タイプ転職エージェント VS パソナキャリア

結局どっち?!転職エージェント対決、マイナビVSパソナキャリア

~結局どっちがいいの?~

 
転職エージェントを決めるとき、何を基準に選んでいますか?有名だから…知り合いが使っているから…という理由で決定していないでしょうか。もちろんそれも大切なポイントです!

しかし、それだけでなく、自分の欲しい情報をたくさん持っているとか、エージェントの雰囲気が自分に合うといったことも転職を成功させるためには大変重要です。

それぞれの特徴を知り、自分に合うエージェントを見つけましょう!

>>エージェント対決スタート!
 

企業概要

今回対決するエージェントの紹介

女性イラスト

■Type
typeを運営しているのは東証一部上場している株式会社キャリアセンター。月間ユニークユーザー100万人を超える人気転職サイト「@type」や、正社員で成長したい女性のための転職サイト「女の転職@type」、営業求人の専門検索サイト「@type営業の転職」などのサービスを展開して、多くの人のキャリアアップのサポートをしています。

■パソナキャリア
パソナキャリアキャリアを運営しているのは、2016年オリコン日本顧客満足度ランキング総合人材紹介会社女性部門において第1位に選ばれた株式会社パソナ。
人材派遣業や再就職支援などを行っており、パソナは派遣スタッフ満足度調査においても口コミ第1位を獲得しています。実際にパソナを利用している人たちに支持されていることから、質の高いサービスをしていることが分かりますね。

公開求人数が多いのはパソナキャリア!

公開求人数

3.000

バーサス

25,000

パソナの約25,000件という数字は業界最大規模です!かなりの量の求人情報を持っています。Typeの約3,000件という数字も十分な量ではないでしょうか。

非公開求人が多いのは・・・どっち?

非公開求人割合

80

バーサス

80

非公開の割合は同率でした。求人が非公開になる理由はいろいろありますが、企業の求める人物像に合っている人にしか紹介しない場合などもあるようなので、自分から聞くのもいいかもしれません。

拠点が多いのはパソナ!

拠点数

1カ所

バーサス

4カ所

パソナの拠点は東京に2つ、そして大阪、名古屋と4カ所にあります。どこの拠点へも行くことが困難な場合は、電話でのカウンセリングも行っているようです。

対応エリアが広いのはtype!

対応エリア

全国&海外

バーサス

全国

どちらも日本全国をカバー!Typeはそれに加えさらに海外の求人まで取り扱っています。Typeの海外求人数は約400件。業界でもトップレベルです。

登録後すぐ連絡をくれるのはtype!

登録後

当日~1週間

バーサス

1週間程度

早ければ当日連絡をくれるtypeの勝利!どちらのエージェントも長くても1週間程度しか待たないので、スピーディーな転職活動をしたい人におすすめです。

登録者に女性が多いのはtype!

登録者の女性割合

38%

バーサス

36.8%

どちらも女性のキャリアについてのサポートに力をいれているので接戦でしたが、僅差でtypeが勝利しました。女性にも支持されているエージェントということが分かります。

歴史があるのはパソナ!

歴史

1993年

バーサス

1976年

2016年で約40周年のパソナ。その長い歴史で多くの企業と取引実績を作り、様々なノウハウをもとに、たくさんの人の転職の支援をしてきたことがうかがえますね。

マイナビVSパソナ 総評

 
typeの求人情報は首都圏のものが中心で、年間1000人以上の転職成功者を出し、そのうち71%の年収UPを実現させています。
毎週平日と土曜日に各種セミナーや個別相談会を開催しているのも特徴で、転職が初めての方や転職しようかどうか迷っている方向けのものもあるので、一度足を運んでみるのもいいかもしれません。

パソナキャリアは約16,000社の上場企業と取引実績があり、これまでにのべ55万人の転職をサポートしてきました。
そのうち67.1%の年収をUPさせており、エージェントとしての実力が確かなものであることが分かります。
営業、ITエンジニア、ものづくりエンジニアの求人を多く取り扱っているのも特徴で、ソフトウエアや通信、医療関連の業界に強みを持っているようです。

男性イラスト

■結論■
首都圏で年収UP!セミナーも開催type
営業・エンジニアの転職ならパソナキャリア

↓ 転職エージェント 総当たり戦はこちら ↓

このページの先頭へ