> 【パソナキャリア評判口コミ】利用すべき人・利用しない方がいい人とは?

【パソナキャリア評判口コミ】利用すべき人・利用しない方がいい人とは?

1020 views

パソナキャリア

総合人材サービスを提供しているパソナグループの中で、人材紹介サービスに特化しているのがパソナキャリアです。

”パソナ”と聞くと人材派遣のイメージが強いかもしれませんが、パソナキャリアでは長きに渡り人材派遣事業で培った企業との繋がりや信頼関係、実績・ノウハウを活かした転職サポートを提供しつづけ、パソナキャリアでの転職支援実績は35万人以上。取引実績企業は16,000社以上を誇ります!
パソナキャリアとしても20年以上の歴史を着実に積み重ねています。

パソナキャリアが多くの人に選ばれる理由は何なのか?その理由を探るために、パソナキャリアの特徴や強み、転職サポートを受けるメリット、メリットだけでなくデメリットはあるのか?口コミから見える本当の評判‥など、様々な角度からパソナキャリアについて解説していきたいと思います。

口コミから見えるパソナキャリアの強みは?

パソナキャリアの強みは次の4点が挙げられます。

パソナキャリアの強み

  • 求人数が業界トップクラス
  • 登録者の約67%が年収アップに成功している
  • 女性の転職に強い
  • 第二新卒の転職に強い

パソナというと派遣のイメージが強いですが、パソナキャリアも女性の転職支援に力を入れています。
ここではパソナキャリアを利用するメリットを解説していきます!

求人数が業界トップクラス

パソナキャリアでは業界トップクラスである40,000件以上(※2018年5月末時点では、総求人数49,136件、非公開求人数29,490件)の豊富な求人数が魅力です!

パソナキャリアが保有する求人情報の約80%は”非公開求人”であり、応募が殺到しやすい人気大手企業・優良企業の求人や極秘の重要プロジェクトに関する人材募集など、一般には公開されていない好条件求人や希少求人を数多く取り扱っています。

非公開求人の中にほど理想とする求人が見つかりやすい傾向にあるので、希望に合った求人になかなか出会えない人はパソナキャリアへの登録を検討してみてはいかがでしょうか。

登録者の約67%が年収アップに成功している

また、パソナキャリアを利用し転職を成功させた人の特徴として、上記のようにはじめての転職でパソナキャリアを利用する人が多く、登録者の約67%以上もの人が年収アップに成功しています!

パソナキャリア登録者の転職回数

  • 0回(初めて) 42.9%
  • 1回      22.1%
  • 2回      15.9%
  • 3回      19.2%


転職後の年収の増減

  • 年収アップ 67.1%
  • 年収ダウン 32.9%

はじめての転職の人でも不安を感じることなく丁寧で親身な対応が魅力であり、キャリアアドバイザーの適切なアドバイス・サポートにより多くの人が年収アップを実現させています。

もちろん年収ダウンの人も居ますが、パソナキャリアでは年収面だけでなく転職希望者が「転職をするうえで一番大切にしていること」を尊重し、満足の転職へと導く転職サポートを心掛けています。

パソナキャリアは、はじめての転職に不安がある人、年収アップを目指している人、総合的に満足のいく転職を成功させたい人におすすめの転職エージェントです!

「女性の転職」に強い

パソナキャリアの特徴として外せないのが「女性の転職」に力を入れていることです。

パソナキャリアのサイトには「女性のための転職支援サイト ウーマンキャリア」といったバナーがあり、多様化する女性の働き方に寄り添い、女性が自分らしくキャリアを築いていくための転職支援を行っている転職サイトが用意されています。
パソナグループとしても”女性活躍推進”の取り組みが成されており、女性が十分に能力を発揮し活躍できる環境が整えられています。

パソナグループの女性活躍度

  • 女性社員の割合 59%
  • 役員に占める女性の割合 22%
  • 全管理職に占める女性の割合 49%
  • 女性社員の出産後の復職率 100%

パソナグループは女性社員比率、女性管理職比率が高い点なども評価され、経済産業省主催 平成26年度「ダイバーシティ経営企業100選」に選出された実績があります!

