> > > 職歴なし30代でも再就職は可能?

職歴なし30代でも再就職は可能?

1176 views

「働いた経験がないまま30代になってしまった…もう就職はできないの?」と嘆いている方、安心してください!結論からお話しますが職歴なしの30代でも、再就職は可能です。

ただし、職歴なし30代というと周りに比べるとハードルが高いのでちょっとしたコツが必要。
30代といっても前半と後半ではハードルの高さが変わってきますので注意してください。
「転職35歳定年説」という言葉を知っていますか?転職を考えるなら35歳までにしないとなかなか転職しにくくなるということですが、職歴や資格のある方でも35歳後半となると転職が厳しく、職歴の無い方の再就職となるとさらに厳しいものになってきます。
30代では管理能力や実績が求められ、そもそも求人案件が少なくなる傾向で、内定までいけたとしても就労条件や給与などが下がるリスクもあります。

職歴なし30代での再就職を成功させるためには、

職歴なし30代でもOKという求人情報を探す

就職支援を受ける

の2つがポイントになります。

30代無職引きこもりは社会復帰可能?

職歴なし30代よりさらに状況が悪い30代無職引きこもり、「もう社会復帰は諦めた…」という方、まだ諦めないでください。
20代で退職して就職しなかった、学生から就職せずに無職のまま引きこもりになってしまったという方などがいらっしゃいますが、このまま人生を過ごすのは良くないと心の中では思っているはずです。
30代無職引きこもりとなると家族に頼って生活をされているケースも多いですが、親もどんどん年をとっていきます。
子どもが30代となると親はそろそろ年金をもらう年齢くらいでしょうか、病気や介護といった問題も生じてくるでしょう。

そろそろ自立を考える最後のチャンスです。
このまま40代に突入してしまうとさらに社会復帰への足枷となり、家族で生活苦、生活保護…という最悪の状況に陥ってしまうでしょう。
30代無職引きこもりでも社会復帰できるチャンスを作ることができますので、これからご紹介することを実践してみてください。

就職支援を受けるなら、東京しごとセンターミドルコーナーへ!

tokyoshigoto-middle東京しごとセンターミドルコーナーは、2004年に設立された中高年求職者の為の就職支援サービスです。

ハローワークは厚生労働省が運営するサービスですが、東京しごとセンターは東京都の委託施設で、専任の就職支援アドバイザーがよりきめ細やかな就職支援を行っています。
キャリアカウンセリング、各種セミナー・プログラム、求人紹介を行っています。
キャリアカウンセリングでは、1人1人に専任のアドバイザーがついてくれるので、その人の目標や課題に合わせてサポートしてくれます。書類対策や面接対策、求人の探し方、就職活動のアドバイス等、丁寧なサポートで安心して就職活動ができます。

就職活動に役立つセミナーを毎日開催しているので、自分の活動状況に合わせて参加が出来るのでとても便利です。
また、会場ではプロカメラマンによる履歴書写真の無料写真会も開催され撮影したデータをもらうこともできます。

30代OKの求人はリクナビネクストにある!

30代対象の求人を探しても、ほとんどが20代対象で、もう自分はどこも受け入れてもらえない…と思いがちですよね。
でもリクナビネクストなら、年齢制限がないから誰でも登録してOK!全年代の求人を取り揃えています。
そんなリクナビネクスト、実は就職活動中の約9割の人が愛用しています。もちろん現在ニート・フリーターの人でも利用可能です。
日本全国に対応していて、様々な業界・職種の求人がある上に、派遣社員や契約社員、アルバイト求人など、雇用形態も様々。

登録だけでもしておけば、求人に応募しなくても「グッドポイント診断」という無料の市場価値診断ツールを利用できるし、履歴書や面接のポイントについて、就活に役立つコンテンツを読むこともできます。
他の転職エージェントでは東京にしかオフィスがない場合も多いので、北海道、東北、東海、北陸、関西、中国四国、九州、沖縄などの地域で就職希望している人には最適且つ、非常に使いやすい求人サイトです。

