> > アパレルのファッションデザイナーになるには?給料や年収は?

アパレルのファッションデザイナーになるには?給料や年収は?

380 views

華やかで楽しそうな、誰もが憧れるアパレル業界。一度は働きたいと思ったことがある方もいるでしょう。
しかし、ひとくちにアパレル業界の仕事といってもショップ店員、ファッションデザイナー、敏腕バイヤー、広告・プレスなど職種はバラエティに富んでいます。
すべてのアパレル職種を網羅している方は少ないのではないでしょうか?

オシャレが好きな方やコミュニケーション力が高い方、華やかなお仕事に憧れがある方は、アパレル・ファッション業界で活躍する素質があります。
これまでにアパレル関係の仕事に就いたことがある人もない人も、自分に向いている職種が何かリサーチしてみましょう。

アパレル業界の職種を大解剖して、仕事内容や平均年収、身につけるべきスキルなど、今後の就職・転職活動にも役立つ情報をご紹介します。

アパレル販売員

アパレル仕事の鉄板といえば、やはりショップの販売員でしょう。TwitterやInstagramなどSNSのフォロワーが何万人もいるような「カリスマ店員」や「ショップ店員」は芸能人並みに注目を浴びており、ブランドそのものではなく「販売員」という存在に憧れている方も数多くいます。店頭に立ち接客を行うアパレル店員は「ファッションアドバイザー」とも呼ばれ、ショップやブランドの「顔」であることは間違いありません。

アパレル販売員の仕事内容

  • 接客
  • 洋服やファッションアイテムのコーディネート・お客様への提案
  • 店内ディスプレイ、マネキンの管理・レイアウト
  • 試着室への誘導
  • 商品棚の管理・整理
  • レジ打ち・レジ締め
  • 在庫のチェック・発注作業
平均年収

250万円〜350万円

仕事に必要なスキル

必須スキルや資格は特になし。レジ打ちや接客業の経験があると有利です。
コミュニケーション能力やトークスキル、自分自身のオシャレ力が高いと販売数のアップにつながります。

アパレル販売員は主にアンテナショップや専門店、ショッピングモール、デパート、百貨店などが勤務先となります。お客様の要望をききつつ、今シーズンのイチオシアイテムやベストな着こなしを提案します。ファッションやトレンドに関心がある方にぴったりのお仕事です。

花のある仕事である一方、個人の売り上げや販売ノルマが設けられているなどシビアな面もあります。「人と喋ることが苦手」「他人と競争することが嫌い」という方にはやや厳しいかもしれません。しかし、お客様とは「友達になる」わけではありません。先輩のトークスキルを盗んだり、お客様や店内に対する観察力を磨く努力ができれば、誰でも販売員として活躍できるでしょう。

店長・ショップマネージャー

各アパレルショップの責任者であり、スタッフの仕事ぶりもチェックする店長・マネージャーは、アパレル販売員のネクストステージです。給料や手当もアップするのでショップに長く務めるならば、やはり店長・マネージャークラスを目指すべきだといえます。

店長・ショップマネージャーの仕事内容

  • 接客・販売
  • 店内商品の管理・在庫チェック
  • 新人教育&スタッフ指導
  • 社内イベントや研修・ミーティングへの参加
  • マーケティング・市場調査
  • 商品構成
  • 集客・販促
  • 売り上げアップの戦略・企画
平均年収

300万円〜400万円

仕事に必要なスキル

スタッフの先頭に立ち教育・指導を行う立場なので、リーダーシップや総括力が求められます。接客や店内アイテムの着こなしなど、あらゆる面で「スタッフのお手本」となる存在です。研修やイベントに参加する機会も増えるので、常に学ぶ意欲や向上心のある方に向いているポジションだと言えます。

デザイナー

ファッションに関心がある方なら誰でも一度は「こんな服を着てみたい!」と想像したり、買い物中に「このタイプで別の素材があったらいいのに……」「ポケットがついていたら完璧!」といった不満を感じたことがあるのではないでしょうか。そうした発想や希望、アイデアを実際に形にできるのがファッションデザイナーなのです。
経験や所属企業、知名度によってかなり年収に差が出ます。人気のあるデザイナーは数千万~億単位の年収を得ていますが、あくまでほんの一握り。「服をデザインするのがとにかく好き!」という強い気持ちを持っている方でないと務まりません。