このような背景もあり、パソナキャリアではライフステージ(結婚・出産・育児など)により働き方の変化を余儀なくなさがちな女性にスポットを当て、女性の転職サポート実績のあるプロのキャリアアドバイザーが今のポジション・経験・環境、今後目指すキャリアに合わせた転職活動をサポートしていきます。

「ウーマンキャリア」では女性が働きやすい企業の求人情報を豊富に取り揃えているので、自分らしく働きたい女性におすすめであり必見です!

第二新卒へのサポートが厚い

20代・30代の転職に特に強いと言われているパソナキャリア。

『初めての転職の方へ』といったノウハウページがあり、そこでは転職に当たっての心構えや気を付けるべきこと、そもそも転職とは?転職の手順など細かく基本的な情報を掲載しています。

転職エージェントの多くに該当する特徴ですが、スキルやキャリアを見られて、目立ったスキルがない。適正年収が低いと判断されると、紹介できる案件がないと断られる事も多くあります。

更に、大手の転職エージェントは人気なだけあって、キャリアアドバイザーの一人あたりの負担が大きいために、「対応が淡白」「希望していた職種と違う案件ばかり紹介される」といった対応に不満を覚える人もいます。

その点パソナキャリアは一人ひとりにしっかりと対応してくれると評価が高く、転職初心者の第二新卒でも手厚いサポートを受けることができます。

口コミから見えるパソナキャリア 弱みは?

パソナキャリアの弱みは以下のとおりです。

パソナキャリアの弱み

  • 電話連絡がしつこい
  • 大手企業の求人が少ない
  • 地方の求人が少ない

パソナキャリアの口コミには「電話連絡がしつこい」「大手企業の求人が少ない」「地方の求人が少ない」などが見られます。
パソナキャリアを使う上でのデメリットとその対策をご紹介します。

電話連絡がしつこい

●パソナキャリアのマイページで完結出来ないことが多く必然的に電話・メールでの連絡が多くなり、「また電話‥」と感じてしまう。
●紹介を受けた求人にあまり魅力を感じず断った場合でも、同じような内容の求人案件の紹介がある。

担当者は熱心なサポートをしているのですが人の感じ方は色々。
電話・メールを受ける時間を指定する、相性が合わないと感じたらキャリアアドバイザーの変更を申し出る、うやむやにせず迷惑と感じることはきちんと伝える。

大手企業の求人が少ない・地方の求人が少ない

●パソナキャリアにも大手企業の求人はあるが、中小企業やベンチャー企業の求人が多い。
●約75%が関東エリアの求人情報。拠点数は多いが面談が出来るのは東京・大阪・名古屋の3ヵ所のみ。

大手企業やハイクラス向け求人、地方での転職を希望している人にはあまり向かない。これらの面を補うためには10万件単位の求人を保有する他の転職エージェントと併せて登録する。

パソナキャリアのキャリアアドバイザーの評判は悪いわけではないのですが、キャリア志向の高い人や複数の転職エージェントを利用し転職に多少慣れている人にとっては、不便に感じたり、求人数に物足りなさを感じる人も居るようです。

「メールやウェブ連絡だけで完結させたい人」「熱心すぎるサポートを必要としない人」「大手企業に転職したい人地方の求人を探している人」「ハイクラス求人を探している人」は他エージェントを利用することをおすすめします。

逆に未経験業界・職種への転職、はじめての転職に不安を感じている人や関東エリアでの転職を希望している人であれば、年収アップ率67.1%の実績を誇るパソナキャリアの転職サポートに満足出来るのではないでしょうか。

なぜパソナキャリアの評判が分かれるのか?

パソナキャリアは担当アドバイザーによってサポートに差が出るようです。

良い担当者の場合

派遣業で培われた情報を余すところなく伝えてくれ、親身にアドバイスをし、スピーディーに対応してくれ、落ち込んでも励ましてくれるなどのサポートを得ることができます。

悪い担当者の場合

対応が機械的で連絡が返ってこない、案件紹介は最初だけで、その後紹介がない。
ミスや勘違いが多いなど、高評価と低評価の担当に二極化しています。

 
パソナキャリアの転職サポートについてを語るにあたり、転職活動をサポートしてくれるキャリアアドバイザーの質はとても重要な事柄の一つとなります。
転職成功のカギを握っているのがキャリアアドバイザーといっても過言ではありません。