30代ニートの社会復帰には派遣が最適

前述しましたが、30代ニートの方がいきなり正社員になりたい!と頑張ってもいばらの道で撃沈することが少なくありません。「なかなか就職が決まらず社会復帰できない」「気持ちは焦るばかり…」と悩み方が多くいらっしゃいます。
そんなときは派遣の求人情報に目を向けてみることもひとつの方法です。派遣って「若い子が働いている」「正社員になれなかった負け組」といったイメージを持っていませんか?
派遣で働いている方達の中には「正社員を目指して働いている」というちゃんとした目標をもって働いている方も多いということを理解してください。

派遣といえば、「派遣切り」といった言葉もあり、昇給もなく収入が安定せず、いつ派遣を切られるか分からないといった不安定さが先行しますが、実は誤解がたくさんあります。
正社員よりも高い収入を得ている派遣社員も多く、派遣の契約期間が終了してもすぐにオファーがありますので仕事が途切れることがありません。
仕事は登録している派遣会社が紹介してくれますので、先の見えない就職活動をしなければいけないといったリスクもないのです。

また、紹介予定派遣で働くことで正社員への近道ともなります。派遣の登録を行い、派遣先の紹介を受け手紹介予定派遣社員として働きます。契約期間が終了に伴い、双方の合意のもとで正社員として採用されます。もし不採用だった場合でも契約期間の終了というだけなので職歴に傷がつかず、派遣社員側としても「正社員として働きたい会社かどうか」ということを見極めることができる点がメリットとなります。

・30代ニートが正社員として社会復帰するには就職支援が重要
30代ニートが正社員として社会復帰することは一人の力では不十分、転職エージェントを活用して就職支援を受けることをおすすめします。
学歴や職歴に自信がない、30代ニートといった場合でも転職エージェントを活用すれば多くの求人案件からマッチングする企業への就職を目指すことができるでしょう。転職エージェントを活用してこのような就職支援を受けることができます。
◆キャリア相談
「自分はどんな仕事が向いているか」
「どうやって就職活動を進めればいいか」
といったことから専任のキャリアコンサルタントがマンツーマンで自己分析やキャリビジョンの棚卸しのサポートを行ってくれます。ハローワークや求人サイトで不十分なのがこのキャリア相談。キャリアビジョンを具体的に深く掘り下げ、アピールポイントの整理と希望を明確にします。

◆応募書類や面接対策
一般的な履歴書や職務経歴書といった応募書類の書類選考通過率は3割程度、30代ニートにとってはハードルが高く狭き門です。企業へ求職者の強みや将来性をアピールできる応募書類の書き方やポイントのアドバイス、面接での挨拶や姿勢、受け答えの仕方などの面接対策が充実しています。
ニート生活が長かった方は人との交流が慣れていないため面接も不利になりがち。自分自身の気持ちや入社したい意欲をうまく伝えるアドバイスを受けて内定を目指しましょう。

30代ニート社会復帰するなら派遣!

オー人事ネット(事務職の紹介予定派遣)

事務職特化のオー人事ネット。オー人事ネットは業界最大級の求人数とコネクションで、紹介予定派遣に強いことでも有名です。

大手や優良企業で事務職(一般事務・営業事務・人事・経理)を目指したいならオー人事ネットはおすすめです。

オー人事ネットおすすめポイント

  • オフィスワークに特化している
  • 未経験でもOK
  • 長時間労働低賃金
  • トップクラスの求人数

工場WORKS

工場系の派遣の中でも有名な工場WORKS。紹介予定派遣なので、正社員を目指すこともできます。

「検品・検査・調整」や「仕分け・梱包・ピッキング」など、未経験からでもチャレンジしやすい求人が揃っています。

工場WORKSおすすめポイント

  • 工場での仕事に特化している
  • 未経験でもOK
  • 紹介予定派遣求人340件以上
  • 定着率の高い優良企業と出会うこともできる

工場求人ナビ

工場求人ナビは、働き方を自由に選べる工場系人材採用サイトです。紹介予定派遣なので、正社員を目指すこともできます。
福利厚生は充実していて、エンタメ・レジャー施設や、体づくりをする為のスポーツジム施設がお得に利用できるのも人気の一つです。

