> ウィンクルム

ウィンクルム

238 views

ウィンクルム

ウィンクルムは大阪に本社、東京・福岡に支社を置く人材紹介サービスです。派遣や紹介予定派遣の求人情報をメインに紹介しているので、自分のライフスタイルに合わせて働きたい方におすすめです。

派遣社員としてスキルを磨いてから、正社員としてがっつり働くのも一つの道。また、入社後のミスマッチを避けるために紹介予定派遣を利用するのも賢い選択です。今回は、ウィンクルムのおすすめポイントや派遣として働く魅力、福利厚生のメリットについてご紹介したいと思います。

ウィンクルム独自のネットワークが強み

ウィンクルムは代理店事業・求人広告事業・ウォーターサーバー事業・携帯事業など、さまざまな分野で事業を展開しています。人材派遣サービスにおいては、ただ派遣の求人を紹介するだけでなく「派遣という働き方でスキルアップを目指したい」と願う方のサポートも行っています。

人材紹介サービス以外の事業も行っているというと、「結局なにをメインにやっている会社なの?」といった疑問も生まれますよね。大手派遣会社以上のメリットがあるのかも不安に感じるところですが、ウィンクルムの強みは事業の多様性にあると言えます。

取り扱い求人の中でも、コールセンターや受付、営業の派遣求人が充実しており、それらはウィンクルム独自のネットワークから集まった良質な案件ばかり。未経験から始められる仕事も数多くあります。いろいろな派遣サイトをチェックしたけれどイマイチだったという方も、一見の価値がある伸びしろ満載の派遣サイトなのです。

スキルアップや正社員就職を目指せる

未経験でもチャレンジできる派遣求人が充実しているのは大きなメリットです。正社員求人では経験者優遇の案件ばかりが目立つ職種でも、派遣スタイルならば可能性が大きく広がります。スキルさえ身につけてしまえば今後のキャリアプランも明確になり、夢への足掛かりとなるでしょう。

「時短で働きたい人のワークスタイル」「フリーターと変わらない」といったイメージで派遣求人を遠ざけてしまうのはもったいないこと。むしろ、未経験から新しい業界・職種にチャレンジしたい方や、スキルアップを目指している方こそ注目するべきワークスタイルだと言えます。

正社員就職が第一目標ならば、社員雇用を前提にお試しで働ける「紹介予定派遣」がおすすめ。紹介予定派遣とは、数ヶ月のあいだ派遣スタッフとして働いてから、社員として正式に迎えられる画期的なシステム。正式雇用は企業との合意のもとに決まるので、働いてみてイメージと異なることがあればもちろん辞退することもできます。

「興味はあるけれど自分に合っている仕事かわからない」「労働環境や社内の雰囲気を事前に知りたい」と悩んでいる方も活用してみましょう。

仕事のトラブルはウィンクルムに相談

就業先が決まったら終わり、ということはありません。ウィンクルムは就業中も派遣スタッフをしっかりとサポート。職場でトラブルが発生したり、悩みや不安が芽生えたりしたときは気軽に相談できる体制が整っています。

働く上で生まれる悩みの種はいろいろ。スキルなど自分自身の努力で解消できるものならば乗り越えられますが、人間関係や業務上のトラブルは一人で解決しにくいことでしょう。時には派遣先企業には直接相談しづらいことも……そんなとき、間に入って対処してくれるのが派遣会社のウィンクルムなのです。

どんな些細なことでも大丈夫なので、就業先での悩みや相談事があればこじれてしまう前に打ち明けることをおすすめします。

ウィンクルムの利用の流れ

STEP 1.登録

WEB登録後はさっそく担当者と打ち合わせ。希望する職種や勤務地、勤務時間、これまでの職務経歴などを伝えましょう。登録会(またはお仕事紹介の打ち合わせ時)の持ち物は、写真付き履歴書・職務経歴書・筆記用具。

STEP 2.お仕事紹介

提示した希望条件や現在のスキル・経験にマッチした仕事を紹介してもらいます。登録会当日に仕事を紹介してもらえなくても、後日見つかれば電話やメールで連絡がくるので心配ご無用です。カウンセリングで自分の希望をしっかりと伝えることで、求人の幅や可能性が広がります。

