> 経験者&未経験必見!アパレル転職必勝法

経験者&未経験必見!アパレル転職必勝法

574 views

「今は違う職種だけど以前から興味があった」
「ファッションが大好きなのでアパレル業界へ転職した」
と、華やかでおしゃれなイメージのアパレル業界。
昔から人気の職種ですが、最近では他の業界から30代40代となって転職される方も大変多くいらっしゃいます。
アパレル業界未経験でも転職できるのか、仕事内容や必要なスキルについてお話したいと思います。

未経験でアパレルって実際どうなの?受からないのか?

まずアパレル業界の仕事といえば、トレンドをいち早く察知して市場の動きを見ながら売れ筋商品を創り出し、街のトレンドを作り出す仕事です。
世間のファッションリーダーとなり、ブランドの指揮官となる立場であり、ただ単にストアで服を売るだけでなく、衣類の製造、流通といった裏方の仕事を含みアパレル業界と呼びます。
例えば、ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイ、バースデイやアベイルを運営するしまむら、ユニクロを運営するファーストリテイリングが挙げられます。

未経験からアパレル業界に転職したいという方、アパレル業界には色々な職種がありますが多くの方はストアでの販売や接客業から始めています。
求人情報も多く掲載されている販売、接客業として入社し、店舗スタッフとしてストアでの経験、接客・営業・マネジメントスキルを身に着けていくことが大切です。
2~3年程経験すれば、ストアの管理や育成も任せられるでしょう。
店舗スタッフとして認められれば、マーチャンダイザー(MD)やプレスといった職種へ異動することも可能です。
デザイナーやパタンナーを希望する場合は、専門的な服飾知識やスキルが必要なので、未経験からでは厳しいでしょう。
多くの方は専門学校で基本的な知識やスキル、実践的な経験を積まれています。

未経験でもアパレル業界への求人へ応募すれば採用されますが、職種が限られてくることが多いでしょう。

30代でアパレルへ未経験転職は不可能なのか?

30代となると転職することも厳しいという風潮がありますが、アパレル業界は年齢を問わず転職しやすい業界として人気が高いため、30代未経験でもアパレル業界の転職は可能です。
30代でアパレル業界への転職を希望する方の理由としては「新卒で企業へ入社したけれど、ずっと好きだったアパレルの仕事を諦めたくない」というものが多く聞かれます。
新しいことにチャレンジをするなら30代がリミットと思ってリスタートされる方が多いことが特徴です。

アパレル業界は比較的若い方が働いているイメージがあり、特にストアスタッフはブランドによりますが20代前後の方が多く働いています。
大学生やフリーターがアルバイトをしているケースが多く、ブランドイメージやターゲット層に合わせた年代のスタッフが採用されやすいのは事実。

30代未経験がアパレル業界への転職を成功させるためには、ブランド選びが最も大切です。10代20代前半をターゲットにしたブランドは採用されにくいですが、20代後半や30代以降をターゲットとしたブランドなら採用されやすい傾向です。
アパレル業界で採用企業が最も重視するポイントは、「応募者がブランドカラーやブランドイメージに合っているか」ということ。
未経験であってもアパレル業界の経験者であっても応募するブランドのコンセプトとかけ離れた方は採用されません。

服装やイメージ、話し方などもチェックされ、ブランドによっては語学力も採用条件のひとつとなる場合があります。
アパレル業界は未経験だけど、専門的なキャリアやスキルを持っていることで採用への武器となる可能性もありますよ。

アパレル未経験転職に年齢制限はあるのか?

アパレル未経験転職の方が心配されていることのひとつ、年齢制限はあるの?ということですが、求人情報の募集要項に合っていれば年齢制限はありません。
多くのブランドでは高校卒業からが勤務可能とされている場合が多く、大学生や短大生、専門学校生がアルバイトをしているのをよく見かけますよね。
ブランドコンセプトによって採用されやすい年齢も異なりますが、ハイブランドやラグジュアリーブランドなどでは、比較的年齢層が上の方が採用されやすく、接客マナーやスキル、言葉遣いが重視されやすく、接客の経験がある方が重宝されます。

