> 【ビズリーチ】口コミ・評判 まとめ!登録後、審査に落ちることがあるって本当!?

【ビズリーチ】口コミ・評判 まとめ!登録後、審査に落ちることがあるって本当!?

2535 views

ビズリーチ

年収500万円以上・マネジメント経験・管理職などの役職を持つ方が、年収・ポジションを重視した転職を叶えたいならビズリーチは必須!

利用する前に口コミ・評判・特徴はもちろん、ネットでは審査に落ちたなどの口コミを見かけるため、審査基準は厳しいのかも確認しておきたいところですよね。

ここでは、口コミ・評判はもちろん、特徴やサービス内容・審査基準まで、皆さんが知りたい情報を網羅できるように、ビズリーチをご紹介していきます。

ビズリーチ 評判・口コミは?(SNS編)

スカウト数が段違いに多い

高年収・外資系・役職経験者優遇などハイクラス求人が豊富

ハイクラス求人だけでなく条件控えめな案件もあり

祝い金などの独自サービスも充実

ビズリーチとは?

ビズリーチは、転職エージェントなどの人材紹介会社とは異なり、担当のアドバイザーなどが着いて求人紹介やサポートをするサービスではありません。

求人への応募は企業・ヘッドハンターからのスカウトを通じて行うため、自分で求人を探すというよりは登録情報を詳しく記載して、興味を持った企業・ヘッドハンターからのスカウトを待つ転職サイトです。

スカウトを通じて、多くの企業やヘッドハンターと直接コミュニケーションを取るために様々なプランやスカウトがある点も特徴です。

ビズリーチを利用すべき人はどんな人?

ビズリーチを利用したほうがいい人

  • 年収500万円以上のミドル・ハイクラス人材
  • よいヘッドハンターと出会いたい方
  • 外資系企業・大手企業への転職を視野に入れている方
  • 年収を下げたくない・管理職・役員で求人を探している方

結論を言いますと、上記に当てはまる人には、ビズリーチはおすすめです。

年収750万円以下の方についても登録は可能ですが、登録の際に求職者ご自身の年収帯を登録の際確認をされる際、500万円未満は一色単にまとめられます。

実際、500万円未満の方のスカウトは非常に少ないとの声もあります。

この年収層の方は、リクナビネクストワークポートのスカウト機能を使われたほうが無難でしょう。

ヘッドハンターから受けられる転職サポート内容

ヘッドハンターから受けられる具体的な転職サポート内容

  • 経歴や希望条件を伝えることで、よりマッチした求人の紹介、秘匿性の高い非公開求人からの紹介を受けられる可能性がある
  • 履歴書・職務経歴書の作成・添削
  • 面接対策
  • 面接日程調整
  • 年収などの条件交渉、入社日の調整もヘッドハンターが代行

企業との直接やり取りでは自分一人で行わなければいけません。

ですが、ヘッドハンターの転職サポートでは個人での転職活動に比べ効率良くスムーズに進めていけること、有利な条件で入社できる可能性が高まるなどメリットが多くあります。

ヘッドハンターの質は?ビズリーチスコアを参考にしよう!

ヘッドハンターからのスカウトを待っているだけではなく、自らヘッドハンターを検索し最良のパートナーを見つけることも理想の転職への第一歩となるはずです。

ビズリーチには厳正な審査基準をクリアした一流ヘッドハンターが2,600名登録しています。ビズリーチスコアが高いほど、転職に成功する確率は格段に上がります。

ビズリーチスコアとは?


