タイプ転職エージェント VS アデコ

結局どっち?!転職エージェント対決、リクルートVSアデコ

~結局どっちがいいの?~

転職サイト@typeでお馴染みのtypeと、人材派遣のイメージが強いアデコ

どちらも知名度が高く、利用を考えている方も多いと思います。
しかし、やみくもにたくさんのエージェントを利用すれば良い転職ができる、ということではありません。

自分の欲しい情報を多く持っているところにサポートしてもらうことが大切です。

Typeアデコ、どんな特徴があるのか比較してみましょう。
>>エージェント対決スタート!

企業概要

今回対決するエージェントの紹介

女性イラスト

■type転職エージェント
type転職エージェントを運営しているのは、株式会社キャリアデザインセンター。Typeエンジニアや営業typeなど様々な人のキャリアや仕事に関するサポートを行っています。
ひとつ上を目指すあなたの転職アドバイザーという言葉にもあるように、type転職エージェントを利用して転職した人の71%が年収アップをしているという特徴もあります。

■アデコ(adecco)
アデコ転職エージェントを運営しているのはアデコ株式会社。世界の60を超える国と地域に拠点を持ち、今までサポートしてきた企業は10万社以上。その歴史は長く、企業と人財とのマッチング経験、情報量は圧倒的です。日本では人財紹介以外に、派遣スタッフ満足度調査No.1の派遣や新卒の方の就職活動のサポートも行っています。

公開求人数が多いのはアデコ!

公開求人数

3,000

バーサス

15,000

アデコの約15,000件という数字は業界トップクラスです。求人情報の多さは、どれだけ多くの企業と取引があるのかや、情報収集能力を判断するのひとつの目安にもなりますが、非公開求人もあるので一概には言えません。

非公開求人の割合が多いのはどっち?

非公開求人

80%

バーサス

80%

両社とも求人情報のほとんどが非公開。非公開求人の中には、Web上で公開すると応募者が殺到してしまうような人気企業からの求人があることもあります!

拠点が多いのはアデコ!

拠点数

1カ所

バーサス

15カ所

15カ所の拠点数は、転職エージェントの中でも多いほうではないでしょうか。アデコは関西圏にも拠点があり、そちらの求人情報も豊富にあります。

在職中でも行きやすいのはアデコ!

面談受付時間

平日10:30~1日5回
土曜10:30~1日5回

バーサス

平日9:00~20:00
土曜日随時上記以外の時間や日曜日も相談によって可

アデコの幅広いコンサルティング受付時間ならば、なかなか休みが取りずらくても相談して面談できそうです!Typeは開始時間や回数が決まっているので予約がしやすそうですね。

海外求人が多いのはtype!

海外求人数

400

バーサス

170

どちらのエージェントも商社の法人営業やエンジニア系、クリエイティブな職種など様々な情報があります。どちらも海外勤務への第一歩をサポートしてくれます!

地方でも対応してくれるのは…どっち?

地方対応

登録OK

バーサス

登録OK

どちらも全国の求人を検索できますし、もちろん登録OKです!さらに、何かの事情でインターネットが使用できなくなっても、どちらも書類郵送で登録を受け付けてくれます!!

希望職種に詳しいのはtype!

職種別コンサルタント数

14

バーサス

様々な業種ごとに担当が細かく分かれていれば、自分の希望職種により詳しい人が見つかる可能性があり、その分仕事ならではの悩みもわかってくれますね。

タイプVSアデコ 総評

type転職エージェントでは年間1,000人以上の転職成功者を輩出していて、利用者の87%がそのサービスに満足しているという数字もあり、それだけでも転職エージェントとしての実力が確かなものであることがわかります。Typeは求人の8~9割が首都圏のものなので、首都圏在住の方や首都圏への転職を考えている方にオススメです!

アデコの転職エージェントは第二新卒の方向けの求人やI・Uターンを考えている方向けの求人も取り扱っており、情報収集能力、情報量ともに業界トップクラスといえるのではないでしょうか。例えば関西圏の求人は約2,500件あり、ネットワークをいかして現地の求人動向情報なども知ることができるので、現地とのズレ等を感じずに転職活動をすすめられます。
 

男性イラスト

■結論■
首都圏の求人に強いtype転職エージェント
海外・外資、I・Uターンもお任せ!アデコ

↓ 転職エージェント 総当たり戦はこちら ↓

このページの先頭へ