むしろ、給料を高くするのを嫌がり、大卒を避けて採用する保育所もあるぐらいです。頑張って大学に通ったのに、専門・短大卒の方が就職しやすいなんてショックですよね。

確かに、求人情報は、専門や短大の方が多いです。しかし、保育士不足の今、保育士になろうと思ってなれないということは、まずありません。安心してくださいね。

ちなみに、幼稚園だと、専門・短大と大学では取れる免許が異なる(大卒は幼稚園教諭一種免許、専門・短大は二種免許)ので、大卒の方が給料も高く、就職するには有利かもしれません。

大卒保育士ってデメリットばかり??

 大学まで行って保育士になる人は少ないです。専門・短大卒でもなれるのですから。大学まで行って、保育士になることを家族に反対されたという人もいます。それぐらいの学力があるのであれば、もっと給料のいい仕事に就けるだろうという理由からです。

世間からは保育士=低学歴だという印象があるのは事実です。中には国立大学まで行って保育士になる人もいるのですが。ここまでみても、大卒保育士にメリットが感じられませんよね。でも、そんなことはないです。

大卒保育士ってデメリットばかり?? 大学まで行って保育士資格をとるという事は、ざっくり言ってしまうと、専門・短大に比べて勉強ができるという事ですよね。ということから、大卒保育士には公務員保育士を目指す人が多いのです。学生時代の環境で比べても、周りに採用試験に向けて受験勉強に励んでいる人が多いはずです。そのような環境でないと、かなり意思が強くない限り、公務員保育士になるための勉強は挫折してしまいますので、良い環境といえるでしょう。

公務員保育士は私立の保育士に比べて給料も待遇もいいです。せっかくなので、公務員保育士を目指してみてはどうでしょうか。実際、公立保育所の保育士の大卒率は、私立に比べて高いのが現状ですよ。大卒の方が公務員保育士になりやすいと言えます。

また、大学によっては、保育士、幼稚園教諭だけでなく、小学校免許も取得できるところもあるので、そこをアピールするのもいいですね。

大卒で保育士になるには?

 大卒で保育士になるには、次の方法があります。

保育士資格が取得できる大学に通う

 専門学校や短大に比べて数は少ないですが、全国にあります。専門学校や短大に比べて、偏差値が高く、試験内容も難しくなります。

保育士資格を取得できない大学に通いながら(幼稚園教諭の免許は取得できるが、保育士資格は取得できない大学もある)、または卒業後、国家試験を受けて保育士資格を取得する

※保育に関係のない大学でも卒業後、または在学中に保育資格試験を受けられます。
保育士資格の国家試験は合格率10〜20%の難易度の高い試験です。科目は筆記試験8科目(マーク式、合格ラインは6割)、筆記試験全科目合格後、実技試験です。また、筆記試験は、一度に全科目合格しなくてもよく、合格科目は3年間有効です。

通信制大学で取得する

 働いていて学校に通学することが困難な人や主婦にとっては、自宅でインターネットを通して学習する方法はとても便利です。ただし、卒業するにはかなりの強い意志が必要です。

保育士の大卒、短大卒、専門卒の違い

保育士の大卒、短大卒、専門卒の違い 大卒保育士の人にはショックかもしれませんが、現場では「大卒よりも専門・短大卒の方が戦力になる」と言われることが多いです。それには、理由があります。専門・短大では在学中に行われる実習の数が、大学に比べてとても多いです。そのため、現場に慣れているし、手遊びなどもたくさん知っており、すぐに活用することができるからです。

一方、大学では座学が多いので、いざ、就職したときに戸惑ってしまう人が多いのが現状なのです。ですが、大学でしっかり勉強している分、知識は豊富であるし、書類仕事も大卒の方が得意なので、仕事をしている内に、力を発揮できるようになります。

 また、学生をしている期間が長いため、就職すると、専門・短大卒の年下が先輩になります。これも少し違和感を覚えるかもしれませんね。そこは割り切ってしまうしかないです。職場経験が後輩なのは確かなのですから。

まとめ

  • 大卒で保育士になるには?
  • 保育士資格が取得できる大学に通う
    大学卒業後、または在学中に保育士資格試験(国家試験)を受ける
    通信制大学で取得する

  • 大卒保育士の給料は‽採用されやすい?
  • 大卒の方が給料は高いのが基本であるが、必ずしもそうとは限らない
    大卒よりも、専門・短大卒の方が求人は多いが、保育士不足の今、保育士になれないことはまずない
    幼稚園の方が、大卒保育士の給料が高く、就職には有利

  • 保育士の大卒、短大卒、専門卒の違い
  • 現場では実習経験の多い専門・短大卒の方が即戦力になると言われているが、大卒の方が知識が豊富で書類仕事が得意であるため、後に力を発揮できる

  • 大卒保育士はデメリットばかり??
  • 大卒は給料・待遇が良い公務員保育士になりやすい