> フリーターと正社員の違いに絶望…今日から始めるガチ就活!

フリーターと正社員の違いに絶望…今日から始めるガチ就活!

415 views

フリーターとして今生活をしていらっしゃる方も一度は正社員への就職を考えたことがあるかと思います。このままフリーターでも不都合はないし、自由に働けるし楽しいからいいやとフリーターの道を自ら選んでいる方も多いでしょう。
「いつか正社員になるからいいでしょ?」とズルズルフリーターをしていると気づいたときには手遅れ!
これからの将来を考えフリーターと正社員の違いを比べてみましょう。

フリーターの割合について

「自由に自分らしく働きたい」とフリーターを続けている方、「正社員を目指しているのになかなかフリーターから抜け出すことができない」と泣く泣くフリーターを続けている方、様々なフリーター事情がありますが、バブル世代と呼ばれる1980年代~1990年代は自由な時間をもちながら生活するというフリーターのスタイルは多くの若者に人気という社会背景がありました。

しかし現代はどうでしょう?
バブル世代のフリーターと異なり、フリーターのイメージは「ちゃんと働いていないフラフラしている若者」というネガティブなものへと変わり、世間体の悪さや生活の不安によって脱フリーターを目指す方が増えている傾向です。
2017年の労働調査では、フリーターの割合は約152万人となり、昨年に比べると2万人近く減少しています。フリーター女性は男性フリーターの約3倍以上となっていますが、家事、育児と両立するパートをしている方も含まれています。

フリーターの割合が減少している背景には、アルバイト、パート、派遣社員など若者の非正規雇用が増えることで就業能力が低下すること、税収が減るということ、未婚率が高まり少子化の促進へつながることなどから日本の経済成長を抑制させる社会問題に影響を及ぼすことにつながります。

フリーターの何が悪い!世間体は?

「こんなに一生懸命働いているのに何が悪いの?」
「正社員並みに働いているのに!どうしてこんなにバカにされるの?」
とフリーターというだけで不本意な扱いをされて悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。
日本の非正規雇用率は約4割なので、フリーターなしに日本の経済は動きません。
なのに!「たかがフリーター」と、どれだけ頑張っても正当な評価をされることが少なく社会的地位も低いまま…

自分で希望してフリーターをしているのに「世間体や将来を考えて早く正社員として主食しなさい」と親や周囲に言われることもあるでしょう。
フリーターの何がそんなに悪いのでしょうか?

フリーターは将来性が低い

自分一人だけでずっと生きていくならなんとか生活できるかもしれませんが、将来的に結婚を考える相手や子どもができたとき、フリーターの収入では家族を養うことが難しいでしょう。多くのフリーターは結婚と同時に正社員を目指す方が多いとされています。
また、実家暮らしのフリーターの場合、親の収入に頼って生活をしてきたかもしれませんが、親が働けなくなった場合、家族の生活を支えていくのは自分になります。
やはりこの場合もフリーターの収入では家族を養っていくことは難しいでしょう。

フリーターは社会的な信用が低い

世間的に正社員でないと社会的な信用が低く、ローンが組めない、高額なキャッシングが難しい、クレジットカードを作ることが出来ないといったサービスを受けることが難しくなります。フリーターとして長く働いてきた経験があっても、所詮アルバイトといった不安定な職業としてみなされるでしょう。

いまあなたが20代のフリーターであれば世間体の悪さはさほど感じていないかもしれませんが、年齢を重ねるごとに世間体は悪くなり、30代となるとさらにひどくなっていくでしょう。自分自身がフリーターとして充実している人生を楽しめているなら問題ないかもしれませんが、世間の目が少しでも気になる、将来が不安というなら正社員になれるチャンスがあるなら脱フリーターを目指すことをおすすめします。

フリーターは幸せになれない?

自分の夢を叶えるためにフリーターをしている方
親の介護など家庭の事情のためフリーターをしている方
組織に縛られたくない方
自由な時間を楽しみたい方
様々な思いをもってフリーターをしている方がいらっしゃいますが世間での反応はというと…
「フリーター=負け組」
「将来詰んでる」
「お先真っ暗」
と筆舌に尽くしがたいものです。

じゃあフリーターは幸せになれないの?と悲観的になりますが、今の自分がいいならそんな人生もアリかもしれません。「今フリーターで充実している!幸せ!」と感じるならOKですが、自分の理想とする将来や幸せを手に入れようと思ったとき、フリーターのままでは難しいことのほうが多いでしょう。
5年後、10年後、20年後…と将来の自分を想像してみてください。
フリーターとして生き生きと幸せに生活できていますか?