そして何歳まで働くことができるのか?というと、会社規定に則って定年までとしているところが多いでしょう。
しかしいくつになってもストアスタッフというのはあまりなく、一定年齢を過ぎると他職種へ配置転換となる場合が多いようです。
同じ企業内でも20代向けブランド、30代向けブランド、40代向けブランド…といったように、年齢に合わせて異動となる場合や独立してセレクトショップを開業、ブランドを立ち上げるという方もいらっしゃいます。
また、いちスタッフとして働いていたら店長を目指して、店長なら本社勤務での企画部やマーケティング部などを目指すということも。
キャリアプランをたて、今後どのような仕事や働き方をしたいかということを考えて仕事を続けることが大切です。
アパレル業界は年齢に関係なく働き続けることができる職種ですが、自分にあった年代のストアを選択しましょう。

未経験者の志望動機や自己PRは?

企業は「〇〇な人」というよりは「売り上げに貢献してくれる人」を求めています。
履歴書や面接で必ずきかれる志望動機・自己PRはこの売上貢献度をアピールすることが大切です。
採用することで企業にとってどんなメリットがあり、企業のキャリアプランに役立つか、売り上げ貢献してくれるプラン…といったことを具体的に説明しましょう。

アパレル業界未経験の方は前職での経験やスキルが今後役立つか、アパレル業界でのスキルとしてうまく活用することができるかというポイントをアピール、プレゼンを行いましょう。
採用担当者を納得させるだけのスピーチスキルも接客スキルに繋がりますね。

未経験だけどプレスになりたい

ファッション雑誌でよく見かけるアパレル業界の花形といえばプレスの仕事。ブランドの広報や宣伝部といったところでしょう。
雑誌やメディアへ商品情報を発信し、レンタル、広告、商品発表の企画などを行い、アパレル業過の中でも大変人気の高い職種となっています。
中途採用では経験者を求める傾向があり、未経験からの転職は難しい傾向。
いきなりプレスからではなく、プレスアシスタントから一歩を踏み出すのがプレス転職への成功でしょう。

未経験だけど生産管理やりたい

製品を作るまでの工場選び、納品までといった生産ラインの管理をします。
アパレル企業は工場を持たないことが多く、中国製やベトナム製といった海外の工場へ委託し製品を作っています。
どの工場を選んでどんな指示を出すのか…すべて生産管理にかかっています。
アパレルメーカーや商社での生産管理経験がある方が重宝されますが、未経験歓迎の求人情報も多数あり、ブランドの商品知識やパソコンスキルが求められます。

未経験だけど商品企画やりたい

いち早くトレンドを察知してブランドのトレンドを発信する商品の企画や開発の仕事。
ファッションプランナーともよばれ、流行の研究や市場調査、ニーズの発見、価格の設定などを行います。
デザインを決める際は他職種との連携や調整も必要なので、コミュニケーションスキルも求められます。
アパレル業界経験者が優遇されますが、未経験者も採用されます。未経験であっても当ブランドが好きな方、流行に敏感な方など、企画力・提案力があれば採用されやすいでしょう。

アパレル業界に向いている人、向いていない人

「大好きなファッションのお仕事ができるなんて幸せ」と憧れのアパレル業界を目指す方がいます。見た目はおしゃれでかっこよく楽しそうに見えますが、実際アパレル業界に入ってみるとしんどいことや辛いこともたくさんあります。
そんなアパレル業界に向いている人と向いていない人をご紹介します。

◆アパレル業界に向いている人
〇人と話すのが好きな人
販売の接客ではお客様とトークをして商品をおすすめしなければいけません。人と話すことが好きな方は自然とお客様との距離も近くなり、常連獲得といったことも容易でしょう。
販売にはノルマがありますので、常連を獲得することでノルマ達成でキャリアアップも目指すことができます。
自分から積極的に声をかけ、何か困っていることがないか聞いたり服のアドバイスをしたりと、初対面のお客様でも明るく話しかけられる方が向いています。
また、販売以外の職種でも他職種間の連携が必須なので、お互いの専門性を尊重して会話できる方は向いているでしょう。

