【辛口採点】spring転職エージェント(アデコ)の口コミ・評判は?


Spring転職エージェント

※Spring転職エージェントへ突撃インタビューはこちら

総合人材サービスを行っている外資系企業のspring転職エージェント(アデコ)
世界60ヶ国で事業所を持つなど、まさに世界最大級の総合人材サービス企業です。
そのアデコが運営するSpring転職エージェントは業界でも大手のエージェントです。
アデコ自体が外資系企業であることから、外資系案件を豊富に取り扱っています。

spring転職エージェント(アデコ)の口コミ・評判

アデコに登録する前に評判や口コミはどうなのか気になりますよね。
そこでTwitterでの評判・口コミを集めてみました。ぜひ参考にしてみてください。

※spring転職エージェントの公式はこちら

spring転職エージェント(アデコ)のサービス内容とは?

Spring転職エージェントでは、全国展開でキャリアセミナーや個別転職相談会を行っています。項目としては、大きく分けて下記の2通りがあります。

  • 業界別、職種別セミナー&相談会
  • エリア別セミナー&相談会

毎月5回以上のセミナー・相談会が行われていますが、過去の開催内容も履歴として見ることができるので、参考までにチェックしてみるといいでしょう。
一部詳細を上げると、下記の通りになります。

【業界別、職種別セミナー&相談会】

職種別

機電系営業/海外営業の転職相談会
経理財務・会計士・税理士向け転職セミナー&個別相談会
若手IT/Web系職種向け 同職種交流会
外国人ITエンジニアのための同職種交流会
システム開発エンジニアの個別キャリア相談 など

業界別

機電系営業/海外営業の転職相談会
製薬業界の転職相談会 など

他にも職種・業界別のセミナーや相談会、また交流会などは数多く行われています。
エリア別については、都内の他にも北陸や長野、大阪、東北や愛知・静岡などでも広く行われています。

360度式コンサルティングについて

spring転職エージェント(アデコ)では、『360度式コンサルティング』を採用しています。

転職エージェントの多くは、企業担当営業と求職者担当営業が別部署になっていたり、両方を担当していたとしても、全ての担当営業が紹介可能案件を共有していたりといったシステムになります。

紹介可能案件が幅広く、職種や業界的にも総合的に同じコンサルタントから紹介してもらえるというメリットがあります。

ですが、逆に言うと実際企業側の内情に詳しくないコンサルタントによる紹介になってしまう事も起こりかねないため、確認したいことができた際には詳しい担当者への確認でタイムラグが起こってしまったり、企業の求める人材と求職者の希望にミスマッチが起こりかねない状況になってしまいがち。

実際に転職エージェントを利用した人の不満点として「希望業界や職種に詳しくないコンサルタントに当ってしまい、認識がズレているように感じた。希望していた感じと違う企業ばかり紹介された」というものがよく見られます。

職種や業界に詳しいコンサルタントが最初から担当してくれれば、希望にできる限りで沿った対応を早期から受けることができ、ピンポイントでマッチングしてくれる可能性が高まります。

求職者としては余計な手間がかからずスムーズに紹介を受けられるので、転職活動でストレスがかかるのも軽減できるはずです。

『360度式コンサルティング』とは、そういった求職者の不安や不満を解消してくれるシステムとも言えます。

spring転職エージェント(アデコ)独自のコンテンツ

大抵の転職エージェントでは履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削、面接対策などを行っているところが多く、Spring転職エージェントでもそれらのフォロー体制が整っています。

サイトコンテンツとしても実際に行われるカウンセリングサービスとは別に、『転職ノウハウ』といった転職を成功させるためのノウハウを分かりやすく説明してくれているページがあります。

そんな中でSpring転職エージェントだからこそとも言えるのが、『英文レジュメ』。
Spring転職エージェントの運営を行っているのは、人材派遣でも人気のAdeccoです。アデコの本社はスイスにあり、世界でも最大と言える規模で人材派遣を行っている会社です。

そんなアデコが運営を行う転職エージェントであるため、紹介可能な企業は日本企業に留まらず、外資系企業も多く取り扱っています。外資系企業への転職時はもちろん、あなたのキャリアアップのためにも英文でのレジュメ作成を勧めているのがこのコンテンツ。

でも日本国内で転職活動を行っていると、最初から海外での就業希望者や、外資系企業への就業希望者でない限りは『英文レジュメ』なんてなかなか馴染みはなく、どんな風に書いたらいいのかチンプンカンプン…?といった人も多いはず。

そんな人のために、このコンテンツではどんな仕様で、どのように作成すればいいのかを丁寧に教えてくれています。
ビジネス用語集などもあるので、ぜひ参考にしてキャリアアップを狙いましょう!