生涯賃金の違い

例えば正社員で働いて月収20万円、フリーターで自由な時間も確保しつつ働いて18万円…そんなに差がないならフリーターの方が楽でいいよね?なんて声が聞こえてきますが、長い目でみると、40代になったとき、収入の差が大幅に出てくるとされています。
20代の収入の平均は正社員で年収約350万円、フリーターで年収約150万円となっています。そして20年後40代では、正社員の平均年収約650万円と比べてフリーターはやく200万円となり、生涯賃金で考えると約3倍以上の差があるということになります。

やっぱりこれ!賞与・ボーナスの違い

高給なアルバイトをしているフリーターでは、毎月正社員と同額程度の給与を支給されていることもありますが、年収にすると大きな違いは賞与。賞与は月給の1カ月分~3カ月分を夏季と冬季の2回分加算されますが、フリーターには賞与がありません。
企業によっては寸志を支給されることもありますが、その差は歴然。
賞与がないと貯蓄する金額も当然低くなってきますので、好きなものを購入できないといったデメリットや老後の蓄えが充分でなく、安心した老後を過ごすことが難しくなってしまいます。

安心した老後を送りたいならどっち?

正社員とフリーターでは、年金や保険の違いから老後に支給される金額に7000万円近い金額の差が出るとされ、平均年収や貯蓄額も異なるため、生活水準の差が大きくなってしまいます。
老後、安心した生活をするためには正社員として安定した雇用を目指した方がよいでしょう。

責任の重さの違い

正社員とフリーターで大きく違うことは責任。
正社員としての仕事を続けていくとポジションも上がり責任のある仕事を任せられるようになります。仕事に対してやりがいも持ち、人間的にも成長することができるでしょう。

一方でフリーターでは、責任のある仕事は任せられませんが、それを楽チンと思ってフリーターを続けている方も多いのが現実です。
責任がない反面、いつ仕事がなくなるか分からないという不安も多いでしょう。
責任のある仕事をしているからこそ、長期雇用が保証され将来的な安定へとつながるのが正社員のメリットです。

成長できるのはどっち?

フリーターは責任がないから人間的な成長ができないと前述しましたが、正社員の場合は会社内での研修制度や社会的な交流によって日々成長することができますし、やりがいのある仕事をしていくうちに知識や技術もスキルアップすることができます。
しかし、フリーターの場合は将来的な期待が少ないため、教育制度が充実していないケースがほとんどです。

いざ転職となった時の違いは?

正社員で働いていた場合、培ったスキルやキャリアを評価されるため正社員としての採用率も高いですが、フリーターとしての期間はなかなか評価されにくく正社員への転職には不利でしょう。

フリーター女性と正社員女性の違いとは

フリーターから正社員への転職に積極的になれない方が多くいらっしゃいますが、特にフリーター女性に多くみられます。アルバイトでの収入が10万円ほどあることと、実家で親と同居しているため生活に困らないということが理由としてあげられ、「どうせいつかは結婚して専業主婦かパートになるし…」と思いフリーターのまま過ごすという考えを持った女性がいることも理由のひとつです。
しかし「いつか」の結婚のためにフリーターを続けていても良いことはありません。最近では晩婚化が進み、初婚年齢も29歳を超えていますので、この期間をフリーターとして過ごすのはモッタイナイ!
スキルやキャリアの積み重ねや給与が、結婚や出産後に財産となりますので、正社員を目指す価値が大いにあるといえるでしょう。
正社員女性との違いはそのほかにこんなものがあります。

再就職しやすい

フリーターとしていくら経験を重ねても再就職の評価にはならず、むしろ結婚・出産のブランクがマイナス評価され再就職には不利。しかし、正社員を経験していた女性なら働いている間に研修や資格取得など様々なスキルアップを経験しています。
ここで培ったスキルやキャリアは、結婚・出産後にパートで働く際にも評価されやすく採用に有利になるほか、時給の高い仕事に就くことも可能でしょう。