キャリアアドバイザーのサポート内容は「登録後の流れ」を見てもらうと分かるように、キャリアカウンセリングで”経験・スキル” ”希望条件” ”強み”を十分理解した上で求人とのマッチングを行い、多様な転職情報とクライアントネットワークの中から最適な求人を紹介します。

パソナキャリアでは平均20時間以上の転職サポートの中で、応募企業ごとの書類添削、模擬面接を含む面接対策を行っています。
就職・転職活動で面接に不安を感じる人が特に多いと思いますが、多くの利用者から好評を得ているパソナキャリアの選考対策サポートがあれば自信を持って面接に臨めるはずです!

また、自分からは言い出しづらい給与などの雇用条件交渉もキャリアアドバイザーが代わりに交渉してくれるので、思っていた以上の満足の転職となる可能性を大いに秘めています。
個人での転職活動ではなかなか上手くいかなかったこともキャリアアドバイザーと二人三脚で進めていくことで、効率良く満足度の高い転職とすることが出来ます。

パソナキャリアのキャリアアドバイザーは電話やメールのレスポンスが早く安心して転職活動を進めていけたとの声や、強引に転職を勧めてくることがなく親身な対応が信頼出来たといった声が聞かれ、サポート面に於いての評価が高くキャリアアドバイザーの評判も上々です。

もし担当が合わないようであれば変えてもらうようにすること、他の転職エージェントと並行して登録するなど解決方法を考えましょう。

 

パソナキャリアはどの職種に強い?対応地域は?

パソナキャリアでは大きく分け11職種の求人に対応しており、勤務地に至っては日本国内のみならず海外の求人まで幅広く取り扱っています。

職種別求人数ランキング

  1. 電気・電子・機械・化学エンジニア
  2. 企画・人事・総務・経理・事務
  3. 営業
  4. IT・Webエンジニア
  5. 不動産・建設・土木関連
  6. 金融・不動産金融・コンサルタント
  7. マーケティング
  8. 販売・流通・サービス関連

業種別求人数ランキング

  1. 製造業(メーカー)
  2. IT
  3. 流通・小売・サービス
  4. 不動産・建設・土木
  5. 金融
  6. コンサルティングファーム
  7. 商社
  8. 医療・医薬

地域別求人数ランキング

  1. 関東
  2. 関西
  3. 東海
  4. 九州・沖縄
  5. 北海道・東北
  6. 中国・四国
  7. 甲信越・北陸
  8. 海外

※2018年5月時点

非公開求人も含めた求人件数を参考に、パソナキャリアが得意とする職種をランキング形式でまとめたところ「電気・電子・機械・化学エンジニア」「企画・人事・総務・経理・事務」「営業」の3職種それぞれが1万件以上の求人件数であり、これらの求人案件に強みがあることが分かります。

また、パソナキャリアの特徴として拠点数が他を圧倒するほど多いことも挙げられます。
大手転職エージェントであるリクルートエージェントの拠点数は16ヵ所であるのに対し、パソナキャリアでは全国94ヵ所(※2016年11月末時点)日本全国47都道府県を網羅しています!
パソナキャリアは特定の地域・エリアだけでなく幅広く展開しているからこそ、それぞれの地域に合わせたきめ細やかな転職サポートを可能としています。

パソナキャリア 登録後の流れ

1.登録

パソナキャリアWEBサイト上の「転職サポートお申し込み」より、必要事項を入力の上送信するだけでOK!
3分で登録完了です!
その後、キャリアアドバイザーから連絡があります。

2.キャリアカウンセリング

専任アドバイザーとの面談を行います。これまでの経験や転職に関する要望をお伺いします。
面談場所は東京・大阪・名古屋にあり、面談時間は平日10:00~21:00、土曜日10:00~18:00で対応しています。

3.求人紹介・企業情報の提供

キャリアカウンセリングで伺った内容をもとに、あなたの希望条件にマッチした求人を紹介します。
求人紹介の際には、求人票だけでは分からない職場の雰囲気などの内部情報も伝えることが可能です!

