未経験から不動産業界への転職のススメ

不動産転職

自分の実力次第でキャリアアップと高収入が見込める不動産業界。
魅力を感じて未経験から不動産業界への転職を目指せる方も多いのではないでしょうか。

不動産業界は慢性的な人材不足なため転職市場において門戸が広い分野だといえます。

今回は、不動産業界について触れながら未経験から不動産業界を目指すコツについてご説明させていただきます。
不動産業界転職のメリットとデメリットや転職への準備についてもご紹介しますので、これから不動産業界を目指す方はぜひご参考にしてください。

不動産業界の仕事とは?

戸建てやマンション、オフィスビルなど幅広い建物を扱う不動産業界ですが、仕事内容は多岐に渡ります。

仲介

戸建てやマンション、土地などの売買、賃貸、売却の仲介を行います。

購入希望者からの要望によって、物件の売却価格の査定・宣伝・紹介などを行い、売却希望の不動産を探すことも仕事のひとつです。
働く場所としては、不動産流通事業会社や不動産賃貸事業会社などがあります。

販売

分譲マンションや戸建てなどの住宅、土地の販売を行い、問い合わせへの対応や顧客への営業活動が主な仕事となります。

企画・開発

大規模な宅地開発・マンション・複合施設・商業施設の事業内容の策定から土地探し・建物の企画・開発などを行い“不動産デベロッパー”と呼ばれています。
マーケティングや物件の販売、環境開発、交通網の整備など幅広い仕事内容となっています。

金融

投資を目的とした不動産のマーケティング・運営・管理などを行う不動産投資、不動産原所有者との調整で不動産証券化を実現させる不動産証券などの仕事を行います。
不動産投資会社以外に証券会社や銀行などで働きます。

不動産業界で働くメリットとデメリット

魅力ややりがいのある不動産業界で働くメリットとデメリットについてみてみましょう。

メリット

やりがいが評価に反映される

ノルマがある不動産業界ですが、ノルマ達成後の成果は歩合制により給料や評価に反映されやすいことが特徴です。
また他職種に比べインセンティブ比率が高く設定されていることが多く、やりがいにつながることがメリットです。

やりがい搾取が蔓延していたブラックな環境で働いていた方にとって、成果が目に見えて結果が分かるため仕事への自信につながり達成感を感じられるでしょう。

顧客の人生に寄り添える仕事

家選びは人生に深く関わることです。
人は夢や様々な理由で物件を借りたり購入したりしますが、その人の人生に寄り添って物件選びの提案やサポートをする大切な仕事です。

顧客とともに悩みながら人生設計のお手伝いをして、最適な物件を見つけたときはより一層喜びを感じられるでしょう。

デメリット

景気に左右されやすい

2020年にオリンピックを迎え建設ラッシュの今は不動産業界も好景気といえます。
しかし、少子高齢化が進み住宅ニーズの減少、国内の景気が悪ければ土地や建物の売れ行きや相場にも影響することが予測されるでしょう。

不動産業界全体でIT化や他業種との連携、リノベーションといった対策がとられています。

ノルマがきついと感じる人もいる

毎月の売り上げも目標や利益などのノルマが顕著なのが不動産業界です。

プレッシャーになる方も多いですが、反面やりがいや給料アップにつながり、目標達成のため試行錯誤しながら業務に取り組んでいる方が多いです。

未経験から不動産業界への転職を目指したい!

メリットとデメリットを比較して「やっぱり未経験でも不動産業界で働きたい!」という場合、未経験でも転職できるのか心配ですね。

結論から言うと、不動産業界は未経験でも転職できます。

現在の不動産業界は活況にもかかわらず、転職市場では求人倍率が高く慢性的な人材不足。
さらにオリンピックを控え、人材不足に拍車がかかっている現状です。

そのため未経験であっても異業種でのキャリアやスキルを活かして不動産業界を目指せます。
入社後研修や資格支援制度を整備している企業も多く、未経験から一人前に育てていこうと採用意欲の強い企業が多いことが特徴です。

学歴や経験に左右されない実力主義な不動産業界では、入社意欲や仕事への向上心、ポテンシャルが高く評価されやすく、未経験からの転職に向いているといえるでしょう。

宅建(宅地建物取引士)の配置義務があるため、宅地建物取引士の資格を保有していれば無資格未経験より採用に有利。
不動産業界の転職を考えるなら、転職前に資格取得をおすすめします。

未経験から不動産業界!活かせるスキルやキャリアは?

不動産業界が未経験でもこれまで培ったスキルやキャリアを活用しないのは宝の持ち腐れです。
では、どんなスキルやキャリア、資格が活かせるのかみてみましょう。

経験

接客経験・営業経験

不動産業界は人と関わる仕事のため、前職で培った接客経験や営業経験は多いに活用できます。
顧客への気配りや心配りはもちろん、丁寧なアフターフォローを行える方は顧客対応力が重宝されるでしょう。

スキル

コミュニケーションスキル

物件価格は何千万となり人生でもっとも高い買い物になりますので、「この人なら!」と思わなければ契約したくないのが購入者側の本音ですね。
顧客の心やニーズを掴むコミュニケーションスキルを活用し顧客と信頼関係を築いていくことが大切です。

また、顧客の要望や隠れたニーズに気付くヒアリングスキルや提案力、問題解決能力なども高く評価されるでしょう。

資格

宅地建物取引士

不動産業界で必須の資格。専門知識をもち、物件の取引者との公正な取引をサポートします。
契約締結の際の重要事項説明書の説明、契約締結後に交付する書類への署名・押印は宅地建物取引士資格者に限定されています。

