> > 20代未経験のリアルな転職事情!キャリアチェンジは早い方が良い訳とは!?

20代未経験のリアルな転職事情!キャリアチェンジは早い方が良い訳とは!?

22862 views

20代だからこそ、転職を考えている方は多くいらっしゃることでしょう。

同業界・同職種の転職は、20代であれば引く手あまたですが、未経験の業界・職種となると20代であってもスムーズにはいきません。

ですが、20代のうちに未経験の業界・職種に転職した方が良いのは事実です。

本編は20代をターゲットに未経験の転職をお考えの方に、採用側が何を考えているのか、またどうすればいいのかなどについてご紹介いたします。

未経験の転職は20代のうちに!その訳は?

まず、結論から言えば、未経験業界、職種への転職は20代のうちに完了してしまいましょう。

なぜなら、未経験の方が採用されるのは原則20代までだからです。では、原則20代までしか未経験が採用されないのはどういう背景なのかというと、以下の理由が挙げられます。

・ 未経験採用は育成ありきで考えられている
・新しいことを覚え、身に付けられるのは20代までが限界と採用側が考えている
・30代以降は即戦力のプレイヤー、またはマネジメント層として活躍してほしいと考えている

企業側は、基本的には20代を育成層と考え、30代以降はメインプレイヤーになるか、もしくは一歩上のマネジメント層として活躍してもらうことを想定して人事配置をしています。

裏を返せば固定概念の固まっていない20代のうちに色々な経験を積んで、30代には本格的に軌道に乗った活躍をして欲しいという想定でいます。

そう考えた場合、一定の能力、経験、または資質が求められるものの、早いうちに転職を済ませ、必要な経験を積んでいたほうが30代になり、軌道に乗った形で活躍が見込めるということになるのです。

また、なにより、今の仕事にやりがいを感じない、もっとやりたい仕事があるので今の仕事が身に入らないというのは時間の浪費です。

時間は有限であり、二度と取り戻せません。そういった観点からも20代の早い段階で転職を完了させるということをしておいた方が良いとお考えください。

入社して3年は転職しないほうがいい?石の上にも3年説の真相

前述で、転職は早い方が望ましいとお伝えいたしましたが、1つ問題となる事項があります。

それは、転職の世界ではもはや常識となっている石の上にも3年説、すなわち入社した会社に3年在籍していないと採用企業側の印象が悪く良い転職をが実現できないという考え方です。

これに対して、最近の転職事情からみると間違ってもいないが正しくもないが現実です。

というのも、なぜ、3年入社した会社に在籍していないといけないかという点については明確な根拠はありません。

ただ、一定期間働いてないのに合うのか合わないかを判定するのは事実上難しいであろう、また我慢強くない人材は壁にぶつかると嫌になり退職をするだろうという思惑が採用企業にあるのは事実です。

つまり、3年という期間は、 あくまでも目安でしかなく 、実質的にみればあまり意味をなさない数字だと言えるのです。

とはいえ、この3年という期間を重要視している採用企業は大手企業を中心にそれなりに存在していますのでその点は認識しておきましょう。

ただ一方で、新卒採用から1〜2年程度の、いわゆる第二新卒採用も非常に活況となっています。

その背景としては以下の通りです。

・新卒採用で人材が確保できないため第二新卒層に採用ターゲットを絞っている
・在籍年数3年にこだわらない企業が増えてきた

リクルートワークス社の調査によると、2020年卒の有効求人倍率は1,83倍という数値が出されており、売り手市場の現状が分かります。

少子高齢化もこの状況を深刻化させており、中小企業を中心に新卒採用がうまくいかない企業が出てきています。

このような状況から新卒採用から第二新卒採用に切り替える会社が出てくるのです。

また、そうでなくとも、3年無理に我慢することを求めない会社も増えてきました。

人材不足と時代の変化が生み出した結果と言えます。

厳しい20代未経験の転職を成功させるためのポイント!

では、未経験転職において、面接突破するために何がポイントになるのかというと以下の通りです。

・転職理由に納得感があるか
・明確な志望動機がある
・活躍できる材料がある
・求める人物像にフィットするか

では、それぞれ補足していきます。

転職理由に納得感があるか

転職理由を面接で聞く背景としては、自社で働く上で長く働けるかどうかという継続性を確認しています。

転職理由については、基本的には本音で話していただきたいのですが、絶対にやってはいけないことがあります。

それは人のせいにした転職理由にすることです。

何をもって人のせいにするかは解釈が分かれますが、少なくとも上司が嫌い、教育がしっかりしてない、明確な理由がない中で会社の製品やサービスを理由にすることは避けましょう。

