> キャリトレの評判【21件】1日5分の転職活動で面接確約?

キャリトレの評判【21件】1日5分の転職活動で面接確約?

1613 views


キャリトレ まとめ

2014年から本格的にスタートした転職サイトキャリトレ

CMを見て『ビズリーチのパクり?』と思った方も少なくありませんが、キャリトレ自体、株式会社ビズリーチの運営なのでご安心ください。

登録者全体の80%が35歳以下で、20代~30代前半の若手に向けた転職サポートを行っています。

公式サイト https://www.careertrek.com/
年齢 20~35歳に特化
特徴 人工知能で求人を自動マッチング
人気機能 面接確約付きプラチナスカウト

面接確約?キャリトレのプラチナスカウトとは?

マイページのメッセージに届くプラチナスカウトとは、AIがおすすめする求人紹介で「興味がある」を選択した場合、企業の担当者が経歴情報を見ることができ、登録した経歴書から興味を持った企業の採用担当やヘッドハンターからのスカウトメールが来るという機能です。

求職者に興味をもった企業からのスカウトなので、面接確約となり、必然的に内定率が上がりますので、少し関心を持った企業の求人紹介には「興味がある」をクリックし、積極的に応募していきましょう。

プラチナスカウトがきっかけで転職成功

1日5分の転職活動。本当に5分でできるのか真相は?

人工知能(AI)による求人紹介が優秀

最近話題の人工知能(AI)を活用した転職サポートが有名ですが、キャリトレでは独自に開発されたAIが求職者の専任のコンサルタントとして条件や希望に合った求人紹介をしてくれます。

マイページの「求人を見つける」→「レコメンド」を選択すると、求職者の情報や希望にマッチした求人情報が検索されます。

表示される求人情報について「×興味がある」「?興味がない」をワンクリックで選択していくことで、AIが求職者の希望や条件を学習していき、クリックすればするほど進化してマッチング率を高め、求職者にぴったりの求人情報を見つけてくれます。

「1日5分の転職活動」がコンセプトとなっていますが、毎日5分の隙間時間でポチポチクリックすることで、ベストマッチの企業に近づくことができるでしょう。

紹介される求人情報は、写真と、簡単な紹介文なので、一目で特徴が把握できるので、短時間で確認することができます。
より自分に合った企業を探したいという方や、自分にどんな仕事が合うか分からないといった方も活用できます。

また、同じ出身大学の方がチェックしている企業や面接につながりやすく、マッチングに近い企業等も表示してくれます。

隙間時間に転職活動できる

「帰宅後にパソコンを開く時なんてない。少しでも睡眠時間を確保したい」
「登録や面談に行くために仕事を休むわけにはいかない」

仕事をしながらの転職活動は本当に大変ですよね。

そんな方でも通勤中や就寝前、ランチ中など隙間時間を有効活用して転職活動をすることができるのがキャリトレ。

他の転職サイトがパソコンを使うことがメインになることに比べて、気軽にスマートフォンを活用して求人情報の検索や、職務経歴書や履歴書の編集を行いやすいように工夫されています。
忙しい方もちょっとした時間に転職活動に取り組むことが出来ますね。

スカウトメール

キャリトレの転職活動は毎日の1分1秒を無駄にしません。

隙間時間に企業からのスカウトが自動で届き、求職者が行う求人検索の手間を削減することができます。
求職者はスカウトが来た求人情報を確認すればいいだけなので、効率よく転職活動をすすめることができます。

転職決定のお祝い

キャリトレから、企業求人・ヘッドハンター求人に応募し、転職が決定した場合、Amazonギフト券5,000円分をお祝いとしてもらうことができます。
転職成功した方は転職先の情報を入力して申請しましょう!

キャリトレ 職種・こだわり条件ランキング

 
キャリトレが強いのは?

こだわり条件
■第1位 有給休暇
■第2位 土日祝日休み
■第3位 産休・育休
■第4位 英語を活かせる
■第5位 第二新卒歓迎
■第6位 未経験歓迎
■第7位 ベンチャー企業
■第8位 女性が活躍
■第9位 マイカー・バイク通勤可
■第10位 離職率5%以下

職種
■第1位 IT・WEB・エンジニア
■第2位 営業
■第3位 メーカー技術・研究・開発
■第4位 経営・企画・管理
■第5位 コンサルタント
■第6位 マーケティング 
■第7位 クリエイティブ
■第8位 販売・サービス・事務・アシスタント
■第9位 建築・土木
■第10位 金融・不動産

【キャリトレ 求人について】
20~30代の若手をターゲットにしていることもあり、未経験や第二新卒歓迎という求人も豊富です。研修や資格取得支援制度を設けている企業もたくさんありますので、自分の可能性を広げたいというやる気のある方にオススメです。

キャリトレの特徴

〇キャリトレノート

キャリトレノートとは「キャリトレで出会う・学ぶためのハウツーメディア」。
キャリトレを上手に使うためのハウツーをライト感覚で紹介するブログです。

転職豆知識やキャリトレの使い方テクニックなどのネタの他、随時新着の求人がアップされているので、すぐにでも転職をしたい人からぼんやり転職を考えている人までチェックしておくことをおすすめします。