グローバルな求人数

spring転職エージェント(アデコ)は先の項目で言っている通り、スイスに本社があるアデコが運営を行う転職エージェントサービスのため、求人に関してもグローバルなのが特徴のSpring転職エージェント。

アデコに関して言えば、アジア・アメリカ・ヨーロッパ・アフリカなどに至るまで世界中60カ国を超える地域、5100カ所を超える拠点があります。
そんなアデコが行っている転職エージェントサービスなので、紹介案件もグローバル。

取り扱い案件数は公開求人で2万件を超えますが、Spring転職エージェントでは全体の約80%が非公開求人となっているため、単純計算で行くと全案件数は10万件を超えることになり、これは他の転職エージェントと比べてもかなり上位で多い案件数になります。
本社はスイスですが、日本でも30年以上の事業実績があるアデコグループなので、日本の転職状況も当然把握しており、安心してサービスを受けることができます。

 

spring転職エージェント(アデコ)に向いている人とは?

案件数についてはリクルートエージェントやDODAが圧倒的で、15~16万件を保有しています。
日系企業だけを希望している方は、リクルーエージェントトかDODAにも登録しましょう。

しかし、外資系案件であれば他社に劣らない案件数を抱えています。
また、実情を詳しくヒアリングすることができるので、面接対策もしやすくなります。
しっかり対策できるようにうまくコンサルタントを使いましょう。

 


Spring転職エージェントの特徴やおすすめのポイントをまとめてご紹介しました。様々な転職エージェントがあって迷う方も多いと思いますが、このようなメリット・デメリットを把握した上で登録してみてください。

それをよく把握した上で利用すれば、自分にとって良い転職活動ができるはずです。
ぜひ気になるところに登録して転職を成功させてください。

 

spring転職エージェント(アデコ) 年収UP成功事例

Spring転職エージェント 希望通りの職場に加え、年収も大幅アップ!
仮名・年齢 A氏 28歳
前職 医療機器販売代理店 営業
転職先 外資系人工関節メーカー 営業
年収 400万円⇒530万円
年収があがった理由
企業の採用担当者に自分をアピールして年収交渉までしてくれた!
希望通り、営業に専念できる満足のいく求人を紹介してくれた!
企業のリアルな社風や働き方などの情報を教えて貰えた!

※Spring転職エージェントより参照→

Spring転職エージェント 不利な条件の転職活動にも関わらず、なんと年収200万円アップ!
仮名・年齢 B氏 29歳
前職 大手電子部品関連商社 営業(過去に購買経験2年)
転職先 外資系ティアワン 購買
年収 600万円⇒800万円
年収があがった理由
企業に対して自分を高く売り込んでくれた!
不利な転職にも関わらず、自分に寄り添って親身に対応してくれた!
自分のスキルがどう活きるかを企業に丁寧にプレゼンしてくれた。

※Spring転職エージェントより参照→

spring転職エージェント(アデコ)自分が本当に望んでいることに気づかせてもらえ、年収もUP!
仮名・年齢 C氏 24歳
前職 Web制作会社 Webデザイナー
転職先 大手Web制作会社 Webディレクター・アシスタント
年収 350万円⇒400万円
年収があがった理由
明確なビジョンを持たせてもらえたことで、前向きに活動できた!
ネガティブな志望動機をポジティブな動機に転換させてもらえた。
より大規模なサイト制作の業務に関われる求人を紹介して貰えた!

