【ワークポート】悪い評判が多いのにNo.1の理由とは!?


ワークポート


▶▶ 【ワークポートへ突撃インタビュー】未経験からITエンジニアを目指せる!?

総合転職エージェントの「ワークポート」

ワークポートは、ITやWEB業界の転職サービスを展開していた会社で、IT業界に強みを持っています。
現在は、総合転職エージェントとして幅広い業界への転職を支援しています。
転職エージェントは、専門のコンサルタントのサポートを受けながら転職を行うサービスのこと。

ワークポートでは、コンサルタントのことを「転職コンシェルジュ」と呼んでいます。

コンシェルジュが、「求人探しや職務経歴書の書き方」「面接の受け方などのアドバイス」「これからのキャリアをいかに築いていくのか」などについて、転職に関するさまざまな内容の相談も受け付けます。

転職者向けサービスには、転職サイトもあります。
転職エージェントと混同している人もいるかもしれませんが、両者のサービスは内容が異なります。

転職サイトは掲載されている求人情報から自分の希望に合ったものを探して、自分で応募するスタイル。

転職エージェントが手厚いサービスを行うのに対し、転職サイトではマイペースに仕事探しをすることになります。

ワークポートがIT業界に強い理由

ワークポートに登録した人の口コミ、評判

▶▶ 未経験からIT・WEB業界に転職した話

ワークポートのメリット

ブラック企業は排除!IT転職に強い!

IT・ゲーム業界に強い転職コンシェルジュで有名なワークポート。IT業界の求人数は7,000件。ITエンジニアだけでも常時4700件の求人。IT業界の求人を扱うエージェントの中でもトップクラスの求人数です。専任の転職コンシェルジュはシステムエンジニアやプログラマー経験者が多いのも特長。業界の内情や最新動向に精通していており心強いサポートが受けることができます。未経験者にも親切で、仕事内容や業界ならではの事情も詳しいと評判です。
 転職と言えば心配なのはブラック企業。ワークポートは、応募する企業の内情にも精通しているので「入社してみたら違った・・・」などのミスマッチを防ぎます。とくにITでは絶対にブラックを避けたいところですが、残業時間や研修体制も事前にチェックできるので安心です。

専任転職コンシェルジュによる丁寧なサポート

専任の転職コンシェルジュによりきめ細かいサポートに定評があります。特に面接や書類選考対策に力を入れており、過去10年間のデータを分析し、面接対策を繰り返し実施。転職成功者の情報を元に応募企業や採用担当者の性格分析まで行い最適な書類の書き方を指導してくれます。
細やかなな転職が受けられるので、IT志望のフリーターやニートの方に特におすすめです。
転職未経験者向けサービスでは、東京・大阪・福岡で転職ノウハウセミナーを定期的に開催。不安や疑問を解決するサポートが充実しています。
もし担当コンシェルジュの相性がよくないという場合は、担当コンシェルジェ変更窓口から変更が可能です。

スケジュール管理システムでスムーズな転職

独自のスケジュール管理システム「eコンシェルジュ」は、転職活動状況を一括で管理できる多機能ツールです。
面接スケジュール管理や応募求人管理、条件に合う最新の求人の自動表示、担当コンシェルジュとのメッセージ送受信など、転職活動で必要なやり取りや情報管理がこのツールひとつで一元管理ができます。時間や場所を問わずいつでも転職活動ができると大好評です。
スマホにも対応しているので移動中でも手軽に職探しができます。

未経験からの転職にも強い!

ワークポートでは、未経験からの転職や、はじめての転職にも強みがあります。

IT業界に特化したサービスとして実績を積み重ね、業界企業との信頼関係も築いていますから、未経験OKの求人も多く紹介しています。

社会人生活から離れている、いわゆる「ニート」であっても転職コンシェルジュのサポートを受けて転職に成功した、という声も多くあがっています。

未経験OKの求人職種ランキング

  • 1. 営業
  • 2. 接客・販売
  • 3. ITエンジニア
  • 4. オフィスワーク
  • 5. クリエイティブ業界
  • 6. ゲーム業界

未経験者や、新しくキャリアを身につけたいという人を対象にしたエンジニアスクールを運営しており、無料で受講することができます。

エンジニアとしてのスキルのほか、模擬面接や書類の添削など、転職を成功させるための総合的なレクチャーがあります。

他にも、未経験者専門のサービスや、チャットで相談できるアプリなども関連サービスとして展開しているので、「経歴に不安がある」「転職できるか心配」という方にもおすすめです。