アプリ登録から転職までの流れ

 
キャリトレで転職サポートを受けるには公式サイト、もしくはスマートフォンアプリをダウンロードして登録します。
Webとアプリで登録の進め方は基本的に同じです。

キャリア診断

30万人以上のデータをもとにキャリア診断を行います。
「収入」「企業の規模」「やりがい」「ワークライスバランス」等の項目に対して企業を選ぶ上で、自分の希望に近いものを選択していくことでレコメンドの制度やマッチング率を向上させていきます。

    <基本情報>

  • 転職したい時期
  • 経験社数
  • 生年月日
  • レコメンドを受け取るためのメールアドレスとパスワードを登録
  • 名前
  • 性別
  • 現住所
  • 最終学歴(大学と学部)
  • 連絡先

    <仕事の希望について>

  • 直近の職種
  • 直近の業種
  • スキル(資格や技能、できることなどをタグ入力。多い程企業からの関心も高くなります)
  • 現在の年収
  • 希望勤務地
  • 希望業種
  • 希望職種
  • 希望年収

    <現在の仕事について>

  • 現在の就業状況(在職中or離職中)
  • 直近の在籍企業について(企業名、在籍期間、雇用形態等)
  • ※企業名選択を適切にすれば、求職者の情報は現在就業している企業へ非表示となります。
  • 直近の在籍企業の事業内容(箇条書きでも可能)
  • 直近の在籍企業の担当業務(箇条書きでも可能)
  • 直近の担当業務での実績・アピールポイント(箇条書きでも可能)
  • 直近の業務内容詳細(スキップして後で入力可)
  • これまでのマネジメント経験(人数選択)

ここまで入力すると、登録が完了し、マイページが作成されます。
5分程で簡単に登録できますよ。
Web上から登録した方は、キャリトレのアプリがオススメされますので、スマートフォンメインで転職活動をしたい方はぜひダウンロードしましょう。

マイページ作成

 
転職やることリストのパーセンテージを参考にして下記のやることリストを勧めていき100%を目指しましょう。

  • 01転職ガイドを読む
  • 02職務経歴書を完成させる
  • 03レコメンドを振り分ける
  • 04求人を見つける
  • 05応募ガイドを読む
  • 06求人に応募する

マイページでは、マッチングした求人情報や求人特集の閲覧、メッセージの確認をすることができます。
隙間時間に職務経歴書を少しずつ詳細にアップしていくことで、企業からの注目度が増し、マッチング率が向上します。
登録した後は、1日5通ほどのメールが来ますので、多いと感じた方はアプリマイページからメールの配信設定を変更しましょう。

応募から内定まで

 
キャリア診断でレコメンドの振り分けを行い、興味のある企業へ応募します。「?興味がある」と選択した企業から、内定率の高いプラチナスカウトが来ることもあります。
応募した企業からは登録したアドレスか連絡先へ連絡が来ますので随時確認しましょう。
書類選考が通過すれば面接へと進み、無事面接も合格すれば内定となります。

まとめ


キャリトレ まとめ

キャリトレは他の転職サイトのような、求人検索をするサイトではなく、自分のために作られる転職サイトという色合いが強く、隙間時間にコツコツ情報を入力していくことで、AIによってマッチング率が高まり、ぴったり合う求人情報を提供してくれます。

求人情報のほか、転職における情報やアドバイス、転職関連のニュースも入ってくることがメリットといえるでしょう。

また、トレンドの企業情報や求人情報が提供されることもあり、情報収集するにはもってこいのサイトです。
まずは登録して1週間、毎日5分転職活動を行ってマッチングする求人情報を育ててみませんか?

キャリトレ 公式HP https://www.careertrek.com/

「自分の市場価値」を調べるには?

MIIDAS ミイダス

キャリトレでは求職者情報と希望条件に合った求人を紹介してくれます。
表示される求人情報をみて、その企業に興味があるかないかをAIが学習をし、表示する求人の精度を高めていきます。
つまり表示される求人は求職者の希望条件ベースに表示されていきます。

では社会や企業から見て自分の労働力はどのくらいの価値があるのでしょうか?
他者から見た自分は本人は意外とわかりません。まして、上司や同僚、旧知の友でもはっきりと「あなたはこんな人だと」と教えてはくれませんし言いにくいものです。

「ミイダス」が提供する市場価値を調べるツールは、求職者情報やスキルや希望条件を入力するとあなた自身の市場価値を教えてくれます。

設問に答えていくたびに「選考条件に合致した企業社数」と「想定オファー年収」が変化していきます.
自分が強みだと感じていなくても、企業にとっては欲しいスキルということもあります。

ちなみにこのツールは無料で診断できます!
転職活動の一環として自分のスキルの棚卸しをしてみませんか?
 


 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
20,825views
マンガでわかる! 転職物語
2
マンガでわかる! 転職物語
7,532views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
3
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
7,053views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
4
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
6,632views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
5
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
5,565views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
6
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
5,515views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
7
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
5,454views
CONNECT‎は採用決裁者にすぐ会える?秘密を大公開
8
CONNECT‎は採用決裁者にすぐ会える?秘密を大公開
5,172views
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
9
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
3,990views
40歳からの転職【悲観しなくて大丈夫】
10
40歳からの転職【悲観しなくて大丈夫】
3,883views
ページのトップへ