※Spring転職エージェントより参照→

Spring転職エージェント ご紹介先企業例

Spring転職エージェント ご紹介先企業例
※Spring転職エージェントより参照→

【紹介先企業例】
三菱電機、パナソニック、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン、NTTデータ、村田製作所、ダイセル、新日鉄住金ソリューションズ、豊田通商、NTTデータ経営研究所、LIXIL Advanced Showroom、サーバーエージェント、マブチモーター、三菱UFJ信託銀行、日医工、アサヒビール、アニエスベースジャパン、スウォッチグループジャパン、SBIマネープラザ、常陽新聞、KDDIまとめてオフィス、HAVIサプライチェーン・ソリューションズ・ジャパン、サービスソース・インターナショナル・ジャパン、QVCジャパン、豊田ハイシステム、アイスタイル、ジェイテクト、GMOクリック証券、スノーピーク、立山科学工業、 スズキ自販北陸、モブキャスト、トーカドエナジー、ポリゴン・ピクチュアズ、スターティア、ネットイヤーグループ、リノベる、ヤマザキマザク、gloops、NTTコムマーケティング、北電情報サービス、NTT西日本ビジネスフロント、ソフトブレーン、ウイン・インターナショナル、フューチャーアーキテクト、コスモミット、野村不動産アーバンネット、笠間製本印刷、トリドール、仙台銘版、アイリスオーヤマ、メディサイエンスプラニング、リクルート住まいカンパニー、ストロベリーコーンズ、VSN、粕屋、ノーブルホーム、アールテック・ウエノ、エイジア、システムインテグレータ、テクマトリックス、アクトコール、アース環境サービス、フロイント産業、ソーバル、ブイキューブ、プラザクリエイト、城南進学研究社、パイプドビッツ、プロネクサス、ラクーン、ディーブイエックス、沼尻産業など多数


【Spring転職エージェント 紹介先企業特徴】
世界ナンバー1シェアの総合人材企業であるアデコは、国内企業だけでなく、外資系企業とも太いパイプを持っていることが特徴です。営業、マーケティング、ITエンジニア、WEBクリエイターといった職種に強みを持っており、これらの職種で専門性を極めていきたい場合はアデコの転職エージェントがオススメです。

spring転職エージェント 突撃インタビュー

※サービス名が「Spring転職エージェント」に変更になる前に行った取材です。

専門分野に特化したコンサルタントが企業と求職者双方を担当する「360度式コンサルタント」が強みの転職エージェントspring転職エージェント(アデコ)
一般の転職エージェントの場合、企業と求職者で担当が分業化されていますが、Spring転職エージェントでは一人のコンサルタントが企業と求職者の両方を担当しています。

企業と求職者がつながることでどういった効果があるのか?求職者にとってどういうメリットがあるのか?
今回はIT・エンジニア系と管理系職種のコンサルタントのお二人にお話しを伺いました。


<コンサルタント(藤田氏・渥美氏)へインタビュー!>

「360度式コンサルティング」で企業と求職者の抱える悩みを解決!

IT&エンジニアリング紹介部 課長:藤田 孝弘氏――Spring転職エージェントの特長である「360度式コンサルティング」について教えてください。

藤田氏:「360度式コンサルティング」は、一人のコンサルタントが企業と求職者の両方を担当し、一気通貫で求職者の転職をサポートします。
分業型の場合、求人票やデータベースを介在してのコミュニケーションが多く、欲しい情報がなかなか取れなかったり、時間がかかったりしますが、一人のコンサルタントが一貫してやることで、欲しい情報が手に入りやすくなり、情報のミスマッチを防ぐことができるようになりました。これは「360度式コンサルティング」の最大のメリットです。

一気通貫型とは言っても、特定の企業にしか紹介しないわけではありません。
自分が担当している企業に自分が担当している求職者を紹介するのはもちろんのこと、他のコンサルタントが担当している求職者の紹介もしています。
 

――人財紹介サービス部門は、「HR&ファイナンス紹介部」「セールス&マーケティング紹介部」「IT&エンジニアリング紹介部」と3つの専門分野に分かれていますが、職種で分けることによってどのような利点があるのか?また特化されている理由などを教えてください。

藤田氏:職種に特化するメリットは、コンサルタントが、仕事やポジションに求められる専門性、適正を熟知することができるため、企業にも求職者にもより深い話ができるということです。

コンサルタント自身が、前職で人事や経理、営業やエンジニアとして活躍してきているので、同じ仕事を経験してきたからこそわかる不安や悩みを理解することができます。

また、企業から採用ニーズ、社風、職場環境、待遇、評価制度など、より深い情報を聞き出すことができ、求職者にはその情報を元に、より的確なアドバイスができます。
 

――通常一人のコンサルタントがたくさんの求職者を担当するという会社が多いと思うのですが、spring転職エージェントはコンサルタント一人で求職者の方を何人くらい担当しますか。