〇おしゃれやファッションが好きな人
自分自身がおしゃれやファッションが好きでなければ、お客様におすすめし、トレンドを企画提案することは難しいでしょう。商品の質問に答えたり、コーディネートをアドバイスしたりと、ファッションの知識を日々深めることが必要です。
店舗スタッフで販売をする場合、お客様はストアスタッフのコーディネートを見てブランドイメージを想像し服を購入しますので、ブランドイメージを崩さないようなファッションをし、常に自分磨きができる方が向いています。

〇前向きな人
アパレル業界はおしゃれで華やかなイメージが強い反面、地味でコツコツした作業も多くあり、「思っていた仕事と違う!」とギャップに悩む方も少なくありません。
多くの方と接する機会も多く、疲れやすくストレスも溜まりやすいでしょう。クレームがあって落ち込むこともありますが、暗い顔を表に出さず、気持ちを切り替えて前向きに仕事ができる方に向いています。
プレスや企画といった職種でも同様。明るく笑顔で仕事をしている方が求められます。

◆アパレル業界に向いていない人
〇体力がない
アパレル業界は販売であってもプレスであっても、体力が基本です。夜遅くまで残業しなければいけないことや急遽休日出勤しなければいけないことも。
休憩時間も短くゆっくり休めないことも多いため、体力に自信のない方は向いていません。
いくらしんどくても服を着こなし、おしゃれでいなければいけないため「しんどい」ということがお客様に伝わらないように振舞わないといけないことも。
体力勝負のアパレル業界を目指すなら、日ごろから体力作りをしておきましょう。

〇コミュニケーションスキルがない
特に販売ではお客様とのトークが仕事のひとつで、積極的に声をかけ買って欲しい服をおすすめしなければいけませんのでトーク力は必須。
ただ単に服を勧めるだけでなく、会話の中からお客様の求めていることを聞き取り、アドバイスをするなど高いコミュニケーションスキルが必要です。
また、販売以外でもデザイナーやプランナーといった他職種とのコミュニケーションシーンは必ずありますので、社交性のない方は向いていません。
社交的に交流し仕事につなげる、調整や連絡を行うといったことが求められます。

〇おしゃれに関心がない
致命的に向いていない人はおしゃれに関心がない人、そもそもそんな方はアパレル業界を目指さないと思いますが、自分自身がおしゃれするのは好きだけれど、いざ他人のことを考えるとなると関心がないといった方は少なくありません。
販売されている商品を見るのは好きだけれど、企画や提案になるとさっぱり…という方も。
「ただ服が好き、おしゃれが好き」という方は向いていません。

アパレル業界でやっていく上で大切なこと

アパレル業界へ転職し、アパレル業界の一員となってからがスタート。
仕事をやっていく上で大切なことは3つ。

◆身だしなみに気を付ける
アパレルブランドの看板を背負っていることを自覚して、日々身だしなみには注意しましょう。例えば、アパレルブランドのコンセプトに合ったコーディネート、ヘアスタイル、メイク、アクセサリーといった細かいことにも配慮しましょう。
接客の仕事であれば、清潔感を大事にすることも必要です。

◆スキルアップを目指す
現状に満足せずに、日々自分磨きをすることです。
トレンドは常に動いていますので、いち早く察知するために市場調査や研究が必要。
接客やコーディネートに反映させるため、様々な雑誌を購入して研究したり、ファッションコーディネート色彩能力検定の資格を取得したり、来日する海外旅行客に対応するため、語学力を学ぶ方も多くいらっしゃいます。

◆目標をもって仕事をする
アパレル業界ではノルマがある職種が多く、目標意識をもつことが大切です。目標を達成するため、マニュアル通りの仕事だけでなく、トレンドの研究や足を運んでの市場調査も必要でしょう。
「〇〇までに仕上げよう」と、計画性、粘り強い意志と軽いフットワークが求められます。

未経験者でも最低限求められるもの

アパレル未経験といっても、ファッションへの興味や流行への関心がゼロだと面接での受け答えでボロが出るでてしまうでしょう。応募先企業の方針やブランドコンセプトを事前に確認しておくことも大切。数あるアパレル企業の中で「どうしてうちを選んだのか?」「どこに魅力を感じたのか?」といった質問にしっかりと答えられないと、内定ゲットには至りません。

また、面接ではコミュニケーションスキルも試されるので、「相手の目を見て話せない」「質問に対する受け答えに時間がかかりすぎる」ということがあると適正なしとみなされます。コミュニケーションスキルは販売員や営業、専門職であるデザイナーやプレス担当にも求められるもの。顧客はもちろん、他の職種担当者と上手く連携がとれる人でないと務まらないのです。

もちろん、丁寧語や挨拶など社会人として最低限のマナーを身につけているのは大前提。おしゃれ好きが集まる業界とはいえ、あまりにもブランドのイメージとかけ離れたファッションや髪型も避けるべきでしょう。

アパレル業界内で転職成功するには?