ビズリーチスコアとは、ビズリーチに登録してから6ヶ月が経過したヘッドハンターを対象に、5点満点の相対的な評価のことを指します。

主に【直近6ヶ月間の採用決定人数】【採用された会員の決定年収】【送信したプラチナスカウトの返信率】の3項目を指します。

S~Dまで5つのランク分けがされているので、ヘッドハンターからのスカウトの際やヘッドハンター検索での参考となります。

ビズリーチスコアが高いヘッドハンターほど実績が豊富であり、転職活動に於いて有益な情報の提供・的確なサポートを受けられる可能性も高まります。

スコアだけでなく【フラッグ】の色でヘッドハンターを更に厳選


ヘッドハンターはスコアの数値だけでなく、フラッグの色で受賞歴を見ることができます。
※右記画像参照

スコアが高く・フラッグがついているヘッドハンターは、かなり優秀と判断できます。

ですが、フラッグがないだけで優秀ではないという訳ではありません

気になったヘッドハンターには積極的にコンタクトを取り、相性や希望通りの求人を紹介してくれるかを、やり取りしながら確認しましょう。

ヘッドハンター大賞受賞者のみで、より優秀なヘッドハンター探しが可能

ヘッドハンターを検索する条件のもう一つの指標として「ヘッドハンター大賞受賞者のみ」で絞り込み検索することも可能です。

ヘッドハンター大賞とは、ビズリーチによって創設され転職支援において多大な貢献をしたヘッドハンターを表彰する賞です。

4半期ごとにヘッドハンター5名を優秀賞に選出し、その中から年間で最も優秀であったヘッドハンターには”ヘッドハンターオブザイヤー”として表彰されています。

信頼のおけるヘッドハンターに出会うために「ヘッドハンター検索」を上手に活用しましょう。

また、2,3名のヘッドハンターとコンタクトを取り転職活動を進めていくことで転職の効率が上がり転職成功への道がグッと近づきます。

ヘッドハンター検索方法

  • 「ヘッドハンター検索」ページを開く
  • 担当業種・勤務地・経験年数・ビズリーチスコア(上記参照)を入力
  • 更に日本語力・英語力などの条件から絞り込み
  • 自分の希望に近いヘッドハンターを検索

ビズリーチのプラン

一般的な転職エージェントが無料で利用できるのに対してビズリーチでは転職活動に合わせた2つのプランが用意されています。

スタンダードプラン

どういう人が登録した方がいいのか

ビズリーチを試してみたい方
転職活動を検討し始めている方

サービス内容

公募・特集に掲載されている求人への応募は可能だが、求人検索からの求人は制限あり
プラチナスカウトを除く、企業・ヘッドハンターからのスカウトメールを閲覧できず、プラチナスカウトのメッセージの詳細を確認することはできません。

スタンダード会員は無料の利用となり、多くの制限がありますが、フィードに掲載される一部の求人への応募は可能となりますので、無料で転職するぞ!という方はフィードをしっかりチェックしてあなたの希望に合う企業を探しましょう。

プレミアムプラン

どういう人が登録した方がいいのか

レベルの高い転職活動をしたい方
積極的な転職活動をしたい方

サービス内容

スカウトメールの閲覧と返信や求人への応募が可能となり、企業掲載の求人案件やヘッドハンターが保有している求人案件の閲覧も可能
ヘッドハンターへの相談が可能
プレミアム会員の中でもタレント会員、ハイラクス会員に分けられ応募できる求人が異なります。会員については年収とビズリーチによる独自の審査さによって決定されます。
登録時、一定期間無料で体験できるようになっています。

タレント会員の概要

年収500万円以下の方対象
利用料金は30日2,980円(税抜)
年収1,000万円以上の求人案件への応募ができない
ヘッドハンターへの相談が一部制限あり

ハイクラス会員の概要

年収500万円以上の方対象
利用料金は30日4980円(税抜)
年収1,000万円以上の求人案件への応募ができる
ハイクラス向けヘッドハンターへの相談も可能

プラチナスカウトってなに?

一般的な転職活動では、求人情報への応募→書類選考→一次面接→二次面接といった流れになりますが、ビズリーチのプラチナスカウトを利用すればいきなり面接までスキップすることができます。

他の転職エージェントなどでもスカウトメールの機能がありますが、多くは氏名部分だけを変更した定型文、ビズリーチのスカウトメールは登録された職務経歴書に強い関心をもった採用企業やヘッドハンターが閲覧して求職者だけに送付されたものとなります。

その中でも【限定】【新サービス】【立ち上げ】といったキーワードや社長や代表取締役といったトップポジションからのスカウトがあるということがビズリーチの魅力です。

プラチナスカウトでくる求人案件は一般のサイトでは非公開の高いポジションの求人であることが多く、書類選考なしで面接まで進むことができる面接確約がされていますので、内定ゲットの近道でしょう。

スカウトとプラチナスカウトの違い

ビズリーチの転職サービスで受け取れるスカウトには「プラチナスカウト」「スカウト」の2種類があります。

プラチナスカウトとは?