ワークポート利用の流れ

ワークポートのサービスは全て無料です。

サイトからサービスの申し込みを行うと、数日のうちにサポートグループからメールが届きます。

まずは、転職コンシェルジュとの面談が行われます。

ワークポートの拠点に来社し、これまでの経験やスキル、なぜ転職をしたいのか、どういった仕事に就きたいのかについてのヒアリングをします。

ここで、伝える内容によって、紹介される求人が決まってくるので、自分の想いを整理してしっかり伝えられるとよいでしょう。

ヒアリングの内容に沿って、求人情報が紹介されます。ワークポートの求人に、非公開求人が70パーセント以上。

非公開求人には、人気企業、有名企業で、応募が殺到するのを避けたい求人や、一般には公開できないプロジェクトに関する求人、急いで募集したいため、公開する時間がないなど、好条件の求人が多いのが特徴です。

そういった求人に応募するチャンスがあるのが、エージェントサービスを利用するメリットの一つです。

応募企業が決まると、履歴書などの応募書類を作成します。こういった書類の作成は、一人で行うと悩んでしまいがちです。

また、応募する企業によって、何をアピールすればよいのかというポイントは異なりますが、そういった情報は個人レベルでは集めることが困難です。

コンシェルジュから、応募企業に合った書類作成のポイントについてもアドバイスを受けて作成を行います。

無事に内定をもらってからもサポートは続きます。転職活動で内定をもらえることは嬉しいものですが、給与についてなど、条件面の交渉を自分でするのは気が引けてしまう、という人は多いです。

ワークポートの転職コンシェルジュは、入社日や条件面の交渉も担ってくれますし、現在勤めている会社との退社についても相談できるので安心です。

ワークポートの求人

ワークポートはIT・WEB系の求人に強みがあるため、ソフト開発/システムエンジニアが最も多くなっていますが、営業やものづくり系、事務など、幅広い職種を扱っています。

未経験OKの求人職種ランキング

  • 1. ソフト開発/システムエンジニア系
  • 2. 営業系
  • 3. ものづくり系エンジニア
  • 4. クリエイティブ系
  • 5. ゲーム関連
  • 6. 事務・管理系
  • 7. 建設・土木
  • 8. ネットワーク系
  • 9. サポート系
  • 10. 販売・サービス系

ワークポートオリジナルツールで転職活動を効率化

気になる求人の管理、応募したい求人の保存、応募した企業、面接に進んだ企業など、転職活動を積極的に行っていると、自分の転職活動の進捗状況を管理することがわずらわしくなってしまうことがあります。

ワークポートでは、そういった手間をわかりやすく管理するツールを用意しています。

案内された求人一覧や応募した企業の選考状況、面接スケジュールも表示されます。気になる求人をコンシェルジュへ問い合わせする際も画面上で簡単に行えます。

もちろんスマホにも対応しているので、移動中などでも楽に確認できます。多くの企業を候補に入れて、転職活動を行う手助けになるツールです。

また、転職活動に必須の履歴書や職務経歴書について、サイト上からサンプルをダウンロードすることができます。

内容も職種ごとに28パターンも用意されています。ゼロから自分で考えると無駄な時間を費やすことになりかねませんが、サンプルを参考にすることで効率的に作成可能です。

さらに、ワークポートには無料で撮影できるスピード証明写真機が完備されています。

応募するたびに必要になる証明写真ですが、撮影費用もなかなかのコストになってしまうものです。ワークポートに来社した際に利用すれば、コストダウンになりますね。

IT・WEB業界に強い

ワークポートはIT・WEB業界に強みを持つ転職エージェントです。

未経験からの転職でもチャンスが多いことから幅広い層に支持されています。

転職コンシェルジュに相談しながら、着実に転職活動を進めたい人にオススメのサービスと言えます。

IT・WEB業界での求人数、活気はトップクラス

ワークポートは今非常に勢いのある転職エージェントです。

同社は全体の求人数、採用決定数は大手エージェント及ばないものの、IT・WEB業界の求人数は随一で、この分野においては大手エージェントとくらべても引けをとりません。

