> > 40歳からの転職【悲観しなくて大丈夫】

40歳からの転職【悲観しなくて大丈夫】

8946 views

転職成功者が見つけた 40代の「悲観しなくていい」転職法とは

「40代の転職が難しい」というのは調べるまでもなく、誰でも抱いているイメージではないかと思います。

転職業界では長く『35歳転職限界説』という言葉が唱えられているほど、40代の転職は現実的でないと言われます。

それでも40代で転職できている人はもちろんいるし、自分だってそれなりにキャリアを積んできた。人にできて自分にできないわけがない、と考える人は楽観視がすぎると言わざるを得ません。

40代で転職を成功させているような人とは、高キャリアで友人や同業他社などのコネによるスカウトで転職していることが多いのです。

もしあなたにコネがないとすれば、転職は難しい。できたとしても失業期間が長くなる、年収ダウンの可能性が高いことを自覚しておきましょう。

それでも転職がしたい、どうにかしたいと考える人に読んで欲しい40代の転職状況を説明します。
そして実際に転職して満足できたか?年収は上がったのか?など40代の転職活動に関するアンケートを実施。
ぼんやりと転職を考えている人から今すぐ定職に就きたい人まで必見です!
 

頼るべきコネがない人は転職ができない?

40代転職にコネが必要な理由

40代ともなれば社会人経験やキャリアを多く積み、対応力を身に着け、社会人としての自信やプライドを身につける頃です。

若い頃であれば社会人としての心得すら分からずに右往左往していたことでも、逆に社内で若い世代に頼られることも増え、今ならどこに行っても通用するだろうと自信を身につける世代でもあります。

けれど、それは限られた社内や業界だから通じる話かもしれないと考えたことはありますか?

余裕も出てきて、そうなると果たして自分はこの先ずっとこのままでいいのだろうか?と考え始め、この期を逃せば後はないと転職を考える人も多くいます。ですが、そのスキルやキャリアは本当に全ての企業に共通で重宝されるものでしょうか?

本当に必要とされるスキルを持っているのであれば、例えば会社を興した友人、取引先や同業他社などの目に止まり、声がかかってもおかしくありません。

それがないのであれば、他の競争相手に対して飛び抜けたスキルがあなたに無いのかもしれないと一考すべきかもしれません。

40代でコネがなくても、簡単に作れる方法があった

自分に人脈がないなら、人脈を持つ人とつながればいいわけですよね。

簡単に言えば、コネがなくても人材紹介会社(転職エージェント)を利用することで代替えができます。

転職エージェントは求職者と企業をつなぐ人材紹介サービス。既に紹介した実績も、信頼関係も築けています。

ふつうに転職しようと思っても、20~30代の若い子と比べられてしまう40代。コネさえ使えば比べられる必要もありません。

コネもないのに無駄に応募して落ちて自信をなくして・・・を繰り返すより、企業と直接パイプを持ち、後押ししてくれる転職エージェントを使ったほうが効率的だと思いませんか。

40代が使うべき転職エージェント

転職エージェント(人材紹介会社)といっても、20代特化、30代歓迎などエージェントにより得意分野があります。見当違いのところに登録しても、紹介されずに落ち込むだけなので40代に特化した転職エージェントを選びましょう。

スカウト中心のビズリーチで比べられない転職

ハイクラス向けの転職エージェントで、年収500万円超えの求人を中心を取り扱います。公開求人の中には年収800万、1000万、1500万円といった求人も多くあります。

2000人以上のヘッドハンターによるスカウト求人が中心なのが最大の特徴で、そもそも自分に興味がない企業からスカウトはこないので、一般の転職サイトに比べ内定率が高く、好条件で働けるのがポイントです。

スカウトが魅力の転職サイトなので、アピールポイントである経歴・スキル面は色んな言い回しで入力しましょう。企業は様々なキーワードで検索してきますので、できるだけ引っかかるようにレジュメを登録しておくのがポイントです。

少しの工夫でスカウト・ヒット数は段違いで変わります。

若手と比べられて不利になる40代は、そもそも普通の転職サイトを使うこと自体が間違っています。自分を欲している企業がいる転職サイトを利用しましょう。

40代転職実勢豊富なリクルートエージェント

定番のリクルートエージェント。全国から海外まで、職種・年齢ともに幅広い求人を扱います。

若手中心の他社エージェントとは違い、40代での転職実績も多いのが特徴

紹介実績はNO.1で、32万人がリクルートエージェントで転職をしています。歴史から培ったノウハウが生かされた、独自の企業レポートや、簡単に職務経歴書を作成できるツールは大変便利です。

