第二新卒の転職理由と受かる自己PRの書き方

第二新卒の転職理由と受かる自己PRの書き方
最近の転職市場では、既卒や第二新卒の採用を積極的に行う企業が増えていますが、内定を勝ち取れるかどうかはアピール次第。
使えない第二新卒と低い評価をされないように、前職を転職した理由と第二新卒の強みとなる自己PRを工夫しなければいけません。

履歴書とはいっても第二新卒になった方の中には人間関係で悩んだり仕事内容に不満を感じたりといった方も多く、ネガティブな転職理由をどう伝えればいいか分からない方もいます。
また、社会経験が少ない第二新卒ではスキルや実績が少ないため自己PRに何を書けばいいか分からないという方もいるでしょう。
そこで今回は、履歴書や職務経歴書はもちろん、面接でも尋ねられる転職理由と自己PRについて例文とともにご紹介させていただきます。
第二新卒からの転職成功率を上げたい方はぜひご参考ください。

転職理由を聞かれるわけ

転職理由を聞かれるわけ第二新卒の転職では“転職理由”を尋ねられるのは新卒との違いのひとつ。前職でネガティブな経験や出来事から退職された方も多く転職した理由はなかなか伝えにくいものです。

「新しい一歩を踏み出しているのになぜ過去にこだわるの?」と感じる応募者も多いですが、企業が転職理由を質問するのにはこのような理由があるからです。

すぐに辞めないか不安

企業は「採用した人材が長く働いて会社に貢献してくれるか」を重視しています。
第二新卒は社会人経験が未熟なので即戦力として採用するのではなく、将来の貢献度を見越した採用がされます。
採用や人材育成には多くの時間やコストがかかるため、将来企業の利益につながる人材を確保したいというのが本音。
企業が転職理由を確認するのは、すぐに辞めない人材であるかの確認し、不安を払拭しているためで履歴書や職務経歴書の書き方は重要なのです。

仕事への意欲や向上心があるか

第二新卒は一度就職で失敗しているため仕事に対して後ろ向きになってしまいがちで、「働けるならどこでもいい」と安易な転職を選択する方も多いのではないでしょうか。
しかし、企業としては働く意欲がありモチベーションの高い人材に企業を盛り上げていってほしいと考えています。
例えば、仕事への不満から退職した人は、転職先での仕事と向き合う気持ちをアピールしなければネガティブ評価のまま終わるでしょう。

リカバリースキルがあるかどうか

第二新卒の弱みはやはり前職を退職したことで、一般的には就職失敗ですよね。
採用担当者としては、第二新卒というくらいだから前職でうまくいかなかった(失敗した)のだろうというのは把握しています。
ネガティブな転職理由をそのまま伝えるだけでは、前職の退職から何も学んでいない人材と判断されるリスクが高いため、失敗の経験をどう活かしていくかを伝えなければいけません。企業に入社してからも躓くことは多く、それを分析し良い方向性に導く力がある人は仕事でも成果を上げられる可能性が高い人です。
“失敗は成功のもと”といいますが、失敗を乗り越えて成長する人材はリカバリースキルがあり、成長が望める人材として評価されるでしょう。

転職理由を伝えるときのポイント

転職理由は人それぞれですが、第二新卒ではキャリアアップ転職というのは少なく、給料や仕事への不満、人間関係などマイナス視点からの理由が多いでしょう。
いくつかの理由が重なり退職された方もいらっしゃいますが、どんな理由であっても「ポジティブに伝える」だけでOKです。

例えば…

  • 仕事内容がイメージと違った新しい業界に関心をもった
  • 人間関係に問題があった他の社員と良い関係を保って仕事がしたい
  • 社長のやり方に不満があった自分のアイデアや声を聞いてもらいたい
  • 給料に不満があった努力や成果を認めてもらえる環境で働きたい
  • ノルマに耐えられなくなった顧客とじっくり向き合い仕事をしたい