副社長がもともとエンジニアであり、社内システムも全て内省化していることからもこの分野に関する同社のこだわりが感じられ、この成果はまさにここが源流なのではないかと考えます。

また、社内を見学させていただいたこともありますが、非常に活気にあふれ、エージェント一人一人のやる気が感じられました。

求職者にとって素晴らしいエージェントではないかと思います。

IT職を探しながら他業種もチャレンジ可能

IT・web業界は全ての業界において求人数の多い業界だと言われています。

実際、全ての業界の求人を網羅しているリクルートエージェントの中ででも、一番採用決定数が多いのはIT・web業界です。

その求人数が多い業界に特化して採用を支援しているため、採用決定数も非常に多く多数の実績を出すことができています。

また、最近はメーカーやサービス業界などIT・web業界以外の求人獲得にも力を入れています。

そのためIT・web業界を中心に応募しながら、他業界の求人も応募できるという汎用的な転職活動を行うことも可能です。

また、同社は求人エントリー等を自社で製作したサイトから行うことができます。

当サイトは非常に使いやすく、自身が応募した案件管理等も簡易的に行うことができるため非常に転職活動の負担を減らすことができます。

IT・WEB業界を始め未経験OKの求人も多数あり

ワークポートはIT・WEB業界を始め、他の業界の未経験求人も多数紹介してくれます。

エージェントというと経験者が優遇されることがほとんどで、大手エージェントとなると更に未経験の転職は難しいとされます。

ですが、ワークポートは未経験者の転職も手厚くサポートしてくれる上に求人も豊富です。

IT・WEB業界に特化しているため、未経験からエンジニアなどIT・WEB業界に転職して活躍したいという方も遠慮なく登録できます。

また、最近はエンジニアに関わらず他の業界・職種の求人にも力を入れているため、IT業界以外で転職を考えている方も心配することなく、サービスを受けることが可能です。

公開されている未経験求人だけでも800件以上ありますので、求人を幅広く紹介してほしいという方にもオススメできるエージェントです。

eコンシェルの機能

eコンシェルは登録者だけが利用できる、ワークポートのオリジナル転職支援ツールです。転職活動がスムーズに行える便利な機能が揃っています。

  1. 面接スケジュールの管理
  2. 一目で面接日を確認・管理ができるので、うっかりして忘れてしまった!
    なんてことがありません。また、自分が選考を受けている企業の最新情報も入手できます。

  3. 応募求人の確認
  4. 紹介された求人を全て確認できます。また、応募した求人の選考状況や辞退した求人の確認、求人票の閲覧ができます。
    求人企業HPのリンクも貼りつけてあるため、気になる企業は応募前に徹底的に調べることも可能です。

  5. 登録者限定の求人検索機能
  6. 面談時に担当者に伝えた条件に近い求人が自動で送られ、自分の空いてる時間に確認ができます。
    また、ワークポートの求人を公開・非公開限らず、自由に検索することも可能です。

  7. 担当エージェントの連絡もスムーズ
  8. 急な連絡、直接言いずらいこともeコンシェルのメールサービスに頼れば担当者とコンタクトを取ることができます。

    空いた時間にメッセージの確認・返信が出来るので、時間を有効に使うことができます。

 

eコンシェルは、ワークポートが独自で開発したサービスなので他社エージェントにないところが強みです。

現職との両立等で時間がない方も、自分の空いた時間に求人チェックや担当者とやり取りができるサービスがあるため、転職活動をスムーズに進めやすいメリットがあります。

パソコンだけでなく、アプリもダウンロードできるのでスマートフォンでも問題なく使用することができます。
使用できるのは登録者だけなのでご注意ください!

 

求人票の内容が薄いのが改善点

一方で、以下の点は、ワークポートを利用する点で物足りないと感じます。

① 求人票の内容が薄い
② キャリアコンシェルジュ(キャリアアドバイザー)のスキルが物足りない
③ 企業に原則訪問しないため、企業担当者との関係が希薄 

ワークポートの考え方は、企業の営業担当が実際に企業に訪問しても訪問しなくても採用実績は変わらないという考えで、企業訪問そのものが原則無駄なものであると考えています。

そのため、求人票の内容が非常に希薄で、どのような採用ターゲットで、面接を受ける組織の人員構成など、どんな会社・仕事内容・職場環境なのかがはっきりしないことが非常に多いです。

