マイナビエージェント VS デューダ

結局どっち?!転職エージェント対決、マイナビVSデューダ

~結局どっちがいいの?~

マイナビエージェント、DODA共に有名な転職エージェントです。

有名で実績もあるので、登録すれば納得のいく転職ができること間違いなしですが、
より詳しく特徴を知ってから利用した方がそれぞれの良さをフルに活用できると思いませんか?

そこで今回は2つのエージェントを比較してみました!
>>エージェント対決スタート!

企業概要

今回対決するエージェントの紹介

女性イラスト

■マイナビエージェント
就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」などを運営するマイナビ。他にも様々な人材情報サービスを多岐にわたって展開しています。マイナビエージェントが取り扱う会社の規模は、ベンチャー企業から大手企業まで幅広く、様々な職種の求人情報を持っています。

■DODA
「はたらくを楽しもう」でお馴染みのインテリジェンスが運営するDODA。楽しいCMでお馴染みの求人情報サービス「an」をはじめ、転職サイト「DODA」など様々な求人情報、転職情報を取り扱っています。『働く』を総合的なサポートを手がける企業です。

公開求人数が多いのはDODA!

公開求人数

500

バーサス

20,000

全DODAの求人数は業界でもTOPクラスです。DODAと比べるとマイナビの公開求人件数は少なめに見えてしまいますが、マイナビの求人情報はほとんど非公開なのです。公開求人が少なくてもうなずけますね。

非公開求人が多いのはどっち?

非公開求人

80%

バーサス

80~90%

ほぼ変わらないと考えていいでしょう。どちらも求人情報のほとんどが非公開求人です。クローズド求人には好条件の求人が多いので狙い目です。

拠点が多いのはDODA!

歴 史

5カ所

バーサス

10カ所

全国10拠点あるDODAに軍配が上がりましたが、マイナビは首都圏と関西圏がメインなので5カ所でも十分と言えます。また、東京に2拠点あるので、首都圏在住の方々にとってマイナビは利用しやすいでしょう。

首都圏・関西圏ならマイナビ!

対応エリア

首都圏・関西圏中心

バーサス

全国対応

mynaviは全国に求人を持ちますが、特に力を入れているのが首都圏・関西圏となっています。その他地域なら拠点数の多いDODAを利用するのがいいでしょう。

Uターン・Iターンに強いのは?

I・Uターン

関西U・Iターン希望
者向けセミナーあり

バーサス

全国で力を入れる

どちらも自社対応している地域ではUターン・Iターンに力を入れているということでこれは引き分けです!マイナビはセミナー、DODAは個別相談会など、それぞれUターン・Iターンを希望する求職者のニーズに応えるためのサービスが充実していると言えます。

25歳~35歳ならマイナビ!

登録者割合

59%

バーサス

51%

企業側が最も欲していると思われる年齢層がこちらです。あまり差はありませんが、35歳以上で転職を考えるならDODAの方が強いと考えていいでしょう。

対応が早いのはマイナビ!

登録後連絡

5営業日以内

バーサス

1週間以内

より早く対応してくれるのはマイナビですね!DODAも1週間以内の連絡ですが、転職サイトを兼ねていることもあり、自分でアクション取りやすいという面では◎

マイナビVSドゥーダ 総評

マイナビエージェントは地域に密着したスピーディーな対応で求職者の皆さんをサポートしてくれます。また、マイナビエージェントのキャリアコンサルタントはとても親切・丁寧な対応で話しやすいという評判もあり、一人一人に時間をかけてくれるマイナビエージェント利用者の満足度は高いです。さらに、マイナビにしか求人情報を載せていないという企業も非常に多いようです。

DODAは業界最大手の株式会社インテリジェンスが運営する転職サイトも兼ねており、圧倒的な求人情報量と経験で転職希望者のニーズに応えています。また、DODAのキャリアアドバイザーが紹介してくれる企業情報は、他社と比べて詳細に書かかれているという情報もあります。さらに、職務経歴書の書き方や面接対策も、今までたくさんの転職の成功をサポートしてきた経験から導き出されたノウハウを教えてもらえます。

男性イラスト

■結論■
ハマり地域に強いマイナビエージェント
転職サイト兼用で、万能に使うならDODA

↓ 転職エージェント 総当たり戦はこちら ↓

このページの先頭へ