> フリーター女性必見!脱フリーターから婚活成功の秘訣とは

フリーター女性必見!脱フリーターから婚活成功の秘訣とは

3318 views

結婚できない? フリーター女性の現実

家族と同居していたり同級生と会う機会があると、肩身の狭い思いをすることもあるフリーター。しかし、男性と女性の場合ではやや状況が異なります。

「女性はいつか家庭に入るもの」という考え方がまだ根強い日本。
正社員を目指す必要はないと考える女性も多いのではないでしょうか?
女性といえども、フリーターでいることのデメリットは大きいです。

今回は、フリーター女性のフリーター生活を続ける理由から気になる結婚について、未来予想図までを女性目線で徹底分析したいと思います。

フリーター(非正規雇用)の割合は女性が多い!

厚生労働省が行った2017年の労働力調査によると、非正規雇用の人数は男性が647万人、女性が1389万人となっており、倍以上の差があることがわかります。
また、男性は前年から4万人減少しているのに対し、女性は16万人の増加と、増加数にも大きな差があるというのが現状です。

フリーターの約7割が女性

正規雇用と非正規雇用の人数比も男性が正規雇用が2310万人、非正規雇用が647万人に対して、女性は正規雇用1114万人、非正規雇用1389万人と非正規雇用の方が多くなっています。

これを見て多いと感じるでしょうか?意外と少ないと感じるでしょうか?

「1389万人」といえば、東京都の人口の約1375万人が近い数字ですが、このフリーター女性の中には正社員を目指して準備段階の方、どうしても就職することができない方、就職する気がなく積極的フリーターの方と様々いらっしゃいます。

男女別の割合では、全フリーター人口の32%が男性、68%が女性となります。
男性に比べると女性のフリーター人口の割合が多いことが特徴的ですね。

フリーター女性の平均年収は?

フリーターの平均月収は約20万円前後となり、年収では約240万円前後。
非正規雇用の女性の年収額は100万円未満が44.3%と一番多く、次いで100万~199万円が38.8%となっています。
これには、家庭を持っている人は配偶者の扶養控除内で働きたいという人も多く、その上限である130万や103万円を超えないようにしている人も多いことが原因として考えられそうです。

やはり女性にも安定した収入が必要

男性では重労働の仕事や配送など時給の高い仕事もありますが、女性の場合はどうしても軽作業や事務がメインとなり、なかなか年収は十分とは言えません。
時給1000円前後支給されている女性フリーターの場合は約200万円前後となり、生活をする場所にもよりますが、一人暮らしをするには厳しい収入状況です。女性のフリーターで200万円を超えるのは難しい現状です。

また、近年は夫婦ふたりで家計を支えていく時代です。
女性にも、ある程度安定した収入を望む男性が増えてきています。

女性がフリーターを続けるデメリット

給料が安い・ボーナスがない

女性がフリーターとして生きる上で大きなデメリットとなるのが「給料」です。アルバイトなら時給1,000円前後、派遣ならば時給1,500円程度となります。残業代は出ても夏・冬のボーナスはないので、がむしゃらに働いても高い年収は望めないでしょう。
一生独身でいる場合も、ゆくゆくは結婚したい場合も貯金は必須。一人暮らしでフリーターとなると貯金することもままなりません。

支払うべき税金が高い

性別に関係なくフリーターにも税金の支払い義務があります。フリーターは国民年金や国民健康保険、住民税など、数万円に及ぶ税金をすべて自分で支払うのです。基本的に正社員ならば税金の半分を会社が負担してくれます。
時給で稼いだぶんがそのまま手元に入ってくるわけではないので、なんとなく損した気分になりますね。確定申告を自分でしなければいけないのもデメリットです。

有給休暇をもらえない

アルバイトでも条件を満たせば有給休暇を貰えますが、勤務日数などの条件を満たせるくらい働けるならば正社員を目指さない理由がありません。有給休暇がないと、長期旅行にも行きづらく、体調が悪い時でも気軽に休めないでしょう。自由なようで不自由な部分があるのがフリーター。正社員は申請さえすれば休みながら給料を受け取ることができます。

