30代の異業種転職は不可能?異業種転職の実態と失敗しない転職ノウハウ

「今の業界では将来が不安」「自分に合った業界じゃなかった」「もっと高い給料が欲しい」など、いま働いている業界に不安や不満を抱きながら異業種への転職を考えている方は多いのではないでしょうか。

20代からの異業種転職は採用のニーズも高くチャレンジしやすいイメージがありますが、30代では難易度が高いためなかなか一歩踏み出せないという方も少なくありません。実際、異業種への転職には企業の選び方や自己アピールの仕方など様々な転職ノウハウを身につけていないと失敗の原因となってしまいます。

今回は、30代がチャレンジする異業種転職について、異業種転職の難しさに触れながら転職成功へのポイントについてご説明させていただきます。
異業種転職のチャンスを掴みたい方はぜひ参考にしてください。

30代からの異業種への転職は難しい現実

一般的に転職は35歳が限界とされていて、20代に比べ年齢とキャリアを重ねた30代の転職はハードルが高いといわれています。同業種へのキャリアアップ転職ではニーズが高く比較的転職しやすい傾向ですが、未経験となる異業種への転職はスキルやキャリアが不足しているため特に難しいとされています。

20代と30代の異業種転職の実態を比べてみましょう。

【20代】

一般的に中途採用はこれまでのキャリアやスキルが重視され、即戦力となる人材が採用されやすい傾向です。しかし、20代若年層の採用ではキャリアやスキルだけでなくポテンシャルが重視されています。

20代は資質や潜在能力、将来性に加え、未来の可能性が評価されため異業種への転職にチャレンジしやすい年代です。そのため20代の転職市場において約半数近くが異業種への転職にチャレンジしているとされており珍しいことではありません。

同じ20代であっても20代前半、20代後半では転職のしやすさが異なります。20代後半ではポテンシャルよりも即戦力としての評価が重視されるため、20代前半に比べると難易度は高くなり、年齢を重ねるごとにポテンシャルを武器にした転職活動ができなくなってしまいます。

【30代】

30代以降の異業種転職は、やはり35歳までが壁となりやすい傾向です。企業としては育成しやすい若手人材を好み、企業色に染めて将来貢献してもらいたいと考えています。

30代は、即戦力が期待できる一方で、社会経験を積みキャリアがあることが使いにくいと思われているようです。
採用では、20代で重視されるポテンシャルよりも、即戦力として働けるスキル、キャリアが求められやすく、転職の難易度は高いといえます。

さらに40代、50代以降の異業種転職ではさらに厳しくなり、ポテンシャル評価の採用は期待できません。人材育成や管理クラスのマネジメントスキルや専門性の高い知識や経験の有無が採用に影響してくるでしょう。

異業種転職を諦めたくない!異業種転職の成功例

「異業種への転職はなんだか難しそう…」これまでの内容でそう感じた方もいらっしゃるかもしれません。「やっぱり辞めようかな」と思う方は今の職場に在職し続けるか、同業種での転職にシフトチェンジした方が良いかもしれません。

しかし、異業種転職のハードルは高いですが諦める必要はなく成功やチャンスも多いのも事実です。

なぜなら以下の理由があるからです。

異業種転職で失敗しない人も多い

転職した方の中で、異業種へ転職した方はなんと6割近く!企業の求人情報でも約8割もの企業が「未経験者歓迎」としています。未経験だからこそ成長の伸びしろや、専門スキルは不十分だが社会人としてのマナーが身についていることが理由で、採用に積極的な企業があるのも事実です。
特に新規事業の展開での求人募集では、新しい風を吹き込みたい企業の想いから異業種経験者が採用されるケースもみられます。

「異業種で未経験だから転職できない」は事実ではなく、応募する企業の選定が大事ということになります。

待遇や給料アップにつながる

転職したら一時的に給料は下がりやすく、転職後の給料は年齢、スキル、前職でのキャリアなどが考慮され、企業によって異なります。低くなる可能性は高いですが、反対に待遇や給料がアップする可能性も期待できます。

前職で給料が低めの業界で働いていた方は、給料が高めの業界への異業種転職が成功すれば大幅な給料アップが実現しますね。また、応募先企業の選び方次第で高待遇の優良企業と出会えるチャンスもあります。

転職難易度は業界によって異なる!未経験で転職しやすい業種は?

