30歳で年収600万円稼ぐのは困難?稼げる職業と押さえたいポイント

このページにはPR広告を含みます
  1. 「転職鉄板ガイド」ではPR広告を掲載しております。但し、報酬目的で虚偽の情報を発信したり、事実に反して優遇するなど、ユーザーの皆様にとって不利益になることは一切いたしません。
  2. 「転職鉄板ガイド」は皆様に有益な情報を提供するため、各公式HPやSNSなどからお客様の声を掲載することがあります。但し、あくまで個人的な感想のため、サービス内容を保証するものではありません。
  3. その他、個人情報の取り扱いや免責事項に関してはプライバシーポリシーをご確認ください。


日本の平均年収を考慮すると、30歳で年収600万円を稼ぐのは決して簡単なことではありません。

しかし、30歳で年収600万円に達しており、一定の生活水準を維持しつつ、趣味や遊びも楽しむ人生を送っている人もいます。

本記事では年収600万円を稼ぎやすい仕事、稼げる仕事に就くためにすべきこと、年収600万円の人は勝ち組なのかについて解説します。

30歳の平均年収と年収600万円を稼ぐ人の割合

結論から述べると、30歳で年収600万円を稼ぐ人は労働者全体の2割未満です。

国税庁発表の令和4年分民間給与実態統計調査結果によると、労働者全体の平均給与は458万円でした。

その中でも、年齢階層別の平均給与額は以下の通りです。

年齢 平均給与
30~34歳 485万2,000円
35~39歳 548万8,000円

30代後半でも平均年収600万円に届いていないことから、達成するのは難しいことがわかります。

また、転職サイトの「doda」の調べによると、30代の年収分布は次の表の通りです。

30歳 年収600万

年収600万円以上の割合は17.5%であり、30歳で年収600万円を稼げる人は限られています。

特に女性は結婚・妊娠・出産などのライフイベントを経験する人も多く、男性に比べて給与が低い傾向があります。

その点まで考慮すると30歳で年収600万円を稼げる人は、ごく一握りになるでしょう。

参照:国税庁『令和4年分 民間給与実態統計調査 P176』国税庁『令和4年分民間給与実態統計調査結果について』doda『20~65歳の平均年収は平均年収ランキング(年齢・年代別年収情報)【最新版】』