自分磨きができる

多くの女性は「可愛くなりたい!」「きれいになりたい!」と自分磨きに一生懸命!雑誌に紹介されている新作の洋服を着て、好きなブランドの新作カラーのコスメを揃えて…
フリーター女性の場合、収入が少ないため満足に好きなものを買い揃えることができませんが、正社員であれば毎月の収入は一定ですが、1年に2回のボーナスがあります!ボーナスは基本給×1~3カ月分であるケースが多いため、月20万円の基本給がある方であれば20万円~60万円のボーナスが支給されます。
筆者もボーナスごとに新作コスメを買い揃え、好きなブランドのバッグや財布を買ったり、夏や冬のセール時期にはボーナスで服を買ったり…
コスメやファッションを楽しむだけでなく、エステサロンやネイルサロンに定期的に通うこともできますし、正社員としての収入があればいつまでも自分磨きをしてきれいな自分でいられることができるでしょう。

生活が潤う

「いや、今のままでも十分だし」というフリーター女性の声が聞こえてきそうですが、正社員としての収入があれば、毎日の生活にもちょっとした変化をつけることができます。例えば、食事。実家暮らしのフリーターであれば、毎日お母さんの作った美味しいご飯が出てきますが、一人暮らしのフリーターの場合、毎日節約レシピを考えて食費を考えながら食事をしなければいけません。
毎日もやし料理…「でも美味しいからいいの!」というフリーター女性の方…時には少しリッチな料理を食べたいと思いませんか?
雑誌で紹介されたお店や三ツ星レストラン、ホテルランチ…正社員になれば、収入の不安が少ないので時には贅沢な気分を味わうこともできます。筆者も某ホテルのケーキブッフェやディナーで毎日の疲れを癒していました。
今流行りのインスタ映えも狙うことができますね!
インスタ映えといえば旅行もそうです。国内旅行であれば1シーズンに1回、海外旅行であれば年に1~2回くらい行けるでしょう。海外でストレス発散し、食事や買い物を楽しむのもおすすめですよ。

フリーターと正社員の求人の違い

フリーターと正社員、働いていることには変わりありませんが求人にも違いはあります。

労働待遇が違う

多くのフリーターはシフト制となり、働くことができる時間や日にちを自己申告し勤務しますが、自己申告で勤務する分、自由度は高いですが時給制になります。たくさん稼ぎたいという場合でも限度があるでしょう。
また、働く会社によって交通費が支給されないこともあったり、福利厚生が利用できなかったりも。

正社員の場合休日、出勤時間があらかじめ定められています。正社員では入社時に給与額が定められ、残業代やボーナス、昇給といったメリットがあります。正社員であれば、あらかじめ定められた交通費が支払われ、福利厚生の利用も可能です。

雇用期間が違う

フリーターの場合、雇用期間が数カ月~1年程度で更新となり、双方の合意があれば契約更新というスタイルになりますが、会社側が拒否すれば契約終了となってしまいます。一般的に雇用が不安定といわれるのはこれが理由でしょう。

正社員は基本的に定年までの勤務となりますが、求人によっては期間を定めないと記載されているケースも少なくありません。終身雇用というスタイルになり、安定した雇用で生活をすることができます。

社会保障

給与面の違いと同じくらい重要な社会保障の違い、医療機関にかかる際の健康保険と国民年金。
健康保険料は自身で支払うことになり、親の扶養家族になっている方は親が健康保険料を負担していることになります。また、国民年金も自身で全額支払わなければいけないので両方合わせると毎月大きな出費となります。毎日頑張って働いても必然的に出費される金額があるため、全収入を好きに使うことはできません。

正社員は、健康保険料と国民年金とも企業側が半額負担して給与から天引きされますので、フリーターよりも負担額は少なく保障を受けることができます。正社員は国民年金に追加して厚生年金を納めていますが、年金支給時にはフリーターよりも年金を多く支給されることになり、安心した老後を迎えることができます。
また、扶養手当という項目で家族が増えた際に企業から毎月一定金額が支給されますので安心ですね。

一生フリーターでは生きていけない?