前職に不満があったとしても正直に伝えてしまうと印象が悪く、仕事に対して前向きな姿勢でないと評価されてしまいます。

仕事を辞めたいというマイナスの気持ちの裏には「自分自身が改善したい、前向きにキャリアプランを実現させたい」というプラス思考の表れがあるのでしょう。

転職理由に焦点を当て、なぜ転職したいと思ったのかを掘り下げていくと自身のキャリアが明確になり、「失敗(退職)を活かして再挑戦できる人材」と、企業から嫌われない転職理由に変えることができるのです。

Point

ネガティブな転職理由はポジティブに言いかえる

採用担当者を味方につける!嫌われない転職理由例

まずは、履歴書や職務経歴書を評価する採用担当者が納得できる転職理由を述べる必要があります。さきほどの5つの転職理由を使って、嫌われない転職理由の例文をご紹介します。

仕事内容がイメージと違った

前職での仕事が入社前のイメージと異なり仕事への意欲が減退したという方も少なくありませんが、入社前の企業研究と自己分析が不十分だったということに繋がります。
「仕事をする中で応募先企業の業界・職種に関心をもち、調べる中で転職したいという気持ちになった」と伝えれば前向きなイメージが強くなるでしょう。

【例文】

「前職では、営業を通じて顧客の声を聞きニーズを分析する中で営業の仕事だけでは対応できない歯がゆさを感じました。もっと顧客のニーズにあった製品を届けたい、顧客の声を反映させた開発に携わりたいという気持ちが強くなり転職を決めました」

人間関係に問題があった

転職理由が人間関係の場合、採用担当者は「人間性に問題があるのではないか」「今いる社員とうまく人間関係を築けないのではないか」という不安を持ちます。
そのため、「人間関係に問題があった」というネガティブな転職理由を人間関係の良いところで働きたいというポジティブな気持ちに換えて伝えましょう。

【例文】

「前職では、チームで仕事をする機会がほとんどありませんでした。コミュニケーションをとりながら、チームで一致団結して成果を出したいという気持ちが強くなり退職いたしました」

社長の社長のやり方に不満があった

家族経営の中小企業からの転職ではトップのワンマンな考え方やトップダウン型が多く、若手社員が意見やアイデアを出せないといった不満が転職理由で挙げられます。
自身の目指すキャリアプランや目標とのギャップが退職したいという決め手になったことは、共感できる企業理念のもとで働きたいという意欲がアピールできるでしょう。

【例文】

「以前の職場では、トップダウン型だったため若手社員が新しいアイデアや意見を提案できない環境でした。年齢に関係なく意見を出し合って仕事ができる職場や、実績に応じて責任のある仕事を任せてもらえる職場で働きたいと考え転職を決めました」

給料に不満があった

給与面や休日、残業といった不満は「お金のことだけ、自分のことだけしか考えていない」と思われてしまうリスクがあります。
成果が報われなかったため正当な評価をしてもらえる企業に貢献したいという前向きな気持ちをアピールすることが大切です。

【例文】

「前職は、若い社員は実績を上げても給与額に反映されず仕事の成果が実感できませんでしたが、貴社は若くても実力でキャリアアップできるということで転職を決めました。成果を評価していただき、チャレンジしたいと思い退職を決めました」

ノルマに耐えられなくなった

サービス残業や過酷なノルマに追われて激務だった場合、辛い気持ちを訴えたくなりますが、履歴書や面接でのアピールはNG。
仕事に真摯に対応していなかった・業務スキルが未熟といった判断をされる可能性があるからです。
ノルマだけに捉われず、顧客との信頼関係の構築や顧客ニーズの分析力アップなどのキーワードに変えると熱意が伝わるでしょう。

【例文】

「前職では目標達成に向かって仕事をしていましたが、顧客に対して寄り添った対応ができなかったことに悩んでいました。これからは営業スキルの向上とともに顧客1人1人を大切にした仕事をしたいと思い、退職しました」

Point

  • 前職の悪口や不満は絶対NG!
  • 転職理由は志望動機につなげる!