企業からの知名度も高く、求人数は業界トップなので一つは登録しておきたいところ。

親切さ、サポート力NO.1のdoda

dodaの魅力は、全求人案件数10万件以上という求人数の圧倒的な多さにあります。

他にも同等の案件数を取り扱う大手の転職エージェントはいくつかありますが、20代や30代向けの求人が殆どを占め、40代というだけで締め出しをくらうといった口コミがあるのに対し、dodaは40代でも登録でき、実際に紹介を受けることができたという声が多く上がっています。

こちらは登録すると企業側からオファーが受けられるスカウトシステムがあるのが魅力です。

IT系やエンジニア系を特に得意としており、また外資系などの求人も取り扱っています。上記の年収600万円以上のハイクラス向け限定の転職エージェントはハードルが高すぎると言う人は、dodaへの登録をおすすめします。

JACリクルートメント

こちらもやはりハイクラス向けの転職エージェントで、利用者の約70%以上が35歳以上の年齢層となっています。

日系だけでなく、外資系の企業も多く取り扱っていて、エグゼグティブ層やスペシャリストとして転職したいと考えている人に向いています。

こちらはヘッドハンティングのシステムはありませんが、コンサルタントの質が高く、口コミではとても評判のいい転職エージェントです。

キャリアカーバー

こちらもハイクラス向けの転職エージェントで、運営は幅広い人材紹介サービスで人気のリクルートキャリアが行っています。

ビズリーチ同様にヘッドハンティングシステムを採用しており、ヘッドハンターの登録数は800人ほど。ビズリーチよりもヘッドハンターの人数は落ちますが、サービスが完全無料で受けられるのが魅力。

求人はやはり年収600万円以上、数千万円といった求人も多く見られ、キャリアに自信のある人向けの転職エージェントです。

 

40代の転職、成功のコツとは

20代・30代と競うのは逆効果

20代や30代の若い世代に対して、こちらは経験と知識があるから、競争してもきっと勝てるはず!と考えるのは実は間違いです。
なぜなら、20代や30代の若い世代に対して、40代以降の世代に企業側が求めているものに違いがあるから。

20代や30代は、ようやく社会に出て経験が浅いのは当然のこと。ですので、企業側は経験や知識に関して実はそれほど期待をしていません。逆にこれから自社の方針や業務に関する教育を行い成長してもらう伸びしろに期待をしています。

けれど、40代ともなると「仕事ができて当たり前」という認識に変わります。逆に他社のやり方などを知っている上に、これまでの経験がある分、柔軟性に欠けると思われがちな世代であり、体力も当然若い世代に比べて劣ってしまいます。

20代や30代を求めている求人は、体力や教育を受け入れる素直さ、柔軟性を求められている場合が多いので、そんな求人に応募しても競争に勝つのは難しいのです。

40代を求める求人、狙い目は管理職

では40代という世代を求める求人というのはどういうものなのでしょうか。

30代以下の若い世代に無いものとはなんだろうかと考えれば、やはりそれは知識と経験ということになります。要するに即戦力

ただ即戦力とはいっても、一般の社員であれば30代くらいであればそれなりの経験を積んでいる世代ですし、体力やバイタリティも十分。40代はやはり競争で負けてしまいます。

そこで40代が狙うべき求人は何かと言えば、『管理職』となるわけです。30代ではまだまだリーダーシップを取るには経験や器量が足りないと思われる場合も多く、更にまだ上の世代も多く居て人の上に立つには不安と思われがちです。

その点、40代は順調に出世を重ねれば一般的には管理職の経験があってもおかしくない世代です。実際に40代以上の求人を見てみると圧倒的に管理職の求人が多くあり、狙い目は間違いなく管理職であるといえます。

ビズリーチ

ハイクラス向けの転職エージェントで、年収500万円超えの求人を中心に取り扱います。

ヘッドハンティングというシステムを採用しており、登録しているヘッドハンターは2000人ほどと、他のヘッドハンティングシステムを採用するエージェントとは桁違いの多さです。

管理職、管理職候補の求人を多く扱い、マネジメント経験をレジュメ登録しておくだけでヘッドハンターからのスカウトが大幅にアップします。

職務経歴を入れるときに意外と抜けがちなマネジメント人数(規模)。管理職経験・マネジメント経験がある人は必ず人数までレジュメに登録しておきましょう。

 

40代100人緊急アンケート!あなたは転職成功した?失敗した?

今回40代の転職経験のあるビジネスパーソンに緊急アンケートを実施!
実際転職してよかったのか?どんな仕事に就いているのか?
中高年の転職は難しいといわれるけど、実際はどうだったのか?
転職活動をする前にリアルな40代の転職事情をチェック!