デザイナーの仕事内容

  • 服やファッションアイテムのデザイン
  • 企画書・縫製仕様書・指示書の作成
  • 素材選び
  • メーカーへの指示
  • サンプル制作・チェック
  • コストチェック、納期の管理
平均年収

300万円〜400万円

仕事に必要なスキル

ファッションセンス、豊かな想像力、個性・オリジナリティ、トレンドを分析・先取りする力。職場によっては実務経験があったり、服飾系・被服系の専門学校や短大・大学を卒業している必要があります。
会社員として働くデザイナーは個性を主張するよりも、企業やトレンドのニーズに応えることを求められます。

パタンナー

ファッションデザイナーと兼任することもあるパタンナーは、洋服作りに欠かせないポジションです。デザイン案を「型紙(パターン)」として実際に立体化するのが主な仕事。人がその服を着たにどんなシルエットになるのか、着心地はどうかといったことまでイメージします。しっかりとしたパターンを制作しなければ、シルエットは崩れまともな製品になりません。

デザイナーの仕事内容

  • デザイナーとの打合せ
  • 型紙(パターン)の作成
  • サンプル作成
  • サンプルのチェック
  • 量産用パターンの作成
平均年収

300万円〜400万円

仕事に必要なスキル

必須資格はありませんが、「パターンメイキング技術検定」「CAD利用技術者検定」「洋裁技術検定」などの資格があると有利。現場ではパターンメイキングのスキル、縫製・裁断・素材に関する知識、CADソフトの操作スキルといった専門性が求められます。デザイナーと意思の疎通が上手くできないと良い製品は作れないので、コミュニケーションスキルも重要です。

MD・バイヤー

MD・バイヤーは商品の企画・開発からプレゼン、販売戦略の提案、売り上げの予想、予算管理、買い付けなどを担当しています。商品をトータルプロデュースするだけでなく、マーケティングやアンケートなどを行って世間のニーズをチェック。トレンドに乗っかるよりも生み出していくことが大切です。自分の手で「売れ筋商品」を生み出せたら……そんな風に考えている方には最適。やり手のMD・バイヤーは企業からも重宝されます。

デザイナーの仕事内容

  • 商品の企画・開発
  • 商品のプレゼンテーション
  • 予算管理・売り上げ予想
  • 広報・PR・販促活動
  • 国内・海外のマーケティング・市場調査
  • 商品の仕入れ買い付け
平均年収

300万円〜400万円

仕事に必要なスキル

販売計画や売り上げ予想、予算管理を行うので数字に強い必要があります。商品・流通への関心、経営学・商学の知識があると◎。国内外でグローバルな展開をしている会社では語学力も要求されます。

VMD

「Visual Merchandising(ビジュアル・マーチャンダイジング)」、略して「VMD」と呼ばれる販促部門の職種です。MD・バイヤーが商品の売り上げ予想や仕入れを行うのに対して、VMDは商品のビジュアル面を担当します。
ショーウィンドウや店頭ディスプレイを眺めたお客様に「このお店に入ってみよう」と思わせればVMDの勝利。

デザイナーの仕事内容

  • 商品の売れ筋予想・ターゲットの選定
  • 商品のコンセプトに合う商戦プランの提案
  • 店内の空間デザイン・商品ディスプレイ
  • イベントやセールの企画・手配
  • VP:Visual Presentation(ビジュアル・プレゼンテーション)…ショーウィンドウなどで商品をアピールするためのプレゼンテーション
  • PP:Point of Sales Presentation(ポイント・オブ・セールスプレゼンテーション)…マネキンや商品棚、店内の壁・柱など、目立つ場所にイチオシ商品を配置する商戦
  • IP:Item Presentation(アイテム・プレゼンテーション)…店内商品を魅力的に見せるディスプレイの展開、商品同士が魅力を引き立て合うような陳列の提案、セット販売への視線的誘導
平均年収

350万円〜500万円

仕事に必要なスキル

ブランド・商品に関する詳しい知識のほか、インテリアやコーディネートへの関心、英語などの語学力などが求められます。店舗に足を運んだり市場調査も行うため軽いフットワークや体力も必要。「異業界で商品戦略に携わっていた」など、アパレル業界の経験がなくても採用されることもあります。