あなたの経歴・スキルに高い関心を持った企業やヘッドハンターから届く、面談もしくは面接が確約された特別なスカウト。

「スタンダード(無料)」「プレミアム(有料)」どちらのプランでもメッセージの閲覧と返信が可能。

スカウト

あなたの経歴・スキルに関心を持ったヘッドハンターから届くスカウト。
「スタンダード(無料)」では内容の閲覧と返信が出来ないため、「プレミアム(有料)」にアップグレードする必要がある。

全てのサービスを利用するためには「プレミアム(有料)」になる必要がありますが、プレミアムには転職の可能性を広げることや一人の顧客としての価値あるサービスを受けられるメリットがあります。

なお、ビズリーチへの登録審査の承認を受けている人は一人1回限りで1週間無料でプレミアムにアップグレード出来るサービスがあります。プレミアムへのアップグレードを悩んでいる人は試しに利用してみてはいかがでしょうか。

良いスカウトを受けるための戦略とは?

職務経歴書を充実させる

今までの経歴や職務内容に加え、具体的な成果を明記。「企業名」「役職・部署名」を具体的に記載することで企業やヘッドハンターの興味を引く。

こまめにログインする

最終ログイン日時が新しい職務経歴書が上位に表示されるため、頻繁にログインすることで採用担当者(企業の人事やヘッドハンターなど)の目に留まりやすくなりスカウトのチャンスが上がる。職務経歴書を定期的に更新することも有効。

ヘッドハンターにアプローチする

信頼出来るヘッドハンターを探し、自らアプローチすることで転職の可能性を広げる。

転職希望時期を短めに設定する

転職成功は求職者の為でもあるがヘッドハンターの成果にも繋がるため、短期間での転職希望者にはアプローチが集まりやすくなる。

スカウトを受けるにはレジュメの記載が重要

ビズリーチでは、職務経歴書をしっかり作り込んでおくことがスカウトにつながります。

直近の職歴や年収、役職・部署など選択式で入力する項目もありますが、携わった業務内容や表彰経験、コアスキルなど自由回答する部分については、しっかりと具体的に書き込むことが必要です。

企業やヘッドハンターは、職務経歴書を見てスカウトする価値のある人材かどうかを判断しますので、謙遜したり、控えめに書いたりしては相手に自分の良さが伝わりません。

直接会って話をしてもらうためには、多少大げさに書くくらいの気持ちも必要でしょう。

もちろん事実とは異なることを書いては信用を失うだけですが、どう書いたら文面で自分のスキルや人柄が伝わるのかについては、意識しておいて損はありません。

自分が経験した業界や業務を具体的な数字や客観的な事実に基づいて記入していくとよいでしょう。

自分が伝えたいことが中心になってしまうと、主観的な文章になってしまいますから、あくまでも、企業やヘッドハンターがどういった情報を知りたいと思っているかに主眼を置いて、客観的な視点で書いていくことが大切です。

ビズリーチは年収1,000万円以上の求人が豊富

ビズリーチでは非公開求人も含み10万件近い求人を保有していますが、サイト上では約4万件の求人を公開しています。

サイト上で公開されている求人情報を元に、ビズリーチの求人傾向について見ていきたいと思います。

職種別求人数

1位IT技術職 2位経営 3位営業

業種別求人数

1位IT・インターネット 2位コンサルティング 3位メーカー

公開されている求人情報では職種・業種ともにIT系が最も多くなっています。

この結果から伸びている業界・求人ニーズの高い業界であるIT業界はビズリーチの得意とする分野とも言えるのですが、職種データを見てもらうと分かるように職種に関しては上位8職種の求人数が比較的バランス良く分けられています。