昇給やキャリアアップがない

フリーターは昇給があってもせいぜい数十円~数百円程度です。どんなにがんばって働いても貰える給料には限界があります。正社員登用制度のない会社に尽くして、永遠に安月給で働くことも考えられます。もし今の職場で正社員を目指すという方がいれば、可能性の有無をしっかりと確認しておきましょう。

育休・産休を取得できない

フリーターの女性が結婚して子どもを産んでも、産休制度や育児休暇を利用することができません。子育てに専念している間は収入がゼロとなり、男性もフリーターの場合は家計にとって大ダメージです。
「仕事と家庭を両立したい」「結婚しても専業主婦にはなりたくない」という方こそ、フリーターでいるデメリットは大きいと言えます。

「フリーターはクズ」なんて言われて社会的に肩身の狭い思いをする

クズなんて言い方は失礼ですが、正社員よりもフリーターへの世間の目が冷たいのは確かです。勝手なイメージですが、「だらしない」「計画性がない」と言う印象があるようです。

将来への不安はいつでまもつきまとうのはもちろん、クレジットカードや賃貸審査も通りずらかったりします。年齢があがるにつれて、追い込まれていくことになるでしょう。

女性が正社員になるメリット

給料や待遇が大幅にアップ

毎月の収入が増えるのはもちろん、社会保険などの福利厚生、年2回のボーナスなどメリットがたくさんあります。特に「社会保険に加入できる」「有給休暇を取得できる」ことに対する安心感はとても大きなものです。退職金など長い目で見た際も正社員は安泰です。

社会的地位が向上する

フリーターという働き方にも魅力や強みはあるものの、世間の目からすると「正社員よりも下に見られる」というのが現状です。優先順位としては「正社員>契約社員>派遣社員>フリーター>ニート」となっています。

「クレジットカードが作りにくい」「ローンを組みにくい」「正社員の男性と結婚するのが難しい」といった問題の背景にも、「フリーターだから」という理由が挙げられます。正社員になるだけで周囲の目も変わり、人付き合いにも変化が現れます。

育児と仕事を両立しやすい

男性一人で一家を養うのが難しい現代において、「結婚後も奥さんに仕事を続けてほしい」と願う男性は半数以上。実際に共働きをしている世帯は6割以上となっています。
共働きの場合は家事や育児も夫婦で分担するべきですが、残念ながら未だに女性側に負担がかかりがちです。子どもを育てる場合、正社員ならば育休・産休を申請できます。
有給休暇もあるので学校行事や子どもが体調を崩した時なども安心して休めます。万が一離婚することになっても、「稼ぎが無いから親権をとられた」といった事態を避けられます。

育児後の復帰がしやすい

フリーターが結婚・育児を経てから正社員を目指すとなると、職歴ゼロからのスタートになります。結婚前に正社員として働いていれば、過去の経験やスキルが武器となり採用試験でもアピールしやすいことでしょう。
育休・産休を利用していない場合、フリーターが元の職場に戻るのは至難の業。アルバイトはいくらでも替えがきくため、ポストを空けておいてくれる可能性は皆無と考えておきましょう。

フリーターが利用すべき転職エージェント10選
フリーターが正社員就職するには、転職エージェントの活用が必須です!フリーターが利用すべき転職エージェント10選をご紹介します!

フリーター女性が就職しない理由とは?

就職氷河期の終わりが見え、フリーターの数も年々減少へと向かっていますが、まだまだ「正社員になりたくてもなれない」と悪戦苦闘している方は数多くいるのです。

その一方で、自らフリーターというワークスタイルを選んでいる人が多いのも事実。
自分で決めた道なのに世間からは同情されたり、白い目で見られてしまう……といったことも少なくありません。

フリーターを続ける理由としては男女ともに「自分の都合の良い時間に働きたいから」が1位です。
女性の理由の2位は「家計の補助・学費等を得たいから」とあります。
結婚して家庭を持つと、様々なことで制限されることも多くなることから時間に融通の利く非正規雇用を選ぶ人が増える傾向にあるようです。