アパレル経験者の方中には、同業界内で転職する人も数多くいます。やはり、同じアパレル業界であればこれまでの経験をダイレクトに生かせるという安心感は大きなもの。

転職したいと思ったきっかけが「職場の人間関係」「ノルマや労働時間の過酷さ」「給料の低さ」「キャリアアップできない環境」といったものならば、会社を変えるだけで状況が改善することもあり得ます。ファッションに携わる仕事は続けたいけれど、今の会社では将来が不安……というのも立派な転職理由です。特に、店長・マネージャークラスを目指しているのに「先輩が出世しない」「何年間も販売員のまま」というのはつらいですよね。

アパレル業界内で転職する際は、キャリアアップできる雇用体制が整っている企業や昇格試験の詳細が明記されている企業を選ぶようにしましょう。数年後の自分がどんな風になっているのか、まったく想像できない場合は転職しても長続きしないと言えます。

もしも「アパレル時代が長すぎて、他の業界でやっていく自信がない……」とお悩みの方は、自分が本当にやりたい仕事を見失っている危険があります。「勇気が出ない」という理由や安心感・消去法でアパレル業界に留まるつもりなら、これからもキャリアアップできずに変わり映えのない毎日が続くことを覚悟してください。

アパレル業界の良い所、悪い所

憧れのアパレル業界ですが、良い所、悪い所をチェックして転職を目指しましょう。ここではアパレル業界未経験者の方が転職しやすい販売の仕事の良い所、悪い所をご紹介します。

◆良い所
〇社割がある
好きなアパレルブランドであれば、好きな服が社割価格で購入できますのでお得。ブランドコンセプトに合った服を着ることが前提になりますので、購入はほぼ必須ですが、半額~60%OFFなどで購入できますので嬉しいですね。
まだ店頭に出ていない新作をいち早く知って着ることができるのもスタッフならではでしょう。

〇おしゃれができる
ブランドによりますが、ネイルやヘアスタイルが自由な職場も多く、職場でおしゃれができるというのはおしゃれが好きな方にとってはメリットでしょう。
おしゃれでいることでいつまでも若々しくいられるという点も良い所ですね。

〇平日が休み
多くのストアでは、土日祝日はお客様が多いためアパレル業界ではシフト制勤務としていて平日にお休みがある場合が多いです。
そのため、平日なかなか行けない市役所や銀行といった施設も行きやすく、リゾート地も空いているので遊びやすいですね。

◆悪い所
〇服の購入
良い点でも前述しましたが、好きな服を社割で買えるのは良い所ですが、スタッフ同士で被らないように服を購入しなければいけないこと、売れ筋商品ではないものを購入しなければいけないこと、そのブランドのものしか着用できないことなどがデメリットでしょう。
プライベートでもそのブランドを着ていたい!という方は向いていますが、たまには違うブランドを着たいと思っても他のブランドの服を購入する余裕がなくなってしまうということもあり、おしゃれや服にお金がかかってしまうことが悪い所でしょう。

〇立ち仕事
販売スタッフは基本的には1日中立ちっぱなしで接客をしています。休日や長期休みなどのお客様が多い時期は休憩時間が取れなくなることもおおく体力的にしんどい仕事です。

〇休日が取りにくい
ブランドによって異なりますが、ゴールデンウィーク、長期休暇、年末年始など繁盛期やセール時期などは基本的にお休みが取りにくいでしょう。平日に休みが取れるメリットはありますが、世間が休みのときには働かないといけないという点があります。
また店舗によっては長期休暇が取りにくいところもあります。

