ワークゲート

ワークゲート まとめ

ワークゲート 特徴

更新曜日:毎日 求人数:104938件

ワークゲートはアルバイト・正社員・派遣スタッフを中心に求人情報を発信している転職支援サイトです。

日本全国の大手企業から中小企業、個人経営店舗まで、取り扱っている案件はバラエティに富んでいます。職種や業種、勤務する地域、沿線・駅などで細かく条件指定検索ができるのも魅力。

なんといっても最大の強みは「求人募集期間に間に合わなかった……」というがっかり感がないところ。ワークゲートなら、掲載されている求人情報すべてに応募することができます。

常にフレッシュな求人情報を発信

求人情報サイトをチェックしているとよくあるのが、「いざ求人に応募してみたら、すでに募集を締め切っていた」という事態。

求人企業と求職者の間に転職サイトが入るとどうしてもそのようなタイムラグが起こりうるのですが、ワークゲートなら心配いりません。

ワークゲートは、「スピーディーな採用を実現」という思いのもと、求職者と企業を支援している総合求人サイト。企業側でいつでも人材の「募集停止・募集再開」ができるので、公開されている案件は実際に求人募集中ということになります。

リアルタイムで募集・採用が行われるので、応募後の対応もスムーズかつスピーディー。仕事や雇用条件に対する疑問や不安があれば、応募する前に各企業へ 質問することも可能です。

「一日でも早く働きたい」と焦る気持ちも理解できますが、就業後のミスマッチを防ぐためにも求人情報をしっかり読みこんで、疑問点は事前に解決しておくことが大切です。「急がば回れ」が採用への近道だと言えるでしょう。

正社員を積極採用中の企業が多数

ワークゲートでは正社員求人が毎日更新されており、未経験・初心者も積極採用中です。

非正規雇用から正社員への転職は、特にタイミングや企業との相性が重要になります。おいしい案件は募集が集中するので、気になる求人情報があったらなるべく早めに質問・応募をすることをオススメします。

その一方で、これまでのスキルを活かす転職では即戦力が求められるケースが多数。自分の経験やスキル、仕事への考え方をしっかりと伝えられるよう、下準備は欠かせません。

ワークゲートの転職情報は、正社員・契約社員・正社員(人材紹介)・業務委託に分かれています。社員募集とひとくちに言っても概要はさまざまなので、自分に合った働き方はどれなのかチェックしておきましょう。

あらゆる雇用形態の正社員情報を掲載

正社員の求人

雇用期間が定められていない正規社員の求人。一般的に「会社員」呼ばれるのは正社員です。月給制の会社が多く、収入が安定しており、賞与や退職金も望めるのが正社員のメリット。社会保険や福利厚生などのサービスも受けられます。

契約社員の求人

期間を定めて企業と契約を結ぶ社員の求人。正社員とは異なり、数ヶ月から一年程度の雇用期間が決められています。契約が更新されなければそのまま退職。メリットとしては、「転勤がない」「希望の勤務地・時間で働ける」など。会社によっては社会保険や福利厚生を利用できます。

正社員(人材紹介)の求人

人材紹介会社を通して募集している正社員の求人。 企業に直接応募するのではなく、民間の職業紹介サービスを利用します。転職に役立つアドバイスやキャリアプランニング、面接訓練、入社までトータル的にサポートしてくれます。

業務委託(委託先勤)の求人

企業や組織に所属せず、フリーランスとして自由契約・活動をしている方向けの求人。いわゆる自由業や個人事業主を指します。クリエイティブな仕事が多く、指定された場所や自宅で業務を行います。

働き方自在!多種多様なバイト情報

ワークゲートではアルバイト求人も豊富に取り扱っており、給与・勤務地・最寄り駅・勤務時間などのほか、3つの求人形態から選べます。

急募のバイトは好条件・高収入の案件が多いですが募集期間が短め。希望に合った求人情報には、早めにエントリーするのがオススメです。

アルバイトの求人

一般的にアルバイトは、「一週間の労働時間が正社員より短い者」「勤務日数が少ない者」となっています。バイトとパートの境目は曖昧ですが、法律上では両方とも「パートタイム労働者」として扱われます。「自分のライフスタイルを優先できる」「短時間だけ働ける」といった点がメリットです。