そのような状況だと、法人担当者が自身の担当企業のことを分かっていないという状況となります。
すると当然その2次情報を取得するキャリアパートナーは企業に関する知識は当然さら希薄となります。

私は同社のサービスで人材紹介の業界にエントリーしましたが、キャリアコンシェルジュ(キャリアアドバイザー)より私のほうが主導で話を進めた経緯もありました。

また、法人営業担当者と企業担当との仲が良いと、裏で特別な求人をもらえたり、面接日程の調整をスムーズにできたりと求職者にとって色々メリットが発生するのですが、その状況を作ることもできないのも同業者として非常にもったいないように感じます。

転職業界人が語る ワークポートの評判 まとめ

ワークポートはIT・web業界の求人数が非常に多く、転職者決定人数も業界No.1と決定実績も高いです。

使用しているeコンシェルシステムも非常に使いやすく、求職者が転職活動を行うにあたって非常にメリットのあるサービスを提供しています。

一方、求人票や企業の情報については求人獲得の手法が電話とメールのみなので情報が非常に希薄です。
従って、2次情報を取得するキャリアコンシェルジュ(キャリアアドバイザー)の企業に対する情報の甘さが否めません。

また、求職者によっては、新たな求人を得られるチャンスを逃してしまう可能性もあります。

 

ワークポートが強いのは?

職種
■第1位 ITエンジニア(システム開発、インフラ)
■第2位 営業
■第3位 WEBサイト、インターネットサービス、ゲーム
■第4位 電気・電子・機械技術者
■第5位 管理・事務系
■第6位 マーケティング・企画・経営企画・管理職
■第7位 クリエイティブ系(広告、ファッション)
■第8位 施工管理・設備・環境保全
■第9位 建築・土木
■第10位 専門職(コンサルタント、金融、不動産)
※workportより参照→

年収
■第1位 年収301~500万円
■第2位 年収501~700万円
■第3位 年収~300万円
■第4位 年収701~1000万円
■第4位 年収1001万円~
※workportより参照→

【ワークポート 求人について】
電車広告でもお馴染みのワークポート。業界問わず、未経験からキャリアアップまで幅広く対応しています。IT業界に特に強みを持ちますが、職種・業界問わず扱ってており、丁寧なサポートから、転職決定人数ランキング第1位、The Best Matching Of The Year2014など様々な実績を持ちます。

東京本社のほかに大阪、福岡に支店があり、関西圏(大阪)・福岡の求人を多数保有。
ワークポート福岡のサイトでは福岡市長のメッセージが掲載され、UターンIターン転職支援にも力を入れています。

ワークポート ご紹介先企業例

ワークポート ご紹介先企業例
※workportより参照→

【紹介先企業例】
アカツキ、ディー・エヌ・エー、NHN PlayArt 、楽天、コニカミノルタ、サイバーエージェント、サイボウズ、カプコン、リアルスタイル、ガンホー、スカイウイル、GMOアドパートナーズ、ネクストビジョン、ドリーム・アーツ、ジャパニアス、スパイク・チュンソフト、エス・アイ・エス、シンソフィア、コーソル、比較.com、ブイキューブ、キャリアインデックス、システナ、SHT、スペース・ソルバ、エヌディーキューブなど多数

セイコ
【紹介先企業特徴】
10年以上前からIT専門でサポートしている草分け的存在であるワークポートは、ITへの転職にとりわけ強く、専門性の高い業界に求人を絞っているエージェントです。
得意とする業界はIT・通信・インターネット業界であり、業界自体現在最も求人ニーズの高い業界でもあります。職種ではITエンジニア、フロントエンドエンジニア、営業、管理・事務、WEB・インターネット・ゲームが得意分野です。ITエンジニアに関しては常に大手からベンチャーまで多数の求人を保持しています。
また、担当コンシェルジェにIT業界経験者が多く、他のエージェントでは得られない業界に関する情報を提供し、転職活動を手厚くバックアップします。


 

 

ワークポート突撃インタビュー

ワークポート 突撃取材

IT・WEB系の求人に強いと言われるワークポート

その専門性の高さもさることながら、転職コンサルタントを「転職コンシェルジュ」と位置づけ、手厚い転職支援をしていることで転職希望者から支持されています。
専任の転職コンシェルジュはどのようなサービスを提供してくれるのか?
その真相を探るべく、ワークポートの転職コンシェルジュ川勝様にお話を伺いました。

 

――他社では担当者のことを「コンサルタント」と呼ぶことが多いですが、ワークポートさんでは「転職コンシェルジュ」と呼んでいます。「転職コンシェルジュ」と「転職コンサルタント」の違いは何ですか?