HR&ファイナンス紹介部 コンサルタント:渥美 香名氏渥美氏:「HR&ファイナンス紹介部」では、コンサルタント一人に対し積極的に転職活動している求職者を常時10~15名担当しています。

「いい企業があれば動きたい」など、情報提供を望んでいる求職者も複数名担当していて、30~40名担当しているコンサルタントもおります。

藤田氏:「IT&エンジニアリング紹介部」では特に人数は決まっていません。
今、転職活動中の求職者はもちろん、転職活動をしていないけれど、キャリアアップには非常に興味がある、もしくは中長期でキャリアアップを考えているという方にたくさんお会いしています。

今は積極的に転職活動をしていない人財の経験、スキルや希望などをデータベースに蓄積し、企業の潜在ニーズを発掘することに活用しています。
人財のプロフィールや指向を理解し蓄積することで情報力をつけ、企業が抱えている潜在的な採用ニーズを顕在化して求人にすることができます。

特に提案の場で初めて顕在化した求人の場合、競合が少なくお話もスムーズに進みます。実際にこういった場面でいただいた求人で、短期間に決定された求職者もいらっしゃいます。

企業に対しては、潜在ニーズの発掘、求職者に対しては、精度の高い提案ができることが360度コンサルティングの強みです。
企業と求職者の両方から情報が入るので、必然的に提案の精度は高まります。
 

――Spring転職エージェントではコンサルタント向けの研修はあるのでしょうか?

藤田氏:「HR&ファイナンス紹介部」「セールス&マーケティング紹介部」「IT&エンジニアリング紹介部」の各部門で、それぞれ定期的にしっかりとトレーニングをしています。

「IT&エンジニアリング紹介部」では、技術と業界のトレンドについて、コミュニケーションスキルや企業への求人の提案方法やニーズの発掘方法、求職者へのヒアリングのポイント、退職指導や面接指導の仕方などの研修をします。
こうした研修を通してコンサルタントのスキルアップを図っています。

渥美氏:「HR&ファイナンス紹介部」では、内部監査や経理財務など、職種の研修を実施しています。

職種別の体制を敷いている以上、各コンサルタントが専門知識を持つスペシャリストであることが大前提なので、細かい仕事内容、それぞれの業務の役割、どういう人財が求められているのか、という研修を職種ごとにしています。

また研修とは異なりますが、企業のIR資料や業界の動向といった情報についても、各自キャッチアップをしてコンサルティングに役立てています。
 

管理系リーダーは経営的視点で問題の提言ができる人が求められている

 

――Spring転職エージェントでは管理系の専門職の場合、どのような求人が増えていますか?

渥美氏:経理、財務、人事、総務、法務、経営企画といった求人が比較的数が多いです。
傾向として、最近はどの職種でも、経営視点だったり俯瞰的な視点を持って業務に取り組める方だったり、経営者に対して提言ができるような方を求める求人が増えています。

例えば人事で、採用をやられている方の場合、経営的な視点で採用活動の見直しをして実行したり、提言したりするなど、会社の成長に付与できるような方を求めている企業が多いです。
 

――人事、総務、経理で転職を希望している求職者がいた場合、前職でどのようなキャリアや経験があるとステップアップできやすいでしょうか。

渥美氏:前職でしっかり結果を残して、ご自身の成果を数字や客観的なデータで表せるようなキャリアがある方は、ステップアップしやすいと思います。

今企業が求める人財は作業者よりも、管理部門としてポリシーを持ち、プラスアルファ以上の仕事ができる方です。
また、人事であれば採用だけでなく、社員教育にも携わったなど、一つの職種でも色々な経験をされている方を企業は求めています。
担当業務が採用だけで、社員教育や評価制度構築など他の仕事に携われる環境ではないといった場合でも、ビジネスの潮流に興味を持って自己研磨するのが大事だと思います。
 

――管理系求人では経営的な視点を持つ方が求められるということですが、具体的にどういった人財でしょうか。

経営者視点で提言できる人材が求められている渥美氏:管理系職種は、直接売り上げに関わらないので経営視点を持つことが難しい思われる場合もあるかもしれませんが、お話をお伺いすると、経営的な視点をお持ちの方は、決して少なくないことが分かります。