Q1 転職してよかったですか?

40代転職アンケート1 転職してよかったですか?

約6割が「転職してよかった」と回答しています。
反面15%の人が転職したことを後悔しています。

転職するきっかけは人それぞれですが、転職することによって労働環境がリセットされ、求められることも会社によって変わります。
40代になると「この仕事はこういうものだ」という固定観念ができてしまいがちですが、新しい職場に順応できる柔軟性がある人は社内で馴染みやすく、人間関係も円滑になることから結果的に転職してよかったと思えるようになります。

Q2 年収はどうなりましたか?

40代転職アンケート2 年収はどうなりましたか?

半数が年収は下がったという結果になりました。

前出で転職は労働環境がリセットされるとお伝えしましたが、前職で積み上げたポジションも振り出しに戻ることになります。
転職する前にメリット面だけではなく、リスクが伴うことも念頭に置いておきましょう。

Q3 どうやって転職しましたか?

40代転職アンケート3 どうやって転職しましたか?

約4割が紹介・コネと回答しています。
ハローワークが約2割で転職サイトやエージェント経由が約4割となっています。

転職サイトやハローワークなど広く募集をかけた場合、採用側は20代30代の応募者と比較するとどうしても年齢がネックにならざるを得ません。
友人や知人の推薦いわば「コネ入社」は、友人から企業への働きかけがあるため入社しやすくなっています。
実際40代で転職する人でコネ入社で入った話はよく聞きます。人脈づくりや普段からの信頼づくりはこうした局面に発揮されることも少なからずあるのです。

Q4 転職するまでどのくらいの期間がかかりましたか?

40代転職アンケート4 転職するまでどのくらいの期間がかかりましたか?

40代の約6割が転職活動を始めて3ヶ月以内に転職成功をさせています。

『35歳転職限界説』という言葉がありますが、40代で転職活動をする人はそれを肝に銘じて本気で転職活動をして、比較的短期間で転職を実現させています。
逆になんとかなるだろうと楽天的に物事を考えている人は長期化しかねません。
「自分の市場価値は年齢を重ねるごとに落ちていく」と自覚している人こそ、就活のように企業研究をして万全の準備をして臨むことで内定を勝ち取ることでしょう。

Q5 キャリアチェンジしましたか?

40代転職アンケート5 キャリアチェンジしましたか?

半数強でキャリアチェンジしていない人に軍配が上がりました。

しかし半数弱の人がキャリアチェンジをしています。
キャリアチェンジしていない人は前職の経験やスキルが評価されていることが伺えます。

現状の仕事がどうしても合わないという場合、業界にこだわらなければ40代でも必ず職はあります。
今までのキャリアを活かして転職をする人、異業種に賭けてみる人それぞれですが、目指す職種の需要供給バランスを見極めることが転職成功のカギとなります。

Q6 どんな仕事をしていますか?

40代転職アンケート6 どんな仕事をしていますか?

職種は全体的に固まってはいませんが、注目なのは約3割が人手不足が深刻なサービス業と福祉医療系に就いているという点です。

介護業界はニーズが非常に高いですが、慢性的な人手不足が続いています。
入浴介助、食事介助のほかオムツ交換などどれも重労働ですが、考え方によっては他の仕事では感じられないようなやりがいを見出せる立派な仕事です。

販売・飲食などのサービス業はお客様と接する機会が多く、理不尽なクレームを言われることが多々あるなどマイナス面ばかりが取り上げられますが、24時間営業を取りやめるなど労働環境を改善する取り組みが増えています。

サービス業・福祉医療系ともに未経験でも挑戦しやすい業界ですので、この機会にぜひ転職先候補として考えるのもいいですね。

40代転職アンケート 総評

40代は人生の折り返し地点であり、転職は人生のターニングポイント。
家族を養う立場にある場合は経済面や企業の安定度で仕事を選ばなければならず、自分のやりたいことをベースで仕事を選べないのが現実です。

実際転職してよかったと感じる人は6割と高めです。
転職に成功した人は「短期決戦」です。転職成功者は徹底的に企業研究をして内定を勝ち取っています。
または約4割の人は友人知人を頼って転職活動をするという結果になりました。

転職に満足している人がいる反面、後悔しているもしくはどちらでもないという人は約4割です。
後悔している理由は、「年収が下がった」「とりあえず転職先が見つからないから友人知人を頼った」などがアンケート結果から推測できます。