転職コンシェルジュ バイスマネージャー:川勝 弘行氏川勝氏:ホテルのコンシェルジュをイメージしております。

転職希望者様の期待値を超えたサービスを提供できるようにという意味を込めて「転職コンシェルジュ」とさせていただいています。

東京オリンピック招致活動で滝川クリステルさんがおっしゃっていた「おもてなし」の精神
で、我々のサービスによって感動を与えられるよう、日々コンシェルジュとして転職活動をサポートさせていただいています。

 

――転職コンシェルジュとして期待される以上のサポートを目指しているとのことですが、ワークポートさんの特徴、これだけは負けないという点を教えてください。

川勝氏:まず1つ目の特徴は求人数の多さ。2つ目の特徴は独自のコミュニケーションツール「eコンシェル」を使った転職活動支援、3つ目は無料のセミナーを随時開催している点です。

――扱っている求人の特徴や傾向、非公開求人の割合を教えてください。

川勝氏:非公開求人は2016年12月現在で約19,000件を超えています。

取り扱い求人の特徴は、過去10数年間はシステムエンジニアやWEBサイトのデザイナーなどIT業界の職種が中心でした。

しかし、ここ数年は人材系・建設・不動産・医療業界の求人、職種では営業職や経理・事務・法務などの職種を取り扱い、業界・職種の幅は広がっています。

――全国から相談に来られることが多いのでしょうか?

川勝氏:そうですね。全国からの転職希望者様をサポートさせていただいています。

ワークポートは東京と大阪、福岡に拠点があり、近場の方には足をお運びいただいて面談させていただいています。

遠方にお住まいの方の場合、電話での面談も実施していますし、スカイプで面談を行うことも可能です。

――2つ目の特徴「独自のコミュニケーションツール」について詳しく教えてください。

川勝氏:転職希望者様お一人おひとりに「eコンシェル」というコミュニケーションツールをご用意しています。

就業中も「eコンシェル」で転職活動が可能「eコンシェル」では転職希望者様の適性やご希望に合った求人のご紹介はもちろんのこと、「A社とB社に応募したいです」といったコンシェルジュとのメッセージのやり取りも可能です。

転職希望者様のご経験やご希望を基にコンシェルジュが求人案件をご紹介させていただくほか、ご紹介する求人は、希望年収や希望勤務地、希望職種など登録者様のデータベースをシステマチックに掛け合わせて、「●●様へのおすすめ求人集」として提案もしています。
もちろんご自身で求人を検索して応募していただくことも可能です。

転職活動の大部分をこの「eコンシェル」で済ませることができるので、効率の良い活動ができると大変ご好評をいただいています。

――コンシェルジュとのやり取りもeコンシェルを通じて行えるのですか?

川勝氏:基本的にeコンシェルと電話とメールと3つのツールを使います。

しかし、最近はメールを使われることが減ってきているので、eコンシェルのメッセージボードを使ってやり取りすることが多くなってきていますね。現職中の方の場合、勤務中の電話対応が難しい場合が多いので、メールよりも使いやすいのではないかと思います。

ご好評をいただいていることもありPCに加え、スマートフォン(iPhoneやandroid)のアプリもリリースさせていただいております。

面接へ向かう電車内や、また、面接を終えた時などいつでも現在の転職活動の状況を確認・管理することができます。

A社は一次面接の合否待ち、B社は最終面接の調整中、C社は内定をもらっている、といったことがアプリ上ですぐに確認できるのです。

――3つめの特徴「無料のセミナー」について教えてください。

川勝氏:セミナーは転職希望者様のタイプによって大きく2種類あります。
それぞれの転職希望者様に合ったセミナーを提供しています。

1つ目は転職経験のない方や就業経験が少ない方、社会人経験が短い方向けのセミナー。

面接の基礎や、履歴書・職務経歴書の書き方などのこれから転職活動をするにあたって必要となる基本的なことを学ぶことができます。

2つ目は転職経験有り、社会人経験豊富、30代後半のミドル層の方向けのセミナーで、面接対策セミナーやレジュメ添削セミナーといったものをご用意しています。
こちらでは、書類選考や面接の通過率をアップするようなセミナーを受けられます。