4.推薦・応募

応募したい企業を選んだ後は、キャリアアドバイザーが企業へ推薦します。
パソナキャリアでは複数企業への応募を推奨しており、応募企業ごとに応募書類の書き方アドバイス・面接日程調整・スケジュール管理をキャリアアドバイザーが代行しているので安心して転職活動を進めていくことが出来ます。

5.面接対策・面接

35万人以上の転職支援実績をもとに、応募企業に合わせた面接の傾向・対策についてのアドバイスを行っているので自信を持って面接に臨むことが出来ます!

6.内定、入社前・入社後フォロー

内定おめでとうございます!
年収など雇用条件交渉、円満退職アドバイス、公的手続きなど入社前もしっかりとフォローするので安心です!
また、転職後も仕事に関する悩みや困ったことがあった場合はいつでもご連絡ください。

初面談で「転職活動指南書」がもれなくプレゼント

パソナキャリアに登録して面談に行くと、転職が初めての方でもスムーズに活動を進められる【転職必勝ガイド】という一冊のノートがプレゼントされます。

転職必勝ガイドには、職種に合わせた書類の作成法や、面接の定番質問集などが掲載されており、質問に対する返答を考えるときのヒントにもなります。
自分をどうアピールすればいいのかわからない・・・という人は、転職理由・企業を選ぶ軸などの自己分析が簡単にできるツールになっています。

担当アドバイザーに相談することもできますが、仕事を続けながら転職活動を続ける場合は個人の努力も必要になってくるため、考える時間を短縮できるガイドブックの特典は大きいものとなります。

パソナキャリアの転職サポートは全て無料で利用できます。

【まとめ】あなたが転職エージェントに求めるものとは?

丁寧で親身になった転職サポートが魅力のパソナキャリア。「転職をするうえで一番大切にしていること」に気づかせてくれ、不安を感じることなく転職成功までの道のりを全力でサポートしてくれます!

また、パソナキャリアでは女性の転職にも力を入れているので”自分らしく働く”ことを諦めようとしていた女性には特におすすめです。

求人数や求人の質に関して物足りなく感じる人が一定数いることは確かですが、パソナキャリアのサービス・サポート体制に満足と感じている人が多くいることも事実です。

総合人材サービスのパイオニアであるパソナグループだからこそ出会える求人・サービスに興味のある人は、相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?あなたの転職の可能性を広げるチャンスがパソナキャリアにあるかもしれません。

パソナキャリアへ突撃インタビュー

パソナキャリア 突撃取材

パソナキャリアへ突撃インタビュー

総合人材サービスを展開するパソナグループ。その中で、正社員向けの転職サポートを行っているのが「パソナキャリア」です。転職実績25万人!求人数や取引実績社数でも、業界最大級を誇ります。

業界トップクラスの秘密は、将来を見据えた“キャリアプラン”の提案。
「キャリアとか、自分は若いし考えてない。」なんて思っていませんか?

キャリアプランってなに?女性でも関係あるの?
秘密のサポート内容をさぐるべく!二人のキャリアアドバイザーさんにお話し伺いました。

 
パソナキャリア 営業カウンセリンググループ:相澤氏
パソナキャリア  キャリアセンターグループ:三友氏
 

パソナキャリアはどんなサービス?

パソナキャリアの強み、特徴を教えてください。

相澤氏:パソナキャリアは総合型の転職支援会社ということで、業界も幅広く、IT・金融・製造業・メディカル・消費財など多くの求人を紹介できているというところが強みです。
パソナと言ったら女性というイメージがあると思いますが特に管理部門や、女性の転職支援なども幅広くやっていることも特徴の一つです。

パソナキャリアで扱っている求人数について教えていただけますか。

相澤氏:パソナキャリアの求人は平均で約4万件、そのうち約半数が非公開求人です。

パソナキャリアの求人の特徴や傾向があれば教えてください。

三友氏:トレンドとしては管理部門など、女性にフォーカスした採用ポジションが増えてきています。政府の施策の一つで女性活躍推進法が施行されてから、女性をターゲットとした求人が体感的に少しずつ増えてきています。営業職も求人が多く、ご紹介できる求人が他の職種と比べて2~3倍くらい違います。

パソナキャリアに登録した方へ、求人を案内するポイントや基準があれば教えてください。

三友氏:面談の中で、経験の部分と、何にやりがいを感じていたかという価値観の部分、転職して何がしたいのかという希望の部分、この3点を中心にお伺いして、経験や希望それぞれの観点にマッチした求人情報を幅広くご提案させていただいています。若手の場合はポテンシャル採用と言われるような未経験者を受け入れている企業もあるのでその方に合う求人を紹介しています。

パソナキャリアのキャリアアドバイザーは職種で担当を分けているのでしょうか?