30歳で年収600万円稼ぐ人が就いている仕事とは

実際の統計データも参考に、30歳で年収600万円が稼げる仕事をみていきましょう。

次の4つは年収600万円を稼げる人が多い仕事です。

  • コンサルタント
  • 営業職
  • 建築技術者
  • ITエンジニア

それぞれの職業の具体的な仕事内容、特徴について紹介します。

コンサルタント

年収600万円を稼ぐ人が多い職業の1つ目はコンサルタントです。

コンサルタントとは、会計事務所や監査法人などに勤め、企業にM&AやIT戦略、経営戦略の提案などを行う職業です。

非常に高度な専門知識が求められ、各業界の情報にも精通している必要があります。

コンサルタントになる人は公認会計士や税理士などの国家資格を持つ人も多く、財務・会計分野で一定の経験があることも重要です。

令和4年賃金構造基本統計調査によると、コンサルタントの30代前半の平均年収は760万円以上となっています。

また、コンサルタントは社会人としての経験も活かしやすいことから、未経験から転職する方も多い仕事とされています。

職務のハードルは高いですが、転職で高年収を目指したい方にはおすすめです。

参照:e-Stat『職種(特掲)、性、年齢階級別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計)』

営業職

営業職も30歳で年収600万円を目指しやすい職種の1つです。

営業職はベースとなる給与自体が一般的な会社員と変わらなくても、歩合制度を採用することで高収入になる職場が多いからです。

歩合制度は営業成績に応じてインセンティブや報酬が支払われる仕組みで、基本給よりも多くもらう業界もあります。

営業職の場合、努力によって年収600万円を超えることも期待できます。

また、営業職の経験者は多くの企業から引く手あまたで、次のキャリアプランにもプラスに働くでしょう。

コミュニケーション能力が高く、成果重視の世界で高収入を目指すなら営業職がおすすめです。

建築技術者

30歳で年収600万円を稼ぐ人が多い職業の3つ目は建築技術者です。

建築技術者は建設業の中でも、建物の設計や工事現場の管理などのマネジメントを行う職業です。

一定の経験を積むことで、国家資格の施工管理技士を取得することもできます。

令和4年分民間給与実態統計調査によると、建築技術者の30代前半の建築技術者の平均年収は627万円です。

建設業は建物を建築するほか、電気・水道・道路などのインフラ工事も含まれるため、大規模な受注が多く入ります。

建築技術者はそれらの現場で工事の計画を立て、進捗管理を行う重要な仕事であり、責任の大きさに比例して年収も高い傾向です。

使う人にとって安全な建築物を作るという大きな責任は伴いますが、若い世代でも高年収が目指しやすい職種でもあります。

参照:e-Stat『職種(特掲)、性、年齢階級別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計)』

ITエンジニア

30歳で年収600万円に届くものとして、ITエンジニアも代表な職種の1つです。

ITエンジニアとは、IT企業でのシステム開発やネットワークインフラの設計・構築・運用、Webアプリ開発などを行う仕事です。

年収600万円を達成するには、開発チームのマネジメントを行うプロジェクトマネージャー(PM)になる必要があります。

プロジェクトマネージャーは上流工程を担当するエンジニアであり、多くの実践経験も求められる立場です。

一般的な企業では30代のマネージャーは若いと感じる方も多いですが、IT企業の場合は必ずしもそうではありません。

ITエンジニアは20~30代が中心となっているため、30代で経営者になる方も多く、若くても管理職になるチャンスがあります。

30歳で年収600万円を目指すなら、IT系資格の取得も狙いつつ、ITエンジニアとして働く道を探しましょう。

30歳で年収600万円稼ぐ人は勝ち組?

30歳で年収600万円を稼げる人であれば、一般的には勝ち組に分類できます。

日本において、労働者全体で年収600万円以上を稼いでいる人は約22%です。

加えて、日本では勤続年数による昇給が大きいため、高年収の方は40代以上の中高年が中心になっています。

この点を考慮すると、30代で日本人の平均年収を上回り、労働者全体の上位20%程度に入る人は勝ち組といえるでしょう。

また、年収600万円の方の場合、総支給額から社会保険料などを差し引いても、年間450万円以上が可処分所得になります。

家族構成や居住地域にもよりますが、生活水準は平均的な家庭よりも良い可能性が高いです。(*)

参照:国税庁『令和4年分 民間給与実態統計調査P23』

30歳で年収600万円稼ぎたいと思ったらすべきこと

30歳で年収600万円を稼ぐには、ポイントを押さえて働き方の変更や転職活動を行うことが重要です。

年収600万円を稼ぎたいと考えるなら、以下の4つのポイントを意識しましょう。

  1. ベースとなる年収が高い業界を選ぶ
  2. 成果報酬型の職業に転職する
  3. 現在のキャリアを活かした転職先を選択する
  4. 転職エージェントで自分に合った求人紹介を受ける