このようなセミナーが無料で受けられるというのは大きい特長ですね。

――ワークポートでは転職活動のガイドブック「COMPASS(コンパス)」を無料で配布されていますが、冊子の内容を教えてください。

面談すると転職に役立つ情報誌をプレゼント!川勝氏:「COMPASS(コンパス)」は転職活動をサポートするための指南書です。

転職活動を始める前の心構えから書類作成や面接を受ける場合の注意点、面接でよく聞かれる質問集など、「転職に関することならこれを見れば何でもわかる」というくらい濃い内容になっています。

その他、就業しながら転職活動を平行して行われている方向けに、円満に退職するための心構えや手順、退職交渉方法の一例なども掲載しています。

転職希望者の方からのよくある質問も豊富に盛り込んでいます。

――「COMPASS(コンパス)」は誰でももらうことができるのでしょうか?

川勝氏:ご来社いただいた方みなさんにお一人1冊ずつお配りしています。
電車の中で読んでいても転職活動をしているとわからないような装丁になっています。

――コンシェルジュの名の通り、本当に至れり尽くせりのサポート体制ですね。
 

――「未経験の転職ナビ」など、未経験の転職・はじめての転職に力を入れていらっしゃるとのことですが、未経験の仕事への希望する人は多いのですか?どういった仕事への転職希望が多いのでしょうか?

川勝氏:多いです。未経験を目指す方には2パターンあります。

1つはキャリアチェンジしたい方、もう1つはフリーターや就業をされていない若年層の方です。
これから社会人スタートをしたいという方は多いので、そうした若年層のサポートに力を入れていけたらと思っています。

――若年層の方々はどういった仕事への転職希望が多いのでしょうか?

川勝氏:弊社が長年にわたりITに強いと謳ってきたからかもしれませんが、実務未経験でエンジニアを目指す方は多いですね。
その他飲食業界や販売業を希望される方も多いです。

――ワークポートはIT・インターネット・ゲーム業界に強いイメージがあるのですが、やはりそちらの業界に強いパイプをお持ちなのでしょうか?

川勝氏:ここは弊社が自信をもって言えるところです。

ワークポートはこれまでの十数年IT系求人に特化していたことからIT業界と深く強いパイプを持っています。
過去の選定状況や弊社経由で入社された方々からの企業内部情報、面接時に受けた質問の情報など、長年のIT業界への転職ノウハウがストックされています。

その情報を転職希望者様にアウトプットすることによって、そのパイプを活かせていると思います。

――「未経験の転職ナビ」では未経験からエンジニアへの求人が掲載されています。
未経験からエンジニアを目指すというのはハードルが高いように感じるのですが、ワークポートさんではこうした実績があるのでしょうか?

意欲があれば未経験からエンジニアを目指せる!川勝氏:あります。

例えば24歳で社会人経験2年、アパレル販売職の方が「手に職をつけたい」という理由でエンジニアを目指し、弊社経由でエンジニアとして採用されました。こういった例は弊社では頻繁にあります。

日本では近年ずっとエンジニアの不足が叫ばれていて、経験豊富なエンジニアを採用したくてもなかなか人材が集まらない状況にあります。
それならば未経験であっても意欲があり、ご自身で自己研鑽されている方に入社していただき、きちんと教育して成長してもらい、5~6年後に一人前になって活躍してもらおうと考えている企業様は多いです。

――フリーターや社会人未経験者の方でもエンジニアになることは可能でしょうか?

川勝氏:可能です。企業様は意欲があるかどうかを見ます。

なぜエンジニアになりたいのか?エンジニアになるために具体的にどんな努力をしているのかを提出書類上できちんとアピールできる方や、面接で意欲をきちんと伝えられる能力のある方は成功しています。

実際にスクールに通ったり、書籍を見ながら学習されている方、環境を構築してアプリまで作ってしまうような方は何社からも声がかかるケースがあります。
 

――応募者の中で若年層とミドル層の比率を教えてください。

川勝氏:ミドル層7、若年層3の割合です。

――社会人経験豊富なミドル層は今の仕事からさらにステップアップしたいという方が多いのでしょうか?