三友氏:アドバイザーは基本的には業界で分けています。
相澤氏:IT流通、金融、メディカル、製造など、業界ごとに専門の担当を割り当てていますが若手の営業の方と管理部門は業界横断で求人を紹介するのでここだけ職種で分けています。

転職を成功させるキャリアプランとは

転職で失敗しやすい人はどのような人でしょうか。

相澤氏:初めての転職の場合は就職活動しか経験がないと、どうしても有名な企業に目が行きがちで、知名度はないけれど優良企業を見逃しているケースは有ります。「転職したけど、思っていたのと違った。今度は転職エージェントさんと相談しながらやりたいです」という相談もあります。

初めての転職だと転職活動をしてみて分かることも多いと思うので、見るべきポイントをお伝えしながら転職活動を一緒に進めています。

転職を成功させるためのコツはありますか。

相澤氏:転職する時は大きく2つのパターンがあると思います。1つ目は今の環境を変えたいパターン。「環境を変え年収を上げたい」、「今の会社が嫌でしょうがない、すぐにでも辞めたい」いうような方ですね。

2つ目は、現状に不満はないけれどチャンスがあれば転職したいパターン。将来を見据えた上で「今の会社では無く、もっといいところがあれば転職したい」という方です。転職の動機はどちらでも良いと思いますが、より将来のことを見据えて仕事・会社を選ぶことが転職を成功させるコツになると思います。

具体的に言うと「現状を変える」のは簡単で残業が少なくなるとか年収が上がるなど条件の合う求人を選べば良いのですが、今回の選択によって5年後10年後の将来を見据えられる転職の方が圧倒的にその人のためになると思いますし、長く働くという面でご自身のキャリアにつながると思うので、「今回転職活動して決めた結果によって自分が将来どうなるのか」というキャリアプランを考えた転職の方がより成功に近づくと思います。

キャリアプランという言葉にピンとこない方が多いのではないかと思います。女性や若い方、キャリアを意識せずに働いている人がキャリアプランを立てようと考えたときにどういったことから始めればいいでしょうか。

相澤氏:明確にビジョンを持っている方は少なく、だからこそ相談に来ていただいています。キャリアプランは大きく2つあるのですが「専門性、長所を伸ばす」というキャリアの積み方と、若手だからこそできる「やったことがないことを経験する」方法です。

やりたい事が分からないというご相談もあるのですが「どういう瞬間が楽しいのか」「どういう瞬間が楽しくない、つらい、苦手なのか」など、よりかみ砕いて聞くようにしています。

女性や若手でもキャリアを構築できる?

働く女性ならではの仕事の悩みはどういったものが多いでしょうか。

三友氏:20代の方ですと、先輩たちが結婚や出産をきっかけに辞めていくので将来も仕事が続けられるか不安を持っているという話は多いですね。

女性が転職をしたときにどこでも通用してキャリアも積んでいけるような仕事というとどのようなものがありますか。

三友氏:そうですね、管理部門は専門職になりますが業界を変えても通用するスキルなのでキャリアも積んでいけると思います。

パソナキャリアに相談にくる若手の方はどのような方が多いでしょうか。

相澤氏:そうですね。「これしかやりたくない」という方と、「何をやったらいいか分からない」という方と、大きく分けて2つの傾向があるかなと思います。

「希望職種しかやりたくない」と思考が固まっている方へは、どのようにお話しをされていますか。

相澤氏:転職活動をしてみないとわからないこともあるので、まずはご希望の職種を中心に受けていただいて、実際の転職市場を体感していただくことが多いですね。仮に選考が不合格になってしまっても、転職活動が失敗ということではないですし、「この職種は競争率が高いんだ」 ということを知ること自体が転職活動で有意義な情報だと思うので、活動をしてみて書類が通らないとか面接通過しないということを経験した上でどうしていきましょうかというご相談を一緒にすると、より良い転職活動になるかなと思います。