短期アルバイトの求人

希望次第で長く働けるアルバイトとは異なり、会社の繁忙期や人出不足の時に募集されるのが短期アルバイトのスタッフです。職種は引越しスタッフ・イベント&コンサートスタッフ・短期プロジェクトなど多種多様。一日のみの単発バイトや一週間・一ヶ月の短期バイトがあります。「面接なしで働けることが多い」「日払いの案件が多い」「働きたい時だけ働ける」「単発バイトは高収入が多い」などメリットも多数。

業務委託・在宅・SOHOの求人

「在宅・SOHO」とは、個人事業主として業務委託契約をすることを指します。在宅ワークが中心で、自分のライフスタイルに合わせて作業量を調整できるのが魅力です。人付き合いが苦手な方にもぴったりな働き方でしょう。デメリットとしては、「仕事の量が一定ではない」「毎月の収支がが安定しない」などが挙げられます。

正社員も目指せる2つの派遣スタイル

正社員・アルバイト求人より派遣求人が充実しているのもワークゲートの特徴。毎日更新される派遣求人は6万件以上にも及びます。

求職者と派遣先のマッチングはスピーディーに行われるため、悩んでいるうちに募集が終わってしまうことも……単発バイトと同じく、気になったらすぐに行動することが大切です。派遣会社との面接では、業務内容の確認や要望を伝えることもお忘れなく。

派遣社員の求人

派遣社員が所属するのは、勤務先企業ではなく人材派遣会社です。企業と人材の間に派遣会社が入り雇用契約を結ぶため、給料も登録している派遣会社から支払われます。
不満や要望は派遣会社を通して伝えることができ、就業前に職場環境などを確認してもらえるのが派遣スタイルの強み。給与は時給制が多く、アルバイトやパートよりも高めに設定されています。

紹介予定派遣の求人

「ゆくゆくは正社員として働きたい」「企業選びは慎重に進めたい」という方におすすめなのが「紹介予定派遣」です。3~6ヶ月のあいだ派遣スタイルで働き、企業との双方合意により直接雇用となるかが決まります。
「未経験の仕事にもチャレンジしやすい」「ブラック企業を避けられる」といったメリットがあるほか、「スキルはあるが実務経験がない」という場合でも転職成功のきっかけとなります。必ず正社員になれるわけではない点は要注意。

ワークゲート おすすめ理由はこの3つ!

新鮮な求人情報!

ワークゲートでは、求人情報をリアルタイムで管理しているので、いつでも募集可能な求人情報を見ることができます。「せっかく問い合わせたのに応募が終了していた。」というようなことがありません。掲載されている求人情報は間違いなく募集中なので、問い合わせればスムーズに話が進むでしょう。また、企業からの依頼があれば、その日のうちに掲載を開始することもあるようです。頻繁に見に行って新しい情報を取り入れ、テンポよく転職しましょう。

応募前に質問できるから、ミスマッチを防ぐ!

珍しい機能で、とても便利です。応募しようか迷っている、今持っている疑問・質問が解決すれば応募するのにな。という人にオススメの機能です。使い方も簡単で、求人情報の詳細ページの「企業に質問する」というボタンから、メールを送るような感覚で必要事項と質問を入力、確認して送信すれば完了です。この機能を利用することで、入社してから「思っていたことと違った!」などミスマッチがなくなり、求職者側も企業側も気持ち良く働くことができます。

便利なスカウト機能!

ワークゲートのスカウト機能は、企業と自分の間に中継がないので、ダイレクトにやり取りできます。質問などの連絡をこちらからしたときも、直接企業の採用担当者に届いて直接返事がもらえるので、時間のロスがありません。また、スカウトを受けたくないときは、自分の履歴書を公開しない設定にしておけば、スカウトされることはありません。自分で求人情報を探すのと同時にスカウトも利用すれば、自分の求めている情報以外にも、どんな企業に求められているのか知ることができます。

ワークゲート 職種・こだわり条件ランキング

ワークゲートが強いのは?

