MS-Japan


MS-Japan



▼▼ 62.7%が年収アップ!リクルートは実績No.1 ▼▼

業界最多の10万件の非公開求人の中から、職種、業界、年齢層を幅広くカバーしてくれるリクルートエージェント

求人数がとにかく多いので希望条件に合った求人が見つかりやすいと評判です。国内18か所に拠点を持ち全国からの転職希望者に対応しています。

転職を考えているならまずは一番最初にリクルートエージェントに登録しましょう。No.1転職エージェントのノウハウや実績はあなたの転職を成功へと導きます。

>> リクルートエージェント詳細

MS-Japan おすすめ理由はこの3つ!

おすすめ理由はこの3つ!

管理部門に特化した転職サポート

MS-Japanは、経理や財務、人事・総務、法務などの管理部門の求人に特化した転職エージェントです。大手企業や外資系企業以外にも、法律事務所や会計事務所など、活躍のフィールドは幅広く用意されています。管理部門や、弁護士、公認会計士などの資格保持者から業界トップクラスの支持を得ている質の高いサービスが魅力です。

セミナーや相談会を常時開催

A・ヒューマンの特徴は、業界ごとに専門のコンサルタントを配していることです。単に転職業界に詳しいとか、転職事情を熟知しているというだけでなく、業界がいま何を必要としているか、という視点があるのです。また、多くの人材サービスでは、求職者と企業の担当を分けていることがありますが、A・ヒューマンではそういった分業はしていません。だからこそ、企業と求職者両方のニーズをしっかりと理解したアドバイスが可能になります。

セミナーや相談会へ行こう

自分のキャリア形成や転職に悩んでいる、という人におすすめなのがセミナーや個別相談会への参加です。職種ごとに分けて開催しているので、自分のスキルや興味とのミスマッチも少なく、業界の動向なども知ることができます。個別の相談会や電話相談OKのものもあるので、気軽に参加してみてはいかがでしょうか。

MS-Japan 職種・こだわり条件ランキング

MS-Japanが強いのは?

職種
■第1位 秘書・オフィスワーク
■第2位 広報IR・マーケ・購買
■第3位 経営企画・内部監査
■第4位 経理・財務
■第5位 法務

【MS-Japan 求人について】
各業界の管理部門に特化したプレミアムな求人を多く扱っているのが特徴です。経理や財務、人事・総務、経営企画、広報IRなどの求人がまんべんなく用意されています。勤務地も海外から日本全国にわたります。

MS-Japan 上手に使うコツ


MS-Japanは
専門特化型で高い精度のマッチング

■キャリア診断で可能性を知ろう
MS-Japanに登録すると無料のキャリア診断を受けることができます。自分のキャリアを客観的に知ることは、転職をするにあたってとても大切なことです。機械的に診断されるのではなく、MS-Japanのキャリアアドバイザーが直に診断するので、実際の業界動向を踏まえた診断を行ってもらえます。

【MS-Japan 上手に使うコツ】
管理部門での転職を目指す人におすすめなのがMS-Japanです。無料のキャリア診断やセミナー、個別相談会等があるので、自分のキャリアを客観的に見ながら業界の動向を踏まえて転職活動を進めていくことができます。

MS-Japan まとめ

MS-Japanは管理部門に特化したスペシャリストのためのエージェント。業界でトップクラスを誇る実績と満足度を得ています。弁護士や公認会計士などの有資格者の転職もサポート。キャリアアドバイザーの丁寧なサポートで転職活動ができます!


MS-Japan


転職サイトまとめ一覧
リクナビネクスト
リブズキャリア
MIIDAS
Switch.
DODA
はたらいく
とらばーゆ
バイトル社員
シゴト.in
ワークゲート
ピタジョブ
キャリコネ
転職サイトgreenグリーン
キャリアインデックス
@type
Ambitious
イーキャリアJobsearch
キュリア
広告転職.com
求人革命マンモス
マイナビ転職
キュリア
エン転職
イーキャリア
イーキャリアFA
フォスターキャリア
ジョブセンスリンク
キャリアカーバー
キャリアトレック

↓ 転職サイト28社徹底比較はこちら ↓

このページの先頭へ