それぞれの業界によって異業種転職の難易度が異なります。
業種選びで失敗しないためには、業界の採用ニーズや特徴を把握することが重要です。

IT・Web業界

IT化が進む現代において、IT・Web業界は慢性的な人材不足に陥っています。
「未経験歓迎」の求人も多く、入社後に研修や実践で人材育成していこうと考えている企業が増えています。IT・Web業界の転職市場は、未経験からでも転職しやすく採用につながりやすい業界なので、応募者も多いことが特徴です。

広告・マスコミ業界

華やかなイメージに憧れて広告・マスコミ業界への異業種転職を希望する方は多くいらっしゃいますが、難易度は高め。誰もが聞いたことがあるような大手広告代理店やテレビ局などでは、中途採用をしていますが基本的に新卒採用が中心となります。

大手企業の中途採用ではかなり高いレベルのスキルが必要となりますが、中小企業の広告代理店では未経験歓迎としている企業もあるため、未経験で異業種転職を狙っている方は大手企業よりも中小企業が狙い目でしょう。

金融業界

金融業界は年収や待遇の良さ、ステータスの高さから人気の業界で転職希望する方が多くみられます。経験やスキルが求められるケースが多いため、未経験から金融業界への転職はやや難易度は高い傾向です。
未経験から金融業界への転職を考えるなら、在職中にファイナンシャルプランナーの資格取得やマーケティングを学ぶなど事前準備をしておきましょう。また、金融業界系エンジニアなどITスキルを活かすフィールドもあるので、前職IT系の方にもチャンスがあります。

商社・流通業界

異業種転職の採用に前向きな商社業界ですが、新卒採用がメインになるため中途採用の募集が少なく転職難易度は高い傾向です。
流通業界では、物流の人材不足やIT化によってニーズが高く未経験からの転職では比較的転職しやすい中小企業がおすすめです。

転職難易度は転職のタイミングや企業によって異なりますが、希望する業界の動向や情報収集をしっかり行い企業選びすることが大切です。

比較的転職しやすい業界として小売り・外食業界、医療・介護業界がありますが、それぞれ人材不足が目立ち「未経験歓迎」としている求人が豊富なため、異業種転職の難易度は低め。
医療系営業職のMRは、高給・高待遇を目指しやすく異業種転職でも人気が高い業種です。
また、介護業界はこれから伸びしろのある業界で、実務経験を積むことで国家資格取得へのキャリアアップも目指せます。

異業種転職では業種と職種の選び方が成功を左右する

30代以降の異業種転職成功について、難易度は高いものの可能性がないわけではありません。異業種転職成功のノウハウを身につければ、転職成功の確率はぐんと上がります。

「これまでのキャリアやスキルを全く活かせない、全くの未経験」これではどこの企業も採用したいと思わないのが当然ですね。これまで培ったスキルやキャリアを少しでも活かせるような業種や職種を見極めて企業選びすることが大切です。

おすすめは「異業種×同職種」の転職パターンで、例えば、「医療系×営業職」から「保険系×営業職」などが挙げられます。
業界は異なりますが、前職のキャリアやスキルを活かせる職種に転職することで、アピールもしやすく企業側としても即戦力としてのニーズが高く採用に前向きでしょう。

本人にとっても業界が違うだけなので、基本的な仕事内容は大きく変わらず入社後のミスマッチも少ないことがメリットです。

異業種転職内定ゲットまでのポイント

そもそも前提として不利な状況である未経験異業種転職を成功させるには十分な準備と転職ノウハウが必要です。

転職の事前準備

「よし、転職しよう」と考えたとき、転職サイトや求人情報誌などをみて求人情報をチェックする方が多いかと思います。
しかし、求人情報をチェックする前にしていただきたいのが転職の事前準備です。