デメリットを抱えつつフリータでーいる理由はなんなのか、さまざまな思いや事情を抱えたリアルな声をきいてみましょう。

フリーターの女性が就職しない様々な理由

  • 就職をする理由がわかりません。就職した友達はプライベートでも疲れ切っており、常に時間に追われているように見えます。一度きりの人生でどうして仕事に時間を取られなければいけないのでしょうか?
  • 女優を目指して劇団に所属しています。「お金を稼ぐために生きる」ということはしたくありません。やりたいことがあっても仕事があるから出来ないなんて私はイヤです。
  • やりたい仕事が見つからないのでなんとなくフリーターを続けている。責任のある仕事を任されたり、理不尽なサービス残業などがないので気楽。収入が少なくても自分の時間が多い今が幸せ。
  • 正社員になろうと就活もしましたが、なかなか内定を貰えなかった。いつか結婚して専業主婦になりたいのでバイトでいいかなと思っています。貯金もちゃんとできています。
  • 家庭の経済事情で大学に行かなかったので、理想の会社に入ることができなかった。スキルアップして転職できないかと、アルバイトとしてがんばっています。

結婚出来ないフリーター独身女性の特徴

最近のフリーター独身女性の特徴として、高齢化があります。

30代や40代といった年齢を重ねたフリーターは仕事の選択肢の幅も狭く、なかなか就職のチャンスが巡ってきません。
20代の若い頃はフリーターとして生計を立てていても苦になりませんが、30代、40代になるにつれて「これから老後を考えるとフリーターのままでは不安…」「正社員を目指したいけれど今からチャレンジできるか心配…」「結婚して誰かに支えてもらいたい」という方が急増しています。

中には「忙しく働くのはしんどいからフリーターでマイペースに働きたい」「結婚願望もないから一人でのんびり生活したい」とポジティブな方もいらっしゃいますが、「歳もとってきたし結婚したいけれど相手がいない」「出会いがない」と悩んでいる方も多いでしょう。

そんな、結婚出来ないフリーター独身女性の特徴はこちら。
こんな三高が揃った女性近くにいませんか?

プライドが高い

30代40代になると周りの友人は、すでに結婚して子供も大きく育っている年代です。

そんな中で結婚できない自分を支えているのは山よりも高いプライド。
結婚できないのは自分のせいではないということ、相手を待っているんだということを声高に話しているでしょう。
仕事のミスを認めない、後輩には厳しいといった特徴もみられます。
そしていつまでも過去の栄光にすがっている方も多く、学生時代の華々しい過去や正社員だった頃のことを話す方が多いですね。

自己評価が高い

特に仕事が秀でてできるということもないにも関わらず、自分は優秀な人間なんだと勘違いしている方も多くいます。

本来であれば60点程度しか仕事ができていないのに、自己評価はいつも90点。
筆者の社内の自己評価アンケートでも、管理者評価が30点にも関わらず80点をつけている社員がいました。

本人が、仕事をできていないことを認めないのはプライドが高いから。
本当は、自分はできる人間だと思っているから。
仕事でミスをしたのは周りが悪いから。
と、自己評価が高い方が目立ちます。

結婚相手の理想が高い

独身女性の6割の方が「自分は結婚相手への理想が高い」と自覚されているようですが、自覚している方はセーフとしましょう。
問題なのは理想が高いということに気づいていないフリーター独身女性の方。

身長は175㎝以上で、年収1000万円くらいで経済力もあって専業主婦をさせてくれて、もちろん家事育児にも協力してくれて、姑がうるさくなくて、次男で、そこそこイケメンで…。

理想を掲げるとキリがないですが、結婚後の住居まで理想を掲げている方もいらっしゃるようです。
結婚後の生活をシミュレーションするのは大切ですが、結婚できない方の多くは100点の男性を探しているということが特徴的です。
万が一100点に近い男性がいたとしても、きっと素敵な男性なんでしょう、すでに結婚されているケースが多いです。