こだわり条件

  1. 未経験者歓迎
  2. 交通費別途支給
  3. 土日祝日が休み
  4. 学歴不問
  5. シフト制
  6. 第二新卒OK
  7. 年齢不問
  8. ミドル・40代・50代歓迎
  9. 高収入
  10. 主婦歓迎/

※ワークゲートより参照→

職種

  1. 介護職(ケアワーカー系)
  2. 看護師・栄養管理し・保健指導係
  3. サービス系
  4. 販売系
  5. アパレル・ビューティー・健康系

※ワークゲートより参照→

ワークゲート 求人について

総合求人サイトなので、様々な業種、職種、雇用形態の求人が掲載されています。たくさんの求人情報サイトと提携しているので、求人の量も最大級です。珍しい求人や大手サイトでは取り扱わないような求人もあるので、楽しみながら求人検索できそうですね。

ワークゲート 上手に使うコツ

Pointワークゲートは毎日更新!

自分専用のメールマガジンが届く

自分の希望の条件を登録しておくと、その条件に合った最新の求人情報を週に3回メールで届けてくれるサービス。最新情報をこまめに送ってもらえるので、気になる求人にはすぐに反応でき、このサービスを利用することで、時間を無駄にすることなく転職活動を進めることができます

働く上で役立つコンテンツ

ワークゲートトップページの右下にある「働く上で役立つコンテンツ」をクリックすると、転職活動だけでなく、働くうえでとても役に立つ情報がたくさん載っています。中でも、「働くためのお仕事用語集」と「就職・転職に役立つ仕事資格集」は興味深い情報が掲載されていて、読んでおけば履歴書の自己PRや面接がより濃い内容になるでしょう。

ワークゲート 上手に使うコツ

My履歴書を入力、登録して設定を「公開」にしておきましょう。そうするとスカウトが届くようになります。また、自分仕様に設定したメールマガジンも受け取れるようにしておきましょう。自分の希望に合った求人情報の最新のものを届けてくれます。スカウト機能、メールマガジン機能をしっかり利用して転職活動を進めていきましょう。

口コミ評判ランキング

  1. 求人数が多い
  2. 更新日が多くて情報が新鮮!
  3. コンテンツの充実
  4. サービス機能がおすすめ
  5. 地方の求人が充実している

ワークゲート口コミ

女性(26才)

仕事には何の不満もありませんでしたが、趣味の習い事との両立を図りたいのだと前々から思っていましたので、ワークゲートの転職支援サービスを使うこととしました。サイトの構成が分かりやすいという点は良いように感じましたが、正社員より派遣社員の求人数の方が圧倒的に多い点は直した方がいいのではないかと思いました。

女性(24才)

前職はサービス残業が多く、週末も休日出勤があったりでなかなか友人や彼氏との時間が作れませんでした。約束してもドタキャンする羽目になったりとストレスも溜まる一方でした。常に仕事に振り回されているそんな日々でした。
そんな時ワークゲートを見て転職を決意しました。ワークゲートは在職している人の情報や福利厚生の面でも詳しく記載されていたので応募するにあたっての不安は全くありませんでした。給与や職場の状況も分かりやすく書いてあったので希望の職場も検索しやすかったです。
おかげで希望の職場に入ることが出来、今はプライベートも充実しています。
休みに急に職場からの電話で呼び出されることもなく習い事や友人と楽しく過ごせています。
あの時思い切って勇気を出して転職して本当に良かったです。

男性(25才)

前にいた職場では給料がとても高くて休日日数も多かったのですが、一日当たりの労働時間が長いというデメリットがあったため、仕事の日は心身ともに疲労する日々が続いていました。そのため、正社員から派遣社員へとチェンジし、長時間労働から解放されたいと思うようになったため、この度は転職を決意しましたね。転職活動をするにあたってワークゲートのサービスを存分に利用することに決めたのですが、その中で感じたことがあるんです。その感じたこととは、企業ごとのデメリットを把握しにくいということです。求人にはメリットばかりがうつるように感じたため、きちんと特徴が把握できるように掲載の仕方に工夫が必要なのではないかと思いました。