転職の事前準備として以下の内容があります。

  • 転職したい理由と退職しなければいけない理由を明確にする
  • 転職後のキャリアプランを描
  • キャリア・スキルの棚卸しをする

最低でもこの3点について明確にしなければ、転職できないどころか内定をゲットできてもミスマッチ転職のリスクが高くなるでしょう。

転職ノウハウ

未経験異業種への転職では、「企業へ貢献できる人材」「企業にとって有益になる人材」を明確にアピールする必要があります。異業種転職では、前職でのスキルやキャリアのアピールがしにくいため下記の内容をうまくアピールにつなげていきましょう。

  • 異業種での専門スキルの活かし方
  • 人生経験や性格など
  • コミュニケーションスキル

転職活動で必須の自己分析と企業研究をしっかり行い、これまでの人生を振り返り企業へアピールできるポイントを探すという作業を行います。そしてピックアップできたら具体的な言葉にして相手に分かりやすく伝えることが大切です。

社会経験を少しでもされた方、学生時代に頑張った経験がある方は「未経験異業種の転職だからアピールできるスキルがない!」と嘆く前に、一度経験やエピソードの棚卸しをしてみることをおすすめします。

異業種転職にはプロのサポートを利用しよう!

異業種の転職では情報収集が欠かせませんが、1人の力では100%の情報収集をすることは厳しいでしょう。なぜなら求人情報や企業情報では一部の情報しか開示されていないため、実際の採用ニーズや職場環境などは一般では知ることができません。

転職したいと思っても、自分の条件や企業の採用ニーズに合った求人でなければ転職成功は実現しません。

異業種転職、特に転職に不利になりやすい30代からの転職では転職のプロである転職エージェントの利用がおすすめです。
転職エージェントをおすすめする10の理由をご紹介します。

転職エージェントをおすすめする10の理由

  • キャリアカウンセリングで自分に合った業界・企業が見つかる
  • 一般に公開されない企業情報や社内環境を入手できる
  • 履歴書・職務経歴書などの応募書類の添削やアドバイスが充実している
  • 面接対策で企業に良い印象を与えることができる
  • ブラック企業への転職の確立が下がる
  • 独占求人・非公開求人で優良企業へ転職できる可能性が高い
  • 交渉代行で年収・待遇アップが望める
  • 相談から入社後のアフターフォローが充実している
  • 企業とのやりとり・調整を代行してもらえる
  • 無料で転職に必要なサポートが受けられる

転職活動は孤独との戦いとなりますが、転職エージェントを利用すれば気軽に相談できるキャリアアドバイザーの存在が支えとなるはずです。
特に未経験異業種では業界や企業の右も左も分からない…という方が多いかと思いますが、業界の動向や企業情報に精通したアドバイスで十分な事前情報を知ったうえで求人応募にチャレンジできます。また、ミスマッチが少なくなるため入社後も定着しやすく活躍できる機会にもつながるでしょう。

異業種転職の志望動機・退職理由・自己PRの書き方

異業種転職へ転職する際の悩みどころは志望動機・退職理由・自己PRではないでしょうか。
それぞれいい印象を与える書き方についてご説明します。

志望動機

異業種転職の採用で重視されやすいのが志望動機です。企業としては、「応募者はなぜキャリアを捨てて異業種となる自社へ転職するのか?」が気になるところ。
志望動機には事業や企業理念に共感・商品やサービスの良さ・もともとその業界を目指していたなど様々ありますが、明確に伝えましょう。

異業種転職でネックとなるのは、経験値が浅い知識やスキルです。
「未経験だけど〇〇企業へ行きたい!でも何もしていません!」では印象も悪く確実に採用されないでしょう。
未経験でありながらも、それを補うために資格取得やセミナーへの参加などで自主的に学んでいることを伝え意欲をアピールする必要があります。
転職への意欲や仕事に対する前向きな向上心をアピールすることで、採用担当者の印象もぐっとアップするでしょう。

また、志望動機を述べる際に、自分の強みやスキルを企業へどのように貢献できるかという点についても伝えます。入社後のイメージがしやすく企業のキャリアプランとのマッチングを判断しやすいからです。

退職理由

「応募者はなぜキャリアを捨てて異業種となる自社へ転職するのか?」が企業の気になるポイントであることを先述しましたが、退職理由は異業種転職では必ずといっていいほど聞かれる質問のひとつです。
転職のしやすさで選べば同業種への転職なのに、わざわざリスクを抱えて異業種への転職をするのかを退職理由で説明しましょう。