生産管理

アパレル業界における生産管理とは、販売計画に基づいて「商品の生産計画」を考える仕事です。「販売ルートに対して人員や設備が不足していないか」「生産能力・コストは品質や原価に適正であるか」「納期の目標は達成できるか」といった、商品製造に関するすべての流れを管理します。

生産管理の仕事で大切なのは、効率的な生産ルートやシステムを提案して、企業の利益をアップさせること。なるべくコストを抑えて資材などを調達するのはもちろんのこと、売れ行きのいい商品は生産数を増やし、販売の雲行きが怪しい商品は在庫を抱えないようにするなど、広い視野で現状と先を見通す力が求められます。

デザイナーの仕事内容

  • 商品の製造計画
  • 品質管理・検品
  • 納期管理
  • コストの計算
  • 工場の選定
  • 生地・資材、ボタンなど付属品の調達
  • サンプル品のチェック
平均年収

300万円〜400万円

仕事に必要なスキル

アパレル用品の製造に関わる多くの人と相談や交渉を行うので、コミュニケーション能力は必須。ファッション業界や品質管理の知識、トラブルにも臨機応変に対応する力も必要となるでしょう。経営ノウハウも身に付くので、アパレルショップの運営に興味がある方にも向いています。

広報・プレス

雑誌やテレビ、SNSなどを活用して、商品やブランドのPRを行うのが広報(プレス)の任務です。雑誌やテレビ番組で紹介する商品を決めたり、貸し出しを行うほか、カタログや広告・DMの作成、マスコミ・メディアの取材・問い合わせ対応なども任されます。ファッションショーや販売記念イベントを企画したり、プレス本人が広告塔となることもある、いわば企業の「顔」です。

デザイナーの仕事内容

  • 各メディアへの対応(商品の選定・貸出など)
  • 広告・宣伝の計画
  • 納期管理
  • ファッションショーや関連イベントの企画・運営
  • プレスリリースの作成
  • カタログ・DMの制作
  • WEB上のPRコンテンツの管理・運営
平均年収

350万円〜550万円

仕事に必要なスキル

あらゆるメディアを通して自社商品を宣伝する仕事なので、雑誌やテレビで取り上げてもらうための交渉力やアピール力が必要となります。自分の意見をしっかりと伝えられる人や人脈を広げるのが得意な人が重宝されます。自分自身がメディアに顔を出したり、イベントに参加することもあるのでノリが良かったり、目立ちたがりな方にもオススメです。

営業

新商品やブランドイメージをPRする仕事なので、広報・プレスに近いポジションだといえます。プレスと営業職の異なる点は多数あり、ざっくりいうと「広報・プレス」はメディアやイベントを通したPR活動、「営業」は企業や販売先への宣伝活動を行います。

デザイナーの仕事内容

  • リテール営業。百貨店やショッピングモールと直営店の間に入って、各店舗の売り上げが増すように管理・先導します。直営店のマネジメントだけでなく、イベントやセールなども企画します。
  • 卸売り営業。卸売り先に対して商品をアピールしたり、受注作業を行います。企業に出向いて新規販売ルートや顧客を獲得することもあります。
平均年収

350万円〜450万円

仕事に必要なスキル

なんといってもまず、自社が手掛けるブランドや商品に詳しいことが大切です。営業はトークスキルが重要だと思いがちですが、実は「聞き上手」であることも求められます。相手の話をしっかりと聞き、意見を引き出す力です。ファッション業界で働いた経験がなくても、異業界で営業経験があれば転職しやすい職種だといえます。

スーパーバイザー

店長よりも上のポジションであり、多くの販売員が目標としている仕事がスーパーバイザーです。主な役割は、「店舗のマネジメント・コンサルティング」と「本部と現場(店舗)の橋渡し」。スーパーバイザーは店長・販売員にアドバイスをしたり、売り上げ向上のための店舗作りをサポートします。アパレル業界やトレンドの動向を把握していないとできない仕事です。本社・本部の指示を店舗スタッフに伝えたり、店舗の状況を本部に報告するのもスーパーバイザーの役目。両者のパイプ役となって問題を解決する「縁の下の力持ち」だと言えるでしょう。

デザイナーの仕事内容

  • 各店舗の巡回
  • スタッフの教育・アドバイス
  • レイアウトやディスプレイの指示出し
  • 各店舗の売上チェック
  • 運営状況の把握と報告
  • カタログ・DMの制作
  • WEB上のPRコンテンツの管理・運営
平均年収