ファイナンシャルプランナー

固定資産税や住宅ローン控除など相続、税金の知識を活用し、物件購入希望者の経済的事情を汲み取り物件を紹介することができます。
住宅ローンについてより深い知識でアドバイスしたい場合は住宅ローン診断士もおすすめです。

未経験から不動産業界を目指す!転職活動での準備

宅地建物取引士を目指そう

「不動産業界を目指すなら宅地建物取引士は絶対必要!」
「宅地建物取引士を持っていなくても不動産業界で働ける!」
未経験の方は初めての業界で不安を感じながら、2つのアドバイスのどちらが正しいのか迷うことも多いでしょう。

正解は、宅地建物取引士を持っていなくても転職はできますが、入社後に資格取得するようにいわれるということと、宅地建物取引士を持っていれば採用に有利になるということです。

売買・賃貸に必要で、設置基準がある宅地建物取引士は不動産業界では必須といっても過言ではない国家資格です。

合格率15~17%と難易度は高めですが、通信講座・通学講座を活用して資格取得を目指している方も少なくありません。
採用時のアピールにもなりますので、不動産業界への転職を検討している方は、転職準備のひとつとして資格取得を目指しましょう。

もし不動産業界への転職が難しかった場合でも、宅地建物取引士は他の業種においてニーズが高い資格なので“転職で使える資格”になりますのでおすすめです。

キャリアビジョンを明確にしよう

どんな業界、職種への転職でもキャリアビジョンを明確にして転職活動を進めるのは重要ですが、不動産業界ではどのようなキャリアビジョンを検討することができるのでしょうか。

不動産業界でのキャリアアップとして、まず不動産仲介業者で働き調整力や交渉力を身につけ、住宅ローンや税金、保険などを含めた不動産知識とスキルを深めます。

膨大な物件やデータを分析してきた不動産営業で培った経験はコンサルティングに活用でき、IT業界や広告業界を目指せるでしょう。

また、不動産営業のノウハウや築いてきた人脈は独立起業にも役立ちます。

不動産業界へ転職して、その後自分がどんな将来を描いているのかを明確にすることでより転職活動への意欲も高まり、アピールする一言にも根拠ある自信が生まれるでしょう。

不動産業界転職の限界は何歳まで?

不動産業界の転職では、年齢によるデメリットが少ないことが特徴です。

転職業界では一般的に「35歳限界説」と囁かれていますが、不動産業界では体力とアピールできるスキルがあれば年齢は影響されません。

年齢を重ねた方が不利なことといえば、顧客に合わせた対応をしなければいけないため休日出勤や残業が多く体力が続かないかもしれないという懸念です。
採用時に体力に自信があるかどうか確認されるケースもありますので、間違っても「体力に自信がない」と言わないように注意してください。

日ごろ心がけている健康や体力作り、スポーツの実績についてアピールできれば印象も良いでしょう。

若ければ有利というのは不動産業界では通用せず、これまでに積み重ねた社会経験や人脈のある方が有利とされ、その人がもつポテンシャル次第で長年に渡り活躍することができます。

不動産業界の新常識!不動産女子のニーズが高いって本当?

不動産業界は男性が活躍しているイメージがありますが、最近では“不動産女子”と呼ばれ不動産業界で活躍する女性が増えている傾向です。
女性の顧客対応での柔らかな接客や気配りは重宝され、求人のニーズが高まっています。

また、女性への接客をする場合は女性視点の共感力と提案力を武器に、顧客のニーズを把握し活躍することができるでしょう。

まさに今、不動産業界に女性の採用を積極的に行う風が吹いており、企業によって福利厚生や産休・育休も充実しているところも多く、ワークライフバランスを重視して働きたい女性にとってもおすすめの業界です。

【まとめ】可能性が広がる不動産業界!適正を見極めチャレンジしよう

いかがでしたでしょうか?
今回、未経験から不動産業界を目指すコツについて詳しくご説明させていただきました。

不動産業界はノルマがあり厳しい仕事ですが頑張った成果が評価されるやりがいのある仕事です。また、不動産業界での人脈を広げ知識を深めるメリットがあるため、独立開業を目指し方にとっても夢がある仕事ですね。

不動産業界への転職を成功させるにはやはり会社選びが重要です。
未経験からの転職ではプロのサポートが心強い転職エージェントを利用し、自分に合った職場を目指すことをおすすめします。

ぜひ不動産業界への転職を成功させましょう。


おすすめ関連記事

知らないと損する!?退職日の決め方ガイド
転職する際に設定する退職日。いつが損でいつが得するのか知っていますか?
無料で自分の市場価値(=適正年収)を知る方法!
転職をするまえに大事な事の一つとして、自分の市場価値を知ることが重要!自分の市場価値を診断し、適正年収や強みがわかるサイトをご紹介します。
履歴書でも使える特技ストック10選
履歴書を書くときに悩む項目といえば「趣味・特技」の項目ではないでしょうか。「当たり障りないものを書いておけばいいや」と適当に書いている方はいらっしゃいませんか?
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
女性におすすめの様々な資格を紹介!現代では、自分の価値を高め、女性磨きの為資格を取得する人が増加中。転職の時や周りの人の為に活かせる資格取ってみませんか?
女性が選んではいけない転職エージェント
たくさんある女性特化の転職エージェント。どこを利用すればいいのか悩んでいませんか?
転職エージェント50社比較
50社以上の転職エージェントの中から、ジャンル・目的別に3社にしぼっておすすめの転職エージェントを比較・紹介しています。

 
参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