これで成功!Uターン転職の5ステップ

Uターン転職とは?

都会から地方への転職は難しい?地元以外に就職した人が地元に戻って転職することを「Uターン転職職」、地元以外の場所に就職することを「Iターン転職」と言い、進学で地元を離れる人が多くなった1980年代ごろから増え始めました。

最近増えているのは親の介護のために地元に帰るUターン転職と田舎暮らしに憧れて地方に移住するIターン転職です。

いわゆるフツーの転職となにが違うのか・どこに気を付けなければならないのかを考えてみましょう。

これからUターン転職・Iターン転職を考えるすべての人に贈る「転職情報アンソロジー」の決定版です。

地域によるサポート

こんなに充実!移住者支援uターン 転職.・Iターン転職にとって本来の仕事探しと並行して進めなければならないのが家探し

地元なら親や知り合いに手伝ってもらうことも可能かもしれませんが、縁もゆかりもないところへIターン転職を考えているなら、多くの自治体で行っている移住者のための住宅支援制度をぜひ利用してください。例えば、

①【宮城県栗原町】
市の定住促進住宅分譲地を購入し住宅を建築した若者に固定資産税納付相当額を最長5年間助成

②【北海道 八雲町】
移住希望者へ宅地無償譲渡

③【岡山県 鏡野町】
定住希望者に定住促進住宅を無償譲渡

以上はほんの一例で、他には岩手県 一戸町での薪ストーブ本体・設置費用最大10万円補助など、地域性に合った実質的な助成を行っている自治体もたくさんあります。

中には、一定期間格安で「田舎暮らし」を体験できる「お試し移住」を行っているところもあります。

人口減少に歯止めをかけたい自治体にとっては、いかに移住者を獲得できるかは死活問題。

移住者にとってもお得に住むところを確保できるとあってマッチングが成功すればまさにwinーwinな制度と言えます。

ただし、助成制度の適用には細かい条件が決まっていたり適宜見直されることもあるので、希望の自治体のホームページやハローワークで確認をお忘れなく。

ステップ1 Uターンの理由・志望動機を考える

その理由仕事に関係ありますか?「都会での仕事に忙殺される毎日につかれたから」「リストラ・早期定年を機に故郷に帰りたい」「親の介護をするため」など、Uターンを決断する動機は様々です。

当然面接でも触れられる話題になりますが、最もアピールしなければならないのは、「Uターンに至った深刻な個人的理由」よりも「その会社に対し自分はどれだけ貢献できるか」という事です。

地元への熱い思いを熱く語ったとしても、以前からずっとそこで仕事をし生活してきた人にとって、どこまで受け入れてもらえるかも未知数です。

その企業の実績や将来性を見据えつつ、説得力のある志望動機を考えるようにしましょう。
 

ステップ2 Uターン転職の準備

Uターン転職で最初にクリアしなければならないのは「家族」の問題です。

転居することに対し家族の理解を得ておかないと、せっかく仕事が決まっても引っ越せないという状況にもなり兼ねないので、情報と方針の共有を家族間で確認するようにしましょう。

また、Uターン転職では、現住所と転職場所が離れているため情報収集がネックになりがち。

ネットでもニュースを見ることはできますが、ソースとして一番のおススメは地元紙の購読です

面接で話題になりそうなローカルなニュースを伝える紙面はもちろん、折り込み広告には求人広告も入ってくるので給与の相場を知ることができます

また、スーパーや量販店の広告からは物価も推し量ることができるし、お子さんがいる方なら習い事や塾の情報も得ることができます。

情報収集がある程度できてくると、自分が思い描いている生活が実現可能かどうかも大体わかってくるでしょう。

自分の希望を実現できないと感じるなら、ここで引き返すのも「あり」です。

家族がいる方なら子供の就学等家族のライフステージも合わせて時期を考えることも大切です。
 

ステップ3 就職活動

Uターン転職で欠かせないのはやはりネットでの情報検索です。

最近はハローワークの情報もネットで閲覧できるし、その地域に支店・営業所を持つ転職エージェントに登録すると時差なく求人情報を得られて便利です。

また、地元のフリーペーパーや情報誌にも思わぬ情報が出ていたりするので、実家の家族や知人に協力をお願いしましょう。

 

ステップ4 面接

面接にはその企業のカラーが出るもの。

過去の実績やその企業を取り巻く最近のニュースなど、ネットで拾える情報はきちんと整理しておくとカンバセ―ションピースとして役に立つことがあります。

面接では最後に「何か聞きたいことはありますか?」と聞かれることが多いですが、ここは文字通り自分の疑問を解消する場であると同時に絶好のアピールタイムにもなりえます。

ありきたりの質問でもそこから会話の間口を広出て自分の人となりに興味を持ってもらえたらしめたもの。

既出の話題の確認でもいいので、話題を提供するように心がけましょう。
 

ステップ5 Uターン後の住居決め

どうする?Uターン後の住宅問題Uターン就職の難しさは、住居決めにもあります。

独身・家族持ちに関わらず「実家の両親と同居?近居?」をはっきりさせておかないと、後々トラブルの元です。

血のつながった家族とはいえ離れて住んでいた大人同士が一つ屋根に住むとなると生活時間帯のずれなどでお互いストレスが発生するもの。

リフォームの必要性と誰が資金を負担するかの問題をはっきりさせなければならないし、近居であれば仕事探しと同時並行で家探しも進める必要があります。

家探しも仕事探しと同様ネット環境が整っていれば比較的スムースに進みます。

遠距離間を行ったり来たりすることになり見えないところにもお金がかかるので、生活費とは別に余裕をもって資金をためておく必要があります。

だからこそ、安易にUターン転職を考えるのではなく熟考と準備に時間を掛けるようにしてください。

 

地方につよい転職エージェントは?

Uターン・Iターンが成功するかどうかは、転職エージェントの選び方がポイントです。

現在の住居地と距離があるならなおさら、現地のネットワークを持ち土地特有の事情にも明るい転職エージェントは強い味方。

特に登録しておくと損はない地方に強いエージェントは以下の通りです。
 

転職エージェントのパイオニアとして各業界での知名度が高く信頼度も高いので優良企業からの求人が豊富

年間約23000人の転職をサポートしています。

求人サイトとは違い担当キャリアアドバイザーからの客観的なアドバイスがもらえるのが最大のメリット。

これで今まで気づかなかった「自分のウリ」を新たに発見し、可能性を広げます。

全国の求人を網羅しているので、遠方の求人情報も余さずリアルタイムでゲット。

面接日程調整や条件交渉なども代行してくれるので、「遠距離転職活動」には最適です。

▶▶ リクルートエージェント
 

Uターン転職を重視しているアデコは東北、北海道など各地で「東京ワーホリプログラム」と題したUターン就職支援プログラムを開催しているほど、Uターン・Iターンに力を入れています。

全国各地に置く支店とは別に再就職窓口やITエンジニアに特化した窓口を設け、業界トップクラスの豊富な営業拠点から一人一人に合ったサービスを提供します。

▶▶ アデコの人材紹介
 

まとめ

Uターン転職・Iターン転職は何かと不安がつきものですが、期間に余裕をもって情報収集に当たったり転職エージェントなどのプロの手を借りることで希望通りの職場を見つけることが可能です。
 

Uターン転職 鉄板ガイド

Uターン転職 鉄板ガイド
後悔しないためのuターン就職の手引き
地元で就職!おすすめ業種や企業は?
地元に帰って働きたい!おすすめ転職サイト

このページの先頭へ