例えば人事をご経験されている方の場合、会社の中期経営計画に基づいた採用計画や育成計画を立てられている方は、まさに経営視点をお持ちだと感じます。
また、若手層で、実務面ではなくご自身で経営や戦略につて勉強されている方も、いらっしゃいます。
 

IT・エンジニア求人は慢性的な開発系エンジニア不足

 

――IT・エンジニア・Webの中で特に得意としている業界や職種を教えてください。

藤田氏:Spring転職エージェントの「IT&エンジニアリング紹介部」は、IT系、エンジニア系、Web系と大きく3分野に分けて専任の担当を配置しています。

IT系はアプリケーションエンジニア、インフラエンジニア、ビジネスコンサルタント、ITコンサルタント、社内SEなど、エンジニア系は電気電子、メーカー系のエンジニア。
Web系はWebデザイナーやWebディレクターをはじめとしたWebクリエーター系の職種を中心に担当しています。
どの分野も転職支援実績が豊富にあります。
 

――IT系・Web系で求人数が多い業種は?

藤田氏:IT系が最も多いと思います。開発系エンジニアの人手不足が慢性的に続いています。ここ数年は、景気の回復もあり、大幅な人員増員をしている企業が目立ちます。

大手SIer会社だと、だいたい1社あたり年間100名くらいの求人があり、多いところでは、年間で300名以上の採用を予定している企業もあります。
 

――それだけ開発系のエンジニアが不足しているということは未経験でもいいという企業も存在するのでしょうか?

セキュリティエンジニアが注目されている藤田氏:はい、第2新卒を中心に未経験でも応募が可能な求人が徐々に増えています。
 

――IT・エンジニア・Webに特化するメリットとは?

藤田氏:トレンドを掴めているというのは強みです。
例えば企業の人事担当者から「なんでこの職種が採用できないの?」というご質問を受けることがあるのですが、常に多くの企業のニーズに触れていますし、業界の方たちにもお会いしているので、的確に答えることができます。
 

――IT・Web・エンジニア系で需要が伸びている技術を教えてください。

藤田氏:クラウド関連やWeb関連サービスの進化に伴いそれに付随する技術のニーズが増えているようです。

クラウド関連サービスにおいては、基盤技術として、セキュリティや仮想化※1が伸びています。
特にセキュリティ関連においてはWebサービス・流通・カード決済を連携したサービス企業が増えたことで、個人情報保護の面において高度なセキュリティ技術が求められています。
Web関連サービスについては、2000年以降需要が高まったオープンソース技術の活用がこれまで以上に伸びています。

エンジニア系(電機/電子/機械)では、メカ系の技術と組み込みが非常に伸びてきています。
背景としては、90年代の終わりくらいに半導体全盛期があり、半導体が電機・電子のトレンドでしたが、半導体を中心とするコアテクノロジーの成長に伸び代がなくなり価格競争に突入しました。
国内のエンジニアの需要が減ってきたのに対し、ロボット系のニーズが増えてきていて、特に工業製品の製造装置メーカーやFA機器業界でニーズが高くなってきています。ロボットの手足部分と、そのデバイスの上に乗るソフトウェアとの組み込みができる人財が今必要とされています。
 

――今後ITエンジニア、Webエンジニアに必要とされるスキルを教えてください。

藤田氏:今必要とされるのは、お客さまの課題を解決することができるコンサルティング能力と、コミュニケーション能力です。
オフショアの活用により、開発コストの安い中国やインドなどの海外に、開発の下流工程の一部を依頼することが増えたのと、ソフトウェアの自動生成ツールが発展してきたため、ソフトウェアプログラマーに求められる能力が昔と比べて変わってきました。

※1仮想化・・・プロセッサやメモリ、ディスク、通信回線など、コンピュータシステムを構成する資源(および、それらの組み合わせ)を、物理的構成に拠らず柔軟に分割したり統合したりすること。

外資系企業・海外転職は「英語が話せる」が大前提

 

――IT/Webエンジニア部門で、外資系企業や海外で就職を希望する求職者や求人ニーズはあるのでしょうか?また必要とされる能力を教えてください。

藤田氏:必要とされる能力はまず語学力です。
外資系企業や海外転職を希望する求職者の方は実際いらっしゃいますし、外資系企業から、英語ができて技術もできる人を採用したいと需要もありますが、その両方が出来る方がとても少ないです。