様々な職種に対応できるので多くのエグゼクティブ層から利用しやすい転職サービスなのではないでしょうか。

また、ビズリーチはミドルからハイクラス層に特化した転職サービスと言うこともあり高年収案件も豊富に取り扱っています。

年収1,000万円以上の求人数は約35,000件!公開されている求人では約87%が年収1,000万円以上の求人となり、仕事の特徴として職種ではセールス、マーケティング、企画・管理、エンジニアなどが挙げられます。

年収2,000万円以上の案件の取り扱いもあるのでポジション・年収にこだわったハイクラス転職をビズリーチでは可能としています。

外資系・海外の案件も豊富

ハイクラスの方は「国内だけでなく外資系・海外で挑戦したい!」と考える方が多いですが、ビズリーチはハイクラス向けの転職サイトであるため、外資系の求人が豊富な点も特徴です。

外資系企業や海外では、即戦力・実力がある人材を求める傾向が強いため、即戦力・ハイクラス層をターゲットとしているビズリーチと非常に相性が良いと考えられます。

海外に駐在可能な求人はもちろん、グローバル展開している外資系企業の求人案件が多数掲載されています。

外資系の求人は1,000件以上海外事業がある企業の求人は500件以上と豊富なため、非公開求人を合わせると更に求人を選ぶ範囲が広がると考えられます。。

ハイクラスの外資系・海外でチャレンジしたい方にとって、ビズリーチの求人は必要不可欠と言えるでしょう。

ビズリーチに掲載中の企業例

アマゾンジャパン、キッザニア、アイ・エム・ジェイ、フィリップモリスジャパン、グリー、ミクシィ、日本ヒルティ、カカクコム、マクロミル 、博報堂、日本オラクル、ディー・エヌ・エー、ライフネット生命、パナソニック、KDDI、カプコン、セールスフォース、マブチモーター、アクセンチュア、LINE、UBS銀行、ニールセン、トムソン・ロイター、茨城県、東横インなどなど多数

※詳しくは公式サイトを確認→

ビズリーチは、一流企業をはじめ国内最大級の管理職・専門職・グローバル人材の方向けのハイクラス採用が中心です。
紹介先企業は国内外の一流企業や成長企業が多く、業種にあまり偏りはありません。主な求人案件では、次期社長候補や、ベンチャー企業の幹部候補など管理職の求人が多く、年収800万円以上の求人が中心です。

ビズリーチ登録時の審査基準とは!?

ビズリーチには審査があり、登録後に結果が届きます。

承認されるとサービスを利用することができますが、審査に落ちて登録後にお断りメールが来るケースも少なくありません。

会員登録にはメールアドレス・パスワード・現在の年収のみでOKです。

その後、氏名や年齢などのプロフィール、スキル・学歴、現在(または直近で勤務していた)の会社名と職務内容・職務要約(100文字以上)の入力が必要です。

全ての項目を入力すると審査に入りますが、この部分を適当に書いてしまうとNG!なので正確に入力しましょう。

誰でも簡単にサービスを利用できるわけではないというハイクラスならではですね。

審査結果は3日以内にきますが、審査に通過して初めてビズリーチのサービスが利用できるということになります。

審査に落ちる原因は?

ビズリーチに登録している企業が求めている人材は、実績のある即戦力として活躍してもらえる人材です。

そのため、実績がなく即戦力として活躍してもらえなさそうな求職者は登録の時点で審査に落ちてしまうケースが多いでしょう。

審査に落ちる原因

  • 職務経歴・職務要約を規定通り入力していない
  • キャリア不足・社会人経験が浅い
  • 年収が低い
  • マネジメント経験やスキル・資格がない
  • 在籍期間が短く転職回数が多い

具体的な審査基準は後悔されていませんが、上記の方はビズリーチの求める審査基準を満たさない可能性がありますので審査に落ちてしまいます。

審査に落ちた方の中で、職務経歴書・職務内容を入力していない方は、再度登録して入力することで審査に通る可能性があります。

選ばれる為には?