働いていく上で若いうちから気を付けておいた方がいいことはありますか。

相澤氏:「将来何がやりたいのか」ということを考えた上で、現在がきちんとそのゴールへの通過点になっているかどうかが考えられると一番いいと思います。

ただこれを考えられる方って本当に少ないと思うので、今の仕事でも新しい仕事でも「やりたいこと」や「やりがいに感じること」「得意だなと思うこと」を見つけて目の前にあるものをしっかり1つ1つ向き合っていくということは大事だと思います。経験を積み重ねることは転職時の強みにもなります。

“転職とキャリア”のバランス

“キャリアチェンジ”というのはどういったものを指すのでしょうか。

三友氏:一般的には職種が変わる、業界が大きく変わるという事がキャリアチェンジだと思います。一般的には若いほうが選択肢が多いので、特に業界・職種を両方変えると場合は20代のうちに動いた方がいいと思います。

「キャリアアップ=年収アップ」と考えて大丈夫でしょうか?

相澤氏:個人的には、どの会社に行っても転職することはキャリアアップになると思っています。違う人、違う場所、違う仕事をする、違う経験をすること自体がキャリアアップになると思うので、キャリアアップ=年収アップということだけではないかなと思います。

年収を下げてでも「職種を変えたい」という方はどのくらいいらっしゃるのですか。

三友氏:体感的には少なくないと思います。現在の年収は、現職で数年の経験や実績を評価された上での年収なので、今までの経験がマッチしていれば同程度の年収もしくは年収アップということもありえますが、未経験の職種に挑戦する場合は年収が下がることも想定しておいた方がいいと思います。

例えば同じ人事としての転職でも、これまでは採用のみだったのでゼネラリストとして次は労務に挑戦したいとなると、労務は未経験になるので、その分を考慮して年収は下がる可能性があります。
ただ仕事の幅は広がることになるので、それはキャリアアップと捉えられると思っています。年収は下がってしまったけど、キャリアにつながる転職はたくさんあります。

印象に残っている転職エピソードかあれば教えてください。

相澤氏:業界を変えたのに年収が上がったという例があります。その方は、不動産の営業をやっていた男性の方で、結婚し家庭を持ったので年収を上げたいという点と、現職が忙しく残業が多いので家族サービスをする時間がほしいという点で、転職のご相談をいただきました。
最終的にIT業界に転職が決まり、年収も150万円ほど上がって、残業は3分の1に減るという転職をなさいました。

企業様側の採用の視点として、業界未経験の採用となると、その方に教えたいと思えるかというお人柄の部分や、同じ会社のチームメンバーとうまくやっていけそうか、というのも採用の視点に入ると思います。
その方は悩みの内容も明確で、素直でお人柄も良く、しっかり学んでくれそうだなとか、協調性をもってやってくれそうだということで採用が決定し更に年収も上がる転職ということになりました。「素直さ」や「学ぶ姿勢」は転職において大事だと思います。

相澤さん、三友さん、ありがとうございました。

「パソナキャリア」、取材を終えて

【まとめ】秘密のキャリアプランとは?

ただ求人を案内するのではなく、“その人の未来のための転職”を考えてサポートされているな、と強く感じました。スキルや経験だけではなく、考え方や、将来を見据えたキャリアプラン、その人に寄りそったサポートに力を入れていて、アドバイザーさん達自身の仕事への熱を感じました。

“キャリア”という言葉に、あまりピンと来ていませんでしたが、「キャリアを考えない転職は、マイナスになること・若いうちから意識することで将来の可能性を広げられること」を勉強させていただきました。

今すぐに転職という方でなくても、長期的なサポートも行っているとのことなので、「自分・仕事・将来」を見つめ直すきっかけとして、パソナキャリアに相談してみるのもいいですね。

求職者様へ動画でメッセージ!

