> 厳しさの中にやりがいもある、証券会社への転職

厳しさの中にやりがいもある、証券会社への転職

150 views

活気あふれる証券会社に憧れる人は多い

企業がそれぞれ生き残りをかけて業界内の再編成やメガバンクの傘下に入るなど、業界内の競争が活発化している証券業界。店舗を持つ既存の証券会社に対し、手数料を安く抑えたネット証券はシェアを拡大し、業界内での取扱商品も大幅に増えています。

金融業界の中でも、特にノルマや数字に対してシビアな証券会社。その徹底した実力主義や数字至上主義の社風についていけない人も多く離職率が高い一方で、入社後の実績次第では、若くてもどんどん出世し給与もアップ、いずれは独立というサクセスストーリーに憧れて、証券会社を希望する人も多くいます。
今回はスケールの大きい仕事に憧れて証券業界へ転職を目指す人へ、転職アドバイスをお送りします。

各証券会社の特色は

証券会社は大小さまざまな規模の会社があり、中でも業界で圧倒的なシェアを占めているのが国内5大証券。野村ホールディングス、大和証券グループ本社、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券は誰しもが知っているところでしょう。この5大証券のほか、準大手の証券会社、中堅証券会社、ネット証券などがあります。

大手証券会社は、企業向けの業務に強く、新規公開株などの扱いも非常に多いのが特徴。準大手は地方や各地に支店を持つ銀行系のほか独立系の証券会社も多くあります。地元に密着した営業を行っている中堅証券会社、投資がいつでもでき個人投資家に圧倒的支持を誇るネット証券など、それぞれの証券会社に特徴があります。企業の規模や給与体制は「地元密着の企業で長く働きたい」「全国転勤も可能」など、自身の仕事に対するスタイルにも関わってくるので、よく考慮しましょう。

金融業界経験者は証券会社への転職も有利

中途採用を積極的に行っている証券会社も多く、中でもすでに金融業界の基本的な知識や業界経験があるということは強みになることは間違いありません。前職が銀行の場合、顧客の資産運用のため株や債券・投資信託など多くの金融商品を扱っており、営業職や証券部などでの勤務経験は十分に活かすことができるでしょう。販売実績があることがもちろんですが、営業経験がなくてもとれる証券アナリスト証券外務員2種ファイナンシャルプランナーなどの資格もあるにこしたことはありません。

また、証券会社では同業他社からの転職も多くあります。特に営業職では数回転職を繰り返している人も多く、ヘッドハンティングをされたり、実力のある経験者がスキルアップを目指して転職したり、ということもよくあります。実力主義の世界であることは間違いないので、仕事に対して情熱を持って向き合い、結果を出し続けることが必要です。特に外資系の証券会社では即戦力を求めています。

営業経験がある人は未経験での中途採用も

証券会社への転職は業界経験者が有利とされていますが、未経験者でも中途採用も道が閉ざされているわけではありません。営業職の場合、金融業界での経験がなくても、何らかの営業経験がある人や第二新卒を募集している企業もあります。特に顧客の新規開拓の営業経験がある人は、企業側から求めている人材と言えるでしょう。

ただし、さまざまな商品知識や業界知識を学ぶ必要があるので、金融業界に入ってからの勉強は必須。会社でも十分に研修を行ったうえで現場に出ることがほとんどですが、市場を相手にしている仕事なので、そもそも世界の経済情勢に全く関心がない、というような人には向きません。反対に経済の最先端で仕事がしたい、と考える向上心の人には向いていると言えます。

証券会社の主な部門・職種

株をはじめとする有価証券を販売することが証券会社の主な業務となります。全国転職のある総合職や勤務地が限定されている一般職などそれぞれ給与や待遇が異なり、部門別に採用を行っている会社もあります。

リテール営業

主に個人投資家に対して販売活動を行います。顧客の新規開拓や資産管理についてのアドバイスを行います。

法人営業

一般企業や金融関連法人を相手に販売活動を行い、ホールセールとも呼ばれています。資金運用や資金調達のアドバイ巣などを行います。

リサーチ部門

証券アナリストが働く部署で、個人投資家、法人顧客の投資判断に欠かせないレポートの作成を行います。アナリストがあらゆる企業情報を集め顧客に提供し、ストラジストが投資の戦略を立てます。国内外の経済について動向を分析するエコノミストもこの部署に所属します。

投資銀行部門

株式や債券の発行による資金調達や、企業の買収や売却などM&Aに関する専門的なアドバイスを行います。

資本市場部門

ディーラーが証券会社自身の自己資金で株式や債券の売買を行う部門です。

働く環境は厳しい!?証券会社の実情

金融業界は一般的に他の業界に比べ給料や賞与が高いことで知られています。証券会社ももちろん例外ではありません。その理由の一つとして、マーケットは朝9時スタートなので、証券会社は他の会社よりも始業時間が早く、夕方は顧客とのアポイントなどもあり、働く環境がハードということがあげられます。加えて、マーケットの動きや経済ニュースなど新しい情報について常に敏感であるために勉強も必要です。成果次第ではインセンティブボーナスが入る、入社数年で1000万円を稼ぐプレーヤーになる、大きな金額を動かす、ということも夢ではありませんが、その反面目標が達成できなかったり、社内で成績を常に競い合ったりするなど、厳しさもある世界だということも、転職前には知っておくべきでしょう。

顧客とのコミュニケーション能力も大切

外資系の証券会社では英語力はもちろん必須のスキルですが、外資系でなくても英語力は身に着けておくと仕事の幅が広がります。また、顧客への商品説明や情報提供をする上で、コミュニケーションスキルはなくてはならないものですし、相手と信頼関係を結ぶことで新たなニーズを発掘することができます。

証券会社から転職する場合の転職先は?

激務と言われる証券会社に勤めたものの、転職への道を選んだ人も実際多くいます。営業として働いていた人は同じ金融業界の銀行やカード会社などの営業に転職するケースもありますが、ハードな環境に身を置いてきたからこそ他業種の営業でも活躍できる範囲は広がっています。営業職のほか、顧客の資産管理の経験から経営コンサルティングや、プレゼンテーションスキルを活かした企画職なども、転職先として挙げられます。

客観的なアドバイスをもらえる転職エージェント

一口に証券といっても、企業規模も得意分野もさまざまな証券会社。金融ビジネスに興味があるけれど、自分に向いているかどうか分からないと思っている人も多いことでしょう。そう悩んでいる人は、第三者から客観的に見てもらうのも一つの方法。転職エージェントは、非公開の求人案件を紹介してくれるだけでなく、企業情報をはじめ、キャリアの棚おろしや履歴書のチェック、面接対策まで、あらゆる面で転職希望者をサポートしています。ぜひ転職エージェントを賢く利用して、理想を叶える新たな職場を見つけてください。

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
49,916views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
2
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
22,595views
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
3
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
21,203views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
4
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
19,555views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
5
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
14,863views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
6
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
14,420views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
7
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
14,177views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
8
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
12,661views
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
9
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
11,489views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
10
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
9,913views
ページのトップへ