転職は長引くと離職期間が長くなり履歴書に空白期間が生じてしまうことから転職を急いでしまった人も少なからず存在します。
友人知人を頼って転職活動はしたくない!自分の能力を活かせる仕事に就きたいという人は一度転職エージェントを利用するのをおすすめします。

転職エージェントを利用した人は12%と低いですが、求人を紹介を受けられたり、履歴書の書き方や面接練習などサポートが充実しています。
しかも無料で利用できるので使わない手はありません。

転職エージェントの中でも40代に強い、エグゼクティブ層に強いなど特長があるので、是非自分にあったエージェントをみつけてみてください。

40代の今、転職を考えた理由と意味をしっかり考えてみる

40代での転職は、はっきり言ってかなり難しい世代に入ってしまったことはしっかりと認識していなければなりません。そう容易ではないからこそ、転職をしようと決めたのなら、自分の状況や希望する方向性をしっかりと認識し、自分に合った方法を模索する必要があります。

このままでは終われない?自分の将来を考えた転職

仕事にももう慣れて、今までがむしゃらに働いてきたけれど、ふと今の自分の状況を見る余裕が出てきた時に、このままでいいのだろうかと不安に思う人は多いようです。
このまま生涯この仕事を続けていていいのだろうか?自分はまだまだやれるのでは?昔夢見て諦めた道に挑戦する最後のチャンスかもしれない……。

キャリアアップを望むのであれば、40代はまさにハイクラス向けの求人に挑めるいい時期でもあるかもしれません。

けれど、これから新しいことを始めたいと思っているなら要注意です。若い世代とは違い、40代は企業側から伸びしろを求められることはそうは無いことを理解すべきです。
運良く採用してくれる企業が出てきたとしても、現職でそれなりに昇進・昇給を重ねてきたものがリセットされるわけですから、年収は確実に下がることを覚悟すべきです。

自分の限界を感じてしまった人は……

体力や気力が若い頃に比べれば分かりやすく落ちてしまうのが40代。これ以上この仕事を続けていると確実に体に無理が来る……そんな不安に駆られて転職を考える人も多くいます。

特に飲食系や接客、土木系などの職人、外回りメインの営業などに多いようです。
一般社員は特にやはり体を使う業務につくことが多いかと思われますので、経験を活かした本社勤務の管理職といった求人が狙い目となります。

会社や業界に嫌気を感じてしまった場合

例えば、これまでの会社への貢献を正しく評価してもらえていない。勤続に対して昇給や昇進の状況に納得できないから、正しく自分の能力を評価してくれる所に転職をしたい。この業界に将来性を感じない。などと考える場合、転職したからといって、今の状況よりもいい所に出会える可能性というものははっきり言って高くはありません。

自分はもっと評価されるべき、という考えは企業の採用側にはあまり考慮されることはなく、実際に気が逸って退職してしまった人が、転職活動が長引いた上でやむなく入った会社で前職よりも年収が下がってしまうという話はとにかく多いのです。

それこそハイクラス、エグゼクティブ層に挑戦できる特化したスキルがあればまた違ってきますが、一般的なスキルでは転職で昇給が見込める可能性は極めて低いと考えてください。
 

意外と難しい同業種への転職。業界で選ぶのもあり

同業種への転職は意外と難しい

これまでの経験があるから、それを活かしてまったく同じ職種の別会社に転職をしたいと考える人はもちろん多いのですが、実はこれが意外と難しい……。
なぜなら、企業側に「なぜ転職をしたのか」について警戒心を抱かれてしまう事があるからです。

40代で安定した給与や地位を投げ打って転職したのには「何か問題を起こして辞めたのでは?」「企業側にすぐに不満を持つタイプなら扱いづらい」といった点について勘ぐられてしまうのです。

もしも前職で問題を起こして辞めたのであれば、それを自社で抱え込むのは当然嫌がりますし、また同業他社であれば何らかの繋がりがある可能性もあります。更に待遇面に不満があったというのなら、その改善を求められるかもしれず、当然企業は面倒を避けようとします。

同業種への転職にもしも難航したなら、職種へのこだわりを一度リセットして、現在のスキルを別の方向から活かせないか検討してみてください。例えば同業界の異職種、他業界への転職など、柔軟に広い視野で模索してみましょう。

◆◇ 40代こそ活躍できる業界3選 ◇◆

40代が必要とされる業界とは?