実は審査基準は明確にはわかっていないというのが現状です。

ですが、ビズリーチの大きな審査対象となる「職務要約」「直近の職務経歴」「学歴などの個人情報」は必ず詳しく入力しましょう。

スキルなし・年収400万円未満という方が審査通過されています。

ですが、その一方でそれなりのスキルや実績もあるけれど、審査に落ちたという報告もみられます。この方は語学力が全くという部分が落ち度だったのかもと自己分析されています。

ビズリーチは基本的にハイラクス求人サイトなので、前述したようにスキルやキャリアをもち、マネジメント経験があり年収の高い方を求めていますが、登録してみないと分からないのです。

審査に落ちてしまった方はどうすればいい?

個人情報・職務経歴書の入力したのに、残念ながら審査落ちしてしまった方も中にはいらっしゃいます。

転職活動は1つのサイトだけではなく、複数社登録して自分の希望に合った求人を探していく事は必須なため、他の転職サービスにも登録しておきましょう。

求人を多数見たい方は、転職サイト・転職エージェントの両方が利用できる【doda】がおすすめです!

また、高年収や管理職の条件を譲りたくない方は、ビズリーチに似たタイプのハイクラス転職サイト【キャリアカーバー】に登録する事もおすすめします。

ビズリーチを利用すると現職にばれる?

転職活動を行うにあたり、ビズリーチに登録して職務経歴書の情報が現職に漏れないのか?と不安になりますよね。

結論から申し上げますと「現在の会社にばれる確率は低い」です。というのもビズリーチでは、個人情報の公開が限定されているだけでなく、特定の企業には情報を非公開にするなどの設定機能が用意されていますので安心です。

では、一体どんな設定機能があるのかご紹介致します。

個人情報の公開範囲

ビズリーチは登録時に、名前・メールアドレス・職務内容などを入力することでサービスの利用ができます。ですが、入力した情報の全てが開示されているかというと、そうではありません。

以下の内容は個人情報保護のためにヘッドハンターには非公開になっています。

  • 名前
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 電話番号

名前は、企業やヘッドハンターには【会員ID】で表示されるので安心して利用できますが、職務経歴書は企業やヘッドハンターに閲覧できるのでバレる可能性は若干ございます。では、より完全に利用するにはどうしたら良いのか下記で説明いたします。

指定した企業に対する「ブロック機能」

名前などの個人情報が非表示でも、職務経歴書でバレる可能性があると上記でお伝えしました。
企業がスカウトする場合は人事が見ているため、経歴や仕事内容で特定できてしまう可能性はゼロではありません。

転職活動はバレずに行うのが鉄則です。そのためビスリーチには、指定した企業に個人情報を始め、職務経歴書などの全ての個人データを非公開にする「ブロック機能」がございます。

この機能を利用し現職の企業を設定しておくことで、個人情報を閲覧できないように指定することが可能なため、転職活動を行っていることを知られる心配がなくなります。ですが、自分で設定する必要があるため忘れずに行うことが必須です。

【まとめ】ビズリーチだけのサービスクオリティー

ミドルからハイクラスのエグゼクティブ層の転職に多くの実績を持つビズリーチ。

会員制転職サービスとして、他の転職支援サービスと異なり無料会員だけでなく有料会員向けのサービスが充実しています。

会員制サービスだからこそ提供できるクオリティーの高いサービス・質の高い求人がビズリーチの魅力です。

今よりもワンランク上の転職を叶えたい人、ポジションにこだわった転職を成功させたい人は是非利用をおすすめしたい転職サービスです。

まずは客観的に自分の市場価値を知り、そこから年収アップ・キャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか?

ビズリーチのサービスを通して転職活動への自信へと繋げていきましょう。

 
アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
152,571views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
53,670views
50歳から始める仕事の探し方・選び方
3
50歳から始める仕事の探し方・選び方
33,391views
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
4
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
32,606views
人気の高卒就職先ランキング【男女別】
5
人気の高卒就職先ランキング【男女別】
25,991views
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
6
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
25,372views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
7
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
23,393views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
8
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
22,487views
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
9
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
22,025views
30代おすすめ転職サイトを使ったのに【転職失敗】
10
30代おすすめ転職サイトを使ったのに【転職失敗】
18,489views
ページのトップへ