自己PR

新卒就活での自己PRでは学業やサークル、アルバイトのエピソードをもとにした強みを伝える方が多いですが、第二新卒のPRでは社会人経験者としての強みのアピールが重要。
第二新卒の良さを最大限伝える自己PRをするためには、企業が求める人材像が盛り込まれているかどうかです。
第二新卒が伝えるべきPRのポイント、以下の3つから印象のいいPRをしましょう。

社会人経験がある強み

第二新卒は社会人経験が短くアピールできるほどの実績はないかもしれませんが、新卒に比べて一度社会に出て働いた経験があるというのは強み。
また、基礎的なビジネスマナー、ビジネススキルがあるといった点も有利になります。
社会人経験を経た仕事への取り組み方や向上心をアピールすることで仕事への姿勢を高評価されやすいのです。

ポテンシャル

企業が第二新卒を採用する際に重視しているのは入社後のイメージと将来性なので、若さを活かした前向きな姿勢や意欲を伝えることが大切。
どんなことにチャレンジしたいのか、キャリアプランはもちろん、その実現のために努力している点を伝えることで企業は「応募者がどれくらい企業に貢献してもらえるか」をイメージしやすく内定率アップにつながります。

自身と企業のキャリアプランとの一致

企業としては、今後の事業展開や将来的なキャリアプランに必要な人材を確保したいため、内定を勝ち取るには、企業に「欲しい人材だ」と評価されなければいけません。
そのためには、企業の業界でのポジションや営業方針、企業理念について企業研究を深め、自身のキャリアプランとの方向性を合わせなくてはいけません。
企業と自身のキャリアプランを一致させるためには、念入りな自己分析を行い強みやスキルを明確にする必要があります。

第二新卒の魅力が伝わる!自己PR例

さきほどご紹介した第二新卒者が伝えるべき3つのポイントを使った自己PR例をご紹介させていただきます。

入社意欲のアピールを重視する自己PR

  • 新卒から保険会社の営業として、お客様のニーズを分析し満足していただけるような提案に取り組んでまいりました。しかし、高い目標達成の中、お客様へ寄り添った対応ができないことが歯がゆく、よりお客様の声を反映したサービスの提供を行いたいと思い貴社への転職を決め、スキルアップのため営業士検定を取得し、マーケティングの視点を身につけました。これまでの経験を活かし『お客様の声に耳を傾ける』という貴社の理念のもと、お客様との信頼関係を大切にし貴社の売り上げに貢献できるよう業務に取り組んで参りたいと思います。
前職で取り組んでいた業務内容や姿勢が分かりやすく、「なぜ企業を選んだか」という理由も書かれています。資格取得でポテンシャルと向上心のアピールができ、入社後にどのように働いてくれるかのイメージができる好印象が持てる自己PRです。

自身の性格や強みをアピールする自己PR

  • 前職では、店舗の事務職として売り上げ管理やスタッフ管理、報告書作成などを行ってきました。紙媒体だったスタッフのシフト表をパソコン管理できるよう分かりやすく作成し、シフト作成が簡単になりシフトミスを減らすことができました。
    店舗事務員でのやりがいを感じておりましたが、縁の下の力持ちとしてより多くの方の役に立ち幅広い仕事に携わりたいと考え転職を決めました。
    日商簿記 2級とWord、Excel においてMOSエキスパートレベルの資格を所持、給与計算や社会保険知識など知識を身につけ貴社で貢献させていただきたいと思います。
“縁の下の力持ち”というキーワードがでてきましたが、それを裏付けるようなエピソードが書かれています。もっと大きく活躍したいという仕事への意欲と資格取得での前向きな努力、そして事務職として企業を支えたいという熱意が伝わります。