逆に、自分を業界に合わせた転職を検討してみるのも1つの手です。希望する業界が40代の新人を必要としないというのであれば、40代を必要とする業界に転職すると、逆に待遇も良く受け入れられることだってあります。

例えば、40代が必要とされる業界とは下記のようなものがあります。

IT系

現在IT系では人手不足が起こっているようで、40代でも積極的に採用する風潮があるようです。人手不足の原因が待遇や勤務時間、休日に影響する点でもあるようなので、そのへんには注意が必要ではあります、

まったくの未経験者で40代から始めるというのは現実的ではないので、経験がある人で転職を考えている人にはいいと思います。

建築、不動産系

特に営業職は常に人手不足と言われている業界になります。営業する商品が決して安価なものではありませんし、安易に「買ってみようかな」となるものでもないため、営業としてのスキルが問われる仕事です。

長く営業をしてきた経験のある人が飛び込むにはいい業界といえます。少々特殊なため、大変とは言われますが、適性さえあれば比較的に給与が高めに設定されている業界であるために、転職で昇給も狙える業界です。

介護系

やはりこちらも常に人手不足と言われる業界です。長く介護系などは女性の業界と思われているところもありましたが、力仕事も多いため、女性だけでなく男性も重宝され始めています。

介護福祉士などの資格を持っていれば、管理職への応募も可能ですし、その分給与も高めに設定されているところが多くあります。
 

 

いま転職をすべきなのか、まずは一度冷静に考えてみよう

ここまで、40代の転職について考慮すべき点などを書いてみましが、そもそもまずは「その転職は本当に必要なのか」を一度冷静になって考えてみてください。

どうしても40代になってからの転職は選択肢がかなり狭められます。ハイクラス・エグゼクティブ層への転職ができる人というのは、本当に余程のスキルとバイタリティを持っている人と言わざるを得ず、基本的にはこれまで培った経験やスキルは転職で一度リセットされると考えてください。

そうなれば当然年収も下がりますし、自分よりも年下の上司に使われることだってあり得ないことではありません。

その転職は本当に必要なのか。待遇などについては今の職場で改善できればそれに越したことはありません。40代だからこそ、しっかりと地に足をつけた転職活動を。


40代におすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
リクルートエージェント
リクルートエージェント
積極的な就職支援で厳しい40代の転職を支える
リクルートエージェントの高い内定率を支えるのは、キャリアアドバイザーの親身な対応。転職が厳しくなる40代でも客観的な強みを見つけてくれ、時には直接企業に売り込んでくれるから、一人で行う転職活動よりもずっとスムーズに内定を獲得できます。
ビズリーチ
ビズリーチ
即戦力となる実力を持った40代必見
ビズリーチは専門職・管理職経験者の40代なら一度は登録しておきたい転職サイト。なんと年収1000万クラスの求人を30000件以上も保有しています。40代で初の転職を目指す人にもきめ細やかなサポートを提供。
リクナビネクスト
リクナビネクスト
レジュメスカウト機能で企業からのアプローチを待つのもアリ
リクルートエージェント運営の転職サイト。自分のペースで転職活動を進めていけるから、「すぐに転職したいわけではないけれど、情報だけは集めたい」という人にもおおすすめ。スキルのある40代ならレジュメを登録しておけば、企業からオファーが届く可能性も高いです。
JAC Recruitment
JAC Recruitment
利用者の約半数が40歳以上の転職エージェント

JACリクルートメントは利用者の約半数が40歳以上というキャリアを持った中高年をメインターゲットにした転職エージェント。管理職やスペシャリストなどハイクラス求人に強いため、年収アップを目指したい40代には特におすすめです。
DODA
DODA
こだわりの条件で求人検索が可能
DODAは全国で100,000件以上の求人情報を保有している超大手転職サービス。また求人検索画面では年収や勤務地だけでなくキーワードを細かく指定できるので、妥協できない40代の転職条件にもマッチした求人情報をみつけることができます。


40代におすすめ関連記事

40代の転職事情。コネがないと転職は無理?
40代で転職するのは至難の業。紹介・コネで転職する人が多数の中、転職成功してる人の転職法は?
40代に介護業界への転職を勧める理由
介護業界が40代の人生の転機?介護職なら段階を踏んで資格を取得し、3年後にはキャリアアップをすることが現実的に可能なのです。
40代が使うべき転職サイト10選
20代30代特化の転職サイトが多い中、スキル経験重視の40代に特化した転職サイトを10社紹介しています。
40代の年収平均値は?あなたは負け組勝ち組?
40代で年収500万円以下の人は48.3%!所得格差が広がりやすい40代の地域別・企業規模別の平均年収と、年収別の対処法を伝授いたします。

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
56,968views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
24,136views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
3
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
22,682views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
4
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
21,373views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
5
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
16,197views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
6
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
15,825views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
7
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
15,023views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
8
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
14,185views
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
9
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
11,569views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
10
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
11,086views
ページのトップへ