パソナキャリア 公式ホームページ

パソナキャリア

 概要

満足度の高さの秘密
第三者機関が行っている利用者アンケートで、常にランキング上位に名前が出るパソナキャリア。
高い満足度は、業界トップクラスの求人数にあります。21000件以上の求人数で取引企業は16000社と、各業界を網羅している充実ぶりです。

キャリアアドバイザーがスゴい!
転職支援サービスのメリットは、専門のアドバイザーさんに的確な助言をもらえること。
パソナキャリアのキャリアアドバイザーは多くの転職成功の実績を持ち、各業界に精通しています。専任のアドバイザーが一人一人に合った転職プランを提案します。
pasonacareerは人材派遣(パソナJOBサーチ、あるいはパソナジョブサーチというシステムが便利なことでも評判)で大変有名ですが、世界のパソナグループでは転職エージェントサービスも充実しています。外資系企業や外国就職、海外就職に強いパソナグローバルというサービスも。IT系ならばパソナテック転職エージェントもあり。転職に関してはパソナに相談すれば何でも解決するといわれるほどです。

自分の市場価値は自分で決める
あなたの市場価値が見えてきます。自分一人では判断できない自分のことでもマンツーマンでキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれるから、冷静な第三者目線で自分を判断できます。
あなたの価値を適正に評価し、年収アップをねらう転職を目指します。

 

複数の第三者機関が行った転職決定人数ランキングや顧客満足ランキングで、常に上位にランクインするエージェントといえば「パソナキャリア」
トップクラスの人材派遣会社・パソナが展開する転職支援エージェントです。

利用者に人気の理由の一つは年収アップ率が67.1%という数字。収入アップを目指すなら、登録しておいて損はありません。
国内の大手・有名企業を中心に16000社、求人件数は25000件以上と業界トップクラス。他のエージェントではなかなか見つからないレア求人も多数と言われています。
応募書類の書き方から年収・就労条件の交渉、前社の円満退職方法まで、納得のフルサポートがあなたをお待ちしています。

拠点情報

パソナキャリアの拠点は日本全国にあるため、地方の方でも現地の転職状況を知るスタッフのサポートを受けることができます。
以下の拠点情報を確認の上、自分の希望する勤務地に該当する地域を確認してください。

東京(本部)

 〒100-8228 東京都千代田区大手町2-6-2 パソナグループ本部ビル 7階
 人材紹介事業部門
  TEL:03-3243-1555 FAX:03-3243-1556
 管理本部
  TEL:03-3243-1586 FAX:03-3243-1585

東京(新丸の内ビルディング)

 〒100-6514 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング14F
 人材紹介事業部門
  TEL:0120-837-001 FAX:03-6225-5101

大阪支店

 〒541-0047 大阪市中央区淡路町4-2-15
 人材紹介事業部門
  TEL:06-7636-6170 FAX:06-7636-6171

名古屋支店

 〒460-0008 名古屋市中区栄3-6-1 栄三丁目ビルディング
 人材紹介事業部門
  TEL:052-238-3401 FAX:052-238-3417

横浜支店

 〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2 TSプラザビルディング10F
 人材紹介事業部門
  TEL:045-326-3672 FAX:045-316-4052

静岡支店

 〒422-8067 静岡県静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡4F

広島支店

 〒730-0035 広島県広島市中区本通7-19 広島ダイヤモンドビル7F

福岡支店

 〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-6-8 天神ツインビル13F

【その他の拠点】

北海道・青森県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・群馬県・栃木県・新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・三重県・兵庫県・和歌山県・京都府・奈良県・滋賀県・岡山県・山口県・島根県・鳥取県・徳島県・高知県・愛媛県・香川県・福岡県・長崎県・大分県・鹿児島県・佐賀県・熊本県・宮崎県・沖縄県

【徹底比較】転職エージェントライバル対決

パソナキャリアとリクルートをはじめとする有名転職エージェントとはどこが違うのか?
ここではパソナキャリアと他転職エージェントを比較してみました。
他社との違いが一目瞭然。自分の合った転職エージェントをみつけましょう!

結局どっちがいいの?!転職エージェントライバル対決、有名どころ編

 

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
56,966views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
24,136views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
3
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
22,682views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
4
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
21,373views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
5
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
16,197views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
6
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
15,825views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
7
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
15,023views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
8
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
14,183views
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
9
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
11,569views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
10
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
11,085views
ページのトップへ