経験を積んでステップアップしていける求人を取り扱っているので、自分の可能性や自信につなげていけそうです。

工場求人ナビおすすめポイント

  • 3人に1人が紹介入社
  • 優良派遣事業者に認定
  • 業界のリーディングカンパニー
  • 安心・安全のサポート体制を提供

30代大卒ニートは社会復帰は早ければ早いほど良い?

「せっかく大学を卒業したのに就職できなかった」
「大卒で就職したけれど退職してそのまま30代に突入してしまった」
と、30代大卒ニートの事情は様々ですが、大卒ニートはニートの中でも勝ち組!大学受験を乗り越え、卒業までした経験は必ず就職活動では有利なポイントとなります。

新卒採用の武器がないから、ブランクが長いからと就職できない悩みがありますが、「そろそろ社会復帰しようかな」と思ったが吉日、社会復帰は早ければ早いほどしやすいでしょう。
大卒という学歴武器があっても年齢を重ねるごとに就職のハードルは高くなっていきますので、社会復帰をして正社員としての就職を目指すなら早急に就職支援を最大限活用しましょう。

30代ニートの就職活動で大切なことは?

30代ニートが就職活動を進めるために大切なことをご紹介します。

生活を見直す

夜型のニート生活をしている方は多いですが、就職をしようと決めたら朝型の生活に切り替えましょう。起きて朝日を浴び、体内リズムを整え就職活動を乗り越えましょう。朝食はしっかりと食べ身体の状態も整えます。
1日パソコンの前に向かっていたりダラダラ過ごしたりするのではなく、1日に1回は外出し、人と接することが大切です。
また家庭内でも料理や洗濯など家事を行うことで身体を動かすことにも慣れるでしょう。
就職したいと思ったら自分自身の生活を見直し、規則正しい生活で就職活動への準備をしましょう。

自分を見つめなおす

30代ニートはただなんとなくニート生活をしている方、頑張って就職活動をしているけどなかなか成功しない方、自分にはもっといい人生がある、高みを目指すべきだとニートを続けている方…様々なタイプのニートがいます。
「30代無職ニート」このキーワードだけ見てどんなことを思い浮かべますか?
キャリアなし、スキルなし、信頼度なし…このまま30代を過ごし40代に突入してしまうともっと最悪な状況に陥ることでしょう。
30代の就職活動はもうギリギリライン!
本腰を入れて就職活動をしなければいけない時期に突入しています!
まずは自分を見つめなおし、自分には何ができるか、何がしたいか、どんな将来を目指すかを自分の中で確認してみましょう。
これが俗にいう就職活動の自己分析のひとつとなります。

脱ニートできた30代がやったこと

30代が脱ニートのチャンス!ですが、脱ニートできた方はどのようなことをされてきたのでしょうか。

◆生活習慣を整える
30代無職引きこもり=ニートは生活習慣が乱れがち。生活習慣が乱れると、体調不良の原因にもつながりますので、早寝早起き、栄養バランスのとれた食生活、良質な睡眠といった規則正しい生活習慣を取り戻しましょう。

◆外出の機会を増やす
ずっと家の中に引きこもってばかりでは気持ちも沈みがち。コンビニや近くの公園にでも出かけて外に出るということに慣れていきましょう。外に出て日光を浴びることで規則正しい生活への近づきますよ。

◆友達を作る
引きこもってばかりだと周りの状況が見えなくなり世界が狭くなりますので、同級生やインターネットを活用するなど友達を作って情報交換をして、社会交流を深めましょう。仕事をはじめると職場の同僚や他社との付き合いもありますので、今のうちに慣れておくことが大切ですよ。

