マイナビエージェント VS パソナキャリア

結局どっち?!転職エージェント対決、マイナビVSパソナ

~結局どっちがいいの?~

派遣に強いパソナ、転職サイトのイメージがあるマイナビ。
全くイメージの異なる2社ですが、それぞれパソナキャリア、マイナビエージェントとして転職支援サポートを行っていますが
その評判と実績とは・・・!?

あなたに合うエージェントを見つけましょう!
>>エージェント対決スタート!

企業概要

今回対決するエージェントの紹介

女性イラスト

■マイナビエージェント
様々な仕事に関する人材サービスをはじめ、結婚や進学、宿泊や不動産の情報も取り扱っているマイナビが運営している転職エージェントがマイナビエージェントです。マイナビは就職、転職以外にもアルバイト情報や専門職の仕事情報なども発信しており、たくさんの人に成長や成功のきっかけを与えています。

■パソナ
人材派遣でお馴染みのパソナ。1976年からの歴史を持ち、「社会の問題点を解決する」という企業理念のもと、若者・女性・シニアと様々な世代へ向けた社会インフラを整備してきています。40年たくさんの人材をサポートし続け、取引してきた企業数も膨大。そんなパソナが運営している転職エージェントがパソナキャリアです。

公開求人数が多いのはパソナ!

公開求人数

500

バーサス

25,000

25,000件は業界でもトップクラスと言えるでしょう。また、パソナキャリアの取引実績企業は16,000社を超えているので、求人数が多いのにも納得です。パソナと比べるとマイナビは少なく感じますが、エリアを限定しているのでこの数字でもうなずけます。

非公開求人が多いのはどっち?!

非公開求人

80

バーサス

80

非公開求人数は引き分けです!非公開求人は企業名等を伏せて募集をしている求人情報ですが、理由は様々にあって、より良い人材を吟味するためにあえて非公開にしていることもあるようです。どちらもそういった情報をたくさん持ってるということです!

都内の勤務に強いのはどっち?

東京拠点

2カ所

バーサス

2カ所

どちらも東京には2つ拠点がありますのでこの勝負は引き分け。首都圏在住者にとって、近くに拠点があることは嬉しいポイント。在職中の転職ですと仕事の後にコンサルタントと面談ということもありますし、より多くの拠点があるのはありがたいですね。 東京に2カ所拠点があるエージェントはあまりないので、双方首都圏に強いエージェント考えていいでしょう。

地方での勤務ならパソナキャリア!

エリア

首都圏・
関西圏中心

バーサス

全国対応

全国に対応してくれるパソナに軍配があがりました。パソナの拠点は人材派遣等のものと合わせると全国に47カ所あり、そのネットワークを十分に活用し転職をサポートしてくれます。全国的に転職をサポートし、たくさんの情報を持っているのでIターンやUターンを考える人にもおすすめです。

25~35歳に強いのはマイナビ!

登録者割合

76%
(25~35歳)

バーサス

56.8%
(26~35歳)

幅広い年代に力を入れるパソナキャリアに対し、25~35歳の若手世代に力を入れているマイナビが勝利です。その他の世代ならパソナを検討してみてくださいね。

柔軟に対応してくれるのはどっち?!

非公開求人

拠点が遠い場合
メール・電話対応OK

バーサス

来社できなくても
電話でサポート

どちらも会社へ出向く必要がないので引き分けとします。拠点があるところまで何時間もかけていくより、電話やメールでサポートしてもらえる方が時間を有効に使えて、より効率的な転職活動ができるかもしれません。

登録後の対応が早いのはマイナビ!

取引実績数

5日程度

バーサス

1週間程度

5営業日以内に連絡をくれるマイナビの勝利ですが、パソナも「原則2日以内に連絡をするが、1週間程度時間をみてもらうと確実」とのこと。時期や営業日にもよりますので早め早めの行動がポイントですね。

マイナビ VS パソナ 総評

営業職やIT系職種に強みを持つマイナビエージェント。毎日更新の求人情報や、企業の情報は1社1社出向いて情報収集しています。また、マイナビのキャリアコンサルタントは一人一人に対して十分な時間を取り、丁寧にサポートしてくれると口コミでも評判です。一人で孤独に頑張るよりも、プロのサポートを受けながら焦らず進められそうです。

圧倒的な情報量と取引実績のパソナキャリア。営業職、ITエンジニア、ものづくりエンジニアの転職に強く、パソナを利用して転職した人の67.1%が年収アップを果たしています。また、パソナの公式サイトにはパソナ利用者の感想が載っているページがあり、職種別に検索できるようになっているのでパソナ利用時の参考になるかもしれません。

男性イラスト

■結論■
企業の声がダイレクトに届くマイナビ
大都市圏で年収アップパソナキャリア

↓ 転職エージェント 総当たり戦はこちら ↓

このページの先頭へ