> > どうすればいい?中小企業に転職したい方、中小企業から大手・優良へ転職したい方

どうすればいい?中小企業に転職したい方、中小企業から大手・優良へ転職したい方

32010 views

中小企業にも大手企業においても色々良いところがあります。実際大手から中小企業に行って満足なビジネスパーソンライフを楽しんでいる方もいます。

とはいえ、やはり大手・優良企業は魅力で、中小企業から大手・優良企業に転職をしたい方が多いのが現状です。

そこで、本編では、中小企業に転職をするにあたってメリットや注意すべきポイント、大手企業に転職を成功させるためのポイントについてお話をいたします。

どんなメリットがある?中小企業への転職

まずは中小企業に転職をすることに関してあまりプラスだと思わない方もいるかもしれません。

実際、給与が安い、ブラック、オーナー色が強いなど中小企業のマイナスなイメージは多数あります。

しかし、以下のようなメリットがあります。

メリット

  • 裁量をもって仕事ができる
  • 出世も早い
  • 成果が給与に反映されやすい
  • 意思決定が早い

中小企業の良いところは会社にもよりますがルールや組織にがんじがらめにならなくて良いところです。

もちろん業務能力は必要になりますが、経験や能力があれば自由に業務を推進することができます。

また、同僚との出世競争が大手と違いあまりありません。そのため、実力さえあれば出世しやすいですし、それによって給与も上がりやすくなります。

また、なにより、会社の意思決定フローが大手と比較して簡素になるので意思決定が早いです。

極端な話、大手と異なり社長に「それやろう」と言わせたら、即実行できたりもします。

とにかくしがらみが少ないためやりたい仕事を具現化しやすいというのが中小企業の良さであると言えます。

こんな人に適している!中小企業で働くのがおすすめな人

では、中小企業はどんな方にとって適しているかですが、具体的には以下の通りです。

  • 原則同業界、同職種の経験者
  • もっと仕事に集中したいと考えている方
  • 不満より改善志向な方
  • 出世が頭打ちになっている方

まず、基本的な考え方として、経理や人事総務のような管理系職種を除けば、中小企業は業界経験者の転職先であると考えてください。

なぜなら、中小企業のデメリットは在籍人数が少ないため、教育に工数を避けないですし、大手のような教育プログラムも存在していないのが通常です。

むしろ、教育など受ける暇があるなら仕事をさせてほしいくらいの能動的な考え方ができる方のほうが適しています。

また、中小企業には社内インフラ、きっちりしたルールなど整っていないものがたくさんあります。

しかし、そんなことで不満をためる方にはあまり向きません。それよりどうすれば効率的に仕事を処理できるかどうかなどを考え、行動していく人のほうが、確実に仕事を楽しめます。

しかも社員数が少ないため出世競争みたいなものも原則ありません。仕事の成果さえだせば上を目指せる会社も多いです。

大手企業の余計なしがらみや人間関係が少なく、自らの仕事に集中したい人が選ぶべき転職先が中小企業であると言えます。

中小企業を転職先として選ぶ上でのポイントは?

とはいえ、中小企業を転職先として選ぶにはある程度慎重に選ばないといけません。

なぜなら、中小企業と一言で言っても、色々な会社があります。

そんな中、自らにフィットしない会社に行くことで、短期的な転職を繰り返してしまい、能力がある方であったとしても、企業は自社に長期的在籍していくことを重要視するため、転職先がなくなってしまうことになります。

では、中小企業を選ぶうえで重要なポイントは何かというと以下の通りです。

  • 社長、経営と考えが合うか、意見できるか
  • 製品やサービスの質はどうか
  • 自分のやりたいことができるのか
  • 一定の評価をもらえるか

上述でもお伝えしたように、中小企業へ転職する場合は、業界経験が一定期間あり、専門的な知見・技能がある方が活躍できる場所に行くのが最適です。

そのなかで、経営と話が合わないとなればわざわざリスクを負って転職をする意味がありません。

経営の考え方や人柄についてある程度納得感のある会社に入社するのが最適であると言えます。

また、製品の質やサービスレベルがどのくらいか、改善する余地があるのか、またそこに関われるのかも大事です。

ものやサービスの質が低く、会社が改善の意思を示さない、また自分でどうしようもできないのによい仕事をするというのは事実上不可能です。

自らのやりたい仕事がその会社でできるのかそうでないかという点も重要なポイントとなりますのでそういった点も踏まえながら自分の入社後における活躍イメージをもてるのかどうなのかを吟味していただけると良いです。

そして、面接の評価で自らを本当に欲してくれる会社を選びましょう。転職エージェントを利用し、会社評価を確認して本当に自らを欲してくれる会社を選ぶのが活躍という点で最適であると言えます。

大企業・優良企業への転職を成功させるために必要なこと

次に、大企業・優良企業への転職を成功させるための方法についてご紹介をいたします。

前提として、大企業・優良企業は会社の評判が高いため新卒で人員を賄えますし、人員が原則辞めません。そのため、採用ハードルが高くなる傾向にあります。

そのため、大企業・優良企業への転職にあたって必要なことは以下の通りです。

  • どの業界でキャリアを形成していくかを決め、実力をつける
  • 不要な転職をしない
  • スペシャリティを出す
  • 明確な志望動機を持つ

大企業・優良企業が見るのは、企業文化へのフィット感、長期定着性、高い能力、特別な能力です。

大企業・優良企業の社員となってもらう以上、会社の離職率を上げる訳にはいかないため、まずは長期定着のできる人材なのかは最初に見られます。

中には学歴と転職回数を見て選考を行わない会社もあるくらいです。

では、そのためにどうすれば良いのかですが即戦力として無二の存在になる、というのが最も大手企業、優良企業への転職を成功させる方法になります。

実際、ある大手精密機械メーカーにおいて、書類選考を通過しないケースが多くて転職エージェント泣かせな会社があるのですが、ソフトウェア開発経験の豊富な方を推薦したところ、あれよあれよと選考が進みあっさり内定が出たという話もあります。