川勝氏:20代後半から30代半ばの方は、さらなる年収アップや一段階上にステップアップしたいという希望がありますので、それを実現するためのアドバイスをさせて頂いております。

――どういう人が転職成功しやすいですか?

前向きでポジティブな人が成功をつかみ取る川勝氏:ずばり、ポジティブ思考の方は転職成功しやすいです。
どんなにスキルがあっても後ろ向きな転職理由ばかりが目立つと転職に失敗しやすくなります。

転職した先で何をしたいか、どうして転職したいと思ったのか、5年後10年後に自分はこうなりたい・・・そういったポジティブなお話ができる方、前向きな思考の方が転職成功しています。

若年層の方の場合、自己分析ができていて、自分に足りない点や何をやりたいのかをきちんと分析して、それに向かって何でカバーするべきかをきちんとアウトプットできる方だと思います。
 

――面談をする際に心掛けていることを教えてください。

川勝氏:本音で語ることを意識しています。
表面的なアドバイスはサポートさせていただいている登録者様の心に響かないと思っています。

「もっとこうしたほうが良いですよ」など多少否定的なアドバイスもさせていただくこともあるのですが、それも包み隠さずしっかり自分の言葉でお伝えするようにしています。

こちらが心を開けば、求職者の方も本音でぶつかってくる。
そうすることで求職者様が考えていることや不安、悩みを引き出すことができるので、まずはこちらが本音で語っていくことを心掛けています。

――面談にはどのくらい時間をかけていますか?

落ち着いた雰囲気のカウンセリングルーム川勝氏:1時間半から長い方だと3時間くらいです。

基本的には1時間半くらいなのですが、思いのほか盛り上がり、もっとお話を聞かないと最善のサポートができないと判断した場合は2~3時間面談をさせていただくこともあります。

面談時間は、平日は午前10時~午後8:30開始、土曜・日曜は午前10時~午後5時半開始です。

――コンシェルジュ向けの研修はあるのでしょうか?

川勝氏:定期的に勉強会を開いています。
勉強会の場では若手のコンシェルジュがベテランから直接指導を受けたり、ベテランが若手コンシェルジュの面談に同席することでコンサルティングのレベルの向上を図ったりしています。

――担当コンシェルジュの変更ができるということですが、変更を希望する方はいるのでしょうか?

川勝氏:担当コンシェルジュの変更希望は少ないです。あっても月に1~2件くらいですね。
どうしても人間対人間なので相性はあります。何となく相性が良くないと感じたら気軽に相談しやすい体制になっています。

「eコンシェル」に「担当変更希望」のボタンがあり、気軽に変更の希望ができるようなシステムになっています。
ご希望がそのまま受け入れられるというわけではないのですが、希望理由等によって柔軟に対応させていただいています。

ワークポートの求人内容や機能は気に入っていても、担当コンシェルジュと馬が合わずに利用を止めてしまうのはもったいないことですから。

――印象に残っている転職エピソードがあれば教えてください。

川勝氏:ワークポートで転職活動をしていて、途中で他社のサポートで就職先が決まった方がいたのですが、1~2年後私宛てに連絡が来て「もう一度サポートをしてくださいと」言われたことが嬉しかったです。

おそらくワークポート経由で決まらなかったことに対して多少申し訳ない気持ちがあったのかなとも思うのですが、それでも再度転職したいと思ったときに

「あの時はワークポート経由で決まらなかったけれど、今度こそはワークポートで転職を決めたい」

と声を掛けていただけるのはコンシェルジュ冥利に尽きますね。

「川勝」という個人名まで思い浮かべて頂き、この仕事をしていて幸せなことだなと感じます。

――最後にメッセージをお願いします。

「転職コンシェルジュ」が転職活動を徹底サポートします!川勝氏:そもそも転職エージェント自体認知していない、なんとなく知ってはいるけれど何をしてくれるのか?自分なんかにサポートしてくれるのか?など転職エージェントに対して不安に思われている方は多いという実情があります。

しかし転職エージェントは決してハードルが高いサービスではありません。
まずはワークポートまで気軽にご相談ください!

――川勝さん、ありがとうございました!