350万円〜450万円

仕事に必要なスキル

基本的には販売員や店長からのキャリアアップであるため、販売や接客に関する知識・スキルは必須です。スタッフを指導するポジションなので、広い視野とリーダーシップ、マネジメントスキル、コンサルティング力も求められるでしょう。オフィスでの作業もあるため、エクセルなどのパソコンスキルも必要。「店舗や企業をより良くしたい」という向上心や、現状を把握し改善・解決に導く力がある人に向いています。

Webショップ・ECサイトの運営

ネットを利用した通販や広告活動が当たり前となった現代において、アパレル企業のWeb運営スタッフはとても重要な役目を担っています。ECサイトとは自社商品の販売サイトのことであり、オンラインショップと同義です。企業が運営するECサイトも販売を委託しているWEBサイトも、商品の販売手段としては同じくらい大切だといえます。

デザイナーの仕事内容

  • サイトの売り上げ管理・分析
  • WEB販売分の在庫管理
  • 売り上げ向上のための販促・企画実行
  • 商品情報の登録・更新作業
  • サイトのデザイン・作成、発注
  • ランディングページの作成
  • ささげ業務…商品の「撮影(さつえい)」「採寸(さいすん)」「原稿(げんこう)」の頭文字をとった一連の業務
  • 商品画像の修正・加工
  • お客様からの問い合わせ対応
  • メルマガ・ブログ・SNSでの情報発信
平均年収

300万円〜400万円

仕事に必要なスキル

ECサイトやWEBコンテンツの作成・運営経験があると有利ですが、未経験OKの求人も多数あります。「利用者にとって使いやすいサイト」を作っていくために、ユーザーの視点に立ったサービスを考え、実行する力が求められます。ファッションが好きでトレンドに興味がある方、自分の好きなことを色々な人に知ってほしいと思う方に向いています。

未経験でも出来る職種、出来ない職種

未経験でもチャレンジできるアパレル業界の職種は、専門的な知識や経験がなくても務まる仕事となります。未経験者OKの求人が最も多く、スタートラインとなるのは「販売員」の仕事。どんな職種でもまずは販売員を経験するといっても過言ではありません。

とはいえ、店頭に立ち続ける販売スタッフは体力勝負でもあります。転職後にキャリアを積んでいくにしても、なるべく若いうちに経験しておきましょう。中には40代以降で販売員デビューする方もいますが、バリバリ動き回るならばやはり20代~30代がベストです。ファッションの好みも年齢によって変わってくるので、ブランド選びも妥協しないようにしましょう。

WEBサイトの運営や広報・プレス、営業、生産管理の仕事も狙い目。ファッション業界の動向やトレンドをキャッチする力やコミュニケーション能力の方が大切なので、特別なスキルがなくても採用されやすい職種です。

未経験では出来ない職種
デザイナーやパタンナーなどの専門職はまったくの未経験では務まりません。もちろん、専門学校や独学で学んでスキルはあり、「実務は未経験」という場合は大丈夫です。

店長・ショップマネージャー、スーパーバイヤー、MD・VMDなどもアパレル未経験はNG。販売員などで経験を積んでから初めてチャレンジすることができます。しかし、海外への買い付けなどバイヤー業務がメインの場合は未経験でも採用されることがあります。

【厳選5社】アパレル業界の求人が多い転職エージェント

クリーデンス

「ファッションデザイナーの求人を探すならまずはクリーデンスをチェック! クリーデンス(CREDENCE) は、アパレル・ファッションメーカーの就職支援に特化したサイトなのです。

アパレル企業のリアルな声が聞けるインタビューや、あなたが活躍できるかもしれない企業を診断する「デザイナー合格診断」など、コンテンツも充実しています。

もちろん、キャリアアドバイザーはファッション業界に精通しているのでサポート力も万全。実務未経験のデザイナー志望という方でも応募できる企業を紹介してもらえます。

Spring転職エージェント(アデコ株式会社)

人材紹介会社として知られるSpring転職エージェントは転職エージェント業務も行っています。アパレル企業に詳しいキャリアコンサルタントがあなたの就活を手助けしてくれます。