しかし、そのようなスペシャリティな経験がない場合は業界実績を積み、転職回数の少ない状況にしたうえで、面接のなかで明確な志望動機を伝えて選考を進めていくことが必要となります。

大手企業・優良企業の転職において認識すべきこと

さて、大手企業・優良企業へ転職することは非常にメリットが大きいです。なぜなら、一概に言えないものの年収が高い、安定している、大きなビジネスができるなど、あらゆる方が色んなメリットを認識していることでしょう。

一方で、あまり認識していないかもしれませんがデメリットもあります。大手・優良企業だからデメリットがないとお思いの方もいらっしゃることと思いますので、デメリットについても認識していただきたいです。

前置きが長くなってしまいましたが大手・優良企業への転職デメリットは以下の通りです。

  • 転勤のある職種がある
  • 社内のルールにがガチガチにかたまっている
  • 出世が頭打ちになりやすい
  • 仕事が縦割りになりやすい

大手企業・優良企業は全国に拠点を有していて、伝統的に全国転勤をマストとするケースが多くなります。

近年は転勤に関する規定がゆるくなりましたが、それでも営業職を中心に全国転勤を求める会社はメーカーを中心に多いです。

また、大企業・優良企業は中小企業とちがい、社会から特別な目で見られています。

そのため、コンプライアンスが厳しく、かなり厳しいルールが多く、場合によっては社内規定で処罰を受けることもありますし、ルールが理由で仕事がやりづらいなんてことも多くあります。

また、出世競争も厳しくなりますし、新卒上がりのいわゆるプロパー社員と言われれ方たちと比較したら転職組のほうが出世ハードルが上がりやすくなる会社も多いです。

なにより、仕事が好きな方、裁量を持って仕事をしたい方にとっては、縦割りになりやすい大企業、優良企業の業務割りがもの足りないと感じてしまいます。

良い会社に転職できるとなると、それだけで手放しに喜ばれる方もいらっしゃいます。

しかし、必ずしも満足な転職となるわけではなく不満が生じることもあるので、その点は認識いただきたいところです。

中小企業への転職も大手・優良企業へへの転職にも有効!転職エージェントを利用しよう

中小企業への転職も大企業・優良企業への転職においても共通していることがあります。

それは、転職エージェントを必ず利用してくださいということです。なぜなら、転職において情報は非常に重要です。

裁量をもって仕事がしたくて中小企業に入ったら、中身は軍隊式の管理体系が固まっている会社だった、大手だから安心だと入った会社が実ははなかなかブラックな社風だったということは往々にしてあります。

しかし、転職希望者側はなかなかそういう情報を得ることはできません。

しかし、転職エージェントは会社の雰囲気など実際入社した方の声を聞いたり、会社に訪問したりしているのでインターネットの情報よりは信憑性の高い情報を得ることができます。

加えて、どういう方が採用されるのか、どうすれば採用されるのか、また採用されない人のポイントは何なのかなどまである程度は把握していますし、何より転職や業界のことを熟知し、客観的なアドバイスも得ることができます。

自己応募よりも楽に、しかも内定時において年収交渉が可能な点も転職エージェントを利用するメリットです。

以上の点から、中小企業を狙う転職を行う方も、大企業・優良企業の転職を狙う方においても転職エージェントを利用することをおすすめいたします。

転職とは自分が活躍し、充実したビジネスパーソンになるため行うもの!自身のキャリアをしっかり考えましょう

転職は自らが活躍できる場所を探すために行います。大企業でくすぶっていたとこに思いきって中小企業に転職をしたことで、活躍し年収が上がったケースもあります。

また、学歴の関係で新卒では縁のなかった会社に、実力をつけて入社できたケースもあります。

大事なのは転職して環境を変えることで自らをステップアップさせることです。

また、今の仕事にやりがいがないなどの理由で転職したいならば、自らが根を張っていく業界・キャリアは何なのかを真に考えるところから考えなければなりません。

そのなかで大手・優良企業へ転職できたらベストでしょうし、難しいのであれば、中小企業からキャリアを構築していくことが求められるでしょう。

大手・優良企業で働くこと、中小企業で
働くことどちらが優れているというものではありません。大事なのは自分がどんな環境だったら生きるかです。

キャリアを構築するなかでどんな環境で地に足を着け活躍できるのか、重要なのはそれだけです。

その選択において、自分のやりたいことができる環境は大企業・優良企業なのか、中小企業なのか、ぜひ考えてみる、転職エージェントに相談するということをしてみて下さい。

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
275,123views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
83,444views
40代で未経験の職種に転職できる?有利な資格は?
3
40代で未経験の職種に転職できる?有利な資格は?
76,627views
【マンガ】ダラダラ残業はNO!定時上がりがもたらすメリットとは?
4
【マンガ】ダラダラ残業はNO!定時上がりがもたらすメリットとは?
73,203views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
5
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,516views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
6
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
70,283views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
69,813views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,493views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,054views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,173views
ページのトップへ