【実例付き】アスペルガー症候群でも他の人より仕事で成功できる!【仕事の探し方】

この記事は、『アスペルガー症候群の方が持つ、仕事に関する悩み』を解決できる内容です。
具体的には、下記のような悩みを解決できます。

『自分に合った仕事』に就職(転職)したい。

自分がアスペルガー症候群であるせいで、仕事がつらい…。

『障害者枠での就労と一般枠での就労』どっちのほうがいい?

就職(転職)できたとしても、『給料は安い』よね。できれば給料が高い仕事がしたい。

いま仕事をしてるけど、給料が安い…。ずっとこのまま安い給料で働いてていいのかな?

「自分が言った『何気ないひとこと』で場の雰囲気を壊してしまった。」「人との会話についていけない。うまく人間関係を構築することができない。」「1つの作業を集中してやるのは得意。だけど、その中でトラブルがあったらパニックになってしまう。」

これらは、典型的なアスペルガー症候群の症状です。アスペルガー症候群のあなたも、このような経験をしたことがあるのではないでしょうか。

さて、現在仕事をされている方でアスペルガー症候群をお持ちの方。
アスペルガー症候群の症状が原因で、仕事でつらい思いをしていませんか?いまの給料に満足していますか?

求職中の方。就職後、仕事面や給料面に不安がありませんか?
それなら、この記事を読んでみてください。

アスペルガー症候群の方に『向いてる仕事・向いてない仕事』、実例付きの『ステップアップ方法』、『仕事の探し方』を紹介します。
ぜひ参考にしてくださいね。

アスペルガー症候群の方に向いてる仕事

アスペルガー症候群の方に合った仕事を挙げます。

①手順がはっきりした仕事

  • 事務(経理、財務)
  • 工場のライン作業、加工作業
  • 清掃業

②『興味があることの知識』を活かせる仕事

  • プログラマー
  • デザイナー(Web,広告など)
  • 電化製品の販売員
  • カメラマン
  • 大学教授
  • 研究者
  • 技術者

これらはすべて、アスペルガー症候群の特徴を活かした仕事です。
アスペルガー症候群の方は、アスペルガー症候群でない方に比べて

  • 集中力に長ける
  • 記憶力に長ける
  • 特定のことに強い興味を持つ
  • 独特な感性、創造力を持つ
  • 複数の作業を同時におこなうのが苦手
  • 臨機応変な対応が苦手
  • 良好な対人関係を築くことが苦手

といった特徴があります。

すべてをまとめると、『(対人関係は苦手だが)手順が決まった1つの作業に対して、ものすごい集中力を発揮できる』『(対人関係は苦手だが)自分の興味を持ったことにことに対して、ものすごい集中力と記憶力、創造力を発揮できる』となります。

つまり、対人スキルがあまり求められず

①手順がはっきりした仕事
②『興味があることの知識』を活かせる仕事

が『自分に合った仕事』ということです。

アスペルガー症候群の方に向いてない仕事

では逆に、アスペルガー症候群の方には向いてない・オススメできない仕事を挙げます。

①柔軟な対人スキルが必要な仕事

  • 接客業
  • 営業職
  • 受付窓口業務

②マルチタスクが必要とされる仕事

  • 料理人
  • レジ業務
  • 保育士

これらの仕事が向いてない理由は、下記のアスペルガー症候群の特徴によるものです。仕事する上での問題点になってしまうでしょう。

  • 円滑なコミュニケーションをとることが苦手
  • 急な変更やイレギュラーが起こったときなど、柔軟な対応が苦手
  • 同時に複数の処理(マルチタスク)をすることができない。

これから仕事を探す方は、上記のような仕事は避けましょう。

現在その仕事に就いている方は、転職してください。
無理して続けるより、辞めて他の『向いてる』仕事を探したほうが賢明です。

アスペルガー症候群の方が、アスペルガー症候群でない人より『成功』できた事例

アスペルガー症候群の方は、『アスペルガー症候群でない人より『成功』できる可能性が高い』とも言えます。

なぜなら、アスペルガー症候群の方は『興味を持ったことに関して、ものすごい集中力と記憶力、創造力を発揮できるから』です。

そこで、筆者が勤める法人(筆者は障害者支援をおこなう大規模な法人に所属しています)にいた、利用者Aさん(発達障害(アスペルガー症候群の症状あり))の就職事例をご紹介します。

利用者Aさんは、対人関係を築くことが苦手。
1人でゲームをすることが大好きで、ゲームに関する知識は膨大でした。

利用者Aさんは、まず『障害者枠』で工場に就職。ライン作業をおこなっていました。

最初は仕事中のミスもありましたが、すぐに慣れ、職場に定着。
ただ、仕事に不満はなかったものの『障害者雇用枠のライン作業』ということで給料は低め。

そこでAさんは、工場勤務をしつつ、コンピューターの勉強を始めました。
もともとゲームが好きだったこともあり、コンピューターに興味を持ってすぐにスキルを取得。その知識をさらに深めていきました。
(アスペルガー症候群の『興味を持ったことに対して、ものすごい集中力と記憶力、創造力を発揮できる』という特徴です。)

そして2年後、Aさんは『一般雇用枠』でゲーム制作会社に転職。
現在もゲームクリエイターとして活躍されています。

『アスペルガー症候群の強みを最大限に活かして、好きなことをしながら高い給料をもらえる職場に就くことができた』という事例です。

このように、アスペルガー症候群の方はその強みを最大限に活かすことで、アスペルガー症候群でない人よりも『成功(ステップアップ)』することができます。

一般枠?障害者枠?どっちがおすすめ?