ファッションデザイナーの求人は自分で探すこともできますが、やはりコンサルタントのアドバイスや紹介は受けておいた方がいいでしょう。

正社員だけでなく、派遣や契約社員といった雇用形態の求人も豊富なので、就職に対する視点を変えて利用してみることをおすすめします。

type転職エージェント

type転職エージェントは非公開求人の数を提示するなど、利用者の目線になったサービスが好評です。やっぱり使っていて不安のないサービスを選びたいですよね。

独占・非公開求人が充実しているだけでなく、独自のマッチングシステムがあるので、今まで出会えなかったファッションデザイナー求人を紹介してもらえるかも。

リクルートエージェント

ファッションデザイナーを目指すといっても、「どこの企業でもいい」というわけではないはず。希望に合った求人を探すなら大手転職エージェントの力を借りましょう。

リクルートエージェントは企業との信頼関係がしっかりしているので、デザイナーをこき使って使い捨てるようなブラック企業を避けることができます。

求人情報サイト「リクナビNEXT」にもファッションデザイナーの求人があるので、そちらと併用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

アパレル業界を支える職種は多種多様であり、人によって向き・不向きも分かれます。「未経験でアパレル業界に飛び込みたい」「気になっていた職種にチャレンジしたい」「アパレル業界でキャリアアップしたい」など、皆さんさまざまな思いがあることでしょう。転職活動を始めるならば、自分が本当にやりたいアパレルの仕事はなんなのかを見極めなければいけません。

転職エージェントなどの転職支援サービスでは、アパレル業界への転職成功ノウハウを発信したり、各職種の適正チェックやキャリアカウンセリングを行っています。求人情報を探すのはもちろん、アパレル業界の最新情報をゲットするのにも最適です。


アパレルにおすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
クリーデンス
クリーデンス
アパレル業界大手14万人以上の利用実績
満足度75%以上とアパレル転職業界での口コミ評価が高く3000社以上の全国をカバーする求人情報を保有。アパレル・ファッション業界に特化した応募書類の添削とポイントを絞ったブラッシュアップで内定へ。
スタッフブリッジ
スタッフブリッジ
最短3日で転職できるアパレル専門人材サービス
アウトレット求人に特化し、取り扱いブランド1500社以上から転職者に合った企業を目指します。キャリア相談、仕事紹介、履歴書の作成支援や面接対策、就業後フォローも充実しアパレル業界出身のプロが専属でサポート。
Spring転職エージェント
Spring転職エージェント
総合人財サービス大手のアパレル専門転職エージェント
世界60ヵ国に展開する総合人財サービス企業アデコグループが運営。現場はもちろんプレスやMDなど本社系ポジションやエグゼクティブへの転職をサポート。ネットワーク力の強さと専門性の高いコンサルタントが特徴。
リクルートエージェント
リクルートエージェント
アパレル求人豊富な業界最大手の人材紹介会社
強いネットワークを活かした情報が豊富で口コミ評価も高いく、販売職よりも本社系ポジションを目指す方へおすすめ。土日祝日夜間のキャリア相談にも対応し、履歴書や職務経歴書の添削や面接対策、企業との交渉代行が強い。
JAC Recruitment
JAC Recruitment
アパレル業界のミドル・ハイクラス求人豊富
年収800万円以上のブランドマネージャーやマーチャンダイザーといったミドル・ハイクラスへの転職を目指したい方におすすめ。専任のコンサルタントがキャリア相談から面接対策、入社後のフォローまで一括サポート。


アパレルにおすすめ関連記事

もうアパレル辞めたい…
日に日にストレスは溜まる一方…。もうアパレルなんて辞めたい!!
アパレル業界職種一覧
憧れのアパレル業界!でも、一体どんな職種が…?!アパレル業界の職種をまとめました。
アパレル業界で正社員になりたい!
どうせ正社員で働くなら、華やかな業界がいいに決まってる!未経験でも正社員になれるのでしょうか?
未経験でも大丈夫!夢のアパレル業界へ転職!
他業界からアパレル業界へ転職!でもアパレル経験はないし、何もかもが初めて…という方でも安心!アパレルぎょうかいの基礎知識を伝授します!

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
56,966views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
24,136views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
3
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
22,682views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
4
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
21,373views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
5
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
16,197views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
6
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
15,825views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
7
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
15,023views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
8
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
14,183views
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
9
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
11,569views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
10
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
11,085views
ページのトップへ