また女性は過去に付き合っていた男性と、現在付き合っている男性や知り合う男性のスペックを自然に比べてしまったり、ないものねだりをしたり…こんなことではいつまでも結婚することはできません。

理想を追い求めている女性は早く自己分析をしてください!
男性はやはり若い方を好む傾向なので、年々男性側が求める結婚相手の条件のハードルが上がっていることに気づきましょう。

年代別フリーター女性の末路

フリーター女性の末路は一体どんなものなのでしょうか?20代、30代、40代と年代別にみてみましょう。

20代フリーター女性

新卒で就職したものの「思っていた仕事と違っていた」「自分には合わない仕事だった」と退職してしまった方が多いでしょう。
20代フリーター女性の方はまだ若さが武器となって就職のチャンスはたくさん!
20代であれば求人情報も多数ありますので、やる気さえあれば脱フリーターすることができます。
もう少しいい条件の仕事を探してみよう…とゆっくりしているとすぐに30代フリーターに突入してしまいます。
婚活を考えているなら20代の内に決めましょう!

30代フリーター女性

アラサーといわれる年齢に突入し、周りは結婚や出産、子育てと一歩前のライフステージ進んでしまっていて少し自信も無くしてしまう時期。
20代からフリーターを続けていた方はかなり焦りもあるでしょう。
30代からフリーターとなった方は仕事が嫌で転職を考える方、資格を活かした仕事をしたいと思う方、新しい仕事にチャレンジしたい方と様々。

30代であればまだ大丈夫!経験やスキルを活かして転職することも可能な年齢です。
婚活では少し出遅れた感が…同年代の男性は20代の方を好まれることが多いので、なかなか婚活が実らないといったジレンマも。
30代の女性の3人に1人が独身という今では、このまま独身の方が、気が楽という方も少なくないでしょう。

40代フリーター女性

いよいよアラフォーに突入してしまいました。
40代独身女性の非正規雇用率は約4割といわれ、このまま独身だったら老後が心配とこれからの人生のことを考え始める頃です。
今まで独身を貫いてきた方は老いを感じ始め、「結婚したい」と言いながらも心の中では諦めている方も多いようです。
結婚相手には自分よりも高いレベルの男性を好む傾向があり、マッチングする男性が少なくなかなか婚活はスムーズには進まず、周りからは売れ残りといわれてしまうのでしょう。

フリーターが利用すべき転職エージェント10選
フリーターが正社員就職するには、転職エージェントの活用が必須です!フリーターが利用すべき転職エージェント10選をご紹介します!

フリーター同士の結婚について

それでは、相手の男性が正社員ではなくフリーター同士で結婚した場合、どんな生活が予想されるか考えてみましょう。

愛があればお金で苦労することになっても大丈夫……というのは現実的ではありません。夫婦の収入が合わせて30万円前後の場合、子どもを作るとなるとかなりの負担となり、かつかつの節約生活を余儀なくされます。

贅沢しなくても幸せは得られますが、子どもに我慢を強いる生活をしたい親はいません。
子どもが望むように進学させてあげたいのも親心でしょう。家族仲良く暮らしていくためには、やはりある程度の収入はあった方が絶対にいいのです。

フリーター同士の結婚は金銭面の悩みが尽きない

フリーターが社会的な保証を得るのも難しい世の中です。
「クレジットカードが作れない」「まとまったお金が必要な時にお金を貸してもらいにくい」「車や家のローンが組めない」といった苦労も絶えません。

夫婦のどちらかが怪我や病気で働けなくなって時は絶望的。
会社員ならば傷病手当金や失業手当を受けられますが、フリーターは収入がゼロになります。
正社員と結婚してもリストラなどの心配はありますが、フリーターよりも雇用条件や収入が安定していることは確かです。

また、男性が結婚してもフリーターであり続ける理由にもさまざまなパターンがあるでしょう。
「夢を追いかけている男性を支えたくて結婚する」など、お互いに前向きな結婚生活ならば苦労にも耐えられるはず。

しかし、単純に男性が「だらしなくて就職したがらない」「性格に難があり就職できない・仕事が長続きしない」というパターンは最悪です。恋は盲目と言いますが、取り返しがつかなくなる前に目を覚ますべきだと言えます。

正社員男性から見たフリーター女性とは?結婚対象なのか?