◆アルバイトから始めてみる
30代無職引きこもりからいきなり「正社員を目指そう!」と頑張っても意気込みだけでなかなか就職が実らず、就職できたとしても「仕事がしんどい」「思っていた仕事と違う」と退職してしまうといったことになってしまうでしょう。まずは慣らし運転してみて向いている仕事かどうか見極めるのもおすすめですよ。
また、アルバイトではシフト勤務や「ド短期」「超短期」といった短期間のアルバイトもありますのでまずは少ない日数からスタートしてみるのもいいですね。

◆資格取得を目指す
ニートの最大の武器は時間と自由。「時は金なり」と言いますが、これを最大限活かして就職に役立つような資格の取得を目指しましょう。自分が将来どんなことをしたいのかという漠然としたものでも構わないので、そのベースとなるような資格を選択しましょう。
例えば事務職なら簿記や秘書検定、ITエンジニアを目指すならパソコンスキルアップやMOSの取得などです。
最近では語学力が必要な企業も増えていますので、TOEICなどもおすすめです。

◆30代無職引きこもりOKの求人を探す
生活習慣を整え、社会交流もできてアルバイトにも慣れた…というところまできたらいよいよ正社員を目指すチャンス。
ハローワークや求人サイトでも求人情報を知ることができますが、30代無職引きこもりというハンデをプラスに変えることができる転職エージェントでの就職支援をおすすめします。

30代ニートの働き口はある?

「30代のニートなんかどこも雇ってくれないんじゃないの?」と心配する方も多いですが、就職しやすい企業と就職しにくい企業があります。ニートが就職しにくい働き口といえば、老舗の会社。古くから長年続いている歴史ある会社などは年功序列制度が強く、働きにくい可能性があります。また、社員教育を重視しているため若手社員を募集していることから年齢を重ねたニートは採用されにくいという現状も。
30代ニートは長続きしないというイメージがあるので就職しにくいこともありますね。
しかし、30代ニートでも就職しやすい業界や企業がありますので、ここがねらい目です。

クリエイター系

メディア関係やWEB関係のスキルがある方はクリエイター系への就職を目指すことをおすすめします。まず、求人に応募する際にポートフォリオなどで自分のスキルを相手へ伝えやすい、ダイレクトにスキルを証明することができるからです。
そしてクリエイター業界がまだまだ発展途上の業過で人材不足から、未経験でもスキルをもつ方や将来性のある方は採用されやすい傾向です。

IT業界

近年の急成長でIT業界は慢性的な人材不足。未経験でも採用されやすい業界として人気が高い傾向です。IT業界というと、システムエンジニアやプログラマーですが、IT業界を目指すならニート生活の中でパソコンのスキルを磨き、プログラミングを学ぶことでスキルアップできるでしょう。

介護業界

高齢社会が進み介護ニーズが高まる中、慢性的な介護人材不足の介護業界。未経験でも正社員を目指すことができる可能性が高いでしょう。
給料が安くしんどいというイメージが強いですが、未経験で働いたとしても実務経験を重ねることで国家資格である介護福祉士やケアマネージャーへのキャリアアップを目指すことができますので、昇給・給料アップにつながる業界です。
社会や人の役に立ちたい方に向いている、やりがいある仕事です。

30代ニートの特徴

親に甘やかされている

親の扶養に入っていたり、成人してもお小遣いがもらえたりなど、「親のすねかじり」はニートの中で最も多いパターンです。「働いておらず収入がない子ども」「自分で生活する力がない子ども」を簡単に追い出せない親心は分からなくもありません。
しかし、その環境に甘んじて何年も経ち、いつのまにか30代に突入してしまう……これは誰が見ても最悪なパターンだと言えます。

我が子かわいさに甘やかし続けることは決して子どものためにはなりません。
「そろそろ働いてみたら?」「いつまでも無職でいちゃダメよ」などと軽く声をかけたところで30代のニートは変われないでしょう。心や体の病気ではなく本人がニートを自覚しており、それを許容されているのであれば親の責任だとも言えます。