一生フリーターとして生きていくことは全く悪いことではありませんが、可能か不可能か?という部分では少し疑問が残ります。フリーターとしてのライフスタイルが好きでずっと続けていきたいというなら一生フリーターでも問題ないでしょう。実家に資産がある、不労所得がある、貯金が多いといったケース以外では、一生フリーターをするにはそれなりの覚悟が必要で、諦めなければいけないこともたくさん出てくるでしょう。

フリーターが困るのは老後、支給される年金額が少ないために一生フリーターで生きていく=一生働き続けるということになります。年金を支給される時期になっても生活していくために毎日働き続けないといけません。
老後はゆっくりと過ごしたいというなら、フリーター時代に貯金を一生懸命して老後に備えることが必要ですね。

フリーターをしていて不都合なことや収入が少ない、結婚をしたいと思う人が出てきたということが出てきたら正社員を目指すきっかけではないでしょうか。

厚生労働省「正社員とフリーターの違いアニメ」の偏見問題について

厚生労働省が公開した「僕らの明日~フリーターの現状に関する若者への周知・広報事業~」という働き方支援のアニメをご紹介します。

◆あらすじ
大学での勉強に興味が持てず「やりたいことを見つけたい!」と大学を中退した22歳男性が主人公、主人公はコンビニでアルバイトをしているフリーター。
アルバイトにもやる気が感じられず、お客様には失礼な態度をとり、物語のはじめから店長に注意されますが、反省もせずにSNSで店長の愚痴を書き込む始末。
SNSの書き込みを見た友人たちは「いいかげん就職しろ」「どこも一緒」という返信が。
少し気持ちが焦り始める主人公と道端で出会った同級生…物語は進み正社員とフリーターの給料や働く環境の違いが紹介されます。
30歳になったとき、40歳になったとき…と正社員とフリーターではかなりの違いが生まれ、
そして定年退職、正社員は年金と貯金で第二の人生プラン、フリーターは学生アルバイトとほぼ同額の賃金でアルバイト継続中…
将来に不安を感じた主人公はハローワークに通うように。

正社員とフリーターの格差を見せて就職への注意喚起を促すアニメですが、フリーターへの偏見があると話題になっています。
頑張っているフリーターもいますし、正社員になろうと努力しているフリーターもいて、格差を明確に表したこのアニメが批判される理由など賛否両論あるのは分かりますが、多くのケースではアニメで紹介されている将来が現実ということも。
ただ何となくフリーターをしている方もいれば、夢ややりたいことのためにフリーターをされている方もいて、全てのフリーターがダメというわけではありません。正社員になっても確実に将来が安定するわけではないですし、社会を支えているのもフリーターということも忘れてはいけません。
ただ、フリーターが将来的にも不安定という部分は共感できます。主人公のようにやりたいことを見つけるためにフリーターをするのは現実的ではなく、恵まれた職場環境で正社員として安定した生活をしていればやりたいことも自ずと見つかるのではないかなと筆者の個人的な意見。
正社員として選びたくなる企業があれば、フリーターではなく正社員を選ぶのではないでしょうか。

正社員になりたいと思ったフリーターは転職エージェントに登録すべし!

フリーター生活を辞めて正社員として働きたい!という方はまずは転職エージェントに登録することをおすすめします。
「転職エージェントってなに?」という方へ簡単にご説明すると、求職者とのキャリア相談で企業とのマッチングを行い正社員としての就職支援を行ってくれるところです。
就職支援では、履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削やアドバイス、面接対策といったことや、企業との条件交渉や日程調整などの代行を行ってくれます。
初めて就職活動する方にとっては心強いサポーターとなってくれるでしょう。
一人での就職活動には不安がつきものですが、プロのキャリアコンサルタントのアドバイスによってスムーズに就職活動を進めることができますし、自分に合った就職先を紹介してくれますのでミスマッチ退職が少なく、一般の求人情報には出ていない非公開求人も多いので、優良企業や良案件の求人情報が多いということもメリットです。
エージェントによっては、フリーター期間が長い方、未経験の方でも歓迎の求人情報を紹介してくれたり、エージェントが開催している研修に参加できたり、書類選考なしで企業面接に進むことができたりとフリーターにとっては嬉しいサービスを受けることができます。
気になるエージェントの利用料金は無料なので安心してくださいね。

正社員へのステップアップならDYM就職!

DYM

DYMは就職成功率、驚異の96%!これまで5,000人を正社員おして就職させており、優良企業求人数は2,000社となっています。

エージェントが二人三脚でしっかりとサポートをしてくれるので、安心して就職活動に取り組めるのも自慢のポイント!

就職成功者の声

  • DYMに会員登録したら、すぐ良い求人に出会えました!
  • 登録後すぐに連絡をくれて、翌日にはエージェントの方と面談が出来て、とにかくスピーディーでした!
  • 入社するまで、しっかりとサポートしてくれました!