日系企業と外資系企業の考え方には明確な違いがあり、日系企業は、その方の将来のポテンシャルを見て採用を行う傾向があるのに対し、外資系企業は、現在持っている経験、スキルを重要視して採用を行う傾向があります。

外資系企業の場合、会社がキャリアをお膳立てしてくれることはなく、自分でキャリアを築く必要があります。
自分でキャリアパスが描けたり、必要な知識を自ら勉強したりする、いわゆる「セルフスターター」であることが重要です。

自らが課題を見つけ、その課題を解決させる、そういったモチベーションを持った、自己解決能力が職種を問わず必要な能力となります。
これは両社に言えることでもありますが、外資系企業の方がその傾向は強いように感じます。
 

――外資系企業や海外転職の求人はあるのでしょうか?

外資系企業に転職するなら英語力と自己解決能力は必須藤田氏:外資系企業の求人は数多くありますが、海外勤務の求人は全体比からすると少ないです。海外転職をしたい方は一定数いらっしゃるのですが、その希望を叶えるだけの数はありません。

外資系ではなく、日系企業の海外進出が盛んになってきているので、グローバル化に積極的な日系企業の方が海外で働けるチャンスが広がります。

渥美氏:決して多くはありませんが、特に管理系職種と営業職は、海外進出に向けて入社後、海外に赴任となる求人があります。
 

――spring転職エージェントは世界60を超える国と地域に5.100以上の拠点がありますが、拠点数の多さに関して他の転職エージェントと比べて強みにはなっていますか?

藤田氏:我々の担当する企業には、グローバル契約をしている会社があり、他国での実績を評価され、日本のアデコご指名で求人の依頼が来ます。その他に、他の国でアデコにお願いしているから日本でもお願いしたいという場合もあります。
 

――外資系企業や海外への転職を希望される方へのサポート内容を教えてください。

渥美氏:英語がネイティブによる英文レジュメの添削や、英語面接の対策などを行っています。

特に英語での模擬面接は、面接においてやビジネスにおいての英語の言い回しを習得することができるので、求職者に喜ばれます。

藤田氏:母国語が日本語ではないコンサルタントが、紹介部に約1割在籍しているので、英語がネイティブのコンサルタントが英語での模擬面接を担当しています。
 

企業、求職者の課題に深く入りこむコンサル力の強さ

 

――コンサルタントをやっていて、良かったことや嬉しかったことなどのエピソードを聞かせてください。

求職者と企業に深く寄り添った提案をします!藤田氏:我々の提案により求人のターゲットが、若年層の採用から経験豊富なベテランの方に変更となり、採用に至ったことがありました。

企業の状況や市況感から想定できる採用難易度に加え、候補者の指向やスキルを説明することで採用するメリットを理解していただきました。

このように我々が介在することによって企業・候補者双方にとって良いお話になったことが我々の価値であると考えています。
 

――企業が求めていたターゲットとは違うけれど、その企業で活躍できるかどうか見極め、求職者を提案できるという点から、Spring転職エージェントのコンサルティング力の強さが垣間見えますね。

藤田氏:企業との親密性が高まれば高まるほどそういう話ができるようになると思います。コンサルタントは、キャリアに応じてそういう提案ができるようになっていくべきだと考えています。

例えば、企業が抱える経営課題を、候補者を提案することによって解決に導くこともあります。

社員のスキルアップを図りたい企業から相談を受けた際、「社員を教育する」というソリューションもありますが、それには時間と労力がかかるので、ノウハウを持ち、全体をマネジメントできる人財を採用したらどうですか?という提案をし、その業界での経験やノウハウ、マネジメント経験をお持ちの方を紹介しました。

採用が決まり、企業、求職者双方に大変喜んでいただけたことは、コンサルタントをやっていて良かったと思う瞬間です。

渥美氏:やりがいを感じるポイントは「思いがけない出会い」です。

HR&ファイナンス紹介部にご相談される方は、企業も求職者も採用や転職において「こうあるべき」というイメージが固まっている場合がとても多いです。

例えば、企業は「転職回数は絶対3回まで」や「このスキルがなきゃ絶対ダメ」、求職者は「IT業界は絶対イヤ」などがあります。

そんな時、企業には「転職回数は多いけれど、こんな経験やスキルを持っているので御社で必ず活躍いただけます」、求職者には「馴染みがない業界かもしれないけれど、この会社なら望んでいる仕事ができるし、スキルをアップできます」などとお伝えしています。