人間関係が苦手・引きこもり

人付き合いが苦手で仕事が長続きしない人や、職場を転々としているうちに全てを諦めてしまう人は数多くいます。転職は悪いことではありませんが、働くこと自体が嫌になってしまうとかなり厄介です。

働かなければ他人と関わることもない……その人にとっては大きな心の安らぎとなるでしょう。
精神的に追い詰められて無職となった場合、はじめのうちは親も心配して養ってくれるかもしれません。
しかし、それが長く続くことでますます社会復帰が難しくなるのです。

趣味に没頭している

驚くべきことに、ニートでありながら毎日が充実しているパターンです。実家が裕福だったり親から溺愛されていたり、衣食住だけでなく趣味にかかる金銭面の面倒も見てもらっているのです。
特に「ネットゲーム」「アニメ・漫画」「アイドル」といったコンテンツに夢中で、家に引きこもっては趣味にすべての時間を注いでいるニート。
周囲の忠告が耳に入らないどころか、危機感すら抱いていないと考えられます。思い当たる節がある方は「自分と趣味の世界」で完結しないように、広い視野をもってみるようにしましょう。

社会に出て働く自信がない

学生生活や仕事でのトラウマによって自信を失っていたり、「本当は働きたいけれど世間の目が怖い」ということはありませんか?
「自分は社会不適合者なんだ」「どうせどこも雇ってくれないだろう」といったネガティブな感情しか抱けなくなり、ニート生活を辞められない人の特徴です。
思いつめるあまり、うつ病などの精神疾患にかかっている可能性もあります。こういった方は孤独感を覚えがちですが、ほんの少し心を開いてみることで応援してくれる人や機関が存在します。

30代の男性ニートの現実と将来

男性のニートは女性よりも厳しい目で見られるのが一般的。ニート生活をしている理由は人それぞれであっても、「あのおうちの息子さんは普段なにをしているのかしら?」などと、おばさんがたの井戸端会議の標的になっていることでしょう。

30代で半年以上ニート期間があると、再び社会に出るときに必ず突っ込んだ質問をされます。
また、いざ働きだそうとしても正社員で雇ってくれる会社がなかなか見つからず、フリーター生活を余儀なくされるケースも少なくありません。

フリーターのまま30代を終えて、40代、50代と年老いていく自分を想像してみてください。
同世代の友人と異なり、ボーナスもなければリフレッシュ休暇もなく、定年退職をする年齢を迎えても退職金がもらえないのです。

結婚願望がある方でも、元ニートで非正規雇用の男性を選んでくれる人がどれだけいるでしょうか?
仮に結婚してマイホームや車を持ちたいと思っても、フリーターでは金銭面で苦しく、ローンも気軽に組むことができません。

30代の女性ニートの現実と将来

ニート女性の多くは、男性よりもニートであることへの「罪の意識」や「羞恥心」が薄い傾向があります。中にはそれを肯定するかのごとく、「そのうち結婚して養ってくれる人を見つけなさいね」といった妄言を吐くような親も存在します。
仮に本人もいつか結婚することを願っていたとしても、「家庭に入る主婦」と「働く意思のない女性ニート」ではまったく立場が異なり、誰にも歓迎されないことでしょう。

親の収入や年金に頼りきった生活もいつか必ず終焉が訪れます。親の収入が途絶えたり、亡くなったりした時に、自分は独身で無収入……こんな未来を想像するとゾッとしませんか?