フリーター女性が婚活を考えたとき、相手の希望条件は絶対正社員(しかもそこそこお給料の良い)男性というのは鉄板ですよね。しかし相手からはどう思われているのかというと、フリーター女性という響きだけで「自立していない女性」というイメージが強いでしょう。
「療養していた」「親の介護をしていた」などの理由があるなら別ですが、多くの自立した男性は、同じように自立して生活をしている女性を選びますので、婚活を成功させようと思えば経済的な自立を目指さなくてはいけません。

フリーター女性の婚活事情

「仕事もしたくないし結婚して主婦させてくれる男性いないかな」と脱フリーターから主婦を目指す女性の方も少なくありませんが…
なかなか婚活が思うように進まない方が多いようです。
20代であれば男性からは引く手あまた!ですが30代、40代になると…厳しい現実が待っています。

婚活パーティーや結婚相談所には、正社員の女性も多く登録されています。
プロフィールや条件が同じような感じだった場合、男性側の目線から考えると仕事欄に「フリーター」「家事手伝い」と書かれている女性よりも「営業」「事務」と書かれている女性の方が選ばれやすいですよね。
フリーター女性は、正社員で働いている女性と同じスタートラインにも立てていないので、何か秀でているものがなければ、スムーズな婚活は難しいでしょう。

フリーター女性が結婚する為には?

フリーターと正社員、それぞれのメリット・デメリットを把握した上で、あらためて「フリーター女性の結婚」について考えてみましょう。

まず、正社員として働いている男性と結婚するには同じステージに立つことが最も有効的です。
自分も正社員になって出会いのきっかけを増やすことにも繋がります。

相手が抱く第一印象としても、「社会人として活躍している女性」というポジティブな印象を与えられます。

やはり正社員の女性の方が魅力的

夫婦ともに正社員ならば、結婚式の費用や養育費など、金銭面にも余裕が生まれます。シンプルに「高年収の男性と結婚したい!」という場合も、自身がフリーターのままでは不利でしかありません。

「結婚相手がフリーターでも構わない」という場合。その時は「せめて自分だけは正社員として働く」というのが得策でしょう。
何らかの事情で働けなくなった場合でも、正社員ならば休業手当や失業手当を貰えるので安心です。

いずれにしても、結婚は自分一人ではできません。
「今すぐ結婚してほしい」と言ってくれる相手がいないうちは、将来の伴侶のために自分を磨いておくのがベスト。

「貯金をしておく」「キャリアを磨いておく」「会社で信頼を得ておく」といった準備をするならば、今すぐにでも正社員になるべきだと言えます。

フリーターにおすすめ関連記事

フリーターが使うべき就職支援サイト10選
フリーター生活に終止符を打ち、そろそろ正社員に。フリーターの就職活動を全力サポートしてくれる就職支援サイトだけを集めました。
自由最高!正社員よりフリーター!
正社員は拘束時間が長いし嫌だ!フリーターの方が自由だし楽しい!現在は正社員で、退職してフリーターになる事を考えている方は必見です!
知らなかった!フリーターの確定申告
私はフリーターだから確定申告は関係ない!と思っているそこのあなた、必読です。
フリーター女性が急増中?!
今、女性のフリーター率が高まってきています。女性の未来予想図について、女性目線で徹底分析します。

 
アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
152,578views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
53,671views
50歳から始める仕事の探し方・選び方
3
50歳から始める仕事の探し方・選び方
33,392views
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
4
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
32,606views
人気の高卒就職先ランキング【男女別】
5
人気の高卒就職先ランキング【男女別】
25,993views
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
6
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
25,374views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
7
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
23,393views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
8
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
22,487views
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
9
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
22,026views
30代おすすめ転職サイトを使ったのに【転職失敗】
10
30代おすすめ転職サイトを使ったのに【転職失敗】
18,492views
ページのトップへ