リクルートエージェント VS デューダ

結局どっち?!転職エージェント対決、リクルートVSDODA

転職エージェントはたくさんあるので、『どこに登録したらいいのか分からない!』と、頭を抱えている人も多いのではないでしょうか。

転職成功への近道はそれぞれの特長を掴み、自分に合った転職エージェントに登録することが大切です!

まずは一度は名前を聞いたことがあるであろう、大手転職エージェント「リクルートエージェント」「DODA」を比較してみましょう。

>>エージェント対決スタート!

企業概要

今回対決するエージェントの紹介

女性イラスト

■リクルートエージェント
フロムエーやとらばーゆなどを手掛ける大手人材紹介サービスのリクルートが運営する転職エージェントがリクルートエージェントです。創業以来、約35万人の転職を実現してきた確かな実績は業界トップクラス!総合人材サービス企業として、長きにわたり培ったノウハウを活かした転職サポートが魅力となっています。

■DODA(デューダ)
インテリジェンスが運営する日本最大級のエージェントサービスがDODAです。インテリジェンスはドゥーダの他にも、様々な業種に特化した転職サイトやアルバイト・パートの求人情報an、女性向けの求人情報salidaなど求職者のニーズに合わせた幅広い人材紹介サービスを展開しています。

公開求人数が多いのはどっち!?!

公開求人数

30,000

バーサス

40,000

数ある転職サイトの中でも実績や知名度に於いて1、2位を争うこの2社。
公開求人数はDODAが約4万件、リクルートエージェントが約3万件で、DODAが勝ち!
両社とも求人数は業界トップクラス、質の高さは口コミでも評判です。

ただ、求人数が多すぎるため、仕事探しに疲れてしまったり、自分にとっての適職がわからなくなるというデメリットも。

それを解決するのが、専属アドバイザーです。

あなたの性格、実績、希望を聞きリサーチした上で、膨大な求人の中から適職を紹介し、転職活動をサポートしてくれます。

お仕事探しに疲れてしまったら、プロに相談するのが一番です!

非公開求人が多いのはリクルートエージェント!

非公開求人

約17万件

バーサス

約8万件

転職成功へのカギを握る非公開求人。
一般には公開されない好条件の求人や、大手・有名企業の求人も。

こちらでも、両社とも求人全体の8~9割となる非公開求人として扱っています。
特にリクルートエージェントは90%が非公開求人。
非公開求人数は約17万件とDODAと9万件の差をつけ、他社を圧巻しています。

あえて求人を非公開にしている理由は、企業の戦略が公になってしまうのを防ぐというのもありますが、退職や移動などで急にポジションが空いてしまい、速やかに人材を確保したいという狙いがあります。

非公開求人を募集する企業は即戦力になりえる人材を求める傾向があるので、これまでの経験・スキルを活かしたい方やさらにキャリアを積みたい方は非公開求人の応募するのが賢明です。

拠点数が多いのはリクルート!

拠点

16カ所

バーサス

10カ所

リクルートエージェントの拠点は関東地方6カ所、関西・東海地方5カ所。
北海道、東北地方、中国・四国地方、福岡の計16ヵ所あります。

一方、DODAの拠点数は都内と地方都市に集中しており、どちらも全国の主要都市に支社を構えています。

地方までより隅々サービスを提供しているという点では、リクルートエージェントがやや優勢です。

関西での勤務ならリクルートエージェント!

関西拠点

大阪・神戸・京都

バーサス

大阪

関西圏での拠点数は、リクルートエージェントに軍配!
リクルートエージェントは大阪・兵庫・京都に拠点があり、その地域の求人傾向を把握しているため、きめ細やかな転職支援が期待できます。

海外求人が多いのはリクルート!

海外求人数

約400件

バーサス

約300件

共に全国各地に拠点を持つリクルートエージェントとDODA。
なんと!両社とも海外の求人も取り扱っています。

タイミングにより件数は前後しますが、他のエージェントよりも海外転職に強いと考えていいでしょう。

U・Iターンに強いDODA!

U・Iターン

地域により
少ない場合あり

バーサス

全国各地に
力を入れる

DODAはUターン・Iターンで検索すると合わせて約2.000件の求人があります。

DODAは地方での転職を積極的にサポートする体制があります。
定期的に名古屋・大阪・福岡など地方都市で転職フェアを行うなど、首都圏以外の地域でも企業と求職者がリアルで出会える場を提供しています。

DODAの転職フェアに参加した3人に2人は応募したい企業が見つかったと回答。
ぜひこうした転職フェアなどのイベントを積極的に活動し、Uターン・Iターン転職を成功させましょう。

対応が早いのはどっち!?!

登録後連絡

2~7日程度

バーサス

1週間

WEBから登録後の連絡は、表記の問題でほとんど変わらないですね。
DODAは転職サイトを兼ね、スカウトを受け取ることもできるで、自分でも動きやすいかもしれませんね。

リクルートVSデューダ 総評

リクルートエージェントには業界トップクラスとなる約470名のキャリアアドバイザーが在籍。経験豊富で質の高いサポートには定評があります。また、リクルートエージェントが開催している面接力向上セミナーは参加した99%が満足と答えており、転職活動を有利に進められるサポートが充実しています。

リクルートエージェント、DODAともに全国の求人に対応していますが、DODAはIターン・Uターンに力を入れているので地方での転職を考えている人にはおススメできます。また、DODAにはスカウトサービスがあります。あなたに興味を持った企業からスカウトメールが届くこともあるので、転職の可能性を広げるチャンスでもあります。

男性イラスト

■結論■
充実サポートリクルートエージェント
I・Uターンの味方!地方にも強いDODA

↓ 転職エージェント 総当たり戦はこちら ↓

このページの先頭へ