もともとの希望からは変わった提案だけれども、出会うべき企業と求職者を引き合わせ、企業と求職者の双方に満足いただけたときにコンサルタントをやっていてよかったなと思います。

視点を変えた提案で最良な転職をお手伝いします私は30歳代女性の転職支援をすることが非常に多いのですが、仕事のやりがいと家庭とどちらが大事か、という問題を抱えている方がとても多いと感じます。

結婚を控えた経理志望の女性を担当したときのエピソードなのですが、家庭を大事にしたいので定時で帰られる仕事をした方がいいと思っているが、今まで積み上げてきたキャリアをここで断ち切ってしまっていいのだろうか、とお悩みになっていました。

経理のキャリアは申し分ない方なのですが、一般事務か営業事務を希望されていたので、迷いがあるままの転職はお勧めしないことと、定時で仕事を終えて家に帰ることだけが、家庭を大事にしていることにはならないことをお伝えしました。

キャリアを通じてどうなりたいかが明確になったようで、結果的に上場企業の経理主任で、しかも年収UPでご入社されました。

キャリアを築くという話とは別の角度から話しをしたように、「見方を変える」というのを常に心掛けていて、結果的に良い形で着地したときにコンサルタントをやっていてよかったなと思います。

藤田氏:Spring転職エージェントのコンサルタントはただ単に求人を紹介するだけでなく、よりよい転職支援を行うために、その方のバックグラウンドを伺ったり、仕事に対する価値観をお聞きしたりするなど、より深くお話しをしますので、単にスキルマッチであったり求人票を渡して終わりという面談はしていません。

以前、残業が多いことなど現職に対する絶望感から、次のキャリアパスが描けないと相談を受けたことがあります。過剰な労働時間と将来への不安から業界を変えての転職も考えておられました。
そこで、仕事の話から一旦離れ、プライベートから順を追ってキャリアパスが描けるまでじっくり話をしました。

絶望感から始まった転職相談でしたが、キャリアパスが明確になったことで目標もでき、最終的にアーキテクトとしてキャリアが描けるエンジニアとして、一つ上流工程の会社に転職されました。
その方にしっかりと寄り添うことで、結果的に良いキャリアを作るお手伝いができたと思います。
 

――本当に求職者の人生を一緒にいい方向に変えていくというお仕事ですね。

広々としたカウンセリングルーム藤田氏:我々はご提案をするだけで、最終的に決断するのはご本人です。

こういう考え方もありますよ、とヒントを差し上げることで、ぼんやりしていたキャリアパスがはっきりしてきたり、やりたい仕事が明確になったりするのだと思います。

渥美氏:お仕事のマッチングだけならAI(人工知能)がやってくれる時代で、実際に、Webで求人検索するとデータベースがスカウトメールを自動的に送るというサービスが存在しています。

Spring転職エージェントのコンサルタントは「360度式コンサルティング」で企業と応募者双方に一歩踏み込んで、人が介在することでできる提案をすることが大事だと思いますし、今後ますます求められることだと思います。

藤田氏:確かにそのとおりです。オペレーター的な仕事はどんどんAIにとって代わられるという時代に入ってきています。
Spring転職エージェントのコンサルタントだからこそできることを大事にし、求職者お一人お一人がその時に必要なコンサルティングを心掛けています。

 

――藤田さん、渥美さん、ありがとうございました。
 

Spring転職エージェント、取材を終えて

spring転職エージェント(アデコ)が実践する「360度コンサルタント」は単に一人のコンサルタントが企業と求職者双方を担当するだけものかと正直感じていました。

しかしインタビューを通じて分かったのが、企業が抱える問題に深く入り込んで、Spring転職エージェントの方から問題の提言をし、人財を紹介することで解決していく。これが「360度式コンサルティング」の醍醐味ということが分かりました。

企業が求める求人票どおりを受け取ることはせず、人財を生かすことで企業の抱える問題を解決させていく。企業も求職者もそれぞれがWIN-WINの関係を構築すること=マッチングの高さにつながっています。

自分でも気づかない能力をSpring転職エージェントが引き出してくれます!
新たな自分、新たなステージを発見してみませんか?