男女別人気アパレルブランド

◆男女共に人気のアパレルブランド
〇UNIQLO(ユニクロ)
ファストファッションといえばユニクロ。誰もが知っていてシンプルな定番アイテムが多く、リーズナブルなのが魅力のひとつ。年代関係なく人気のアパレルブランドです。
ユニクロのいいところは接客が丁寧なこと。リーズナブルなアイテムを販売しているにも関わらず、ひとつひとつの質問にも丁寧に答えてくれるのが人気の理由でしょう。
筆者も愛用していてダウンといえばユニクロです。
全国に店舗数が多いため、採用人数も多いため転職しやすいですね。

〇GU(ジーユー)
ユニクロよりもリーズナブルで若い方に人気のアパレルブランドで、トレンドも取り入れた豊富なカラーも魅力的。
こちらも全国に展開されているので、求人情報も豊富。

〇GAP(ギャップ)
幅広い年齢層から人気のアメカジブランドの代表。セールが頻繁に実施されていますので、リーズナブルに購入できます。おしゃれなベビー服があるのも人気のヒミツ。
筆者の息子もGAP愛用させていただいています。
アウトレットに展開されていることが多いため通勤は少し不便なことも。
海外ブランドなので語学力が高い方は優遇されやすいでしょう。
入社後の研修が充実していて、サービス・マナー・VMD・マネジメントを学ぶことができるのがメリットです。

〇ZARA(ザラ)
UK、アメカジ、モードといった様々なファッションを取り揃えているファストファッションのザラ。リーズナブルでおしゃれなアイテムが揃っていてサイズ展開が豊富なことが魅力。
ストアスタッフがおしゃれな方が多く、ファッションの参考にもなりますよ。

◆男性に人気のアパレルブランド
〇DIESEL(ディーゼル)
イタリアのカジュアルブランド。おしゃれなファッションアイテムの中でも腕時計が有名です。20代、30代の男性に人気のアパレルブランドです。
ストアスタッフの男性もディーゼルのジーンズを愛用されていておしゃれな方が多いです。
ファッションビルに展開されていることが多く、求人情報は誌面やサイト以外にもファッションビルにも案内されています。
DIESELで働きたいという方は定期的にチェックした方が良いでしょう。

〇UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)
きれいめおしゃれを目指したい男性に人気のアパレルブランド。ストアスタッフの方もスマートな方が多く、トレンドを取り入れたきれいめブランドの定番。
レーベルが豊富なので幅広い年代の方に人気です。
アルバイトから正社員への登用も積極的で、チャレンジド採用として障がい者雇用にも力を入れています。オフィス職・販売職の求人募集があり、ハンディキャップがあっても働きやすい環境に配慮され働くことができます。

◆女性に人気のアパレルブランド
〇H&M(エイチアンドエム)
アメカジ系のファッションを中心とした海外アパレルブランドで、リーズナブルでおしゃれなのが人気の理由。近くにストアがない方もオンラインで購入できます。
幅広い年代の方に人気で、特に女性からの支持が高く、セール時期にはカゴいっぱいに購入される方も少なくありません。ベビーキッズアイテムも豊富で筆者の息子も愛用しています。
H&Mインセンティブプログラムが充実していますので、会社が成長すれば自分自身も利益を得ることができるメリットがあり、語学が堪能な方は本社勤務を目指すことができます。

〇earth music&ecology(アースミュージックエコロジー)
トレンドを取り入れたナチュラルガーリー系のアパレルブランド。
可愛い、リーズナブルを実現して幅広い年代の女性に人気。
全国展開されていて、筆者も自宅近くの百貨店でよく購入しています。なんといっても値段が安く、特にセール期間中は何枚も購入してしまいます。
未経験歓迎で入社後の研修やフォローアップが充実、妊娠や出産といった女性のライフスタイフに合わせて働くこともでき、福利厚生も充実しているのが魅力でしょう。

アパレルに転職する前に知っておくべき大切な情報

未経験からアパレル業界へ転職する際、事前に知っておかなければ情報があります。
◆ファッション情報の収集
業界のトレンドやブランド、企業情報などは必須。仕事では、アパレルやファッション業界への知識が求められますし、面接での自己PRで志望動機を答える際にも必要となるでしょう。「なぜ未経験からアパレル業界へ転職したいのか」という質問に対しても、企業研究やアパレル業界を研究した上で、自分自身のキャリアプランを具体的に説明することが求められます。
ちょっとファッションが好きというくらいでは採用は難しいかもしれませんので、転職を検討し始めたときにはファッションの勉強をスタートしましょう。