なぜなら、他責、自己改善意識のない人だとまた同じ理由で転職するのではないかという疑念を持たれてしまうからです。

もしも、そういう理由での転職であれば、他の要因はないか見返す必要があります。

明確な志望動機がある

志望動機で聞いているのはやる気と継続性です。面接を受けている会社で働きたい理由を聞き、かつ長く働けるかどうかを見極めています。

とはいえ、いざ志望理由を考えるとなかなか出てこないものです。

では、志望動機をどう考えたらいいのかというと、以下の手順で考えましょう。

転職したい理由➡今受けている会社が転職をしたい理由を解消できる理由➡その仕事が自分に向いている理由➡やりたい理由

ポイントはやりたい理由を後回しにすることです。基本的にはその会社を志望する理由が案外ないのですが、やりたくないことはすぐ出てくるというのが人間心理です。

それならば、長く働ける、できるということを証明していき、活躍できるからやりたいという方向性に持っていくことをおすすめします。

活躍できる材料がある

未経験の仕事の場合、活躍できるイメージを持ってもらえるかどうかは採用をされるか、されないかを計るうえで非常に重要です。

そのため、面接を受ける上で、受ける会社の業務とこれまでやってきた業務の共通点を見いだすことです。

しっかり共通点を見いだしアピールできるようにしましょう。

また、職務経歴書もしっかり作成することも大事です。職務経歴書に経験した業務をしっかり集約したうえで職務経歴書に落とし込みましょう。

求める人物像にフィットするか

結局最後は人柄です。その会社に合う、合わないは相性次第ですし、無理に会社の社風に合わせにいっても面接で見抜かれてしまいます。

そのため、社会人の基礎でもある「しっかり挨拶する」「目を見てはっきり話す」ということは最低限意識しましょう。

未経験業界よりハード!未経験職種への20代の転職対策

未経験業界で同職種の転職に関しては成功できる方も割と多くいらっしゃるのですが、未経験職種への転職はなかなかハードです。

なぜなら、経験したことのない仕事をするのに、面接している会社に活躍できますという証明をするのは根拠を見つけにくいからです。

また、営業以外の職種は原則採用枠1に対して応募が殺到する傾向にあるため、他の転職希望者との選考に勝たなければならないです。

では、どうやって選考に勝ち抜いていくのかというと関連資格の取得です。実際、経理であれば簿記、人事であれば社労士などの資格があると採用側の見る目が変わります。

ただ、簡単ではないのでやりたい仕事に関連する同職種も平行してチャレンジするということもおすすめします。

迷っているなら相談すべし!20代未経験は転職エージェントに頼ろう

ここまで、色々なことをお伝えしましたが、20代の方が未経験転職を実現するのにそもそも個別の課題を把握するのが一番難しいですし、その課題をどう克服していけば良いのか分からないものです。

では、どうすればいいのかですが、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントは転職のプロです。転職のプロに自分の話を聞いてもらい解決の糸口を見つけましょう。

転職エージェントを選ぶ際のコツとしては、大手の転職エージェントを利用することです。

なぜなら、リクルートエージェントやDODAのような大手エージェントは案件数が豊富にあり、未経験の20代に向けて紹介できる求人も多数あるからです。

加えて、大手転職エージェントは20代未経験の転職支援実績も豊富です。キャリアアドバイザーも求職者のみの対応を行い、法人担当は別に存在しています。

そのため、カウンセリングにある程度長い時間を割くことができるのです。

以上の点から、未経験転職においては大手転職エージェントを利用していただきたいです。

【まとめ】失敗しないために転職は慎重に!行動は迅速に

“転職エージェントの数はここ10年ほどで劇的に増え、転職が日本人にとって徐々に当たり前になりつつあります。

ただ、転職は安易に行うものではありません。20代で転職をしていいのはせいぜい1〜2回です。それだけ重い決断なのです。

かといって違和感を抱えたままで仕事をするのは非常に時間を浪費することになってしまいます。

ですので、転職をする、しないに関わらずまずは情報収集をしたり、転職活動を実際しながら転職理由や、志望動機を考え面接官に伝えてみましょう。

行動した結果、成功したら受け入れるか決める、失敗したら自分に足りないものを考え、現職でもう一度キャリアを構築しなおすのも良いでしょう。

行動は発見や新たな思考を産み出します。

もし、今未経験の仕事に転職するか悩んでいるのならば、まずは行動してみること、そこからはじめてみましょう。

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
332,066views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
84,669views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
3
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
78,319views
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
4
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
77,365views
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
5
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
73,608views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
6
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,995views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
70,057views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,696views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,411views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,725views
ページのトップへ