STEP 3.職場見学

実際に働く前に就業先の雰囲気を体感できるのがポイント。その場で就業先の担当者から詳しい仕事内容をきくこともできます。

STEP 4.お仕事決定&雇用手続き

就業先が決定したら契約書(労働条件通知書)を確認。雇用や給与に関する手続きが行われます。派遣の仕事を始めるにあたっての注意事項やアドバイスもしっかりと聞いておきましょう。

STEP 5.お仕事開始

就業中もばっちりサポート。職場に対する希望や相談事、不満なことなどがあればウィンクルムに問い合わせることが可能です。正社員の場合、上司や同僚に相談してもなかなか解決しないことや現状を維持するしかないことがたくさんありますが、派遣就業ならばウィンクルムがあなたと企業の間に立って問題を解決してくれるのです。

正社員のような待遇で働ける

正社員よりも比較的転職しやすい派遣とはいえ、時間は無駄にできません。今後のキャリアにもかかわる仕事選びは慎重に行うべきです。

ウィンクルムは、条件を登録することで希望にマッチした仕事を紹介してくれます。リサーチを徹底したくても自分一人では限界があるので、各業界に詳しいスタッフが求人を検索してくれるのはありがたいところ。お仕事の紹介は電話やメールで行われるので、「面談をする時間もとれない」という方も安心です。

とにかく、ウィンクルムでの仕事探しは登録することからスタートします。登録会に参加できなくても、希望に合う仕事情報があれば後日連絡をもらえるので、自分の都合がつかないからといって仕事探しを先延ばしにすることは止めましょう。

長期的に働く場合は福利厚生も気になるポイント。ウィンクルムでは、派遣スタイルでも不安を感じないように雇用保険や社会保険制度を導入しています。勤務条件に応じて有給休暇も取得できるようになるので、正社員のような待遇で働きつつ、安心して経験を積むことができます。

ウィンクルム おすすめ理由はこの3つ!

派遣という働きかたでスキルアップを目指そう

ウィンクルムは人材派遣や紹介予定派遣のお仕事を紹介してくれる人材サービス会社です。スキルや経験を活かして働きたい人も、未経験から新しい職種に挑戦したい人も、スキルアップを目指して働くことができるのが派遣というスタイル。紹介予定派遣であれば、社員としての雇用を前提としているので、正社員を目指している人におすすめです。

福利厚生もしっかりなので安心

派遣という働き方は、派遣元であるウィンクルムと雇用関係を結びます。雇用保険や社会保険などの各種保険や有給休暇の取得制度もあるので安心して働くことができます。

トラブルや不安はウィンクルムがサポート

働いていると、悩みやトラブルは避けて通れません。自分で対処することが難しい場合に派遣元に相談したり、対処してもらったりすることができるのが派遣という働き方のメリットです。悩み事や要望は気軽にウィンクルムに相談することができます。

ウィンクルム  求人について


ウィンクルムでは派遣や紹介予定派遣のお仕事を中心に紹介しています。コールセンターや受付、営業など未経験OKから始められるお仕事が多くあります。

ウィンクルム 上手に使うコツ

新たな業界に飛び込むならな業界に飛び込むなら

登録して希望に合う仕事を紹介してもらおう

ウィンクルムの派遣では、登録することで希望に合った仕事を紹介してもらうことができます。自分で求人を検索する時間が惜しい時など、希望に合う仕事を電話やメールで連絡してもらえるので便利です。

【ウィンクルム 上手に使うコツ】
ウィンクルムでのお仕事探しは登録が第一歩です。登録会に参加して希望のお仕事を紹介してもらったり、後日いい求人が出たときに連絡をもらったりすることができます。

ウィンクルム まとめ

ウィンクルムは派遣や紹介予定派遣でのお仕事を紹介している人材サービス会社。未経験から経験を積みたい、今まで経験のない業界にチャレンジしたい、などスキルアップを目指している人におすすめです。

ウィンクルム


 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
56,330views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
23,777views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
3
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
22,680views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
4
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
21,371views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
5
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
16,070views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
6
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
15,709views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
7
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
15,012views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
8
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
14,076views
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
9
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
11,555views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
10
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
10,972views
ページのトップへ