アパレル業界への転職で大切な点は自分自身が日ごろ来ている服と似た系統のブランドを選ぶことです。そのためには、ブランド情報の研究は欠かせません。
例えば、H&MからZARA・ユナイテッドアローズからビームスといったように、ブランドイメージが近いブランドを選ぶことで着こなしもしやすいでしょう。
自分自身のイメージとかけ離れたブランドを選んでしまうと、採用されにくいばかりか、もし入社したとしてもイメージを保つのに必死になりすぎて、しんどい思いをしなければいけなくなるケースもあります。

◆ブラックブランドを回避
ブラック企業さながら、残業ばっかり休日なし、ノルマ多いといったブラックブランドが存在するのも現実。間違ってブラックブランドへ入社してしまうと「こんなはずじゃなかったのに…」と心も身体もボロボロになって、せっかく転職したアパレル業界を退職といったことも。
大切なことは転職を決める前にブランド情報をしっかりと収集することです。最も確かなのはアパレル関係者に聞くことですが、近くにいない場合は転職エージェントを活用することがおすすめです。
職場環境や残業時間、ノルマ、福利厚生といった一般の求人情報に掲載されない内容を持っていますのでより詳しくブランド情報を知ることができ、ブランド選びの参考になりますね。

アパレル未経験者でも始めやすいアパレル業界内職種

アパレル未経験の方が最も転職しやすい職種が販売になります。求人情報には常に募集がされ、ファッションビルにお求人募集の掲示板があるケースもありますね。
販売の仕事はストアに来たお客様へ商品の良さを伝え、コーディネートをアドバイス、トレンドを発信といったブランドの最前線での仕事になります。
アパレル業界が未経験であっても、他業種での接客業経験者の方は採用されやすく活躍できる職種でしょう。
販売に大切なことは、コミュニケーションスキル。
おしゃれが好きで、人と関わり話すことが好きという方に向いていますので、社交的な方だと楽しく仕事ができることが多いです。
前職でマネジメント経験のある方は、ストアでキャリアを経験した後、店長クラス候補として重宝されるでしょう。

まとめ

アパレル業界はやりがいのあるチャレンジできる仕事です。ファッションが好きな方なら「好き」という気持ちを大切にして働くことができます。
ファッションは見かけだけでなく、人の気持ちを動かし、時には人生も変えるほどの力を持っています。
アパレル業界未経験での転職は、やはりスキルや知識にハンデがありますが、コミュニケーションスキルを高めることで成長できる業界です。
スタッフの育成や商品管理、売上管理など接客だけではありませんので、前職での経験が必ず役に立ちます。
1人での転職活動が不安な方は、転職エージェントを活用すれば専任のコーディネーターが寄り添って転職のサポートをしてくれますよ。
憧れのアパレル業界への転職を成功させるために、しっかりと準備してチャレンジしましょう!

おすすめの転職サイト

アパレル業界での転職には転職サイトを利用するのが便利です。よくあるお仕事紹介サイトとは違い、より専門的に転職先を探すことができるサイトが多数あります。
企業、ブランド、ジャンルと、ものすごい数があるアパレル業界を一度に比較、検索することができる専門サイトは便利で人気があります。
たくさんの候補の中から、アパレルに精通した専門のスタッフが相談に乗ってくれます。

リクナビ NEXT

リクナビNEXTは「株式会社リクルートキャリア」が運営する求人サイです。見やすいサイトマップで会員登録数が国内最大であることに加え、毎週1000件を超える新着の求人情報が掲載されています。
リクナビの最大の特徴は掲載求人の85%ほどがリクナビNEXT限定の求人情報であることです。

登録したプロフィールを見た企業からスカウトされる「スカウト機能」も好評です。

>> リクナビネクスト

type転職エージェント

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県を中心としたエリアの求人案件を多く取り扱っているtype転職エージェントです。
こちらのサイトは長年、安定した経営を続ける大手企業の求人を独占的に扱っているところです。他にも話題のIT企業の独占求人もあります。