実際にDYMを利用した方達からこのような声がありました。
生の声や体験談って大切ですよね!!

DYM 4つの特徴

1.10代、20代向け
2.ニート、フリーター、第二新卒、既卒向け
3.学歴や経歴が不安な方でも大丈夫!
4.書類選考なし!

フリーターと正社員の最大の違い

フリーターと正社員の違いには、給与差や生涯賃金、雇用の安定、生活の充実と様々ありますが、最大の違いは企業側の視点。

労働者へ人件費を支払うといった点では違いはないように見えますが、正社員の場合企業側は投資の人材とした視点をもちます。
正社員は給料の他に昇給や賞与があり、「これからこの人材に対してどれだけ投資をしたら自社に実績としてかえってくるだろう」という期待が企業内で検討され、期待する人材に対して企業は昇給やボーナスアップとい金銭的な投資をするわけです。正社員が研修やセミナーに参加できるというのも企業が人材育成を期待して投資をしているという理由です。
企業が投資という視点を持っているからこそ、給与面や雇用の安定といったフリーターにはないメリットが生まれるということになります。

一方フリーターの場合はというと、いくら仕事ができる人材であってもコスト=経費という視点に過ぎないというのが本音。経営状況が悪い場合には一番初めにカットされるのがフリーターの人件費ということになります。


フリーターにおすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
DYM就職
DYM就職
学歴や経歴に不安のあるフリーターの就職サポート
フリーターからホワイト企業の正社員へ。登録・利用無料で経歴に自信のないフリーターも書類選考なしでダイレクトに面接へ。正社員求人100%で正社員を目指すフリーターにお勧め。全国7カ所の拠点があり地方の求人にも対応。
就職Shop
就職Shop
高卒フリーターに特化した就職支援サービス
高卒者の就職ノウハウで職歴ゼロでも正社員を目指すことが可能。求人数の種類が多く、あらゆる業界の求人情報を保有し転職者とのマッチングを可能にしてくれます。取材した求人情報のみ取り扱っているため優良企業とお墨付き。
ハタラクティブ
ハタラクティブ
成功実績約6万人!若手フリーターの就職支援
ブランクあり、未経験OK案件多数でフリーターも安心。就職サポートが丁寧で応募書類の添削や面接対策が充実。経歴・学歴・スキルを問わず利用OK。ポテンシャル重視の企業案件多数で内定率は驚異の80%超え。
アイデムスマートエージェント
アイデムスマートエージェント
地域密着型の就職支援サービス
運営は求人広告で有名な株式会社アイデム。40年以上の実績があり、企業との強いネットワークが転職支援に活用。カウンセラーのキャリアカウンセリングが充実し幅広い業種・職種から自分に合った仕事を選択可能。
UZUZカレッジ
UZUZカレッジ
業務直結のビジネス研修が充実した就活サポート
書類選考通過率97%!内定率90%以上!業界ごとの書類対策、面接対策が充実。企業の定着率95%と高くブラック企業への就職が心配なフリーターも安心。業界未経験でも各専門コースの研修で知識とスキルを習得し就職へ。


フリーターにおすすめ関連記事

フリーターが使うべき就職支援サイト10選
フリーター生活に終止符を打ち、そろそろ正社員に。フリーターの就職活動を全力サポートしてくれる就職支援サイトだけを集めました。
自由最高!正社員よりフリーター!
正社員は拘束時間が長いし嫌だ!フリーターの方が自由だし楽しい!現在は正社員で、退職してフリーターになる事を考えている方は必見です!
フリーターと正社員の違いに誰もが驚愕
フリーターと正社員ってこんなに違うの?!その差を解説していきます!
知らなかった!フリーターの確定申告
私はフリーターだから確定申告は関係ない!と思っているそこのあなた、必読です。
フリーター女性が急増中?!
今、女性のフリーター率が高まってきています。女性の未来予想図について、女性目線で徹底分析します。
フリーターから正社員になるコツ
正社員になりたいけど、どうすればなれるのか分からない!もう書類選考や面接でも落ちたくない、という方に正社員になれるコツを伝授します。

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
56,966views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
24,136views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
3
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
22,682views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
4
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
21,373views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
5
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
16,197views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
6
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
15,825views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
7
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
15,023views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
8
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
14,183views
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
9
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
11,569views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
10
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
11,085views
ページのトップへ