後悔しないためのUターン就職の手引き

地方や地元に帰って働きたい!

地元に帰ろう震災や災害を期にこれまでの仕事中心の都会生活から故郷や地方への移住を考える人が増えてきました。

とはいえ、転居を伴う転職となると、離れた地域の求人情報をどうやって得るのか?
メリット・デメリットは?

などなど不安要素もいっぱい。

その一つ一つの解決法を考えて、さぁ!懐かしいあの人の笑顔が待っているあの場所に帰ってアナタらしい人生の第二章を始めましょう。
 

Uターン転職・Iターン転職のメリット、デメリット

徹底検証!メリット・デメリットどんなことにもメリットがあればデメリットもあり、Uターン転職Iターン転職も例外ではありません。

それぞれのメリット・デメリットを考えてみましょう。
 

【メリット】

土地が安いので賃貸・購入に限らず住宅費が安い
物価が安いので50代で早期退職した人など生活費を押さえたい人が生活しやすい。
満員電車・ラッシュアワーから解放され、仕事も休日も高パフォーマンスでこなすことができる
兄弟・親戚が近いと親の介護問題などが起きた場合心強い
のびのびした環境で子育てができる。

【デメリット】

給与水準が一般的に低い
選べる仕事の選択肢が少ない
親戚付き合いが頻繁な所や古くからのしきたりがあるようなところだと特有の煩わしさが出てくる。
子供の高校以降の進学先の選択肢が少ない

 

仕事は?住む場所は?Uターンに伴う心配事

おうち問題はこうして解決Uターン就職・転職の場合、首都圏のように求人自体が多いわけではなくさらにそこから希望の業種・職種となると数はかなり絞られてきます。

この傾向は30代40代50代と年齢が上がることに顕著なので、仕事探しの期間には余裕を持って臨んでください。

また、仕事の次に心配なのが住居のこと。

「ウチは実家で暮らすから心配ないよ。」という方もいるでしょうが、突然義理の家族と同居することになる妻や両親の立場になって考えてください。

十分な広さか?プライバシーが保てるか?

などについて自分だけの思い込みではなく家族全員と話し合う必要があります。

また、お子さんがいるなら、転校という大きなハードルを一緒に超えなければなりません。

新しい学校生活に早くなれるためにはどんなサポートが必要かも親子はもちろん、学校の先生も含めての話し合いやサポート体制を作らなければならない可能性が出てくることを覚悟しておきましょう。
 

失敗するUターン転職3つのパターン

地方転職の思わぬ落とし穴第一の失敗パターンは事前調査不足による失敗

勝手知ったる地元とはいえ長期間離れていると取り巻く環境は大きく変わり、かつての優良企業でも業績が振るわなくなっているという事も在りえます。

地元にいたときのイメージで仕事探しをすると「こんなハズじゃなかった」という事にもなり兼ねません。

それを防ぐには、昔の先入観を捨てて客観的に「地元」の情報を集め、ココでは将来的にどんな産業・事業が展開されるかも調べることです。

例えば、大手スーパーの進出や大学病院の移転が計画されるならそれに引っ張られるようにして業績が上がりそうな企業・逆に影響を受けて売り上げがダウンしそうな企業が推測できます。

企業を見極める目を養って企業の将来性を見極めることが大切です。

第二の失敗パターンはコミュニケーションでの失敗

職住近接の地方では、家族ぐるみで会社行事に参加するところも少なくありません。

そうなると、上司の子供が我が子と同級生・同じ部活という事もあり得るわけで、家族が感じる煩わしさ軽減のためもオンとオフの棲み分けがポイントです。

また、業務以外の何気ない会話でも「距離感」を掴むことが大切。

他人行儀では溶け込めないし、かといって最初から距離を詰めすぎても引かれてしまいがち。

地域性やローカルルールなどにも注意が必要です。 

第三の失敗パターンは、以前住んでいた地域や職場のことを持ち出し「○○ではこうだった」「△△にいたときはこうだった」と話をすること。

新しい職場で良好な人間関係を築いていかなければならない大切な時期に「ではの守」になってしまうと、社内に思わぬ敵を作ってしまうことに。

例え以前の職場でのやり方が効率的だと思っても「郷に入っては郷に従え」という言葉があります。

自分のやり方を持ち出す前に「ココではなぜこのやり方なのか?」と考えるようにしましょう。

これは懇親会や暑気払いなど、直接仕事に関係ない席での何気ない会話にも注意が必要です。

一度ついてしまった印象は後からフォローしようと思ってもなかなか挽回できないので、最初が肝心です。
 

Uターン転職勝ち組の戦略はこれ!

Uターン・Iターン転職成功のカギを握るのは、ズバリ「人脈」です。

実際学生時代を過ごした地域へIターン就職をかなえた人のうち、かなりの割合で学生時代のゼミ担当だった先生や部活の顧問の先生などに相談した経験があるといいます。

もちろん、突然仕事先を紹介してもらおうとするのは虫の良すぎる話で、同窓会や同期会の幹事をかってでたり、ブログやラインで仲間と繋がるなど日ごろから良好な人間関係をキープしておくことが必要です。

直接仕事の紹介には至らなくても、その地域で働く友人の話を聞くだけでも収穫があるはずなので、機会があったら同期会などを企画して人とのつながりを積極的に作っていきましょう

「知り合いには転職の話はしにくい」というヒトや「昔の友人とは疎遠になってしまい、そんな話はできない。」というヒトなら、その地域に強い転職エージェントに登録するのも一つの方法です。

担当のスタッフが、地元だからこその情報を集めてくれるので自分で動く手間が省けます。

求人情報やネットでは調べきれない情報も調べてくれるので、遠方への転職活動のために登録する人が増えています。
 

Uターン歓迎!地域別のサポート

全国の自治体では、移住者のために住宅・子育てに関する様々なサポートを実施中。

以下のサポートはほんの一例で、詳細については各自治体のホームページでご確認下さい。

アナタがUターンしたいあの町にもお得な支援制度があるかも?!
 

①愛媛県 伊方町
・・・第3子以降の出生時一人につき総額100万円の奨励金を交付。

②福岡県 添田町
・・・出産児1人につき5万円、3子目20万円、4子以上50万円の出産奨励金を支給。3子以上につき月額1万円の育児奨励金を支給。

③高知県 高知市
・・・特定不妊治療に際し保険診療外の費用に対して、治療内容により、1回当たり12万5千円又は20万円(初回は30万円)を限度に助成
男性不妊治療には15万円を上限として上乗せ助成。

④福岡県 芦屋町
・・・町内の民間賃貸住宅に居住する新婚世帯に、最長36か月・最大72万円分の商工会商品券で交付

 

まとめ

不安要素が多いIターン・Uターン転職では、事前調査とそれまでの人脈が成功を左右します。

事前調査では企業研究・業界研究はもちろんですが、自治体のホームページもこまめにチェックしてお得な支援制度を確認しましょう。

「時間がなくて十分な事前調査は難しい」「人脈がなくて水面下の求人情報などレアな情報がゲットしにくい」という方なら、地元に強い転職エージェントに登録するのもいいかもしれません。
 

Uターン転職 鉄板ガイド

Uターン転職 鉄板ガイド
これで成功!Uターン転職の5ステップ
地元で就職!おすすめ業種や企業は?
地元に帰って働きたい!おすすめ転職サイト

このページの先頭へ