前職への不満やトラブルがあって辞めたい方もいるかもしれませんが、退職理由を説明する際はネガティブな理由にせず、ポジティブに言いかえて説明するのが大切です。

自己PR

志望動機、退職理由を説明した後は「一緒に働いてみたい」と思わせる自己PRを説明しましょう。異業種転職で不利になりがちなのは自己PRにおいて、仕事での実績をアピールできないところです。
仕事内容での貢献度を説明できないため、これまでの仕事の経験や自身の人柄や資質を説明し社内のチームワークに馴染み新しい風を吹かせてくれる人材だと説明しましょう。

例えば、関係構築能力・売上への貢献・コミュニケーションスキル・分析力・前向き、積極的な性格などについて、前職で成果を出せたエピソードを交えながらアピールにつなげ、企業へ貢献できることを伝えましょう。

特にコミュニケーションスキルについては、どの業界・業種でも強みとなる能力で、面接においても有利になります。コミュニケーションスキルは身につけたいと思ってもなかなか習得は難しいため、コミュニケーションスキルに強みをもつ方は、異業種転職でも企業からの採用ニーズが高いでしょう。

異業種転職したい女性必見!転職活動での注意点について

ライフステージが多い女性は転職する際に企業から敬遠されがちです。例えば、結婚や出産で退職となると企業は採用コストがかかるというリスクを負うためです。
そのため入社後の継続雇用が望める男性にシフトしがちなデメリットをもっています。

面接ではセクハラや男女雇用機会均等法に触れるような結婚や出産などプライベートな質問をされるケースがあるかもしれません。
本来であれば答えなくても問題ない質問ですし将来のことを聞かれても分からないものですが、正直に答えると採用されにくくなってしまうリスクがあります。

もしこのような質問をされた場合は、将来のキャリアビジョンや仕事観を説明しながら「結婚や妊娠の予定はない」「家族のサポートや保育園で仕事と家庭を両立できる」ことを模範解答として説明し入社後の仕事には影響がないことを伝えましょう。

異業種転職には仕事への意欲や向上心が評価されるため、信頼感を上げるために仕事に対する前向きな姿勢や入社への想いをアピールするのもおすすめです。

【まとめ】異業種転職はハードルが高いものの不可能ではない!

いかがでしたでしょうか?
30代からの異業種転職について、異業種転職の難しさに触れながら転職成功へのポイントについてご説明させていただきました。

30代からの異業種転職はハードルが高いのは事実ですが、現在のキャリアやスキルを活かせるような仕事を選ぶことで転職の成功率をアップさせることが可能です。

年齢を重ねるほど難易度が高くなる異業種転職ですが、転職ノウハウを身につけ転職エージェントを利用することでスムーズな転職活動を進めることができるでしょう。

大切なことは、「異業種へ転職したい」という熱い想いです。
これまで培った人生経験を活かしながら、自分に合った仕事探しにチャレンジしてください。


おすすめ関連記事

知らないと損する!?退職日の決め方ガイド
転職する際に設定する退職日。いつが損でいつが得するのか知っていますか?
無料で自分の市場価値(=適正年収)を知る方法!
転職をするまえに大事な事の一つとして、自分の市場価値を知ることが重要!自分の市場価値を診断し、適正年収や強みがわかるサイトをご紹介します。
履歴書でも使える特技ストック10選
履歴書を書くときに悩む項目といえば「趣味・特技」の項目ではないでしょうか。「当たり障りないものを書いておけばいいや」と適当に書いている方はいらっしゃいませんか?
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
女性におすすめの様々な資格を紹介!現代では、自分の価値を高め、女性磨きの為資格を取得する人が増加中。転職の時や周りの人の為に活かせる資格取ってみませんか?
女性が選んではいけない転職エージェント
たくさんある女性特化の転職エージェント。どこを利用すればいいのか悩んでいませんか?
転職エージェント50社比較
50社以上の転職エージェントの中から、ジャンル・目的別に3社にしぼっておすすめの転職エージェントを比較・紹介しています。

 
参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