独占的な求人に取り組んでいるため、担当者は深くひとつの求人募集に時間をかけ提案してくれます。個々のスキルを活かし、さらなるスキルアップにつながるようアドバイスとサポーターが期待できます。

>> type転職エージェント

リクルート エージェント

全国10万件にも及ぶ求人情報を扱っている、業界最大のリクルートエージェント。関東圏に勤務、在住していても、北は北海道から大阪などの関西圏、西は九州、沖縄までの転職先を検索することができます。

キャリアアドバイザーと呼ばれる専門のスタッフが常駐、丁寧な面接を実施し、それぞれの希望、スキル、キャリアを考慮し相談に乗っていくれます。
個別の面談の際には具体的な金額を提示し、25万以上の給料を希望などより具体的な話もできます。

>> リクルートエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは非公開の求人情報が8割を占める求人サイトです。
姉妹サイトであるマイナビ転職は一般公開されている求人扱うサイトになっていますので、より転職への成功に繋がりやすのがマイナビエージェントといえます。

マイナビエージェントはアパレル業界を知り尽くしたスタッフがいますので、経験豊富なアパレル業界のプロに相談に乗ってもらえます。キャリアップなど希望条件を提示し、条件にあう求人を紹介してくれます。

>> マイナビエージェント

doda[転]

dodaは即、面接OKという「スカウトサービス」があるのが特徴。書類選考なしで面接が受けられるシステムです。あらかじめ登録しておいた条件やスキル、経歴をもとに条件がマッチングした企業との面接をセッティングしてくれます。

コンサルタントは企業がどんな人材を望んでいるのか、見極めるプロですのでスカウトされやすくアドバイスしてくれます。
「求人通知サービス」「メールマガジンサービス」などのサービスもあります。各種セミナーなども頻繁に開催され、転職へのサポートとして活用することができます。

>> doda

アパレル転職 鉄板ガイド
転職前に知りたい!アパレル業界
正社員の特徴と就職成功のコツ ファッションデザイナーへの道
 

サイト名 サービス詳細 公式サイト
クリーデンス ファッション・アパレル業界転職の雄 大手・デザイナーズ・外資系企業からの求人のご紹介やキャリアアップのご相談・面接対策まで、ファッション・人材業界出身のスタッフが無料であなたの転職支援を行います。
スタッフブリッジ 地域№1時給!アウトレットに強い アウトレットのアパレル派遣求人に強く、各地域で№1の時給を実現!店舗スタッフだけでなくデザイナー、パタンナーへのキャリアアップも○。正社員求人もあり。
type転職エージェント
エージェントの手厚い対応、首都圏特化
年収アップに定評があるエージェント。女性の転職に強く、20代に力を入れています。求人は、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に限られ、サービス職・事務系求人を多く扱います。

Spring転職エージェント(アデコ株式会社)
女性に人気!アパレル求人も豊富
Spring転職エージェントは国内160拠点を持ち全国をカバー。オフィスワークやアパレル販売・サービス職など、女性が転職で活用しやすいエージェント。初心者向けから上級者向けまで幅広い求人を取り扱っています。求人数も業界トップクラス!
リクルートエージェント
転職成功実績 No.1
リクルートグループだからできる業界トップクラスの求人数と非公開求人数。求人エリアも全国対応しており、業界・職種の知識に精通した頼れる専任アドバイザーがあなたの転職活動をフルサポート!あらゆる業界・職種に強いのでアパレル転職の頼れる味方。
JAC Recruitment
女性のキャリアアップに強い
首都圏・関西に強みを持つJACリクルートメントは、企業の本社・中枢支店と太いパイプを持ち、キャリア志向の求人を豊富に扱います。年収600万以上、好条件の求人が多く、女性ならではの管理職求人なども豊富に取り揃えます。管理職や高年収の方におすすめ。

 

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
50,137views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
2
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
22,597views
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
3
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
21,206views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
4
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
19,691views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
5
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
14,869views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
6
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
14,478views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
7
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
14,212views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
8
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
12,699views
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
9
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
11,491views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
10
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
9,934views
ページのトップへ