一念発起して就職しようにも、30代以降はどんどん厳しくなっていきます。「ニートではなく実家で花嫁修業をしていました」なんて言い訳も通用しません。
ただでさえ男性よりも平均年収が低めの女性が、年齢に見合った収入を得られず、結婚も出産もできず、死ぬまで独りで生きていく……これはあまりにも悲しい未来予想図だと言えます。

30代ニートのメリット

  • 自由な時間がたくさんある
  • メンタルが安定する・リフレッシュできる
  • 他者や仕事で受けるストレスがない
  • 自分を見つめ直す時間がある
  • 趣味など自分の好きなことに没頭できる
  • ネットビジネスや株投資にチャレンジできる

こうしてみるとニート生活は疲れた現代人の理想形だといえます。これまでがんばってきて、30代にしてニート初体験という方にはリフレッシュ期間も必要です。しかしながら、このように自分にとって有益なことを実行できているニートは、残念ながら極わずかでしょう。

30代ニートのデメリット

  • 自力でお金を稼ぐことができない
  • 時間はあってもお金がない
  • ネガティブ思考になりやすい
  • 家族に心配や迷惑をかけている
  • 社会的な信用がなくキャリアに空白ができる
  • 世間から蔑まされたりダメ人間扱いを受ける
  • ニート期間が長いほど就職が不利になる
  • なまけ癖やあきらめ癖がついてしまう
  • 家に引きこもっていると出会いがない

やはり、30代にしてニートというのは圧倒的にメリットよりもデメリットが目立ちます。特に他人からの評価が下がり続けることは人生において大きな痛手です。自分としては現状に不満がなくても、いざ誰かに頼りたくなった時には時すでに遅く、孤立している可能性も考えられます。

30代ニートの本音とは

「30代にもなって仕事もせずにフラフラしているなんて何考えているのか分からない…」とお嘆きの方も多いでしょう。子どもといってももう立派な大人です。
子どもの全てを知ることはできませんが、30代でニートをしている子どもがどんな気持ちで毎日過ごしているのか、将来どうしようと思っているのか…ニートの本音を少しのぞいてみましょう。

「ニートって羨ましいな」
「毎日家にいて楽しいだろうな」
と、社会人の多くは感じますが、本当にニートって楽しいのでしょうか?
羨ましい毎日を過ごしているのでしょうか?

実はニートの多くは仕事をしていないことを後ろめたく感じ、仕事をしようと思っても人間関係が不安…と悩んでいる方が多いことが分かっています。ニートの8割以上が今の状況に対して「後ろめたい」「世間体が悪い」「今の状態が不安」と感じ、決してポジティブな気持ちでニート生活をしているのではないということです。

しかし8割以上の方は専門技術を身に着け、社会や人の役に立つ仕事をしたいと思い、前向きな希望を持っています。ニートが決して働きたくないと思っているわけではなく、きっかけがなく、自信がなく不安で一歩前に進みだすことができないことで、ニートから脱却できないでいるのです。
自ら「ニート最高!」「働いたら負け!」と言いつつも心の奥では「働かなくちゃいけない」「働きたい」と思っているのがニートの本音でしょう。

ニートは実際にどう「ヤバい」のか?

「ニートのままではヤバい」と言われる世の中ですが、実際に何がどう「ヤバい」のでしょうか?

罪悪感や焦燥感、新しいことにチャレンジしたいけれど出来ないという葛藤を抱えているニートならまだまだ挽回するチャンスがあります。しかし、ニート生活を送る上で本当に「ヤバい」のは、「今の生活がずっと続いてほしい」と願っている状態です。

友人や同世代の人間が毎日満員電車にすし詰めになって通勤し、連日残業に追われ、終電に間に合うようにくたくたで帰路につく……そんな外の世界をあざ笑っているニートもヤバいと言えます。高みの見物をしているような一種の高揚感を味わってしまうと、「社会に復帰しよう」という気持ちはどんどん遠ざかっていくでしょう。

また、最新ニュースがあふれるネットの世界と密接だったり、好きなことに全力を注いでいる自分の方が「恵まれている」「高尚な人間だ」といった錯覚も恐ろしいものです。親の苦労や心配に胸が痛むこともなくなれば、いよいよ「人間として終わっている」と言えます。