これから仕事を探す場合、『障害者枠での就労』と『一般枠での就労』どちらかを選択する必要があります。

その選択へのアドバイスとして、最初は『障害者枠での就労』を選ぶことが無難でしょう。

なぜなら、まずは『仕事』に対して慣れることが大切だからです。

最初から『一般枠での就労』を選択すると、
『給料は高い』、『いろんな職種がある』というメリットを得られる反面、
『周囲の理解と配慮を得られにくい』というデメリットがあります。

であるならば、前章の例のように

  1. 『障害者枠』で向いてる仕事に就く
  2. 仕事をしながら、好きな(得意な)ことのスキルを磨く
  3. 『一般枠』で、得たスキルを活かせる仕事を探す

という手順を踏んだほうが、今後無理せず仕事を続けられる可能性が高くなります。

アスペルガー症候群の方向け!効率の良い仕事の探し方

では、実際に仕事を探しましょう。

仕事探しの方法は数パターンあります。そこで、アスペルガー症候群の方向けに『効率よく自分に合った仕事を探す方法』を2つ紹介します。(今回は『障害者雇用』を前提としています。)

福祉サービスを利用して仕事を探す。

アスペルガー症候群の方は、以下の福祉サービスを利用することで、就職前後のサポートを受けながら仕事探しをすることができます。

  • 就労移行支援
  • 発達障害者支援センター
  • 障害者職業センター

【就労移行支援】
『65歳未満かつ、一般企業への就職を目指している障害をお持ちの利用者』に対して、主に『職業訓練』、『就職活動のサポート』、『職場定着支援』をおこなうサービスです。
障害者手帳がなくても利用できる可能性があります。※1
利用料※2が発生する点には注意してください。

※1 『障害福祉サービス受給者証』があれば使用できます。
『障害福祉サービス受給者証』は、医師の診断書(意見書)などを近くの行政窓口に提出して申請します。

※2 
アスペルガー 症候群 仕事

※3 3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象。
※4 収入が、おおむね600万以下の世帯が対象。
※5 入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合「一般2」。

【発達障害者支援センター】
発達障害をお持ちの方に対し、主に『相談』、『発達』、『就労支援』をおこなうサービスです。全国96ヵ所に設置(令和2年1月時点)されています。利用料は無料です。

ただ、利用するにあたり1つ注意点があります。
それは『事業内容が地域性によって変わる』ということです。

具体的には、『相談が主のセンター』、『就労支援が主のセンター』という違いです。利用する場合は、事前に問い合わせてみましょう。

【障害者職業センター】
障害をお持ちの方に対し、専門的な職業リハビリテーションをおこなうサービスです。全国52ヵ所に設置(各都道府県に最低1つ)されています。利用料は無料です。

職業リハビリテーションの内容は、下記の通りです。

  • 利用者の職業評価
    職業リハビリテーションの計画方針を決める。
  • 職業準備支援
    職業や就労の知識、能力向上をはかる。
  • 職場適応援助者(ジョブコーチ)支援
    本人と事業者へのサポートをおこなう。
  • リワーク支援
    休職中の利用者に対する、職場復帰に向けた支援をおこなう。
  • 精神障害者総合雇用支援
    専任の精神障害者担当カウンセラーを配置。事業主、医療機関、家族等と連携して、専門的かつ継続的な支援をおこなう。

『ハローワーク』と『障害をお持ちの方専門のリクルートエージェント』の併用。

基本的に、『①』で紹介した福祉サービスは、『ハローワーク』と連携して仕事探しをおこないます。
つまり、仕事はほぼ『ハローワーク』でのみ探すことになります。
そこで、職業選択の幅を広げるために『ハローワーク』と『障害をお持ちの方専門のリクルートエージェント』の両方で仕事探しをしましょう。

今回は、『障害をお持ちの方専門のリクルートエージェント』のなかでも優良エージェントの1つである『dodaチャレンジ』をご紹介します。

dodaチャレンジには、下記の特徴があります。

  • 完全無料。
  • 求人数、非公開求人※6が多い。
  • 信頼性が高い。

まず、完全無料ということ。
リクルートエージェントは、基本的に「就職後、年収の〇〇%を支払う」というような料金体系になっているところが多いんです。
しかし、dodaチャレンジは『完全無料』。
職業選択の幅を広げることが目的なら、『無料』にこしたことはないですよね。