求職者様へ動画でメッセージ!

 概要

大手とSpring転職エージェントはココが違う!
大手の転職支援エージェントの場合、求職者担当スタッフと企業担当スタッフが異なる場合が少なくありません。そのため、それぞれの情報が行き違いになったり共有されないことがありますが、Spring転職エージェントの場合、企業担当と求職者担当が同じなので、情報もスムーズに共有されます。

職種への理解が違う
Spring転職エージェントの専任コンサルタントは、それぞれの職種をしっかり把握し精通しています。その業界ならではの特性を知っているので、ツボを押さえた応募書類の書き方や面接シュミレーションもお任せ下さい。

業界内中堅ならではのメリット
コンサルタントに比較的余裕があることが業界中堅どころのメリット。一人で多くの求職者を担当すると、きめ細かいサービスまで手が回らないことも有ります。
「数字」も大切ですがそれ以上にサービスの「質」にこだわるのがSpring転職エージェントです。


Spring転職エージェント

Spring転職エージェント 転職成功事例"

■拠点情報

拠点情報を見ると、関東だけではなく北海道から九州まで、広い範囲に拠点があり、全国でその地域の転職状況に合わせたサービスを受けられる体制が整っているのが分かります。
最寄りの拠点や、今後希望する勤務地に近い拠点に問い合わせをすればピンポイントでスムーズな案件紹介、サポートを受けることができます。

・人財紹介事業本部
 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 8F

・HR&ファイナンス紹介部
 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 8F
TEL 03-4563-2071/0120-221-426

・セールス&マーケティング第1紹介部
 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 8F
 TEL 03-4563-2001/0120-545-227

・セールス&マーケティング第2紹介部
 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 8F
 TEL 03-4563-2002/0120-334-425

・IT&エンジニアリング紹介部
 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 8F
 TEL 03-4563-2004/0120-017-833

・Spring Executive部
 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 8F
 TEL 03-4563-2009

・西日本人財紹介部(名古屋)
 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパークビジネスセンタービル19F
 TEL 052-265-2566

・IT&エンジニアリング紹介部(名古屋)
 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパークビジネスセンタービル19F
 TEL 052-265-1568

・西日本人財紹介部(大阪)
 〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA 14F

・関西HR&ファイナンス課
 TEL 06-7733-0706/0120-728-146

・関西セールス&マーケティング課
 TEL 06-7733-0709/0120-728-146

・IT&エンジニアリング紹介部(大阪)
 TEL 06-7733-0735/0120-202-298

・東日本事業本部 紹介支援課(札幌)
 〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西2丁目5 JRタワーオフィスプラザさっぽろ11F
 TEL 0120-001-932

・東日本事業本部 紹介支援課(仙台)
 〒980-6120 宮城県仙台市青葉区中央1-3-1 アエルビル20F
 TEL 0120-414-934

・東日本事業本部 紹介支援(つくば支社)
 〒305-0032 茨城県つくば市竹園1-6-1 つくば三井ビルディング19F
 TEL 0120-052-189

・西日本事業本部 紹介支援
 TEL 0120-552-815

・西日本事業本部 紹介支援(岡山支社)
 〒700-0907 岡山県岡山市北区下石井1-1-3 日本生命岡山第二ビル新館4F
 TEL 0120-772-297

・西日本事業本部 紹介支援(広島支社)
 〒730-0051 広島県広島市中区大手町2-7-10 広島三井ビル13F
 TEL 0120-220-675

・西日本事業本部 紹介支援(福岡支社)
 〒810-0001 福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡4階
 TEL 0120-642-288


転職エージェントまとめ一覧
type転職エージェント
マイナビエージェント
リクルートエージェント
アデコ
DUDA
ハタラクティブ
アイデムスマートエージェント
パソナキャリア
エンエージェント
JACリクルートメント
キャリアカーバー
ランスタッド 転職支援
ビスリーチ
ファッショーネ
就職agentneo
ジェイック
レバテックキャリア
ワークポート
マイナビエージェント it style=
いい就職.com
第二新卒ナビ
UZUZキャリアセンター
geekly

↓ 転職エージェント15社徹底比較はこちら ↓

このページの先頭へ