即戦力をアピールする自己PR

  • 前職では経理事務として働いてきましたが、学生時代よりプログラミングを学んでおり会計システムを使用するうちに、より使いやすく円滑なシステム開発に携わりたいと感じシステムエンジニアとして仕事をしたいと思いました。
    プログラミングのスキルアップのためスクールに通いJava Script・PHP・Python3つの言語に対応できます。
    貴社の「最高の創造で社会貢献する」という企業理念のもと、即戦力として貢献できると自負しております。
キャリアチェンジ転職となる自己PR例ですが、転職理由が将来を考えた前向きなものになっているのでネガティブな評価はされないでしょう。習得しているプログラミング言語を伝えることで、即戦力となるスキルがアピールできますね。

より有効な自己PR!?自分を売り込むキャッチフレーズ

自己PRは企業に“自分”を相手に売り込むための方法で、「こんな人間です」と簡単に伝える名刺のようなものです。
そのため強みやスキルのアピールが必要ですが、最も効果的なのは一言で自分自身をイメージしてもらえるようなキャッチフレーズ。長い文章は読んでいる方も理解しにくいですが、端的にまとめられた言葉は分かりやすく記憶にも残りやすいのです。

ぜひ自分の強みをアピールできるようなキャッチフレーズを考えてみましょう。

キャッチフレーズの作り方

以下の手順に従ってキャッチフレーズを作ってみましょう。

STEP
1
まず自分の強みになりそうなキーワードをいくつかあげます。

(例:我慢強い、一生懸命、冷静、素直、協調性があるなど)

“協調性” を選んだ場合

協調性はコミュニケーションスキルがあり、チームワークをして仕事に取り組めるといった性質のことで、協調性がある人は企業からの評価が高い傾向です。そのため、自己PRでは「協調性がある」とアピールする人が多いのですが、アピールの仕方次第では全く評価されないことも。

Point

キャッチフレーズでは、協調性とともに自分にしかない付加価値を入れること

STEP
2
協調性というキーワードからこれまでの経歴を振り返り根拠となるエピソードを見つけましょう。

(例えばチームで成果を上げた経験など)もし、自分が目立った活躍ができていなかった場合でも言い方を変えることでアピールポイントになります。キーワードを直接的に伝えるのではなく、比喩表現を使っても効果的です。
こうして完成した自己PRのキャッチフレーズがこちら。

「私は名脇役です」

「チームを縁の下の力持ちとして支え、チーム力を発揮させるスキルがあります」という意味になります。スポットライトを当たらなくても影でチームを支えるホスピタリティーが強い存在は、企業にとっても必要不可欠の人材。「協調性がある人間です」と伝えるよりも、「名脇役」と短く伝えることで、印象に残りやすく企業に貢献してくれる人材だろうと期待されるでしょう。

「名脇役」と述べた後は、その根拠を示さなくてはいけません。
しっかり裏付けできる具体的なエピソードを伝えましょう。

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
履歴書や職務経歴書、面接で必須の転職理由と自己PRについてポイントと例文をご紹介させていただきました。

ネガティブになりがちな転職理由は、伝え方ひとつで嫌われない転職理由に。自己PRは自分自身のアピールそのものです。
この2つは「なぜ転職するのか」「次はこうなりたい」というポイントを意識して作成させることが大切です。

第二新卒の転職は「次も失敗したらどうしよう」「一度退職しているから評価が悪いのではないか」と、転職活動がうまくいかないことを悩む方が多くいらっしゃいます。
たしかに、安易な転職は失敗を繰り返してしまう可能性がありますが、企業研究・自己分析を十分に行い、キャリアプランを明確にした転職には明るい未来が待っています。

若さと社会人経験を強みにできる説得力のある転職理由と自己PRを作成し、転職活動を進めていきましょう!


20代におすすめ関連記事

20代の再就職・転職について徹底解説
20代の転職は、まだまだ希望に溢れています。20代の方にとって最適な転職方法をご紹介します。
【タイプ別】20代向け転職エージェント一覧
20代向け転職エージェントをタイプ別でまとめました。自分にピッタリな転職エージェントを見つけましょう!
派遣から正社員になる時に気を付けたいこと
派遣から正社員になる時の注意点や、就職活動など詳しく解説します。派遣から正社員へ転職して、有意義な時間を過ごしましょう!

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