女性(27才)

派遣社員として長い期間を働いていました。派遣社員には多くのメリットがあるんですよ。例えば、定時で帰ることができたり、給与が通常の正社員とほとんど変わらなかったり、責任をそこまで背負う必要がないということであったりと、身分に助けられてきたところはたくさんあったと思います。しかし、かつていた職場で派遣社員として働き続けるとなると、キャリアアップを見込むという点では全く厳しいものであったため、正社員になってキャリアをしっかり積んでいきたいと思い、転職することを決めました。転職活動は一人で情報を集めて頑張るということではなかなか厳しいものがあるため、私の場合はワークゲートのサービスを利用することによって転職を成功させました。このサービスの良いところは、正社員の求人掲載数がとても多いということですね。憧れの正社員についての情報量としては十分に示されていたのだと感じましたので、感謝です。

男性(28才)

前にいた職場での最大のメリットが給与でした。周囲の友人に比べても群を抜くくらいの給与をいただいていたため、そういった意味ではとても幸せだったのかもしれません。しかし、私が個人的に納得がいってなかったのが残業の多さです。夜遅くまで会社に残るということも珍しくはなかったため、そういった日は家に帰っても疲れてすぐ寝てしまうという日々が続いていました。そのため、残業時間が少ない職場環境へと変えることによって自分自身のプライベートの時間を大切にしていきたいのだと思っていましたので、思いきって職を変える決断を下しました。転職活動の最中でお世話になったのがワークゲートのサービスです。ワークゲートの転職サイトを利用したことによって転職をすることができたといっても過言ではありませんが、個人的には、もっとエリアごとの正社員の求人数が多い方が選択肢の幅が広がっていいのではないかと思いましたので、そこは改善の余地があるでしょう。

女性(31才)

前職が営業だったこともあり、土日出勤も多く、朝早くから時には終電間近まで会社にいることもあり、プライベートの時間を持つことができなかった為転職を考えました。また、会社の雰囲気も自分に合わず、充実した生活を送ることができませんでした。新しい仕事先が決まったら転職しようと考えていた為、かなり条件を絞って調べたいと思っており、条件やフリーワード等で絞ることができるワークゲートを使用しました。絞って検索することで少ない会社から選ぶ事ができるということ、また1つの会社の求人をみると他の職種などをみることもでき、職種よりも会社の雰囲気などで決めたいと思っていた私には非常にありがたいものでした。会社のPRコメントも、少ない文章ではありましたがほとんどの会社が簡潔にまとめてあり、長く会の今までの実績を書くよりもわかりやすかったと感じました。しかし、社内の雰囲気や外観などをみることができる写真の掲載はとても少なかったのは残念に思いました。会社で働いている人、働いている雰囲気、また会社の近辺の様子などは会社選びに非常に重要な項目になります。写真や動画などでのPRも今後は検討していただけると良いと思います。

男性(38才)

派遣社員として長年一つの企業に勤めてまいりましたが、重要な仕事は基本的に任されることはなかったため、本当に今のままでいいのかということは日ごろから疑問に感じていたところでした。また、派遣社員ということで身分も安定していないと思っていたので、待遇を改善させて仕事にやりがいを見出すためには、今の会社を辞めて正社員を目指して頑張るしかないのだというように考えました。そのため、会社においてお世話になった方々には大変に申し訳ない想いではあったのですが、勇気を振り絞って退職をする決断をしました。退職した後は本格的に転職活動をする必要があったので、ワークゲートの転職を支援するサービスを活用していくことに決めました。ワークゲートの転職サイトを活用する中で良いと感じたことは、求人を検索する際の条件設定の幅広さです。こだわりが多くあった私としては、条件を多く指定することができる形で企業選びができるというのは非常に嬉しいことでした。サイトの使い勝手がとても良かったという点が素晴らしいですね。そのおかげで憧れだった正社員として会社に入ることができたため、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