4つの大事なポイントについて、具体的に紹介します。

ベースとなる年収の高い業界を選ぶ

年収600万円以上の仕事に就くには、ベースとなる年収が高い業界または企業を選ぶことが重要です。

年収が高い業界とは建設業、金融・保険、IT、通信業界などが代表的です。

年収が高ければ昇給の幅も大きいと考えられ、長く勤続するほど高年収になることが期待できます。

30歳で年収600万円超えを狙うなら、どの業界がどのくらいの年収相場になるのかチェックしましょう。

ただし、注意したい点もあります。

高年収の仕事ほど仕事の難易度が高く、専門資格を求められることも多くなります。

就職・転職後も常に学びを続け、スキルアップすることが求められるでしょう。

高年収の職場に転職しただけで満足してしまうと、後悔につながりやすい点は理解すべきです。

成果報酬型の職業に転職する

30歳で年収600万円の仕事に就くなら、営業職のような成果報酬型の職業に転職することもポイントです。

営業職のように成績で評価される職種では、自分の努力次第で報酬が支払われる可能性が高いです。

例えば、保険や不動産の営業職は歩合制の傾向が強く、営業スキルを身に付ければ高年収になることも期待できます。

ただし、歩合制の職業は高いノルマを課されやすく、達成できないと給与が下がることもあります。

同僚も仲間ではなく、同じ営業成績を競い合うライバルになるため、常に競争意識を求められるでしょう。

向上心を持って仕事に取り組める人には大きなチャンスもありますが、安定した仕事を望む人は不向きな面もあるため注意が必要です。

現在のキャリアを活かした転職先を選択する

30歳で高年収の仕事に就くには、現在のキャリアを活かして転職先を選ぶことが大事です。

元々営業職や専門職として働いていた、または特定の業界での経験が豊富なら、転職でキャリアアップを目指すのが効率的だからです。

未経験分野への転職はキャリアゼロからのスタートになりますが、同業界であれば、それまでのキャリアを考慮した収入になることも期待できます。

また、過去のキャリアで培った経験から資格を取得し、転職先でキャリアアップにつながる可能性もあります。

30歳までに培った経験を無駄にしないためにも、キャリアを活かせる転職先選びを慎重に検討してください。

転職エージェントで自分に合った求人紹介を受ける

30歳で高年収を目指すなら、転職エージェントを利用して自分におすすめの求人紹介を受けることも大切なポイントです。

30歳が初めての転職活動になる方もいるかと思います。

その場合、転職活動をどのように進めればよいのか、自分の特徴や市場価値、仕事への適性は何かなど、様々な疑問を抱く方も少なくありません。

理想の職場への高年収の転職を実現するには、転職活動をバックアップしてくれる転職エージェントの利用がおすすめです。

基本となる履歴書や職務経歴書の書き方から、性格傾向・適性診断・自己分析まで幅広くサポートしてくれます。

また、アドバイザーが各種日程調整や交渉も行ってくれるため、働きながらでも転職活動が負担になりにくい点もメリットです。

働きながら効率的に自分の条件に合う求人を探すなら、転職エージェントを利用しましょう。

30歳で年収600万稼ぎたい人が使うべき転職エージェント

30歳で年収600万円以上稼ぐには、自分の個性に合わせた転職エージェント選びが大切です。

次の3つの転職エージェントを使えば、年収600万円への期待も大幅に上がります。

3つの転職エージェントの特徴を紹介しますから、自分に合ったサービスを選びましょう。

初めて転職する人におすすめなのはdoda

doda今まで転職したことがない、初めて転職する人には「doda」がおすすめです。

dodaは転職者のサポート能力に定評があり、若手の転職で利用される機会の多い転職エージェントです。

求人の多くがホワイト企業のため、転職をしたことがない人も安心できるメリットがあります。高収入の仕事も多く、30歳で年収600万円を超えたいなら利用する価値が高いです。

初めての転職で失敗したくない人は、dodaに登録しましょう。

公式サイト https://doda.jp/
特徴 若手の転職に強く、アドバイザーのサポート能力も高い
おすすめポイント 求人数が豊富で様々な紹介が受けられるため、案件を比較しながら選びたい方に向いている
\ 詳細はこちら /doda 公式サイト

やりたい仕事がはっきりしていない人はリクルートエージェント

リクル-トエージェント高年収の職場に転職したいけど、まだやりたい仕事が決まっていない人は、リクルートエージェントを利用しましょう。

リクルートエージェントは転職エージェントの中でも求人の多さに定評があります。

業種・業界は国内のほとんどの分野をカバーしており、たくさんの求人の中から自分に合った仕事をきっと見つけることができます。

大手なこともありアドバイザーも経験豊富な人が多いので、「やりたい仕事がわからない」という悩みも打ち明けやすいですよ。

海外の求人もあるので、海外駐在を目指す人にもおすすめです。

公式サイト https://www.r-agent.com/
特徴 幅広い業種・業界の求人を網羅しており、経験豊富なアドバイザーが多数在籍している
おすすめポイント 現在のキャリアを活かしつつ、豊富な求人から自由にキャリアを設計しやすい

未経験OKのITエンジニア求人が豊富なのはGreen

Green

IT、Web、エンジニアの求人を探している人は、Greenの利用がおすすめです。

Greenの特徴はフランクな転職活動ができること。カジュアル面談もできるので、堅苦しくなく気軽に活動することができます。

未経験OKの求人が多いことも大きなポイント。
IT系の求人は経験者のみを募集していることがほとんどですが、Greenで紹介してくれる企業は未経験可としているところも多いのです。

「実務未経験だけどITエンジニアとして働きたい!」
「気楽に転職活動を進めたい」

そんな人にGreenがおすすめです。

公式サイト https://www.green-japan.com/
特徴 IT、Web業界の求人に強い
おすすめポイント カジュアル面談などができ、企業のリアルな雰囲気がわかりやすい
\ 詳細はこちら /Green 公式サイト

まとめ:年収600万到達には努力と行動が肝心

今回は「30歳で年収600万円稼ぐのは困難?稼げる職業と押さえたいポイント」を解説しました。

平均的な会社員にとって、30歳で年収600万円は非常に高い壁です。

しかし、30歳であっても職業の特徴を理解し、それに見合う努力と行動を取れば高収入を目指すことはできます。

成果報酬型の職業に就くこと、ベースの年収が高い職業に就くことも、年収600万円を達成するには重要な行動の1つです。

30歳で年収600万円という目標を達成するために、転職エージェントも利用しながら自分に合ったキャリアをデザインしましょう。


30代におすすめ関連記事

30代におすすめの転職エージェント
【最新版】30代が使うべき人気の転職エージェントはどれ?転職成功へのカギは"転職エージェント選び"が大切!
【30代の転職失敗談】後悔…何が理由?
30代で転職活動をした方の"リアルな失敗談"は一体!?失敗や不安から学ぶ、30代で転職を成功させるポイントを解説。
30代、未経験職へのキャリアチェンジは可能?
30代で未経験職へのキャリアチェンジを成功させるには、30代ならではの転職活動のポイントをおさえることが大切。"転職を1発で成功させたい"方、必見!
30代で転職したら年収ダウンは必須!?
30代で転職すると年収は下がるの?!転職で年収アップするための転職活動方法まとめ

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