そして、『求人数と非公開求人が多いこと』も目的通り。

運営元が、「転職ならデューダ!!」のCMでお馴染みの『パーソルグループ』なので、信頼性が高く、求人数も自然と集まるんです。
以下、求人を出している企業の一例です。

三菱地所、JR東海、三井住友海上、花王、YKK、リクルート、トヨタエンタプライズ、出光、AISIN、マイナビ、ヤフー株式会社、パナソニックITS株式会社、雪印メグミルク株式会社、全日空空輸株式会社(ANA)など

※6 転職サイトや企業ホームページなど、インターネット上に掲載されていない非公開の求人のこと。

このような『障害をお持ちの方専門のリクルートエージェント』と『ハローワーク』を併用することで、『自分に合った仕事』を見つけられる可能性がグッと高くなります。

【まとめ】アスペルガー症候群の『強み』を活かし、仕事で成功しよう!

今回の内容をまとめます。

アスペルガー症候群の方に『向いてる仕事』

対人スキルがあまり求められず、

  1. 手順がはっきりした仕事
  2. 『興味があることの知識』を活かせる仕事

アスペルガー症候群の方に『向いてない仕事』

  1. 柔軟な対人スキルが必要な仕事
  2. マルチタスクが必要とされる仕事

『ステップアップ』の手順

  1. 『障害者枠』で向いてる仕事に就く。
  2. 仕事をしながら、好きな(得意な)ことのスキルを磨く。
  3. 『一般枠』で、得たスキルを活かせる仕事を探す。

アスペルガー症候群の方向けの、効率の良い仕事の探し方

  1. 福祉サービスを利用して仕事を探す。
    • 就労移行支援
      発達障害者支援センター
      障害者職業センター

    • 『ハローワーク』と『障害をお持ちの方専門のリクルートエージェント』の併用。
    • 例)『ハローワーク』+『dodaチャレンジ』など

実は、みなさんが知っている超有名人なかにもアスペルガー症候群の方はいます。
下記に、代表的な3名を挙げます。

  • ビルゲイツ
  • スティーブンスピルバーグ
  • スーザンボイル

3名とも、『世界的な成功者』ですよね。

彼らは「アスペルガー症候群の強みを活かして成功した。」といっても過言ではないでしょう。

このように、アスペルガー症候群の『強み』を活かせれば、仕事で大成功をおさめることも可能です。

人間、誰もが長所と短所がありますよね。
アスペルガー症候群もその1つと考え、『長所を活かすこと』を意識してください。そして、あなたも仕事で『成功』をおさめましょう。


障がい者におすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
dodaチャレンジ
dodaチャレンジ
95%が満足!障害別に転職を徹底サポート
dodaチャレンジは、dodaブランドの中の障がい者向けに特化した転職支援サービス。大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人から、自分の適性に合った仕事を探すことができます。障がいの種類ごとに専任のアドバイザーが在籍しているので安心。大手エージェントでありながらも、求職者に寄り添った親身な対応が評判です。
ラルゴ高田馬場
ラルゴ高田馬場
600社の非公開求人の中から転職を支援
ラルゴ高田馬場は、1都3県に強みを持ってる障がい者に特化した就職・転職支援サービスで、業界実績は20年以上!扱っている求人の7割が30年以上続いている安定企業です。選考から就労後のアフターフォローまで徹底した支援により、就労後1年間の定着率は94%と高い実績を誇ります。
ココルポート
ココルポート
イチから就職を目指す!就労移行支援サービス
ココルポートは障がい者が就労に向けたトレーニングを行い、働くために必要な知識やスキルを習得し、就職後も職場に定着できるようサポートを行うサービスです。就職の経験がない人、ブランクがある人も就職した実績多数あり。首都圏と福岡に事業所を展開しています。


おすすめ関連記事

知らないと損する!?退職日の決め方ガイド
転職する際に設定する退職日。いつが損でいつが得するのか知っていますか?
無料で自分の市場価値(=適正年収)を知る方法!
転職をするまえに大事な事の一つとして、自分の市場価値を知ることが重要!自分の市場価値を診断し、適正年収や強みがわかるサイトをご紹介します。
履歴書でも使える特技ストック10選
履歴書を書くときに悩む項目といえば「趣味・特技」の項目ではないでしょうか。「当たり障りないものを書いておけばいいや」と適当に書いている方はいらっしゃいませんか?
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
女性におすすめの様々な資格を紹介!現代では、自分の価値を高め、女性磨きの為資格を取得する人が増加中。転職の時や周りの人の為に活かせる資格取ってみませんか?
女性が選んではいけない転職エージェント
たくさんある女性特化の転職エージェント。どこを利用すればいいのか悩んでいませんか?
転職エージェント50社比較
50社以上の転職エージェントの中から、ジャンル・目的別に3社にしぼっておすすめの転職エージェントを比較・紹介しています。

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