Iターンでの転職を成功させるには!?

Iターンの転職は憧れだけでは危険!

都会で生まれ育った人が、地方に職を得て引越しすることを“Iターン” と言います。Uターンが、地方出身者が都会に出たあとに地元に帰って就職することを差すのに対し、Iターンは生まれ育った土地以外の場所で働くことを言います。特に東京や大阪など都会で生まれ育った人が、地方に職を求めて移住するケースが多くなっています。

自分のこれまでの生き方や生活をガラリと変えることになるIターン転職。それは、決して田舎や地方での暮らしという“憧れ”だけで決めることではなく仕事やライフスタイル、家族のことなどを含めて、現実と将来をしっかり見つめることが必要です。

Iターン転職の志望動機とメリットとは!?

Iターン転職は、Uターン転職と違って移住したい土地に生活の基盤を築くことからはじめなければいけないので、普通の転職よりもややハードな転職と考えるべきです。それでもIターン転職をしたい人の理由はどんなことなのでしょうか?

・通勤ラッシュや住宅事情などを考え、都会での暮らしよりも地方の暮らしを望んでいる
・自然が多い、子どもたちをのびのび育てたいなど、子育て環境に魅力を感じる
・ワークライフバランスを考えた時、田舎の暮らしのほうが自分にあっている
・酪農など、都会ではできない仕事も地方ならできる

以上のような理由があげられ、ほとんどが都会の暮らしと地方や田舎での暮らしの違いに魅力を感じていることが分かります。

例えば、都心に近くなればなるほど家賃は高く、職場の近くに住むことは難しくなりますが、地方では職場と家の距離が近く、通勤に時間をとられることもありません。仕事だけでなく子育てや趣味の時間を確保するためにIターン転職を決意した人も多くいるので、都心に住む便利さとは違う意味での「豊かさ」が、地方にはあると言えます。

Iターンの転職が失敗に終わる理由とは!?

一方、地方や田舎での暮らしを夢見てIターン転職をした人の中には、Iターン転職が失敗だったと考える人もいます。

Iターン転職の失敗理由としては
・都会でしていた仕事は専門性が高かったが、地方では専門職の求人があまりなく、仕事にやりがいがない。
・近所づきあいなどが増える。子どもが学校の環境になじめなく、生活がうまくいかない。
・都会と同じ仕事をしているのに、給与の差がある。
・物価が高い、気候の違いなど地方での暮らしに不便さを感じた。
などがあげられます。

中にはIターンでの転職をする前に考えておくべきだったこともあり、事前の準備不足の面も否めません。

Iターン転職を成功させるために考えておくべきこととは

都心での仕事や生活にはない“魅力”のあるIターン転職。それを成功させるには、仕事、家族、ライフスタイルの変化など、あらゆる角度から考えておくことが必要でしょう。

まず、生活の糧となる仕事については、職種や仕事内容、今後のキャリアアップ、給与についてよく調べましょう。都会では仕事が細分化され、職種も細かく分けられていますが、地方では専門職が少なく自分の専門領域以外のことも任される場合があります。

都会に比べ、地方は人件費が高くないため、給与に反映される額も同然低くなります。配偶者がパートなどで生活費を補うことを考えている場合、時給が都会に比べ低くなるので、年収がダウンすることが予想できます。

家族がいる場合には当然、家族の仕事や学校などについて考えなければいけないですし、フリーランスで仕事を始める以外には、移住前に転職先も見つけなければいけません。このようにIターン転職では退職、再就職探し、引っ越しなど、多くのことを同時進行で行う必要があります。

公共の交通機関が発達した都会では、職場と家の往復に不便さを感じることはあまりありませんが、地方はその土地ならではの不便さがあるのも事実。車でないと通勤できない場所があり、職場と家が近いがために職場での人間関係がそのまま生活での人間関係となる可能性もあります。夏期の暑さ・冬期の雪など、その土地の気候が自分にあっているかどうかも気にしたほうがよいでしょう。

Iターン転職した場合、どんな仕事がある?

Iターン転職をしたいと思っても、やはり仕事が見つからないことには始まりません。まずは
仕事探しが
最優先です。

就職先の選択肢としては、
・公務員
・同じ業種や職種で、地方に支店を持っている企業への転職
・地方で事業展開している企業
・観光や農業など、その地域ならではの職種

などがあげられます。

さきほども述べたとおり、地方では都心に比べ専門職が少ないこともあり、転職前と同じ職種に就けるとは限りません。ですが、地方にも優良な企業は多く、都会からの優秀な人材の活用を積極的に行っている企業も存在しているので、Iターン転職について、企業が納得するだけの十分な志望動機やこれまでの実績を語ることができることは大きなアピールになると言えます。

Iターンの転職活動で、具体的な仕事探しの方法とは?

一般的な転職活動でもよく使われる、民間の転職サイトでも求人情報は探せますが、地方勤務の情報は都心に比べて少ないのが現状です。どうすれば、より多い求人情報を手に入れることができるのでしょうか?ここでは2つの方法を提案したいと思います。

1.ハローワーク

全国に550カ所以上存在するハローワーク(公共職業安定所)。厚生労働省が設置している、公的な職業紹介の施設です。それぞれのハローワークには、地元の求人情報が多数集まってきており、求職申込み後の職業相談や個別相談、企業への紹介なども行っています。在職中でも利用でき、現在の仕事をしながらIターンの転職活動をすることが可能なので、まずは最寄りのハローワークに申し込みをしてみましょう。

ハローワークのインターネットサービスでは、都道府県別に求人情報を検索することができるので、Iターンしたい地域にはどのような求人情報があるのか確認することができます。

2.転職エージェント

「Iターンでの転職の意志は固いのになかなか転職先が見つからない」、「Iターンでより条件の良い仕事を探したい」というのであれば、転職エージェントに任せるのがおすすめ。Iターン転職の場合は地方での面接となるので効率のよさはとても大事。地方の企業についての情報収集も自分一人では限度がありますが、転職エージェントを使うことで、企業の体質や募集の背景などを知ることができます。

ほかにも面接の設定から、給与をはじめとする待遇面の交渉などもしてくれるので、効率的な転職活動が可能。どのような求人情報を持っているかは転職エージェントによって異なるので、大手転職エージェントや地方に特化した転職エージェントをいくつか登録してみましょう。

おすすめ 転職エージェント

転職エージェント おすすめランキング一覧表
運営会社 サービス詳細 公式サイト
アデコ
人生に寄り添う丁寧なサポート
アデコのキャリアコンサルタントは求職者と企業の両方を担当しているので生の情報を得られます。求職者の人生に寄り添う丁寧なサポートで満足のいく転職を叶えます。最大手だけあり求人数も膨大。もちろん全国対応。
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をサポート!
ワークポート
総合転職エージェント!ITに強み
IT系・WEB系に非常に強い転職エージェントでしたが、近年は営業、管理部門、販売・サービス業等の求人も豊富に扱うようになりました。全国の求人を扱っており、未経験の転職にも強い。

このページの先頭へ