 

ワークポートはIT・WEB系に強く、技術系求人を多く扱っているイメージでした。

IT以外の求人にも力を入れ総合転職エージェントとなった今でもIT系の求人に強みがあることには変わりませんが、
コンサルタントをコンシェルジュと位置付け、面談とコミュニケーションツールを使って徹底的に求職者に寄り添いサポートする姿は転職希望者にとって心強いものであると感じました。

漠然と転職しようと思っているけど、はじめの一歩が踏み出ずにいる方は、徹底した転職支援サービスが受けられるワークポートに足を運んでみてはいかがでしょうか?

 


 

ワークポート 概要

IT業界への転職ならエージェント選びがポイント
IT関連企業やインターネット業界で働きたいなら、「ワークポート」。大手のエージェントでも見つからない人気のゲーム関連企業やインターネット業界の求人が豊富に見つかる総合人材エージェントです。
経験豊かな担当コンシェルジュがいるので、初めての転職も安心です。

無料セミナーが充実
「履歴者」や「経歴書」のアピールできる書き方を無料セミナーで徹底レクチャー。
求人企業と共催で採用に直結を目指す「企業セミナー」や多くの企業との共催する「合同セミナー」など、あらゆる方法で「採用」を目指します。

スケジュール管理もおまかせ!
面接の日程時間や選考結果の管理など、大切な情報は、オリジナルのスケジュール管理ツール「eコンシェル」にお任せ下さい。
他社にはない使いやすさで、あなたの転職活動を陰で支えます。

 

「株式会社ワークポート」はIT関連・Web関連企業・ゲーム業界への転職支援で圧倒的な実績を持つ総合人材エージェント。専任チームによって日々更新される新規求人と豊富な非公開求人数で、利用者の多くが理想の職場へステップアップしています。充実している無料セミナーは、毎回参加人数が多く大盛況。
採用に直結する求人企業と共催の「企業セミナー」や数社の企業との「合同セミナー」にも参加してみてください。

もちろん履歴書の書き方や面接対策など、内定がもらえるコツを踏まえて担当コンシェルジュがきめ細かくフォローします。スピードとステップアップにこだわった転職なら「ワークポート」が正解です。

【実績】

  • リクナビNEXT転職決定人数部門 第2位 (2014.4月~9月)
  • リクナビNEXT転職決定人数部門 第2位 (2015.4月~9月)
  • リクナビNEXT転職決定人数部門 第1位 (2015.10月~2016.3月)
  • リクナビNEXT転職決定人数部門 第2位 (2014.9月~2015.3月)
  • 転職会議PlatformHR 転職決定人数 第1位(2014.1月~3月期)
  • マイナビ転職エージェントサーチ The Best Matching Of The Year2015
    (2015年4月~2016年3月)


ワークポート まとめ /></a><br />
<!-- ヘッダー画像 -->		</p>
<p> <br />
 	</p>
<p><!-- 公式HPはこちら画像はじめ -->			</p>
<p style=ワークポート 公式HPはこちら

ワークポートの拠点

ワークポートでは、各地の拠点で面談を行います。主要都市に拠点があり、首都圏以外での転職もサポートします。

本社 〒141-0032
東京都品川区大崎1-2-2  アートヴィレッジ大崎セントラルタワー9F・6F
ワークポート仙台 〒983-0852
宮城県仙台市宮城野区榴岡4-5-22 宮城野センタービル5F
ワークポート横浜 〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-11-11 NMF横浜西口ビル 6F
ワークポート名古屋 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内3-17-13 いちご丸の内ビル 8F
ワークポート大阪 〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町2-3-7 アーバンエース北浜ビル14F
ワークポート福岡 〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1丁目3?38 天神121ビル7F


転職エージェントまとめ一覧
type転職エージェント
マイナビエージェント
リクルートエージェント
アデコ
DUDA
ハタラクティブ
アイデムスマートエージェント
パソナキャリア
エンエージェント
JACリクルートメント
キャリアカーバー
ランスタッド 転職支援
ビスリーチ
ファッショーネ
就職agentneo
ジェイック
レバテックキャリア
ワークポート
マイナビエージェント it style=
いい就職.com
第二新卒ナビ
UZUZキャリアセンター
geekly

↓ 転職エージェント15社徹底比較はこちら ↓

転職エージェント15社徹底比較

このページの先頭へ