30代ニートのヤバさは、周りが想像する末路や具体例で終わりません。本人が「今すぐに動き出そうとしていないこと」「自分自身のことなのに危機感を持っていないこと」が何よりもヤバいのです。

30代ニートを持つ親の気持ち

  • 子どもが働かなくても何か生き甲斐を持っていればうれしい
  • いつかは真っ当な人間になってくれるだろう
  • 成人したとはいえ子どもの面倒を見るのが親の責任
  • 人生は長いのだから気長に見守ってやりたい
  • 社会に出て傷つく我が子を見ていられない
  • 責めたり焦らせるのは精神的によくない気がする
  • 逆ギレされたり暴力をふるわれるのが怖い
  • 追い詰められて自殺してしまったらどうしよう
  • うちの子がまともに働けるわけがない
  • 近所の人に笑われていて恥ずかしい
  • 自分たちが死んだあと子どもはどうやって生きていくのか

このように、子を思う親の気持ちというのはとても複雑なもので、各家庭によって大きく異なります。「気長に待ちたい」「本人の意思を尊重したい」という気持ちと、「養ってくれる人がいなくなったらどうするつもりなのか」という不安がせめぎ合っている場合もあります。

いずれにせよ、親の存在はかけがえのないものです。ニートである自分は「親に見守られているのか」「失望されているのか」「恐れられているのか」、客観的に考えてみましょう。まだ引き返せる状態ならば、それが家族として健全な状態であるか否か、おのずと分かるはずです。

30代無職の我が子に対して親が取るべき行動は?

可愛い子どもが無職でニート…もう30歳を過ぎているのに結婚もしていない…こんなとき親がどのような行動を取るべきなのでしょうか。
子どもが何歳になっても親は子供の将来を心配し、「このまま無職のまま年齢を重ねてしまうとどうなるだろう…」と焦りや不安感でいっぱいになりますよね。
30代はニート脱出の最後の砦となる年齢です!
もし一度も働いたことがなく30代を過ごしてしまっていたら早急に就職をサポートしてくれる機関へ相談することをおすすめします。子どもに「就職しなさい」といっても今さら一人で就職活動を進めるのは難しい年齢になってしまっていますので、第三者のサポートを受けることが必要です。

子どもが30代引きこもりニートだったら…
就職活動よりもまずは引きこもりからの脱却を目指しましょう!
自宅から外へ出て、他者とコミュニケーションをとる、目的を見つけて外出できるようになるといった一連の流れをクリアし、ここまでクリアできたら最終関門の「就職」のゴールを目指しましょう。

いざ就職できても今までニートをしていた方には辛い毎日が待っているかと思いますが、自分の生活を仕事で支えることができる、仕事が波に乗ったら結婚…親としては嬉しい未来ですね。

まとめ

30代ニートの特徴は、周囲や家族から向けられる目に無頓着だったり、なまけ癖がついていたり、心に不安や傷を抱いていたりとさまざまです。どんな状況であるにしろ、30代でニートを続けるメリットは少なく、デメリットが圧倒的に多いと言えます。

「このままではいけない」と思えたならば、今すぐに変わることができます。実際にこの記事を見ていることこそが、「環境を変えるための第一歩」だと言えますよね。ニートの現実や将来、自覚しないといけない「ヤバさ」、目を背けてきた親の気持ちとしっかり向き合い、解決策を実践していきましょう。

ニートOKの就職サイトなんてあるの?

ニートでもOKな就職サイトとは?

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
20,613views
マンガでわかる! 転職物語
2
マンガでわかる! 転職物語
7,528views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
3
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
6,952views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
4
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
6,549views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
5
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
5,467views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
6
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
5,435views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
7
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
5,395views
CONNECT‎は採用決裁者にすぐ会える?秘密を大公開
8
CONNECT‎は採用決裁者にすぐ会える?秘密を大公開
5,170views
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
9
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
3,980views
40歳からの転職【悲観しなくて大丈夫】
10
40歳からの転職【悲観しなくて大丈夫】
3,829views
ページのトップへ