地元に帰って働きたい!おすすめ転職サイト

地元に帰りたい! Uターン、Iターン転職

田舎で叶える!仕事と生活一度地元以外の地域で就職した人が地元に戻ってきて転職することを「Uターン転職」、都市部で育ち働いていた人が全く違う地方に移住・転職することを「Iターン転職」、さらには都市部で就職していた地方出身者が地元に近い中規模な都市地域に転職することを「Jターン転職」と言います。

いずれも「地方生活の場を移し転職すること」が共通点で、職住接近・親との近居・ラッシュアワーからの解放などのメリットが言われています。

近年では田舎暮らしに憧れる老若男女も多く、地方ならではの産業を核に成長している企業への就職希望している人も多いです。

また、生まれ故郷の地での社会貢献など、Uターン・Iターン転職の需要は衰えません。

都会に比べ数が少ない求人情報を確実に得るためには、何が有効か考えてみましょう。
 

地元での転職先求人の探し方は?

地元の情報はどこで集める?地元での求人情報ならハローワークは外せません。

一方で「ハローワークでは十分な量・質の求人が見つからない」という話もよく聞きます。

ハローワークは民間の転職エージェントに比べ、上開庁時間(営業時間)が短く職員も限られているので、企業からの求人が出て情報として提示されるまで時間がかかる傾向にあります。

利用のコツは、こまめにハローワークに通ってみる」ことです。

もともといい求人情報に会えるか会えなかはタイミングによるところも大きいモノ。回数通ってその確率を上げていきましょう。

また、地方紙の求人広告欄や折り込み広告なら、家に居ながら情報を得ることができるのでお勧めです。
転職サイトも無料で登録でき豊富な求人情報に目を通せるので相場感も身につきます。

遠距離就職活動に欠かせないモノ客観的なアドバイスをもらいながら効率よく仕事を探したいなら転職エージェントが便利。

地理的に離れているとその地域の特性や漂う空気感など、「数字やデータとして出てこないけれど確かに存在して、そこで生活するのは不可欠なモノ」がなかなか実感できないことがあります。

営業拠点を多く持つ転職エージェントならその地域に精通したカウンセラーが在籍しているので、その地域の特性やローカルルールなどについても詳しくアドバイスしてもらえます。
もちろん集まる求人数も桁違いで、なかでも非公開求人には好条件の求人が多く集まっています。
ただし、転職エージェントに登録する時は、地元に拠点があるかどうかを確認しましょう。大手でも拠点がないと地元の求人が限られてしまいます。

ハローワークはどちらかというと年収が低い案件が多いですが、選択肢が広い分自分のあった仕事が見つかる確率は高くなります。
 

マイナビエージェント

全国を11エリアに分け検索がしやすい作りになっている「マイナビエージェント」。

メールマガジンに登録すれば地元に転職するための希望勤務地の求人やエリア情報などが配信されます。

「転職マイコーチ」というサービスが好評で、コレはわかりやすく言うと転職に関する添削指導。

履歴書・職務経歴書の有効な書き方を添削した、自分で探しても応募したい求人が見つからない場合希望条件やこれまでの職歴・経験などからマッチングすると判断された企業を紹介してくれるサービスです。

偏った自分だけの価値観だけでなく、客観的な視点でアナタと「仕事」の相性が分かるから自分の思わぬ可能性に気づかされること間違いなしです。

そして、マイナビエージェントでは、Uターン転職のための転職相談会を実施しています。
例を挙げると、「関西Uターンをご希望する「ITエンジニア」のためのセミナー」、「関西Uターン/I ターン 転職相談会」などがあります。
現在関西限定となっていますが、随時開催しています。
個別転職相談会も実施しているので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

▶▶ マイナビエージェント

 

リクルートエージェント

Uターン転職にかかる費用について具体例を挙げて説明しているのがリクルートエージェント。

転職エージェントの最大手クラスの実績と経験で、情報戦と言われる「地方への就職・転職」を勝ち抜きます。

遠方への就職活動はなんといってもスケジューリングが肝。

一度の帰省で複数企業の面談を設定したり余裕を持った入社日設定などは、「面接設定代行機能」でキャリアアドバイザーがあなたに代わり交渉してくれます。

そして、リクルートエージェントでは東京や大阪といった大都市で地方へのUターン転職を対象にした転職フェアを随時開催しています。
地方自治体や不動産会社とのコラボなどがあり、求人選びだけでなくそこで暮らすことまで想定しながらの職選びが可能です。
定員を絞って担当者と直接話せるので、納得できる企業選びができること間違いなしです!

地方にも十分浸透したネームバリューをもったエージェントなので、幅広い職種・業種の求人が期待できます。

▶▶ リクルートエージェント
 

Spring転職エージェント(アデコ株式会社)

全国に190もの営業拠点を置くSpring転職エージェントなら、他のエージェントには上がってこないようなレア求人も見逃しません。

北海道へのUターン転職支援等を目的にした「東京ワーホリプログラム」の説明会が7月30日に札幌で行われますが、これは東京でビジネス研修を受けた後地元へのUターン転職を目指すというもの。

Spring転職エージェントはこれまでも同プログラムを37都道府県でのべ53回開催し120名の就業を叶えてきました。

今後も断続的に行われる予定で、これからUターン就職を目指すなら絶対に外せないエージェントと言えるでしょう。

また、Spring転職エージェントでは地方の支店で随時転職相談や登録会を実施しています。
平日の夜や土日に開催をしているので、大型連休やお彼岸、帰省時に合わせて申し込みしておくとよいでしょう。

▶▶ Spring転職エージェント

 

リクナビネクスト(転職サイト)

匿名のレジュメを登録するだけで企業からのオファーが届くサービスが人気の「リクナビネクスト」は、なんと85%もの求人がリクナビネクスト限定での求人。

30分で本格的に自分の強みを診断できる「グッドポイント診断」は自分のストロングポイントを客観的に見つけることができます。

履歴書の作成や面接の自己アピールにも役に立つので、ぜひ利用してください。

転職フェアも断続的に各地で開催中です。

▶▶ リクナビネクスト
 

まとめ

エージェントは特徴それぞれ地方での求人情報は探し方が難しいと言われています。
加えて東京のような大都市に比べて、求人数、給与ともに少なくなります。

そこで提案したいのが、ハローワークと転職エージェントのダブル登録

就職・転職エージェントなら、多くの所で全国規模でサービスを展開中。地元で希望の仕事が見つかる確率が高くなるのでおすすめです。
ハローワークはこまめに通う・地元紙の求人情報や折り込み広告にも目を通すなど、自分なりの工夫で少ない求人情報を漏らさずゲットするようにしましょう。
ハローワークに加え複数の求人サイト・エージェントに登録して、地元の求人状況を把握したうえで、転職の目処がたったら求人選びに取り掛かりましょう。

UターンIターンに詳しいノウハウを持っているエージェントを利用して、ワークライフバランスの取れた地方生活を実現しましょう。

 

Uターン転職 鉄板ガイド

Uターン転職 鉄板ガイド
これで成功!Uターン転職の5ステップ
後悔しないためのuターン就職の手引き
地元で就職!おすすめ業種や企業は?

このページの先頭へ