男性(33才)

転職活動を進める中でもはや欠かすことのできないツールだといっても過言ではない転職サイト。正直なところ数年前までは、2,3の大手サイトだけが、しっかりとしたサポートをしてくれるという印象がありましたが、いやはや決してそんなことはありません。ワークゲートという転職サイトをたまたま知り、そして活用するようになったのですが、これがなかなかどうして、かなり優れたサイトなんです。私が特にいいなあと感じたのは、地方圏の求人も充実しているということです。これまで、他のサイトを使って、転職活動を進めてきましたが、私が住む地域の求人はかなり少ない印象がありました。しかも、地元の企業ではなく、全国チェーンのものがその多数を占め、何というか、親近感がわかないんですよね。一方でワークゲートには、地元ならではの求人情報が多数掲載されているんです(たまたま運が良かったのかもしれませんが)。これは地元での転職を希望していた私にとっては大変有益な情報であり、実際にワークゲートを通じて無事に転職できたのです。まあ、求人というのは、ある意味でめぐり合わせの要素を多分に含んでいるとは思いますが、あれだけ多くの魅力ある求人が掲載されているのも珍しいと思います。ワークゲートを活用してそんな風に感じました。

男性(35才)

あたりさわりのない求人サイト、という印象でした。
正社員としての転職情報を得たかった私にとってみれば、今後使うことは無いであろうサイトであるともいえます。
正社員、派遣、アルバイトなど、とにかく多様な求人情報だけを集めた感じで、業種やこだわりで検索できるものの、他社と比較して、これといったとびぬけたサービスや機能が感じられなかったので、敢えてこのワークゲートを利用する意味は無いと感じました。
働き方を迷っていたり、第二新卒で何がしたいかわからないなどの場合は、まずはこのサイトから始めてみても良いかもしれませんが、私くらいの年齢になってみると、このサイトを利用して転職をする人は、よほどのコトがない限り、いないような気がします。
ステップアップ、経済的に多くもらえる企業、安定した企業など転職に良くあるような条件で探すサイトではないですね。
改めて申し上げると、いたって特徴ない、普通の求人サイトであるといっていいのではないでしょうか。
逆にいえば特徴がないからこそ、このサイトを利用してみたいと思える理由が見つかりませんでしたので、転職を考え始めてどこのサイトが良いのだろうと色々と見ていたころ以来、使っていません。

女性(35才)

過去転職を考えていた際には、迷って準備が間に合わなかったりでいつの間にか募集が終了していた事があります。こちらのワークゲートでは毎日更新されるという事なので毎日確認ができるところが一つメリットとしていいなと思いました。
転職前にして色々不安な事もある中、これまでの情報サイトだと応募前につっこんだ質問とかもする事ができず面接にこぎつけた際に色々質疑応答される事が普通でした。実際質問ありますかと言われても人によっては質問しずらくて何も言えずに終了してしまう人も多いと思います。応募前に質問ができるのであれば事前に心の準備もできるし自分の条件と合えばさらにこの会社に合格したいという思いが強くなると思います。
自分がどんな企業に求められているのかというのは第三者的感覚で見ていないとわからない事があります。自分を客観視することはとても大事だと思いますが、実際どういう企業が自分を求めているのかがわかるのは自分の強みにもなるしそこを伸ばしていこうという気持ちも生まれると思います。入社してからこんなはずじゃなかったという後悔をしても次に踏み出すのが難しかったりもするのでなんでも事前の準備心構えができるというのはとてもメリットが多い事だと思います。

ワークゲート まとめ

転職サイトまとめ一覧

リクナビネクスト
リブズキャリア
MIIDAS
Switch.
doda
はたらいく
とらばーゆ
バイトル社員
type
ワークゲート
ピタジョブ
キャリコネ
キャリアインデックス
キュリア
マイナビ転職
求人革命マンモス
イーキャリアFA
イーキャリア
キャリアトレック
キャリアカーバー

 
参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